JGSDF Camp Bihoro の検索結果: 18 件

2019年 陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会 (北海道美幌町)

187px-JGSDF_5th_Brigade_svg.jpg

beebo1_2.jpg

2019年 陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会 (北海道美幌町)

関連記事

陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会 2019/06/08掲載(美幌町/社会)
即応機動連隊改編へ本年度も陳情展開 / 陸上自衛隊美幌駐屯地部隊充実整備期成会(会長・平野浩司美幌町長)は、陸上自衛隊美幌駐屯地第6普通科連隊の即応機動連隊への改編に向けて2019年度も陳情活動を展開する。 国の防衛計画大綱に基づく中期防衛力整備計画では、2023年までに第6普通科連隊が所属する第5旅団が機動旅団に改編される見通し。さらに、旅団にある帯広、釧路、美幌の3つの普通科連隊のうちいずれかの部隊が即応機動連隊に改編される見通しだ。 即応機動連隊は普通科中隊に機動戦闘車隊などを加えるため、改編により増員が見込まれる。 期成会はこの改編を実現させるため、前年度同様に本年度も陳情活動を実施。6月12日に第5旅団、7月上旬に北部方面総監部などを訪ねるほか、下旬には防衛省や関係する国会議員などを訪ねて改編の実現を訴える。これらの計画が、このほど美幌町内で開かれた総会で承認された。 期成会事務局は「陳情活動に加え、町長が出張で上京する際などに関係機関を訪ねる機会を設けたい」としている。 総会ではこのほか、7月13日の創立68周年記念行事に合わせて市中パレードを行うことや、来年に第5音楽隊のコンサートを開くことなどが決まった。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 (美幌駐屯地 – Wikipedia)

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 (美幌海軍航空隊 – Wikipedia)

関連サイト

美幌駐屯地 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ

関連エントリ

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年度 群冬季戦技競技会 (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

平成30年度 群冬季戦技競技会 (北海道美幌町)

関連記事

美幌でスキー競技会 2019/02/22掲載(美幌町/スポーツ) 第1特科群が / 力合わせてゴール目指す / 陸上自衛隊美幌駐屯地の第101特科大隊が所属する第1特科群(本部・北千歳駐屯地)の平成30年度群冬季戦技競技会が20、21日に美幌駐屯地で開かれた。 スキー技術の向上や、隊の団結を高めようと開催。以前は千歳地区で開いてきたが、あらゆる地形や気温、雪質を克服する考えから、前年度は別海、本年度は美幌を開催地に選んだ。 美幌と北千歳合わせて約350人の隊員が参加。20日は13の中隊がスキーの団体走でタイムを競った。 各隊員とも10キロ以上の背のうと小銃、水筒などの装備品を背負い、最後の選手がゴールするタイムで順位を競った。装備品は、仲間の隊員が代わりに持っても良いルール。競技力がある隊員がひもで他の隊員を引っ張る中隊もあり、それぞれ力を合わせて白い息を吐きながら、7.2キロのコースを駆け抜けていた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

陸上自衛隊冬季戦技教育隊(りくじょうじえいたいとうきせんぎきょういくたい、JGSDF Cold Weather Combat Training Unit)は、北海道札幌市の真駒内駐屯地に所在する北部方面混成団隷下の教育隊であり、日本唯一の冬季戦専門部隊である。通称CWCTまたは冬戦教。 部隊内にあった特別体育課程教育室からは、冬季オリンピックのバイアスロンなどの競技で、毎回日本代表選手を送り込んでいた(平成27年度末に自衛隊体育学校隷下へ編成替)。 (陸上自衛隊冬季戦技教育隊 – Wikipedia)

第1特科群(だいいちとっかぐん、JGSDF 1st Artillery Group(Mechanized))は、北海道千歳市の北千歳駐屯地に駐屯する第1特科団の隷下部隊である。 (第1特科群 – Wikipedia)

第1特科団(だいいちとっかだん、JGSDF 1st Artillery Brigade)は、北部方面隊隷下の特科団であり、方面隊全般の火力支援および着上陸を企図する海上目標の撃破を担う戦略部隊。団本部を北千歳駐屯地(千歳市)に置く。陸上自衛隊野戦特科部隊のうち唯一の団編成であるが23中期防以降、部隊の縮小・廃止対象とされており順次隷下部隊の統廃合が進められている。 (第1特科団 – Wikipedia)

