office ONE の検索結果: 139 件

中央アジアの 秘境タクラマカン砂漠を行く 坂東招造 (北海道北見市)

300px-Taklamakan_desert

中央アジアの 秘境タクラマカン砂漠を行く 坂東招造 (北海道北見市)

関連記事

タクラマカン砂漠横断の大冒険を書籍に 2019/05/23掲載(北見市/社会) / 北見・坂東 招造さん(93) / 中央アジアの秘境、タクラマカン砂漠の横断に70代で挑んだ北見市の坂東招造さん(93)は、冒険の記録をまとめた「秘境タクラマカン砂漠を行く」(青山ライフ出版・税別1500円)を自費出版した。インターネット販売のほか、さきごろ北見をはじめ全国の書店でも販売が開始された。坂東さんは「家族らのおかげで形に残すことができた。当時のことを思い出します」と話している。 形に残せたのは家族のおかげ 当時のことを思い出します / 中国の新疆ウイグル自治区に横たわるタクラマカン砂漠(面積33万平方キロメートル)は世界で2番目の巨大砂漠。坂東さんはスウェーデン人の中央アジア探検家、スウェン・ヘディン(1952年没)にあこがれ「ヘディンの足跡をたどりたい」と73歳からタクラマカン砂漠の冒険を開始した。 1999年、冒険家の成田正次さんらと四輪駆動車による「さまよえる湖」ロプノール湖探検を成功させ、2002年にはラクダのキャラバン隊でタクラマカン砂漠の横断(約半分)を成し遂げた。2004年には78歳でラクダでの完全横断に挑み10人の隊員、47頭のラクダとともに73日間で1200キロを踏破した。砂漠中央の北緯39度線を移動するルートは最も過酷で前人未到と言われていた。 坂東さんは帰国後、各地で講演活動を行い、完全横断の様子はテレビでも放映された。 坂東さんは冒険の日々を日記に残しており、北見と横浜に住む娘ら家族が日記の整理や出版社とのやり取りを行い、ほぼ1年がかりで書籍化した。過酷な砂山越えや水不足、疲労、アクシデントとの闘い、仲間との触れ合いなどが生き生きとつづられている。 坂東さんは「ヘッドライトを点けて寝床で日記を付けた。疲れた体で毎日書くのは大変で、自分のことながら、よくやったと思います」と振り返る。書籍化については「僕一人ではできなかったが、家族の協力で形にすることができて本当に良かった」と話している。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

タクラマカン砂漠(タクラマカンさばく)は、中央アジアのタリム盆地の大部分を占める砂漠である。南は崑崙山脈、西はパミール高原、北は天山山脈、東はゴビ砂漠に囲まれている。一帯は現在中国の新疆ウイグル自治区に属している。 名称 / スウェーデンの探検家スヴェン・ヘディンの旅行記には、その昔この砂漠の中に「タクラ・マカン(大戈壁)」と呼ばれる大都市があったという言い伝えが残されていることが紹介されており、こうした伝説が元となっている。 (タクラマカン砂漠 – Wikipedia)

スヴェン・アンダシュ(アンデシュ)・ヘディン(Sven Anders Hedin, 1865年2月19日-1952年11月26日)は、スウェーデンの地理学者・中央アジア探検家。 (スヴェン・ヘディン – Wikipedia)

関連動画

タクラマカン砂漠 – YouTube

関連サイト

坂東招造 プロフィール – オフィスTEN

関連エントリ

大宜見義夫の 「シルクロード 爆走記」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

坂東招造 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shouzo Bandou の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アメリカ合衆国の女優・歌手 ドリス・デ イ (死去)

220px-Doris_Day_in_Love_Me_or_Leave_Me_trailer

アメリカ合衆国の女優・歌手 ドリス・デ イ (死去)

関連記事

ドリス・デイ(英語: Doris Day, 1922年4月3日 – 2019年5月13日)は、アメリカ合衆国の女優・歌手。オハイオ州シンシナティ出身。本名はDoris Mary Ann Kappelhoff(ドリス・メアリー・アン・フォン・カッペルホフ)。ドイツ系。 2019年5月13日、カリフォルニア州の自宅で死去。97歳没。 (ドリス・デイ- Wikipedia)

