Rainbow Bridge の検索結果: 6 件

8月4日 橋の日 (虹の橋、Rainbow Bridge)

Rainbow-Bridge-heaven.jpg

8月4日 橋の日 (虹の橋、Rainbow Bridge)

関連記事

虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)とは、飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所、または神話的な場所のことである。また、この場所をうたった散文詩(韻文)のことである。詩と希望 / 『虹の橋』は、作者不詳の散文詩の主題として取り上げられているので有名である。作品は、1980年から1992年のあいだに造られたと考えられるが、正確な詩作の時期はなお不明である。この詩あるいは文章は、ペットを失った動物愛好家のあいだで広く知られるようになり、最初はアメリカで流布していたが、世界中に広がり、日本でもこの詩の原文や翻訳、またそのヴァリエーションが広がっている。詩は、亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っていると、うたっている。そして彼らの飼い主がまた世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くと信じられている。 (虹の橋 (詩 – )Wikipedia)

The Rainbow Bridge is the theme of several works of poetry written in the 1980s and 1990s that speak of an other-worldly place where pets go upon death, eventually to be reunited with their owners. One is a prose poem whose original creator is uncertain. The other is a six-stanza poem of rhyming pentameter couplets, created by a couple to help ease the pain of friends who lost pets. Each has gained popularity around the world among animal lovers who have lost a pet. The belief has many antecedents, including similarities to the Bifröst bridge of Norse mythology. (Rainbow Bridge (pets) – Wikipedia

関連エントリ

橋の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

虹の橋 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Rainbow Bridge の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月16日、カラーセラピーの 体験イベント。(VidaCafe 北見)

Rainbow-Bridge-heaven.jpg

11月16日、カラーセラピーの 体験イベント。(VidaCafe 北見)
November 16, color therapy experience events. (VidaCafe Kitami)

11月16日、カラーセラピーの 体験イベント。(VidaCafe 北見) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

8月 4日、箸 の日、橋 の日、はし の日

330px-Meshi.JPG

330px-Kuniyoshi_Utagawa_Women_22.jpg

shounen_1.jpg

330px-The_Bridge_on_the_River_Kwai_poster.jpg

Art_Garfunkel_2013.jpg

375px-Paul_Simon_2007.jpg

004.jpg

8月 4日 (August 4)
箸 の日 (Chopsticks Day)
橋 の日 (Bridge Day)
はし の日 (Hashi Day)

8月 4日、箸 の日、橋 の日、はし の日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考

Rainbow-Bridge-heaven.jpg


殺処分のニュースブログ記事(Google 検索)

殺処分(さつしょぶん)
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。(Wikipedia

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

保護犬・猫情報のホームページ


殺処分寸前だったイヌが心を開く瞬間 – YouTube

殺処分(さつしょぶん)とは、法律上は家畜伝染病予防法のみに書かれている用語だが、近年は以下にある政令「動物の殺処分方法に関する指針」などの表題に用いられたため、「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」という広い意味で使用されるようになった。(Wikipedia

虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)とは、飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所、または神話的な場所のことである。また、この場所をうたった散文詩(韻文)のことである。(Wikipedia

犬の十戒(いぬのじっかい、The Ten Commandments of Dog Ownership)は、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られているが、実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元である。 ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容である。(Wikipedia

保護犬・猫情報

保護犬・猫情報のホームページ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町は、犬(イヌ) 猫(ネコ) 殺処分ゼロ を目指しています

dog3.jpg

美幌町 迷い犬 : 北海道美幌町役場では犬を保護しています。家族を探しています。犬が欲しい方いませんか? 美幌町のホームページより「飼い主の皆さん犬は正しく飼いましょう」「犬の引き取り」「犬のフンはきちんと始末しましょう」「迷い犬の返還・飼養に費用がかかります」「犬の登録と狂犬病予防注射」「迷い犬」 詳しくは、美幌町役場 環境衛生担当へお問い合わせ下さい。電話:0152-73-1111 内線 238・239

美幌町は、犬(イヌ) 猫(ネコ) 殺処分ゼロ を目指しています の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る