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 (美幌駐屯地 – Wikipedia)

関連サイト

美幌駐屯地ホームページ

関連エントリ

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の航空公園について

beebo1_2.jpg

北海道美幌町の航空公園について

美幌航空公園 / 自衛隊で活躍した飛行機が展示されている。美幌川沿いに滑空場を持ち、スカイスポーツも楽しむことができる。

関連記事

美幌町 (びほろちょう) は、北海道東部の内陸部にありオホーツク地方に位置する町である。北見市、津別町、大空町および弟子屈町に接している。美幌町役場 TEL (0152) 73-1111、美幌観光物産協会 TEL (0152) 73-2211。観る / 美幌航空公園 / 自衛隊で活躍した飛行機が展示されている。美幌川沿いに滑空場を持ち、スカイスポーツも楽しむことができる。(美幌町 – ウィキトラベル – Wikitravel

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。沿革 / 昭和15年(1940年)10月1日 木更津で開隊。大湊要港部隷下。11月15日 第二連合航空隊。木更津飛行場を拠点に訓練に従事。昭和16年(1941年)1月1日 二連空は第十一航空艦隊第二十二航空戦隊に改称。3月1日 台中経由上海進出中、宗雪新之助司令・馬野光飛行長座乗の陸攻が新竹付近で墜落、全員殉職。3月26日 上海進出。4月29日初出撃し、重慶を爆撃。以後連日重慶・成都・蘭州を爆撃。9月1日 館山飛行場に帰還。10月9日台中飛行場に進出。11月24日 海南島経由サイゴン近郊ツダウム飛行場に進出。陸攻48機に増強。12月10日 マレー沖海戦。元山空・鹿屋空と協同でプリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈。以後、ツドゥム(Thu Dau Mot)・コタバル・クアンタンと前進しつつ、マレー・シンガポール・スマトラ・ボルネオ爆撃に従事。昭和17年(1942年)3月22日 スマトラ島北方サバン島に進出、以後マラッカ海峡・インド洋哨戒に従事。5月10日 木更津飛行場に帰還。30日美幌着(美幌空唯一の美幌基地利用)。陸攻36機に削減。以後、本隊は美幌で訓練・哨戒に従事、分遣隊は幌筵島に進出しアリューシャン列島哨戒に従事。8月 木更津・南鳥島に進出、本州東方海上の哨戒に従事。11月1日 第七〇一海軍航空隊に改称。テニアン島に進出。12月1日 ラバウル進出。ソロモン諸島哨戒・糧秣物資投下・ガダルカナル島・ポートモレスビー夜間爆撃に従事。昭和18年(1943年)1月29日 レンネル島沖海戦で夜間索敵・薄暮攻撃。巡洋艦「シカゴ」を大破(のちの水雷戦でシカゴ撃沈)。3月15日 解隊。美幌空が美幌飛行場を使ったのは、マレーから帰還して南洋に進出するまでの2ヶ月に過ぎないが、ドーリットル隊を追撃した木更津海軍航空隊が進出したことがある。1944年(昭和19年)後半に空地分離策が実行され、北東海軍航空隊司令部が美幌に進駐した。終戦までに美幌周辺に3箇所の飛行場が造成された。敗戦後に進駐した連合軍は、美幌飛行場の滑走路を徹底的に破壊したが、第三美幌飛行場は緊急用に温存した。破壊された美幌飛行場跡には陸上自衛隊美幌駐屯地が開かれ、残された第三美幌飛行場は、道東の玄関・女満別空港として健在である。(美幌海軍航空隊 – Wikipedia

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。沿革 / 1940年(昭和15年):当地に大日本帝国海軍美幌第一航空基地が完成。1945年(昭和20年):終戦により、GHQが滑走路を破壊。飛行場としては使用不能となる。1951年(昭和26年):警察予備隊の駐屯開始。1954年(昭和29年)7月1日:1952年(昭和27年)保安隊を経て、陸上自衛隊へ移管。関連項目 / ゴジラvsキングギドラ – 劇中に登場している。(美幌駐屯地 – Wikipedia