Doris Day (born Doris Mary Ann Kappelhoff; April 3, 1922 – May 13, 2019) was an American actress, singer, and animal welfare activist. After she began her career as a big band singer in 1939, her popularity increased with her first hit recording “Sentimental Journey” (1945). After leaving Les Brown & His Band of Renown to embark on a solo career, she recorded more than 650 songs from 1947 to 1967, which made her one of the most popular and acclaimed singers of the 20th century. Day’s film career began during the latter part of the Classical Hollywood Film era with the 1948 film Romance on the High Seas, and its success sparked her twenty-year career as a motion picture actress. She starred in a series of successful films, including musicals, comedies, and dramas. She played the title role in Calamity Jane (1953), and starred in Alfred Hitchcock’s The Man Who Knew Too Much (1956) with James Stewart. Her most successful films were the ones she made co-starring Rock Hudson and James Garner, such as Pillow Talk (1959) and Move Over, Darling (1963), respectively. She also co-starred in films with such leading men as Clark Gable, Cary Grant, David Niven, and Rod Taylor. After her final film in 1968, she went on to star in the CBS sitcom The Doris Day Show (1968–1973). Day was usually one of the top ten singers between 1951 and 1966. As an actress, she became the biggest female film star in the early 1960s, and ranked sixth among the box office performers by 2012. In 2011, she released her 29th studio album, My Heart, which became a UK Top 10 album featuring new material. Among her awards, Day has received the Grammy Lifetime Achievement Award and a Legend Award from the Society of Singers. In 1960, she was nominated for the Academy Award for Best Actress, and in 1989 was given the Cecil B. DeMille Award for lifetime achievement in motion pictures. In 2004, she was awarded the Presidential Medal of Freedom by President George W. Bush followed in 2011 by the Los Angeles Film Critics Association’s Career Achievement Award. She was one of the last surviving stars of the Golden Age of Hollywood.
Death / Day died on May 13, 2019, after contracting pneumonia. Her death was announced by her charity, the Doris Day Animal Foundation. (Doris Day – Wikipedia)

The following is a complete discography for American singer and actress Doris Day. Day’s entertainment career spanned almost 50 years. She started her career as a big band singer in 1939, and gained popularity with her first hit recording, “Sentimental Journey” in 1945. In her solo career she recorded more than 650 recordings on the Columbia Records label from 1947 to 1967. She was one of the most popular and acclaimed singers of the 20th century. (Doris Day discography – Wikipedia)

The filmography of American actress Doris Day consists of 39 feature films released between 1948 and 1968. When her film career ended, Day turned to television with her situation comedy The Doris Day Show (1968–1973), which ran for five seasons and 128 episodes, and made several other television appearances throughout the 1970s and 1980s. Due to her love of animals, Day launched another TV series, Doris Day’s Best Friends (1985–1986), which ran for 26 episodes. She was an honoree at The 50th Annual Grammy Awards in 2008 and was last seen in archive footage in a 2009 documentary What a Difference a Day Made: Doris Day Superstar. (Doris Day filmography – Wikipedia)

関連ニュース

「ケ・セラ・セラ」 米女優 ドリス・デイさん死去 | NHKニュース

関連エントリ

ドリス・デイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Doris Day の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のフォークシンガー イルカ (なごり雪)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本のフォークシンガー イルカ (なごり雪)

関連記事

「なごり雪」(なごりゆき)は、伊勢正三が作詞・作曲したかぐや姫の楽曲。 概要 / 1975年11月にシングル発売されたイルカによるカバーバージョンがヒットを収め、以降、日本の早春を代表する歌の一つとして歌い継がれ、さまざまなアーティストによってカバーされている。 2013年に日本気象協会が選定した「季節のことば36選」で、3月のことばの一つに「なごり雪」が選ばれた。 (なごり雪 – Wikipedia)

イルカ(1950年12月3日 – )は、日本のフォークシンガー、絵本作家。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。 (イルカ (歌手) – Wikipedia)

