Shinta Chō の検索結果: 1 件

日本の漫画家・絵本作家 長新太 (父の日に)

012.jpg

日本の漫画家・絵本作家 長新太 (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

長新太さんご健在の頃、北海道札幌市で開催された「長新太の原画展示会」でお会いすることができた。親子の優しさごっこの話を聞きながら長新太さんはサイン色紙に絵を描いた。美幌町で留守番をしている娘へのプレゼントだった。長新太さん、ありがとうございました。

関連記事

長 新太(ちょう しんた、1927年9月24日 – 2005年6月25日)は日本の漫画家・絵本作家。 本名:鈴木 揫治(すずき しゅうじ、「しゅう」は「秋」の下に「手」)。漫画作品のほか、「ユーモラスな展開と不条理な筋立て」による「絵本」と称される数多くの絵本や、児童文学の挿絵を描き、「ナンセンスの神様」の異名をとった。エッセイなどの分野でも活動した。 2000年ごろから癌のために入退院を繰り返した。2005年6月25日、中咽頭癌のため東京都渋谷区の病院で死去。77歳没。 受賞・叙勲歴 / 1974年 国際アンデルセン賞優良作品(『おしゃべりなたまごやき』) 主要作品 / おしゃべりなたまごやき(寺村輝夫 福音館書店) 長新太のチチンプイプイ旅行(平凡社) (長新太 – Wikipedia)

Shinta Chō (Japanese: 長新太ちょうしんた, September 24 1927 – June 25 2005) was an award-winning Japanese children’s author and illustrator. He won the Japan Picture Book Awards [ja] Grand Prize for Kyabetsu-kun (Cabbage Boy) in 1981. Life / Chō was born Shuji Suzuki in Tokyo in 1928. He began illustrating cartoon strips in the late 1940s. He created the Talkative Fried Egg cartoon for a cartoon monthly in 1959. He also wrote children’s books, including The Gas We Pass: The Story of Farts (Japan 1978, USA 1994). (Shinta Chō – Wikipedia)

関連エントリ

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

長新太 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shinta Chō の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る