関連サイト

美幌航空公園 (美幌町)

北海道網走郡美幌町 美幌航空公園

美幌航空公園: 空港探索:So-netブログ

美幌航空公園 – 北海道ファンマガジン

関連エントリ

新しいパークゴルフ場 対 航空公園 (北海道美幌町の議会) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

航空公園 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊の即応機動連隊について

187px-JGSDF_5th_Brigade_svg.jpg

beebo1_2.jpg

陸上自衛隊の即応機動連隊について

関連記事

即応機動連隊を美幌に 美幌駐屯部隊充実整備期成会 / 美幌町内の自衛隊関係団体でつくる、陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会(会長・土谷耕治町長)の総会がこのほど、しゃきっとプラザで開かれた。国が新たな中期防衛力整備計画(2019~23年度)の策定を進める中で、美幌に駐屯する第6普通科連隊の即応機動連隊への改編・増強に向け、陳情を強化する方向性を確認し、事業計画を決めた。陳情前倒しし強化 / 13年度に策定された防衛計画の大綱で、抑止力と対処力を高めるため「統合機動防衛力の構築」が盛り込まれた。これを受け、新たな計画では第6普通科連隊が属する第5旅団が機動旅団に改編され、旅団内の美幌、帯広、釧路の普通科連隊のうちいずれかが即応機動連隊に改編されることが見込まれる。即応機動連隊は普通科中隊に機動戦闘車隊などを加え、機動力を高めた部隊。重迫中隊、火力支援中隊なども加えられるという。美幌駐屯地の隊員数は現在約700人とされるが、即応機動連隊は100人多い800人規模の編成が予想される。期成会はこの改編を実現させるため、本年度は陳情活動を国の新年度予算の概算が固まる8月以前に前倒しして集中的に計画。すでに行った4月を含め、7月下旬までに防衛省、国会議員などに対し計6回の陳情を盛り込んだ。期成会の陳情活動に加え、隊区内2市8町でつくる美幌地方自衛隊協力会の訪問活動も実現を図るとしている。土谷町長は総会のあいさつで「ぜひとも即応機動連隊を美幌に配置していただきたいという思いで、陳情をしていかなければならない」と決意を述べた。(浩)(2018年430日の記事 経済の伝書鳩

即応機動連隊への改編要請へ 美幌地方自衛隊協力会も / 第6普通科連隊を…総会で方向性と事業計画 / 美幌地方自衛隊協力会(会長・土谷耕治美幌町長)の総会がこのほど、美幌駐屯地で開かれた。30年度事業計画を決めたほか、美幌に駐屯する第6普通科連隊を即応機動連隊に改編し、増員を図るよう防衛省などに要請する方向性を承認した。協力会は陸上自衛隊美幌駐屯地の隊区内2市8町などで組織。第5旅団が機動旅団、旅団内にある美幌、帯広、釧路の普通科連隊のいずれかが即応機動連隊にそれぞれ改編されると見込まれることから、協力会として強く訴える。7月下旬にオホーツク圏活性化期成会が行う夏季要望に合わせて防衛省などを訪問するよう調整する。美幌町内では、関係機関でつくる陸上自衛隊美幌駐屯部隊充実整備期成会(会長・土谷耕治町長)がすでに陳情活動を開始。協力会が加わることでより強力に改編を訴えていくことになる。事業計画では、駐屯地と2市8町が結ぶ協定に基づく災害対処研修会や7月16日の駐屯地創立67周年記念式典での祝賀会食の開催などを決めた。(浩)(2018年5月12日の記事 経済の伝書鳩

