北原白秋 の検索結果: 12 件

日本の作曲家 弘田龍太郎

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

日本の作曲家 弘田龍太郎

関連記事

弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう、Ryutaro Hirota、1892年(明治25年)6月30日 – 1952年(昭和27年)11月17日)は、作曲家。 経歴 / 1892年(明治25年)高知県安芸市に生まれる。一絃琴の名手であった母親から、音楽的才能を受け継いだと言われている。 父の転任に従って3歳の時高知を離れ、千葉師範学校附属小学校、三重県立第一中学校(現:三重県立津高等学校)を卒業。1910年(明治43年)東京音楽学校(現:東京芸術大学)器学部ピアノ科に入学し、本居長世に師事。在学中に歌曲『昼』を発表。文部省唱歌の『鯉のぼり』は作者不詳とされてきたが、弘田龍太郎が在学中に作曲したものと言われている。1915年(大正3年)東京音楽学校を卒業。1917年(大正5年)同研究科卒業後も同校授業補助となり、さらに文部省邦楽調査委員を委嘱される。やがて宮城道雄や本居長世らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 1918年(大正7年)鈴木三重吉によって児童雑誌『赤い鳥』が創刊されると、やがて「赤い鳥運動」に参加、北原白秋等と組み、多くの童謡を作曲した。 1928年(昭和3年)文部省在外研究生としてドイツに留学、ベルリン大学で作曲とピアノを研究する。帰国後、東京音楽学校教授となるも作曲活動専念のため辞任。以後作曲活動のかたわら、NHKラジオの子供番組の指導や児童合唱団の指導、指揮にあたる。1946年(昭和21年)日本音楽著作権協会監事に就任。晩年は、長女夫妻が創設した幼稚園の園長となり、音楽を幼児教育に積極的にとり入れ、放送講習会、リズム遊びの指導などにあたった。1952年(昭和27年)60歳で死去。 妻は高安月郊の娘。 在学していた三重県立第一中学校(現・県立津高校)の中庭に記念碑があり、『浜千鳥』の楽譜が刻まれている。 代表作に『鯉のぼり』『浜千鳥』『叱られて』『金魚の昼寝』『雨』『雀の学校』『春よこい』『靴が鳴る』など多数。他に歌曲『千曲川旅情のうた』、オペラ『西浦の神』、仏教音楽『仏陀三部作』、映画音楽『くもとちゅうりっぷ』など。 (弘田龍太郎 -Wikipedia)

関連エントリ

弘田龍太郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Ryutaro Hirota の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

美幌町のゴミ収集車(一般ゴミ)の音楽は「バッハのメヌエット」(ペツォールト)です。
美幌町のゴミ収集車(資源ごみ)の音楽は「七つの子」(野口雨情・本居長世)です。

関連記事

七つの子
七つの子(ななつのこ)とは、野口雨情が作詞、本居長世が作曲した歌である。 日本の童謡の中でも、特に知られた楽曲のひとつである 。 『七つ』の謎 / 『七つ』という言葉が「7羽」を指すのか「7歳」を指すのかは明らかになっておらず、度々論争の種となっている。カラスは一度に7羽もの雛を育てることはなく、7年も生きたカラスはもはや「子」とは呼べないためである。(Wikipedia ー 七つの子

本居長世
本居 長世(もとおり ながよ、1885年(明治18年)4月4日 – 1945年(昭和20年)10月14日)は、日本の男性童謡作曲家。晩年は長豫と称した。 国学者として著名な本居宣長の和歌山学党6代目に当たる。 東京音楽学校本科を首席で卒業、日本の伝統音楽の調査員補助として母校に残る。 また、本居長世は宮城道雄や吉田晴風らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 新日本音楽大演奏会で発表した『十五夜お月さん』は、長女みどりの歌によって一躍有名となり、以後野口雨情等と組んで次々に童謡を発表する。 代表作 / 『七つの子』 (Wikipedia ー 本居長世

野口雨情
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 – 1945年(昭和20年)1月27日)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 文壇での名声 / 詩集『都会と田園』により詩壇に復帰、斎藤佐次郎により創刊された『金の船』より童謡を次々と発表。藤井清水や中山晋平や本居長世と組んで多くの名作を残した。 仏教音楽協会も設立され、雨情は評議員に推薦される。仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。 代表作は『七つの子』(Wikipedia ー 野口雨情

関連エントリ

七つの子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日)

Joe_and_Yae_1876.jpg

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日)
Doshisha English School (Doshisha University) was founded. (November 29, 1875)

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「城ヶ島の雨」 (1913年10月30日の発表、作詞: 北原白秋、作曲: 梁田貞)

90px-Jougashima_Sunrise.jpg

Kitahara_Hakushu.jpg

Ikemy(池宮英夫)の 新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国の MIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

