W. S. Clark の検索結果: 5 件

アメリカ合衆国の女優・歌手 ドリス・デ イ (死去)

220px-Doris_Day_in_Love_Me_or_Leave_Me_trailer

アメリカ合衆国の女優・歌手 ドリス・デ イ (死去)

関連記事

ドリス・デイ(英語: Doris Day, 1922年4月3日 – 2019年5月13日)は、アメリカ合衆国の女優・歌手。オハイオ州シンシナティ出身。本名はDoris Mary Ann Kappelhoff(ドリス・メアリー・アン・フォン・カッペルホフ)。ドイツ系。 2019年5月13日、カリフォルニア州の自宅で死去。97歳没。 (ドリス・デイ- Wikipedia)

Doris Day (born Doris Mary Ann Kappelhoff; April 3, 1922 – May 13, 2019) was an American actress, singer, and animal welfare activist. After she began her career as a big band singer in 1939, her popularity increased with her first hit recording “Sentimental Journey” (1945). After leaving Les Brown & His Band of Renown to embark on a solo career, she recorded more than 650 songs from 1947 to 1967, which made her one of the most popular and acclaimed singers of the 20th century. Day’s film career began during the latter part of the Classical Hollywood Film era with the 1948 film Romance on the High Seas, and its success sparked her twenty-year career as a motion picture actress. She starred in a series of successful films, including musicals, comedies, and dramas. She played the title role in Calamity Jane (1953), and starred in Alfred Hitchcock’s The Man Who Knew Too Much (1956) with James Stewart. Her most successful films were the ones she made co-starring Rock Hudson and James Garner, such as Pillow Talk (1959) and Move Over, Darling (1963), respectively. She also co-starred in films with such leading men as Clark Gable, Cary Grant, David Niven, and Rod Taylor. After her final film in 1968, she went on to star in the CBS sitcom The Doris Day Show (1968–1973). Day was usually one of the top ten singers between 1951 and 1966. As an actress, she became the biggest female film star in the early 1960s, and ranked sixth among the box office performers by 2012. In 2011, she released her 29th studio album, My Heart, which became a UK Top 10 album featuring new material. Among her awards, Day has received the Grammy Lifetime Achievement Award and a Legend Award from the Society of Singers. In 1960, she was nominated for the Academy Award for Best Actress, and in 1989 was given the Cecil B. DeMille Award for lifetime achievement in motion pictures. In 2004, she was awarded the Presidential Medal of Freedom by President George W. Bush followed in 2011 by the Los Angeles Film Critics Association’s Career Achievement Award. She was one of the last surviving stars of the Golden Age of Hollywood.
Death / Day died on May 13, 2019, after contracting pneumonia. Her death was announced by her charity, the Doris Day Animal Foundation. (Doris Day – Wikipedia)

The following is a complete discography for American singer and actress Doris Day. Day’s entertainment career spanned almost 50 years. She started her career as a big band singer in 1939, and gained popularity with her first hit recording, “Sentimental Journey” in 1945. In her solo career she recorded more than 650 recordings on the Columbia Records label from 1947 to 1967. She was one of the most popular and acclaimed singers of the 20th century. (Doris Day discography – Wikipedia)

The filmography of American actress Doris Day consists of 39 feature films released between 1948 and 1968. When her film career ended, Day turned to television with her situation comedy The Doris Day Show (1968–1973), which ran for five seasons and 128 episodes, and made several other television appearances throughout the 1970s and 1980s. Due to her love of animals, Day launched another TV series, Doris Day’s Best Friends (1985–1986), which ran for 26 episodes. She was an honoree at The 50th Annual Grammy Awards in 2008 and was last seen in archive footage in a 2009 documentary What a Difference a Day Made: Doris Day Superstar. (Doris Day filmography – Wikipedia)

関連ニュース

「ケ・セラ・セラ」 米女優 ドリス・デイさん死去 | NHKニュース

関連エントリ

ドリス・デイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Doris Day の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデーについて

ClarkBoysBeAmbitious.jpg

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデーについて

関連記事

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデー / 1877年のこの日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭・クラーク博士が、「Boys,be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去った。(4月16日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月16日 できごと / 1877年 – 札幌農学校教頭のウィリアム・スミス・クラークが、「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」の言葉を残して帰国の途につく。(4月16日 – Wikipedia

4月16日 記念日 ボーイズビーアンビシャスデー / 1877年のこの日、札幌農学校(現・北海道大学農学部)教頭のウィリアム・スミス・クラークが、「Boys, be ambitious」の言葉を残して北海道を去ったことにちなむ。(4月16日 – Wikipedia

