日本初の女性社会主義団体 赤瀾会(Sekirankai)について

516px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

日本初の女性社会主義団体 赤瀾会(Sekirankai)について

関連記事

4月24日 歴史 / 1921年 日本初の女性による社会主義団体「赤瀾会」が発足。(4月24日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月24日 できごと / 1921年 – 日本で初の女性による社会主義団体赤瀾会が結成。(4月24日 – Wikipedia

赤瀾会(せきらんかい、英: The Red Wave Society)は、日本で初の女性による社会主義団体。「赤瀾」とは赤い波(さざなみ)を意味する。名称は、社会主義運動の流れに小さなさざなみ程度は起こせるのではないかということでつけられた。一部のインテリ女性による運動ではなく、労働者階級の女性にも呼びかけをしたのが特徴。さざなみどころか、戦前の日本においての社会主義運動と女性解放運動に大きなうねりを呼び起こす役割を担った。(赤瀾会 – Wikipedia

The Sekirankai (赤瀾会; Red Wave Society) was a Japanese socialist women’s organization active in 1921. Members of an anarchist group established the organization in April 1921. Prominent feminists Yamakawa Kikue and Noe Itō were advisers for the group, which participated in that year’s May Day activities, published the magazine Omedetashi, held seminars and lectures, ando distributed anti-war leaflets to the army. Their manifesto condemned capitalism, arguing that it turned women into slaves and prostitutes. The Sekirankai was the first women’s socialist association and clashed with Shin Fujin Kyōkai (the New Women’s Association). The organization dissolved eight months after its creation. (Sekirankai – Wikipedia

関連エントリ

赤瀾会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Sekirankai の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る