「城ヶ島の雨」 (1913年10月30日の発表、作詞: 北原白秋、作曲: 梁田貞)
“Rain of Jogashima” (announcement of October 30, 1913, Lyrics: Kitahara Hakushu, composer: Yanada Tadashi)

「城ヶ島の雨」 (1913年10月30日の発表、作詞: 北原白秋、作曲: 梁田貞) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1月27日、野口雨情忌。(詩人 野口雨情の命日)

__1.jpg

1月27日、野口雨情忌。
(詩人 野口雨情の命日)

野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 – 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 1906-1909年、雨情は北海道に渡って新聞記者となっていた。『小樽日報』に勤めていたときには同僚に石川啄木がおり、交友を結んだ。 代表作は『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『こがね虫』『あの町この町』『雨降りお月さん』『証城寺の狸囃子』など、枚挙にいとまがない。他に『波浮の港』『船頭小唄』など。(wiki/野口雨情

1月27日、野口雨情忌。(詩人 野口雨情の命日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジン11月号(No.148)

Poncirus_trifoliata2.jpg

111px-Poncirusfruits2001HD.jpg

カラタチ(枳殻、枸橘)はミカン科カラタチ属の落葉低木。原産地は長江上流域。 日本には8世紀ごろには伝わっていたといわれる。カラタチの名は唐橘(からたちばな)が詰まったもの。 カラタチを題材にした作品: 「からたちの花」(作詞:北原白秋、作曲:山田耕筰)、「からたち日記」(歌:島倉千代子、作詞:西沢爽、作曲:遠藤実)
http://ja.wikipedia.org/wiki/カラタチ

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジン11月号(No.148) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北原白秋命日(11月2日)

A_picture_training_ship_investigation_ship_Unyou-maru_of_a_sailing_boat_type_stored_in_Tokyo_ocean_University_is_sailing_over_the_sea.jpg

Kitahara_Hakushu.jpg

北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年(明治18年)1月25日 – 1942年(昭和17年)11月2日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、活躍した時代は「白露時代」と呼ばれる近代の日本を代表する詩人である。 作品: 童謡集: からたちの花、トンボの眼玉。 童謡・作詞: 雨降り、ゆりかごのうた、砂山、からたちの花、この道、ペチカ、あわて床屋、待ちぼうけ、城ヶ島の雨、ちゃっきり節、雲鷹丸記念歌。
ja.wikipedia.org/wiki/北原白秋

北原白秋命日(11月2日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町 配食サービス(2012年11月)

bi_bo.jpg

TakemitsuToru.jpg

美幌 のニュースブログ(Google 検索)
配食サービス のニュースブログ(Google 検索)

美幌町配食サービス:
美幌町の配食サービス事業は19年前から美幌町社会福祉協議会が実施している。高齢者と身障者や自力で調理のできない方などに食生活の充実(食の自立支援)と安否確認が目的です。

美幌町 配食サービス(2012年11月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Gentian flower, snuggle up to your sorrow

800px-Gentiana_scabra_buergeri_stenophylla.jpg

Japan_tohoku_map_small.png

竜胆(りんどう) 
リンドウの花言葉「あなたの哀しみに寄り添う」 

男なきに泣かむとすれば竜胆がわが足もとに光りて居たり(北原白秋) 

国際協力機構(JICA)は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia) 

JICA のニュースブログ(Google 検索) 

Gentian flower, snuggle up to your sorrow の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(10月20日)は皇后美智子さまの誕生日

Japan --- Young Member of Japan's Imperial Household --- Image by © Horace Bristol/CORBIS

589px-Shoda_Michiko1958.jpg

皇后美智子(Empress Michiko、1934年(昭和9年)10月20日 – )は、明仁(Emperor Akihito)の皇后。音楽に造詣が深く、学生時代よりピアノが得意とされる。バチカン訪問の際の音楽会では、即興でグノーの『アヴェ・マリア』の伴奏を弾いた。このほかハープも得意とする。ハープを演奏する写真も撮影されている。2009年(平成21年)のカナダ訪問時に訪れたトロントの小児病院では子供たちを前に、子育てのとき子供たちに歌って聞かせた「揺籃のうた」(北原白秋作詞、草川信作曲)を歌唱した。成婚に際しては作曲家の團伊玖磨が「祝典行進曲」を作曲した。(Wikipedia

皇后陛下についてのニュースブログ記事(Google)

Empress Michiko についてのニュースブログ記事(Google)

音楽動画は、「ねむの木の子守歌」(Nemu-no-ki no komoriuta、作詞: 皇后美智子、作曲: 山本正美、歌: Hayley Westenra)。

今日(10月20日)は皇后美智子さまの誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る