関連サイト

イルカ公式サイト | Official Home “Made” Page(Iruka Office)

関連エントリ

北海道美幌町の カフェなごり雪 (日本のフォークシンガー イルカ) – 美幌音楽人 加藤雅夫

イルカ (歌手) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

なごり雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町成年後見支援センター (北海道美幌町)

800px-Its_all_about_love.jpg

美幌町成年後見支援センター (北海道美幌町)

関連記事

専門用語を使わない成年後見の町民講演会を開催します。 1 講演会名 専門用語を使わない成年後見のお話~財産の管理の仕方・遺し方・渡し方~ 2 開催日時 2019年3月1日(金)18:00~20:00 開場17:40~?3 開催場所 美幌町町民会館3階 中ホール(美幌町字東3条北4丁目) 4 実施内容 「親あるあいだ。親なきあと。」 講師:藤井 奈緒(ふじい なお) Officeニコ 代表 障害者家族従事者による「親なきあと」「親あるあいだ」の相談室 「専門用語を使わない相続・後見・信託のお金のお話」講師:加藤るり子(かとうるりこ)(一社)日本相続知財センター札幌理事 5 参加費 無料 【お問い合わせ・お申し込み】 美幌町成年後見支援センター(社会福祉法人美幌町社会福祉協議会) 電話:0152-72-1165 FAX:0152-75-2010 専門用語を使わない成年後見の町民講演会【詳細PDF】(4MB) (専門用語を使わない成年後見の町民講演会を開催します | 美幌町社会福祉協議会)

専門用語を使わない成年後見のお話 2019/02/27掲載(美幌町/告知) 3月1日・美幌町民会館で / 講演会「専門用語を使わない成年後見のお話~財産管理の仕方・遺し方・渡し方」が3月1日(金)午後6時から美幌町民会館で開かれる。 主催は美幌町成年後見支援センター(美幌町社会福祉協議会)。障害者家族従事者による「親なきあと」「親あるあいだ」の相談室Officeニコ代表の藤井奈緒さんが「親あるあいだ。親なきあと」、日本相続知財センター札幌理事の加藤るり子さんが「専門用語を使わない相続・後見・信託のお金のお話」をテーマに話す。参加無料。問い合わせはセンター(0152・72・1165)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、広義にはその意思能力にある継続的な衰えが認められる場合に、その衰えを補い、その者を法律的に支援する(成年後見)ための制度をいう。1999年の民法改正で従来の禁治産制度に代わって制定され、翌2000年4月1日に施行された。民法に基づく法定後見と、任意後見契約に関する法律に基づく任意後見とがある(広義の成年後見制度には任意後見を含む)。 (成年後見制度 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町成年後見支援センターを開設しました! | 美幌町社会福祉協議会ホームページ

成年後見支援センター | 美幌町社会福祉協議会ホームページ

美幌町社会福祉協議会ホームページ

美幌町成年後見制度等利用促進事業実施要綱

関連エントリ

成年後見支援センターについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町社会福祉協議会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

東京ローズ Tokyo Rose / アイバ・戸栗・ダキノ Iva Toguri D’Aquino

lossy-page1-180px-Correspondents_interview__Tokyo_Rose.__Iva_Toguri,_American-born_Japanese._-_NARA_-_520994.tif

東京ローズ Tokyo Rose / アイバ・戸栗・ダキノ Iva Toguri D’Aquino

関連記事

1月19日 歴史 / 1977年 「東京ローズ」ことアイバ戸栗ダキノがフォード米大統領の特赦によりアメリカ国籍を回復。 (1月19日 今日は何の日~毎日が記念日~)

1月19日 できごと / 1977年 – 東京ローズことアイバ戸栗ダキノが、フォード米大統領の特赦によりアメリカ国籍を回復。 (1月19日 – Wikipedia)

