宇宙 カテゴリのアーカイブ

「『はやぶさ』が持ち帰ったもの」(総理の語録)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

800px-Hayabusa_hover.jpg

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンは、世界初である。(Wikipedia

『小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰ったことは誠に喜ばしい今年の快挙でした。一時は行方不明になるなど数々の故障を克服し、ついに地球に帰還しました。行方不明になっても決して諦めず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました』(明仁天皇)
『その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと』(皇后美智子)

はやぶさ についてのニュースブログ記事(Google)
野田総理 についてのニュースブログ記事(Google)

内閣広報室(首相官邸)からメール配信:首相官邸オフシャルブログ「官邸かわら版」(2011/12/01)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

「『はやぶさ』が持ち帰ったもの」(総理の語録) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣)


的川 泰宣(まとがわ やすのり、Yasunori Matogawa、1942年2月23日 – )は、日本の宇宙工学者、工学博士である。日本初の人工衛星「おおすみ」の打上げに貢献。日本の宇宙開発の広報・教育活動は、この人なしには考えられない。 2011年3月現在、JAXA技術参与・名誉教授、東海大学教授、日本学術会議連携会員、国際宇宙教育会議日本代表、米国惑星協会(TPS)評議員、リモートセンシング技術センター(RESTEC)評議員、日本宇宙フォーラム顧問・評議員、日本惑星協会(TPS-J)理事、日本宇宙少年団(YAC)副本部長、中央教育審議会臨時委員、相模原風っ子教師塾塾長、財団法人 極地研究振興会評議員の職にある。日本の宇宙活動の「語り部」である。的川は「宇宙教育の父」とも呼ばれる。(Wikipedia

宇宙 についてのニュースブログ記事(Google)
的川泰宣 についてのニュースブログ記事(Google)

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

皆既月食(2011年12月10日)

月食(げっしょく、月蝕、lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。望(満月)のときに起こる。日食と違い、月が地平線より上に見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。(Wikipedia

日食(にっしょく、本来の用字は日蝕。solar eclipse)とは太陽が月によって覆われる現象である。朔の時に起こる。(Wikipedia

皆既月食 についてのニュースブログ記事(Google)

皆既月食(2011年12月10日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

メールマガジン配信サービス(環境省)

201111261200-00.png

環境省(かんきょうしょう、Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)を図ることを任務とする。(Wikipedia

美しい地球を守る「カーボン・オフセット」(環境省YouTubr)

環境省 についてのニュースブログ記事(Google)

メールマガジン配信サービス(環境省) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日

TARREG~1.JPG

790px-Segovia_Llobet_Pujol_und_Fortea.jpg

800px-80525560_0eb2c1d54a_o.jpg

写真: ギターを弾くフランシスコ・タレガ(1906) フランシスコ・タレガの後継者(アンドレス・セゴビア、ミゲル・リョベート、ダニエル フォルティア、エミリオ・プジョル) アルハンブラ宮殿(グラナダ)

音楽動画: フランシスコ・タレガの編曲「アストゥリアス(伝説)」(ギター奏者ジョン・ウィリアムズ

今日(11月21日)は、フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日です。

フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「ネイチャーミュージアム北海道」(北海道の魅力発掘)

1320645094_2.jpg

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

北海道人情報メールマガジン編集部から『メルマガ北海道人』第202号が送られてきました。北海道各地の皆様へご案内いたします。

ネイチャーミュージアム北海道 についてのニュース、ブログ記事(Google

無言館 についてのニュース、ブログ記事(Google

「ネイチャーミュージアム北海道」(北海道の魅力発掘) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ハロウィンの映画と音楽(E.T. the Extra-Terrestrial)

626px-Jackolantern.jpg

19_1_org.jpg

今日(10月31日)の晩は、ハロウィン(ハロウィーン、Halloween, Hallowe’en)(キリスト教の諸聖人の日「万聖節」の前夜祭)。

写真は、ドイツの物理学者アインシュタイン(E.T.のモデル、Albert Einstein)。

動画は、アメリカ映画「E.T. the Extra-Terrestrial」(1982年公開)。

ハロウィンについてのニュースブログ記事(Google)

ハロウィンの映画と音楽(E.T. the Extra-Terrestrial) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(10月30日)の音楽は、里沙さんのハーモニカ

656px-Lobelia_close-up_aka.jpg

今日(10月30日)は、たまごかけごはんの日(平成17年制定)、教育勅語発布の日(明治23年)、初恋の日(明治29年島崎藤村)、シェリダン1751年誕生(悪口学校)、ドストエフスキー誕生日(罪と罰)、紅葉忌(明治36年尾崎紅葉)、宇宙戦争の日(1937年ニュースパニックデー)、香りの記念日(平成4年制定)。

写真: 10月30日の誕生花「ロベリア」 花言葉「悪意」

音楽動画: southrachelのクロマチックハーモニカ「星に願いを」(ピノキオ)

南里沙 についてのニュースブログ記事(Google)

harmonica の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫
http://masaokato.jp/?s=harmonica

ハーモニカ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫
http://masaokato.jp/#ハーモニカ

今日(10月30日)の音楽は、里沙さんのハーモニカ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

TOKYO流行通訊編集長「ヘレン・ケラー+加藤さん」

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

012.jpg

編集長の姚遠さんからのメールマガジン「週刊・東京流行通訊」(日本語版)2011年10月21日第39号(通巻第285号)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様に御案内いたします。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。(Wikipedia)

TOKYO流行通訊編集長「ヘレン・ケラー+加藤さん」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

おとなに贈るプラネタリウム(北網圏北見文化センター)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

398px-Ncp_2.jpg

北網圏北見文化センター(ほくもうけんきたみぶんかせんたー、Kitami Region Museum of Science, History and Art)は、北海道北見市にある博物館・科学館・美術館・視聴覚センターの4つの機能をもつ複合施設である。設置者は北見市。(Wikipedia

北網圏北見文化センター ホームページ
http://business4.plala.or.jp/bunsen21

おとなに贈るプラネタリウム(北網圏北見文化センター) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る