Komuz の検索結果: 3 件

キルギスの伝統楽器コムズ (キルギスの音楽)

SeidenstrasseGMT.JPG

キルギスの伝統楽器コムズ (キルギスの音楽)

関連記事

キルギスの音楽は遊牧民的もしくは農村部の素朴さを残しており、トルクメニスタンやカザフスタンの民族音楽と密接な関係がある。キルギスの民俗音楽は長く尾を引くようなピッチに特徴があるが、ロシア民族音楽的な要素も取り入れられている。伝統音楽 / 旅行音楽家やマナスチと呼ばれるシャーマンは歌やコムズと呼ばれる楽器を演奏するため人気がある。彼らの音楽は典型的な伝説の叙事詩であり、有名なものとしてはかつて国を守るため部下とともに中国人と戦ったマナスの愛国的な物語、マナス (ホメロスのオデュッセイアの20倍の長さがある) がある。現代における有名なマナスの口述家 (マナスチ) としてはリスベク・ジュマバエフやサヤクバイ・カララエフなどがいる。コムズ以外で有名なキルギスの民族楽器としては、フィドルのような楽器キル・キヤクや横笛のシビズギ、チョポ・チョールやテミル・オーズ・コムズのような口琴がある。コムズはキルギスの国民的な楽器であり弦をこすって音を出す。キル・キヤクもまたキルギスのアイデンティティを象徴する楽器であるが、こちらはモンゴルの馬頭琴に似て楽器の構造に馬との深い関連が有り、キルギスの文化において重要な役割を果たしている。キルギスの民俗音楽にはシャーマン的な要素が残っており、ドブルバ (片面太鼓)やアサ・タヤク (鐘やその他の小道具がついた木製楽器)、そして先ほど挙げたキル・キヤクなどが使用される。キルギスの民族音楽では、様々な種類があるキュイ (もしくはküü) と呼ばれる音楽の旅をめぐる際の前準備となる物語が表現される。物語は事話で進められ、物語の重要な部分に関しては大げさなジェスチャーで強調することがある。演奏家 / 現代のキルギスの音楽家はカンバルカンを国民的な民族音楽の合奏曲として演奏する。サラマト・サディコヴァは声量の多さで人気のあるキルギスの伝統音楽の歌手であり、彼女は極めて長い期間に渡り曲の暗唱が可能である。彼女の歌のレパートリーには通常の民俗音楽とともに現代的な要素を取り入れた楽曲もある。その他の有名な民俗音楽家としてはTengir-Too、Djunushov兄弟、Jusup Aisaevなどがいる。 (キルギスの音楽 – Wikipedia)

The komuz or qomuz (Kyrgyz: комуз Kyrgyz pronunciation: [qoˈmuz]), Azeri Qopuz, Turkish Kopuz, is an ancient fretless string instrument used in Central Asian music, related to certain other Turkic string instruments and the lute. (Komuz – Wikipedia)


音楽動画 (YouTube)

Kyrgyz Komuz ft. Kazakh Dombra(Turkic Battle)

関連エントリ

キルギス音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

コムズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Komuz の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

カザフスタンの伝統楽器ドンブラ (カザフスタンの音楽)

SeidenstrasseGMT.JPG

カザフスタンの伝統楽器ドンブラ (カザフスタンの音楽)

関連記事

現代のカザフスタンの音楽において有名な楽団として、カザフスタン国立クルマンガズィ民族楽器交響楽団、カザフスタン国立フィルハーモニー交響楽団、カザフスタン国立劇場とカザフスタン国立室内管弦楽団などがある。民族楽器による管弦楽団は19世紀の有名作曲家でありドンブラ奏者であったクルマンガズィ・サギルバユリ(英語版) (ロシア語名:クルマンガズィ・サギルバエフ) にちなんで名付けられた。伝統音楽 / ロシア・ソビエト連邦時代の音楽 / 音楽研究所 / 伝統楽器 / 最も馴染みのある伝統楽器は弦楽器である。それらの一つがドンブラであり、カザフスタンの楽器において最も古く人気のある楽器である。遊牧民は2000年以上前から二弦楽器に似た楽器を使用していたと主張するものもいる。ドンブラは5度音程の二弦を使用するリュートに似た楽器である。その他演奏で重要な役割を果たす楽器にはコブズ (Qobyz) があり、これは本体部分が木彫りで作られている馬頭琴に似た楽器であり、共鳴部には動物の皮、弦と弓には馬の髪を用いている。コブズは中世はるか以前に伝説的なシャーマンQorqytによって考案されたとされている。 ジェティゲン (ZhetigenもしくはJetigen、7つの弦) はシターンに似た楽器と考えられており、中国にも似たような楽器がある。弦は長さの違う二つの部分に分かれており、支柱は移動可能であり、動物の骨を使用して作られている。 (カザフスタンの音楽)

ドンブラ (Donbura)は、カザフの民族楽器である。概説 / ドンブラは二弦撥弦楽器であり、二弦擦弦楽器のコブズにならぶ、カザフの代表的な民族楽器である。弦を直接指ではじいて演奏され、単奏あるいは叙事詩を歌う伴奏に用いられる。 ドンブラの演奏には、キュイあるいはキュと呼ばれる、曲の注釈となる伝説を有し、演奏者が演奏に先だって伝説を語るスタイルがある。歌はアンと総称され、歌い手が伴奏しながら歌う。 カザフスタン西部では二弦を高速で演奏し、中・東部では一弦をゆっくりとしたテンポで演奏する地方様式がある。 アクンと呼ばれる語り手によって、叙事詩が歌われ、ドンブラが演奏される。歴史 / 演奏者は伝統的に男性であったが、19世紀後半から女性の演奏者も現れるようになった。 クルマンガズ(1806年?-1879年?)のキュイが、現在70曲ほど伝えられている。 (ドンブラ – Wikipedia)


音楽動画 (YouTube)

Kyrgyz Komuz ft. Kazakh Dombra(Turkic Battle)

Kazakh Folk Song

関連エントリ

カザフスタン音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ドンブラ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Dombra の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

多文化共生 講演会 (北海道 北見市)

logo_01.gif

logo_02.gif

多文化共生 講演会 (北海道 北見市)
Multicultural Symbiosis Lecture (Kitami, Hokkaido)

多文化共生 講演会 (北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る