東京ローズ(とうきょうローズ、英語: Tokyo Rose)は、日本軍が太平洋戦争中におこなった連合国側向けプロパガンダ放送の女性アナウンサーに、アメリカ軍将兵がつけた愛称。 アイバ・戸栗・ダキノ / アイバ・戸栗・ダキノ(Iva Toguri D’Aquino、日系アメリカ人、日本名・旧姓:戸栗 郁子(とぐり いくこ)、1916年7月4日 – 2006年9月26日)「東京ローズ」の1人として、もっとも著名な人物である。 (東京ローズ – Wikipedia)

Tokyo Rose (alternative spelling Tokio Rose) was a name given by Allied troops in the South Pacific during World War II to all female English-speaking radio broadcasters of Japanese propaganda. Tokyo Rose ceased to be merely a symbol in September 1945 when Iva Toguri D’Aquino, an American-born Japanese disc jockey for a propagandist radio program, attempted to return to the United States. Toguri was accused of being the ‘real’ Tokyo Rose, arrested, tried, and became the seventh person in U.S. history to be convicted of treason. Toguri was eventually paroled from prison in 1956, but it was more than 20 years before she received an official presidential pardon for her role in the war. (Tokyo Rose – Wikipedia)

Iva Ikuko Toguri D’Aquino (July 4, 1916 – September 26, 2006) was an American who participated in English-language radio broadcasts transmitted by Radio Tokyo to Allied soldiers in the South Pacific during World War II on The Zero Hour radio show. Toguri called herself “Orphan Ann,” but she quickly became identified with the name “Tokyo Rose,” a name that was coined by Allied soldiers and that predated her broadcasts. After the Japanese defeat, Toguri was detained for a year by the United States military before being released for lack of evidence. Department of Justice officials agreed that her broadcasts were “innocuous,” but when Toguri tried to return to the US a popular uproar ensued, prompting the Federal Bureau of Investigation to renew its investigation of Toguri’s wartime activities. She was subsequently charged by the United States Attorney’s Office with eight counts of treason. Her 1949 trial resulted in a conviction on one count, making her the seventh American to be convicted on that charge, for which she spent more than six years out of a ten-year sentence in prison. Journalistic and governmental investigators years later pieced together the history of irregularities with the indictment, trial, and conviction, including confessions from key witnesses that they had perjured themselves at the various stages of their testimonies. Toguri received a pardon in 1977 from U.S. President Gerald Ford. (Iva Toguri D’Aquino – Wikipedia)

関連動画

アイバ・戸栗・ダキノ (Iva Toguri D’Aquino)

アイバ・戸栗・ダキノ (Iva Toguri D’Aquino)

関連エントリ

東京ローズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アイバ・戸栗・ダキノ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tokyo Rose の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Iva Toguri D’Aquino の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

関連記事

山崎 直子(やまざき なおこ、Naoko Yamazaki、旧姓:角野(すみの)、1970年(昭和45年)12月27日 – )は、宇宙飛行士。宇宙政策委員会委員(2012年7月 – )、女子美術大学客員教授(2014年4月 – )。千葉県松戸市生まれ。来歴 / プラネタリウムやボイジャーが送ってきた画像、アニメの宇宙戦艦ヤマトなどから影響を受け、またチャレンジャー号爆発事故のニュースを受け「亡くなった宇宙飛行士たちの意思を引き継いで、宇宙の素晴らしさを子供たちに伝えたい」と思い、宇宙を志した。2012年7月に宇宙政策委員会委員、2014年に女子美術大学客員教授、2018年に星取県宇宙部長に就任した。(山崎直子 (宇宙飛行士) – Wikipedia

