Kava san Trio の検索結果: 3 件

Kava san Trio カヴァ サン トリオ (マンドリン 川口雅行)

300px-Daisetsu0001

Kava san Trio カヴァ サン トリオ (マンドリン 川口雅行)

kava san Trio カヴァ サン トリオ、マンドリン・Masayuki Kawaguchi 川口雅行 ギター・Yoshio Matsumoto 松本吉夫 チェロ・Akiyo Narikawa 成川昭代 のトリオ。

関連記事

KaVa san Trio カヴァ サン トリオ / 世界で唯一のマンドリン・ギター・チェロのトリオとして1987年11月に結成。独自のアレンジ曲は各地で好評を博した。1992年(平成4年)6月、KaVa san Trio(カヴァ サン トリオ)の北海道公演。美幌町の我が家に泊まる。初めての北海道横断の冒険旅行は楽しかったね。日本最大の国立公園で、北海道の屋根ともいわれる大雪山を軽自動車で越えることは無理がありましたね。また来てね!(こんどは重装備の大型車で…)。

川口雅行(マンドリン)1970年第2回全日本マンドリン独奏コンクール第1位。1972年 西ドイツ(ザールランド大学)留学、ヨーロッパ各地で演奏会、ラジオ放送等で活躍。1980年帰国、岩城宏之指揮・札幌交響楽団と協演(D.Erdmnn、田中賢のマンドリン協奏曲を初演)。

松本吉夫(ギター)1973年からアメリカ(フルトン市立大学とサンフランシスコ音楽院)留学、G.サケラリウ、M.ロリマー両氏に師事。1980年からアメリカや韓国等で演奏。

成川昭代(チェロ)大阪音楽大学短期大学部在学中より1993年まで大阪シンフォニカー在籍。大阪チェンバーオーケストラメンバー、関西室内楽協会会員。 (加藤雅夫のあゆみ 40代 1987~ – 美幌音楽人 加藤雅夫)

音楽動画

幻の「KaVa san Trio」- YouTube

川口雅行&奇美マンドリン楽団創立10周年演奏会 – YouTube

E.Giudici / 交響的行進曲 「川口雅行還暦コンサート」 – YouTube

一期一会 〜 One Wish by Felice – YouTube

関連サイト

KaVa san Trio – 最後に思うこと

松本吉夫のホームページ

関連エントリ

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

カヴァ サン トリオ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kava san Trio の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

心の糧に

心の糧になる素晴らしい音楽をすべての人々と分かちあいたい!
音楽は生きた心の財産です。それは人間だけに与えられた心の糧です。音楽を深く楽しめることは本当に幸せです。人に希望と勇気も与え、愛を育て、社会にうるおいをもたらします。
私達はよい音楽を運ぶメッセンジャーになりたい。番人にはなりたくない。心の糧となる音楽を感動をもって語るプロフェッショナルになりたい。与えるのではなく育てる人になりたい。そして誰もが価値ある音楽をおう歌し、共に楽しみ、心の文化と機械の文化の歯車が美しくかみ合うユートピアを実現したい。

bihorokato(Masao Kato) began to Twitter! http://twitter.com/bihorokato

加藤雅夫(bihorokato)はツイッター(Twitter)をはじめました! http://twitter.com/bihorokato

心の糧に の全文を読む

このページの先頭へ戻る

40代 1987〜

1987 昭和62年 40才

美幌町開基100年記念文化祭「びほろ歌まつり」開催
 (100年の歴史を美幌の歌で綴る大発表会
  町内外の老若男女を総動員して開催)
美幌叢書「びほろの唄」発行〜明治20年の開拓から
大正・ 昭和・戦前戦後の学校歌・団体歌・民謡・愛唱歌など
100曲収集 経緯や発表会の写真も…10年かかりました
作詞作曲の方々に贈呈しました
みなさん感謝感激で大喜びです
美幌町の『宝』になりました

 

40代 1987〜 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る