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

即応機動連隊(そくおうきどうれんたい、英称:Rapid Deployment Regiment)とは、平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(25大綱)によって示された統合機動防衛力の一翼を担うべく、陸上自衛隊に新編される連隊の一種。この連隊は新たに編制される「機動師団・機動旅団」の隷下部隊として平成29年度末(2018年3月27日)から編成を開始した。従来、連隊は単一の職種で構成される最大の単位であったが、即応機動連隊は16式機動戦闘車を初めとする装輪装甲車などにより機動力と被輸送性を高めた諸職種部隊でパッケージ化されたものとなる。有事の際などに必要に応じて諸職種部隊となる普通科戦闘団とは異なり、平時より諸職種部隊で編成されている。概要 / 新たに示された統合機動防衛力を実現すべく中期防衛力整備計画(26中期防)が策定、陸上自衛隊は15個ある師団・旅団の内、約半数に当たる7個を機動師団・機動旅団に改編して新ドクトリンが目指す機動運用能力を獲得させる方針を取る。この方針の下で即応機動連隊は機動師団・機動旅団の中核を担う隷下部隊として各種事態に即応すべく、航空機輸送に適した装備を重点的に導入する予定である。主たる装備品として機動戦闘車、重迫撃砲などを配備し、軽装備の普通科部隊からなる先遣部隊はヘリコプター輸送により展開、引き続いて装甲車を含む一次展開部隊が航空機輸送により事態発生地点を抑える運用が取られる。機動手段としてはヘリコプターや輸送機のみならず、海上輸送も考慮されている。即応機動連隊は約800人規模で成るとされ、部隊主力は30トンの貨物を積載できるC-2輸送機で機動して各種事態の対処にあたる。(即応機動連隊 – Wikipedia

関連サイト

美幌駐屯地 生活情報 | 曹友連合会

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

陸上自衛隊:美幌駐屯地 – 防衛省

関連エントリ

陸上自衛隊美幌駐屯地の創立62周年記念行事 – 美幌音楽人 加藤雅夫

陸上自衛隊 美幌駐屯地 第6普通科連隊 (北海道 美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

公益社団法人隊友会 美幌支部(北海道) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

JGSDF Camp Bihoro の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

即応機動連隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Rapid Deployment Regiment の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊 美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式について

bi_bo.jpg

陸上自衛隊 美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式について

関連記事

候補生21人が美幌で入隊式 立派な自衛官に / 陸上自衛隊美幌駐屯地の自衛官候補生入隊式が8日、駐屯地で行われた。駐屯地で3カ月間の前期教育に臨む21人が、一人前の自衛官になるためのスタートを切った。式では21人を代表して津別町出身の男性(19)が「自衛官として必要な知識、技能の修得に励むことを誓う」と宣誓。司令が式辞で「目の前のことに全力を」「同期との絆を大切に」の2点を要望し「国民の負託に応えられるたくましい陸上自衛官に成長を遂げ、第一歩を踏み出される日を楽しみにしている」と激励した。式後は祝賀会食が行われた。(浩)(2018年4月12日の記事 経済の伝書鳩

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

関連サイト

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

陸上自衛隊:美幌駐屯地 – 防衛省

関連エントリ

自衛官候補生入隊式 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ゴジラに挑戦 北見の演劇集団玉葱倶楽部

800px-IvyMike2.jpg

ゴジラに挑戦 北見の演劇集団玉葱倶楽部

関連記事

3月の公演に向け練習開始 北見の演劇集団「玉葱倶楽部」
市内の中高生29人が参加 10回目の節目、プロ劇団の台本に挑戦
北見の学生演劇を盛り上げようと、学校の枠を越えて活動する演劇集団「玉葱倶楽部」が、3月の第10回公演に向けて、活動をスタートさせた。北見地区の学生演劇のレベル向上や学校から地域への文化の発信を目的に、12年前に結成。例年学校が春休みの3月に公演している。今回は北見北斗、北見緑陵、北見商業の各高校演劇部の1年生、北見北中学校演劇部、演劇部のない北見柏陽高校から合わせて29人が参加。これまでの公演では学生演劇の脚本を用いてきたが、今回は10回目の節目を記念して初めてプロの劇団の台本に挑戦する予定。高校生はほとんどが玉葱倶楽部初参加。先月から活動をスタートさせ、今後は土日や祝日など学校の休みを利用して集まり、本番まで20回の練習を行う。生徒代表の北見柏陽高校1年男子生徒は「楽しいものにしたくて、ワクワクしています。29人もの人数。最後まで気を抜かないように頑張りたい」と話している。第10回公演は3月22日(水・祝日)、北見芸術文化ホールで開催予定。(菊)
みんなで面白い舞台 作り上げたい 玉葱倶楽部代表 北見柏陽高校1年男子生徒
北見市内の中学・高校生による演劇集団「玉葱倶楽部」の代表は、演劇部のない北見柏陽高校から参加。「すごく演劇がやりたかったので、とても楽しみです」と笑顔をみせる。子どものころに市民劇団に参加し、演劇好きになった。中学校で演劇部に入部し、玉葱倶楽部にも参加。玉葱倶楽部に参加できる高校生メンバーは1年生だけのため、高校生では唯一の経験者だ。「ひとつの舞台をみんなで作り上げるのが楽しい。面白い舞台になるように頑張りたい」と目を輝かせる。柏陽高校には現在演劇部はないが、代表が所属する新聞局の先輩が、昨年は玉葱倶楽部に参加し、代表を務めた。「以前は柏陽高校にも演劇部がありました。なかなか難しいですが演劇部復活のため、あきらめずに頑張りたい」と力を入れている。(菊)(2018年1月6日の記事経済の伝書鳩

