One Hundred Men and a Girl の検索結果: 2 件

少女とオーケストラの音楽動画です (サプライズ)

Original_movie_poster_for_the_film_One_Hundred_Men_and_a_Girl.jpg

少女とオーケストラの音楽動画です (サプライズ)

関連記事

『オーケストラの少女』(オーケストラのしょうじょ、原題:One Hundred Men and a Girl)は、1937年にユニバーサル・スタジオが製作したアメリカ映画。概要 / 名指揮者レオポルド・ストコフスキーと実在のオーケストラであるフィラデルフィア管弦楽団が出演したことで知られる音楽映画である。1937年のアカデミー作曲賞を受賞している。備考 / 作曲家の芥川也寸志は、小学校6年の時、この映画を6回観た。指揮者岩城宏之は、高校2年の時この作品を観て感動したことから音楽家を志すようになったという。ただし、1979年頃にテレビで本作品を再び観た時は「実に、なんともやりきれないくらいの、ひどい映画」「ストコフスキーさんのPR用のキワモノ映画」「ぼくの耳が幼すぎたのだ」と失望の念を吐露している。音楽評論家の志鳥栄八郎は、旧制中学の頃、乏しい小遣いをやりくりしてこの映画を何度も観た。同級の大滝秀治もこの映画に影響された一人であり、ピアノが弾けないにもかかわらず学校の音楽室で「これからリストの『ハンガリー狂詩曲』を弾く」と宣言し、志鳥の前で出鱈目にピアノの鍵盤を叩いてみせたことがある。黒柳徹子が生まれて初めて観たのはこの映画であった。黒柳家は「子供には子供用の映画しか観せない」という教育方針だったが、父がヴァイオリニストだったため、この映画は特別に観ることを許された。淀川長治は黒柳に「あなたはいい映画をご覧になりましたね」と言っている。 (オーケストラの少女 – Wikipedia)

音楽動画 (YouTube)

少女がお金を恵んだらオーケストラの大演奏のサプライズ – YouTube

関連エントリ

オーケストラの少女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

One Hundred Men and a Girl の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

サプライズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Surprise の検索結果美幌音楽人加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

HBC ジュニアオーケストラ オホーツクツアー2014

Original_movie_poster_for_the_film_One_Hundred_Men_and_a_Girl.jpg

HBC ジュニア オーケストラ オホーツク ツアー 2014
HBC Junior Orchestra Okhotsk Tour 2014

HBC ジュニアオーケストラ オホーツクツアー2014 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る