Naoko Yamazaki (山崎 直子 Yamazaki Naoko, born December 27, 1970) is a former Japanese astronaut at JAXA, the second Japanese woman to qualify for the program. The first was Chiaki Mukai. Early life / Yamazaki was born Naoko Sumino in Matsudo City. She spent two years of her childhood in Sapporo. After graduating from Ochanomizu University Senior High School in 1989, Yamazaki earned a Bachelor of Science degree with a major in Aerospace Engineering from the University of Tokyo in 1993, and earned a Master of Science degree with a major in Aerospace Engineering in 1996. JAXA career / Yamazaki was selected as an astronaut candidate in February 1999 by the National Space Development Agency of Japan (NASDA, now JAXA), attended the ISS Astronaut Basic Training program beginning in April 1999, and was certified as an astronaut in September 2001. Since 2001, Yamazaki has participated in ISS Advanced Training and supported the development of the hardware and operation of the Japanese Experiment Module. In May 2004, Yamazaki completed Soyuz-TMA Flight Engineer training at the Yuri Gagarin Cosmonauts Training Center in Star City, Russia. NASA experience / In June 2004, Yamazaki arrived at the Johnson Space Center in Houston, Texas to begin Astronaut Candidate Training school. She was assigned to the Astronaut Office Robotics Branch. In November 2008, JAXA announced that Yamazaki would become the second Japanese woman to fly in space on STS-131, scheduled to launch in 2010. On April 5, 2010 Yamazaki entered space on the shuttle Discovery as part of mission STS-131. She returned to Earth on April 20, 2010. Yamazaki retired from JAXA on August 31, 2011. (Naoko Yamazaki – Wikipedia

直子(なおこ、14925 Naoko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。日本人宇宙飛行士の山崎直子に因んで名付けられた。なお小惑星14925番から14927番までは、1999年2月に国際宇宙ステーション滞在要員として選抜された3人を記念して2007年6月に命名された。(直子 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

山崎直子:JAXAの宇宙飛行士 – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター ー JAXA

JAXA|山崎直子 初めての宇宙飛行に向けて~子どもに宇宙の素晴らしさを伝えたい​~

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ganbare! Japanese Astronauts ー 美幌音楽人 加藤雅夫

山崎直子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Naoko Yamazaki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

雪氷談話会「特集海外調査報告」について

image_3.jpg

雪氷談話会「特集海外調査報告」について

関連記事

6月1日・雪氷談話会 「特集海外調査報告」 / 北見工大多目的講義室で / 北見工大雪氷研究推進ユニット主催の雪氷談話会「特集海外調査報告」が6月1日(金)午後5時半~7時、同大学多目的講義室で開かれる。一般参加も可で参加無料。講師の同大地球環境工学科助教の男性が「第59次日本南極地域観測隊ドーム旅行紹介」、同科特任助教の男性が「ハリケーンの進路予報の精度を向上させる北極海での大気観測」をテーマに語る。問い合わせは亀田教授(TEL 0157-26-9506)。(2018年5月28日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

亀田 貴雄 Kameda Takao – 研究者総覧 – 北見工業大学

関連エントリ

雪と氷の「雪氷 seppyo」とは何だろう? ー 美幌音楽人 加藤雅夫

雪氷談話会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北見工大雪氷 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北の国から(黒板純 吉岡秀隆)について