札幌農学校(さっぽろのうがっこう)とは、明治初期に北海道札幌に置かれた教育機関であり、現在の北海道大学の前身である。札幌農学校の初代校長は調所広丈が務めたが、当時の校長職は開拓使関連の多くの要職を兼務しているうちの一つにすぎず、実質的な責任者は教頭職であった。教頭にはマサチューセッツ農科大学学長のウィリアム・スミス・クラークが招かれた。クラークはわずか8ヶ月の滞在ではあったが、彼に直接科学とキリスト教的道徳教育の薫陶を受けた1期生からは、佐藤昌介(北海道帝国大学初代総長)や渡瀬寅次郎(東京農学校講師、実業家)らを輩出した。また、2代目のウィリアム・ホイーラー教頭もクラークの精神を引き継ぎ、2期生からは新渡戸稲造(教育者)、内村鑑三(思想家)、広井勇(土木工学)、宮部金吾(植物学)、伊藤一隆(中川翔子高祖父)らを出した。彼らは「札幌バンド」と呼ばれ、北海道開拓のみならず、その後の日本の発展に大きな影響を与えた。(札幌農学校 – Wikipedia

ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark、1826年7月31日 – 1886年3月9日)は、アメリカ合衆国の教育者。化学、植物学、動物学の教師。農学教育のリーダー。 1876年(明治9年)札幌農学校(現北海道大学)開校。初代教頭。同大学では専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。この他、学生達に聖書を配り、キリスト教についても講じた。のちに学生たちは「イエスを信じる者の誓約」に次々と署名し、キリスト教の信仰に入る決心をした。日本ではクラーク博士として知られる。日本人から見るといわゆる「お雇い外国人」のひとりである。略歴 / マサチューセッツ農科大学(現マサチューセッツ大学アマースト校)第3代学長に就任した(初代と2代学長は開学前に辞任しているため、クラークが実質的な初代学長である)。 途中、南北戦争に参加することになり、クラークのアカデミックなキャリアは一旦中断する。アマースト大学で教えていた時期、学生の中に同大学初の日本人留学生がいたが、それは新島襄(同志社大学の創始者)である。任期中には新島襄の紹介により、日本政府の熱烈な要請を受けて、1876年(明治9年)7月に札幌農学校教頭に赴任する。マサチューセッツ農科大学の1年間の休暇を利用して訪日するという形をとった。クラークの立場は教頭で、名目上は別に校長がいたが、クラークの職名は英語で「President(校長)」と表記することが開拓使によって許可され、ほとんど実質的にはクラークが校内の全てを取り仕切っていた。クラークはマサチューセッツ農科大学のカリキュラムをほぼそのまま移植して,諸科学を統合した全人的な言語中心のカリキュラムを導入,自ら模範となり,学生を鼓舞,激励するだけでなく,マサチューセッツ農科大学の教え子から生え抜きを後継者に据えて規律及び諸活動に厳格かつ高度な標準を作り出し,学生の自律的学習を促した。8ヶ月の札幌滞在の後、翌年の1877年5月に離日した。晩年は心臓病にかかって寝たり起きたりの生活となり、1886年3月9日、失意のうちに59歳でこの世を去った。彼は帰国した後も札幌での生活を忘れることはなく、死の間際には「札幌で過ごした8ヶ月間こそ、私の人生で最も輝かしい時だった」と言い残したと伝えられる。少年よ、大志を抱け この老人の如く / 札幌農学校1期生との別れの際に、北海道札幌郡月寒村島松駅逓所(現在の北広島市島松)でクラークが発したとされるクラークの言葉が、よく知られている。それは「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」として知られていた。(ウィリアム・スミス・クラーク – Wikipedia

関連サイト

“Boys, be ambitious!”について | Hokkaido University Library

関連エントリ

225px-Carl_Larsson_Brita_as_Iduna.jpg

Boys, be ambitious day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ボーイズビーアンビシャスデー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月16日、ボーイズビーアンビシャス! (記念日)

ClarkBoysBeAmbitious.jpg

ボーイズビーアンビシャスデー
4月16日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)教頭のクラーク博士が、「Boys, be ambitious (少年よ、大志を抱け)」の言葉を残して北海道を去った。(1877年)

「少年よ 大志を抱け!」
(Boys, be ambitious!)

4月16日、ボーイズビーアンビシャス! (記念日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

スペースシャトルコロンビア号空中分解事故 2003年2月1日

800px-Shuttle_profiles_2.jpg

749px-Crew_of_STS-107_official_photo_2.jpg

STS-107_Flight_Insignia.svg_2.png

2003年2月1日、STS-107スペースシャトルコロンビア号がテキサス州上空で空中分解事故。乗員7名が全員死亡。(コロンビア号空中分解事故)

Space Shuttle Columbia disaster (コロンビア号空中分解事故)
コロンビア号空中分解事故(コロンビアごうくうちゅうぶんかいじこ)は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。(Wikipedia

スペースシャトルコロンビア号空中分解事故 2003年2月1日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

首相官邸オフィシャルブログ「官邸かわら版」(2012/05/31)

493px-Yoshihiko_Noda-1_2.jpg

ClarkBoysBeAmbitious.jpg

Boys, be ambitious like this old man.
William S. Clark (クラーク博士)

内閣広報室(首相官邸)からのメール配信:
首相官邸オフィシャルブログ「官邸かわら版」(2012/05/31)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

首相官邸オフィシャルブログ「官邸かわら版」(2012/05/31) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る