Radio calisthenics の検索結果: 1 件

日本の ラジオ体操 (Radio calisthenics)

日本の ラジオ体操 (Radio calisthenics)

関連記事

ラジオ体操(ラジオたいそう、英: Radio calisthenics)は、国民の体力向上と健康の保持や増進を目的とした一般向けの体操のこと。またはその体操用音楽をピアノ伴奏にのせて指導を行うラジオ番組。なお、日本で単に「ラジオ体操」という場合、後述の「ラジオ体操第1」を指すことがある。種類 / ラジオ体操第1 / 1951年制定、同年5月6日放送開始。現在の体操は3代目。初代:1928年11月1日 – 1946年4月13日 『可愛い歌手』 作曲:福井直秋。後に武内俊子作詞による「朝風そよそよ ラジオは響く一、二、三」と歌い出す歌詞が付き、「朝日を浴びて」という題名も与えられた。初代第1用の曲としては『可愛い歌手』の他にも「其二」、「其三」、「其四」等の別の曲が作られたが、それらは比較的短期間にて使用終了となった。ただし、1945年8月15 – 22日は放送中止。2代目:1946年4月14日 – 1947年8月31日 作曲:服部正 ハ長調。3代目:1951年5月6日 – 作曲:服部正 ニ長調 「老若男女を問わず誰でもできることにポイントを置いた体操」である。小学校から工場などの職場まで広く使われており、一般的にはラジオ体操といえば第1のことを指すことが多い。「事務職向けの体操」という情報が出回ったこともあるが、全国ラジオ体操連盟による説明では「子供からお年寄りまで一般の人が行うことを目的とした体操」である。ラジオ体操第2 / 1952年制定、同年6月16日放送開始。現在の体操は3代目。初代:1932年7月21日 – 1946年4月13日 『若鮎』 作曲:堀内敬三 『ホーエンフリートベルク』 作曲者不詳 1945年8月15 – 22日は放送中止。2代目:1946年4月14日 – 1947年8月31日 作曲:深海善次 ヘ長調。3代目:1952年6月16日 – 作曲:團伊玖磨 イ長調 職場向けとして制定。体をきたえ、筋力を強化することにポイントを置いている]。ややテンポの速いメロディで、第1より運動量が多い。主に小学校高学年から高等学校、青壮年の間で使われている。「作業などを行う現業向けの体操」という情報が出回ったこともあるが、全国ラジオ体操連盟による説明では「働き盛りの人が職場で行うことを目的とした体操」である。妊娠中の女性や高齢者、小学校低中学年の児童らにとってはやや運動強度が強く、また職務や行事などのプログラム進行においては取れる時間に制約があることなどから、ラジオ体操第1のみを行うことも多い。最大の特徴には、ボディビルダーを連想させる独特のポージングが挙げられる。跳躍動作も多く取り入れられており、全体的には第1体操を踏襲しつつもより複雑な動作で構成されている。ラジオ体操第3 / 初代:1939年12月1日 – 1946年4月13日 『大日本国民体操』 作曲:橋本國彦 管弦楽曲でゆったりしたテンポが特徴。体操は腕振りやボートこぎなど14種類の動作で構成。龍谷大学の安西将也・井上辰樹両教授が2015年から2017年にかけてピアノ曲として復刻。2代目:1946年4月14日 – 1947年8月31日 作曲:橋本國彦 ト長調 。2代目第3は両腕を大回転して屈伸したり、両脚を開閉してリズム良く跳びはねるなどの複雑で躍動的な動きが特色。放送時は音声でその動きを伝えるのが困難な為、普及せず、短期間で放送が終了した(2代目第1、第2も同様)。掛け声なしの2代目第3を収録したレコードが陸前高田市立博物館に所蔵されているほか2008年8月3日、逓信総合博物館でも全国で3枚目が発見された。「NHKにもない貴重なものである」と言われていたが実際にはレコードコレクター間では「比較的散見できるレコード」として知られ、マスコミの報道と現実とのギャップが指摘されている。2013年から東近江市の健康づくり事業のため、龍谷大学の安西将也・井上辰樹両教授が復刻に着手。2015年、龍谷大学の安西将也・井上辰樹両教授の監修により、当時の動作を復刻させたものが「幻のラジオ体操 第3」として、日本コロムビアより発売された。なお、テレビ体操で放送される「みんなの体操」(1999年制定)が初期にラジオ体操第3と呼ばれたことがあった。 (ラジオ体操 – Wikipedia)

Radio calisthenics (ラジオ体操 rajio taisō, literally, “radio exercises”) refers to warm-up calisthenics popular in Mainland China, Taiwan and Japan. Japan / In Japan, radio calisthenics are broadcast to music on public NHK radio early in the morning. Rajio taisō were introduced to Japan in 1928 as a commemoration of the coronation of Emperor Hirohito. The idea for radio broadcast calisthenics came from the US, where during the 1920s the Metropolitan Life Insurance Co. sponsored 15-minute radio calisthenics in major cities in the US. Visiting employees of the Japanese postal insurance division brought samples of the exercises from the US back to Japan. The exercises were widely used to improve the health of Japanese soldiers both at home and abroad during the 1930s and 1940s. The exercises were introduced to several other pacific nations, including Taiwan, Hong Kong and Indonesia during Japan’s colonization period. After Japan’s defeat in 1945, the broadcasts were banned by the occupying powers as being too militaristic in nature. After several rewrites to the exercise routine, it was reintroduced by NHK radio in 1951 with the support of the education ministry, health ministry, the Japan Gymnastic Association and the Japan Recreation Association. (Radio calisthenics – Wikipedia)

関連サイト

NHKテレビ・ラジオ体操 – NHKオンライン

NPO法人全国ラジオ体操連盟のホームページ

Japan’s Radio Calisthenics | Nippon.com

関連エントリ

ラジオ体操 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Radio calisthenics の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 (北海道美幌高等学校校歌作曲) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る