Vulpes_vulpes_laying_in_snow.jpg

北の国から(黒板純 吉岡秀隆)について

関連記事

『北の国から』(きたのくにから、Kitanokunikara)は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマ。主演は田中邦衛。1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に「金曜劇場」枠で連続ドラマが、1983年から2002年までドラマスペシャルが放送された。北海道富良野市(主に麓郷地区)が舞台。概要 / 東京から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本は倉本聰[1][2]で、北海道の雄大な自然の中で繰り広げられる。連続ドラマ放送後、8編に及ぶドラマスペシャルが放映された。主題歌の作曲・スキャットは、さだまさし。登場人物 / 黒板 純(くろいた じゅん)演 – 吉岡秀隆 五郎の長男。第一話の時点では小学4年生。典型的な都会っ子で理屈っぽい。母親っ子でもあり、両親が離婚する原因になった吉野のことも嫌いにはなれなかった。当初は東京に帰りたがっていたが、母の発病に際した再上京時には新しい物や流行を追うだけの生活に魅力を感じなくなったこともあり、徐々に富良野の生活に馴染むようになる。気弱で傷付きやすいクセにおしゃべり。言わなくてもいい一言を言ったり、自らの責任を回避しようとして嘘を重ねて事態を悪化させることもしばしばある。「’87」では機械を見るとすぐに分解する趣味を持ったため、周囲からは「ペンチ」という愛称で呼ばれる。れいと出会い初恋をし、彼女に東京の定時制へ行くのはどうかと吹き込まれる。一緒に行くはずだったが、彼女は父親に連れられ夜逃げしてしまい、結局純一人で行くことになった。中学卒業後は上京し、井関と雪子のところへ身を寄せて働きながら定時制高校へ通う。「’89」では髪を染めたりバイクに乗ったりと東京を楽しもうとするが、盗品のバイクを買わされ、さらに泥の付いたピン札をめぐり傷害事件を起こしてしまう。すっかり疲れ果て、富良野に戻りたいと考えるが、五郎にそれを諭される。「’92」ではガソリンスタンドに勤める。再会したれいと遠距離恋愛をしていたが、欲求不満に苛まれ、職場で知り合ったタマコと肉体関係を持つ。その結果、タマコは妊娠。タマコは九州の実家に帰郷し、蛍の札幌行きと五郎の事故が決定打となって富良野に戻る。「’95」からは市の臨時職員としてごみ収集の仕事に従事し、市内にアパートを借りて正吉と同居生活を始める。北海道に戻ったもののれいとは気持ちがすれ違い、その間にシュウと知り合う。シュウの過去を巡る問題からギクシャクするも順調に交際し、上砂川にあるシュウの実家に挨拶に行くがシュウの家族から交際を反対され、引き離されてしまう。最初は辛かったごみ収集の仕事にも誇りを持つようになり、草太から牧場の仕事を手伝うよう再三誘われるも拒否。完次の悲劇により溝が生じ、草太からの頼まれ事を断ったことが原因で草太は事故死を遂げる。蛍が正吉の子を妊娠し、二人が結婚すると言われ激怒するが、五郎の喜ぶ姿を見て二人を認める。だが、雪子から「蛍の子の父親が正吉ではない」という話を聞かされ動揺。真相が明らかになっても結婚を祝おうという五郎を支える。「’98」で周囲からの頼みで草太の牧場を引き継ぐが、「2002」では借金により牧場が破綻。3000万の借金を正吉と半分ずつ受け持ち、返済のため五郎と蛍にだけしか居所を告げずに富良野を去る。相思相愛で家族公認の仲だったシュウとも音信不通が原因で別離。金になる仕事を転々とし、最初の半年は借金を返済していたがやめてしまう。羅臼で廃棄物処理の仕事に就き、漁師の友人の好意で番小屋を借りて一人暮らす。失意と孤独のどん底に居たが、偶然再会した涼子先生の引き合わせで結と知り合い交際するようになる。だが、友人から結が人妻だと聞かされ、人目を避け携帯でのチャットに大金を払っていたが、結の義父吾平に交際を知られてしまう。その後、羅臼に戻った結の夫、弘から襲撃を受け吾平に助けられるが、もう逃げないと腹をくくり、結と共に弘の許を訪れ別れてくれるよう談判。吾平の勧めに従い五郎を羅臼に呼んだ際、吾平が遭難し、生還したことを通じて弘とも和解する。直後に蛍からみずえの訃報を聞き、覚悟を決めて五郎と共に富良野に戻る。その後、家族の反対を押し切り純の負債を引き受けてくれた三沢のおじいちゃんが寝たきりになったことを知り、五郎の仕事を手伝いながら彼の介護を行うようになり、嫁ぐ覚悟で富良野に来た結と結ばれた。スペシャル以降はあだ名で呼ばれることが多い。語尾に「〜な訳で」で話すことがあり、「トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」の「トリビアの種」で実際に計測したところ、52回言った。(北の国から – Wikipedia

吉岡 秀隆(よしおか ひでたか、Hidetaka Yoshioka、1970年8月12日 – )は、日本の俳優、ミュージシャン。埼玉県蕨市出身。所属事務所はOffice Bow!。経歴 / 1981年より2002年まで、『北の国から』に黒板純役でレギュラー出演し、黒板螢役の中嶋朋子と名子役と云われ、代表作になった。(吉岡秀隆 – Wikipedia

