Yoshitomo Imae の検索結果: 1 件

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

012.jpg

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

今江祥智さんご健在の頃、親子のギター二重奏曲「優しさごっこ」のことで電話した。今江祥智さんは大変驚きそして喜んでくれた。

関連記事

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 – 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。 1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。 1970年代の『兄貴』『ぼんぼん』『優しさごっこ』『冬の光』などの長編は、児童文学の枠を超えて読まれるようになり、特に『優しさごっこ』は1980年にNHKでドラマ化され、ベストセラーとなった。この時期、灰谷健次郎、上野瞭、佐野洋子などが、同様に、児童文学や絵本から、大人向け作品へ移行していく現象があり、それは踵を接して、よしもとばななや角田光代のような、最初から少年文学風に書く作家を生む一因をなした。このことは、児童文学の境界の問題として考察されるべきものである。 2015年3月20日、肝臓がんにより死去、享年83。 (今江祥智 – Wikipedia)

関連エントリ

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

今江祥智 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yoshitomo Imae の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る