初のプロ脚本「ゴジラ」に挑戦 北見の演劇集団「玉葱倶楽部」
3月21日・北見芸文ホールで10回記念公演 役者と観客両方が楽しめる舞台に
北見市内の中学・高校演劇部らによる演劇集団「玉葱倶楽部」の第10回記念公演「ゴジラ」が3月21日(水)午後3時から、北見芸術文化ホールで開かれる。10回の節目を記念し、初めてプロの劇団の脚本に挑戦。メンバーは本番に向け、練習に汗を流している。北見の学生演劇を盛り上げようと、学校の枠を超えて12年前から活動。今年は北見緑陵、北見商業、北見北斗の各高校演劇部の1年生と北見北中学校演劇部、演劇部のない北見柏陽高校から、合わせて29人が参加している。今回上演する「ゴジラ」は、ある一家の娘が彼氏として連れてきたのがゴジラだった-というストーリー。「劇団離風霊船」が昭和62年に初演し、大橋泰彦氏による脚本は岸田國士戯曲賞を受賞、これまでに多くの劇団が上演している。演出を担当する北見北斗1年女子生徒は「現実からかけ離れた世界を、どうお客様に見せれば良いのかが難しい」と話し「役者とお客様が一緒に楽しめる舞台にしたい」と来場を呼び掛けている。前売り券は中高生300円、一般500円(当日は各100円増し)。問い合わせは北見北斗高校(TEL 0157-24-3195)へ。(菊)
いい意味で見る人を裏切るような舞台に ゴジラ役・男子生徒 見て楽しんでもらえたら
演劇集団玉葱倶楽部の第10回公演「ゴジラ」で、主役の一人・ゴジラ役の北見緑陵1年男子生徒は「迫力のある、いい意味で見ている人を裏切るような舞台にしたい」と力を入れる。ゴジラ役に抜擢され、「人間ではないゴジラの気持ちが分からない」と戸惑いやプレッシャーもあった。映画のDVDを見るなど研究し、練習を続けるうちに「感情を吐き出す場面などが楽しい」と思うようになったという。玉葱倶楽部には初参加。「普段会わない中学、高校の人達と一緒に演劇ができて、すごく勉強になります」。演劇の魅力を「言葉だけでは伝わらなくても、動きが加われば相手に伝えることができると感じるところ」と話す。本番を前に「想像の世界。演じる難しさもありますが、見る方たちに楽しんでもらいたい」と目を輝かせる。(菊)(2018年2月16日の記事 経済の伝書鳩

