マンドリン カテゴリのアーカイブ

2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert

-2.jpg 003.jpg -1.jpg

台湾台中市に居住して国際的に活躍している中国伝統音楽・楽器の第一人で笛子名人・葉紅旗から、戈雅-仲夏之夜音樂會(ゴヤ-真夏の夜コンサート)お知らせニュースが届きました。

2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert
2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日中文化交流 「和の会」展・開催

「和の会」の中国側の代表である中国・国画大師:安雲霽(あんうんさい)氏と、日本側の代表である書道家:塚越梦羲(つかごしぼうぎ)氏は日中文化の交流をより深く図るため、東京銀座にある、老舗画廊・月光荘にて「和の会」展を開催いたします。

「和の会」展・開催 ~中国・国画大師と日本・書道家のコラボレーション~
2009年5月11日(月)~17日(日) 11:00~19:00
※初日5月11日(月)は 13:00~17:30 最終日5月17日(日)は 16:00まで
出品者: 中国・国画大師 安雲霽 / 日本・書道家 塚越梦羲
      友情出品:山崎百合子(「和の会」事務局長) / 岡澤みさを(画家)
後援: 駐日中国大使館 /
    中国人権発展基金会国際芸術家連盟 /
    中国広播電視協会紀録片工作委員会・書画院
場所: 月光荘画室2 (入場無料)
    東京都中央区銀座8-7-18 TEL:03-3573-5605
日中文化交流 「和の会」展・開催 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(五月)

人々の心をあたたかい言葉で幸福にしたいと願って、この「イランカラプテ川柳(五月)」を開始します。川柳は「5 7 5」17文字の自由詩のことです。イランカラプテは「あなたの心にこんにちは!」という意味です。皆さまのあたたかい言葉を、どうぞお寄せください!しりとり川柳、あたまとり川柳、病み上がり川柳、福祉介護川柳、時事川柳。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」もOKです。 Senryu “IRANKARAPTE” Masao Kato
イランカラプテ川柳(五月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町の夕食宅配サービス(5月)

夕食宅配サービスは美幌町社会福祉協議会が実施している(委託者:美幌町)。美幌町の宅配サービスは15年前から実施している。高齢者、身障者、自力で調理のできない方などのために、食生活の充実(食の自立支援)と安否確認。現在の利用者は40人、地域のボランティアは60人です。詳細は美幌町社会福祉協議会のホームページをご覧ください。
美幌町の夕食宅配サービス(5月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町)

天皇明仁(Akihito) 皇后美智子(Michiko) 両陛下ご結婚50年、おめでとうございます。50年前、ご成婚パレードをNHKテレビで拝見、49年前は皇太子徳仁(ナルちゃん)誕生、47年前は日本・アジアジャンボリー(ボーイスカウト)で謁見行進。はっきりと覚えています。
天皇皇后両陛下に「努力賞と感謝状」そして「思い出」を贈ります。ありがとう!弥栄!

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Viva Mandolin(OMP) 折井清純マンドリン

Viva Mandolin 折井清純オリジナル曲「白い子犬(ギターとマンドリンの二重奏)」、どうぞお聴きください。

open_logo07.jpg

Welcome to Viva Mandolin Homepage!
このサイトは The OMP (Orii Mandolin Project)が運営しています。 OMP はマンドリン音楽の輪を広げていくことを目的として,プロマンドリンニストの折井清純と弟子達により結成した団体です。マンドリンの魅力や楽さを多くの人に伝えていければと思います。

♪ これはオマケです。
ドリス・デイ(Doris Day)アメリカ合衆国の女優・歌手。
YouTube Preview Image

dog1s.jpg

「迷い犬」
美幌町では、犬を保護しています。犬がほしい方いませんか?
詳細は、美幌町役場ホームページ

「生きる」支援、必要な人に NPO法人ライフリンク
2008年12月1日に運用を開始した「生きる支援の総合検索サイト~ライフリンクDB」。

ケセラセラ(なるようになるさ) がんばろう!新春牛歩から。「Whatever Will Be, Will Be」

⇒ このページは書きかけ中です。お気軽にコメントをお寄せください。

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る