関連エントリ

吉岡秀隆 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北の国から の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

五・一五事件(May 15 Incident)について

300px-Benzaiten.jpg

五・一五事件(May 15 Incident)について

関連記事

5月15日 歴史 / 1932年 5.15事件。犬養首相が暗殺される。(5月15日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月15日 できごと / 1932年 – 五・一五事件。内閣総理大臣犬養毅が襲撃、殺害される。(5月15日 – Wikipedia

五・一五事件は、1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣犬養毅を殺害した。(五・一五事件 – Wikipedia

The May 15 Incident (五・一五事件 Goichigo Jiken) was an attempted coup d’état in the Empire of Japan, on May 15, 1932, launched by reactionary elements of the Imperial Japanese Navy, aided by cadets in the Imperial Japanese Army and civilian remnants of the ultra nationalist League of Blood. Prime Minister Inukai Tsuyoshi was assassinated by 11 young naval officers. The following trial and popular support of the Japanese population led to extremely light sentences for the assassins, strengthening the rising power of Japanese militarism and weakening democracy and the rule of law in the Empire of Japan. (May 15 Incident – Wikipedia

関連エントリ

五・一五事件 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

May 15 Incident の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

犬養毅 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Tsuyoshi Inukai の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

Montgomery_Anne_of_Green_Gables.jpg

Lmmontgomery1884.gif

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

関連記事

ルーシー・モード・モンゴメリ(Lucy Maud Montgomery、1874年11月30日 – 1942年4月24日)はカナダの小説家である。『赤毛のアン』の作者であり、本作を第一作とする連作シリーズ「アン・ブックス」で良く知られている。彼女の小説は英語で記されている。生涯 / ルーシー・モード・モンゴメリは1874年11月30日に、カナダ東部プリンス・エドワード島のクリフトン(現在のニューロンドン)で生まれた。1935年にフランス芸術院会員となり、また、大英帝国勲位も受けた。同年、一家はトロントへ移った。モンゴメリは1942年にトロントで亡くなった。著作 / 1908年の『赤毛のアン』の成功の後、1909年の第2作『アンの青春』など、『赤毛のアン』シリーズ(アン・ブックス)を含め生涯に20冊の小説と短編集を書いた。特に『赤毛のアン』は何度も映画化され、40か国語に翻訳されるなどの成功を収めた。『赤毛のアン』は日本では、1952年に村岡花子により翻訳・紹介され、主に少女たちの間で熱狂的に愛読された。のちに、中学の国語の教科書に収録され、1979年に世界名作劇場シリーズでテレビアニメ『赤毛のアン』として放送された。モンゴメリの生地、プリンス・エドワード島を訪れる日本人観光客は多い。(L・M・モンゴメリ – Wikipedia

Lucy Maud Montgomery, OBE (November 30, 1874 – April 24, 1942), published as L.M. Montgomery, was a Canadian author best known for a series of novels beginning in 1908 with Anne of Green Gables. The book was an immediate success. The central character, Anne Shirley. The first novel was followed by a series of sequels with Anne as the central character. Montgomery went on to publish 20 novels as well as 530 short stories, 500 poems, and 30 essays. Most of the novels were set in Prince Edward Island, and locations within Canada’s smallest province became a literary landmark and popular tourist site – namely Green Gables farm, the genesis of Prince Edward Island National Park. She was made an officer of the Order of the British Empire. Montgomery’s work, diaries and letters have been read and studied by scholars and readers worldwide. Death / On April 24, 1942, Montgomery was found dead in her bed in her Toronto home. (Lucy Maud Montgomery – Wikipedia

『赤毛のアン』(あかげのアン、原題: Anne of Green Gables)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。原題のグリーンゲイブルズ (Green Gables) はアンが住むことになるカスバート家の屋号であり、直訳すると、「緑の切妻屋根」という意味になる。(赤毛のアン – Wikipedia

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

「人生には生きる価値があるわ、そこに笑いがある限り」(赤毛のアン) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

L・M・モンゴメリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Lucy Maud Montgomery の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る