公演「ゴジラ」で演出担当 演劇集団「玉葱倶楽部」北見北斗高1年女子生徒 / 非現実にリアル感を 中高生29人参加人・ひと・240度 / 「有名なプロの脚本。初めての演出なので難しいですが、楽しんでもらえるように頑張りたい」。北見市内の中学・高校生による演劇集団「玉葱倶楽部」の第10回公演「ゴジラ」(21日、北見芸術文化ホール)で演出を担当する北見北斗高校1年女子生徒は気を引き締める。日本人なら誰もが知っているだろう怪獣「ゴジラ」が登場し、人間との愛情などをコメディ要素も交えて描く。北見北斗、北見緑陵、北見商業、北見柏陽の1年生演劇部員らと北見北中演劇部が参加。年齢や学校が異なる29人が、ひとつの舞台を作り上げる。昨年12月から練す習がスタートし、女子生徒は玉葱倶楽部初参加で、演出を担当することに。「現実からかけ離れている世界を、どうやってナチュラルに、リアルに近づけるか。どうやってお客さんに見せればいいのか」を常に悩み、考えてきた。「笑える部分もあります。ぜひ多くの人に見て、楽しんでほしいです」と来場を呼び掛けている。(菊)(2018年3月13日の記事 経済の伝書鳩

21日・第10回記念公演「ゴジラ」 北見芸文ホールで プロの脚本に挑戦 / 演劇集団「玉葱倶楽部」 /
北見市内の中学・高校演劇部員らによる演劇集団「玉葱倶楽部」の第10回記念公演「ゴジラ」が21日(水)午後3時から、北見芸術文化ホールで開かれる。「ゴジラ」は東京の劇団が上演した人気の作品。10回目の公演を記念し初めてプロの脚本に挑戦する。入場料は前売りが中高生300円、一般500円(当日各100円増し、小学生以下は保護者同伴で無料)。問い合わせは北見北斗高校(TEL 0157-24-3195)へ。(2018年3月13日の記事 経済の伝書鳩

第10回記念公演「ゴジラ」 学校の垣根を超えた演劇集団「玉葱倶楽部」 / 観客から拍手 / 北見の中学・高校演劇部員らによる演劇集団「玉葱倶楽部」の第10回記念公演「ゴジラ」が21日、北見芸術文化ホールで行われた。団員達は渾身の演技で満員の観客を舞台の世界に引き込んだ。北見の学生演劇を盛り上げようと学校の枠を越えて結成し、2007年に第1回公演を開催。10回目の今公演は北見北中、高校では北見商業、北見緑陵、北見北斗の演劇部のほか演劇部のない北見柏陽高校から計29人が参加し、昨年12月から練習を重ねてきた。「ゴジラ」は人間とゴジラの愛情を描いた舞台。高校生は1年生のみの参加だが、初めてプロの劇団の90分に及ぶ台本に挑戦した。ライティングでゴジラの大きさを表現するなど工夫し、種族を超えた愛の難しさを地元や時事ネタなどコメディー要素も交えながら上演。練習の成果を出し切った演技に、大きな拍手が送られた。また上演前には、これまでの上演作品を写真で紹介し、10回の歴史を振り返った。(菊)(2018年3月27日の記事 経済の伝書鳩

ちょっと・いい話(北見) 「玉葱倶楽部」から離れる2人に / サプライズ花束…創設者の教諭も / 北見芸術文化ホールでこのほど開かれた、演劇集団玉葱倶楽部の第10回記念公演「ゴジラ」の終演後、北見北中学校演劇部顧問の教諭と北見北斗高校演劇部顧問の教諭の2人に、生徒達から花束がプレゼントされるサプライズがあった。2人は今年度でそれぞれの学校を離れるため、玉葱倶楽部の活動は今回が最後。キャスト全員がステージに並ぶ中、生徒からそれぞれに花束が手渡された。まったくのサプライズだったようで北見北斗高の教諭は「驚きました」と明かす。北見北中の教諭は3年前から玉葱倶楽部に参加。北見北斗高の教諭は玉葱倶楽部結成の立役者で、第1回公演から生徒達を指導してきた。最後になった今回の公演に北見北斗高の教諭は「すごく長く、難しい台本だったけれど、みんな伸び伸びと楽しくやっていて良かったです」。玉葱倶楽部の活動を振り返り「学校の垣根を越え、みんな仲良くなった。北見市内の演劇部の仲間意識が醸成されたように感じます」と語った。(菊)(2018年3月27日の記事 経済の伝書鳩

ゴジラ(Godzilla)
ゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』に始まる一連のシリーズ作品及び、それらの作品に登場する架空の怪獣の名称である。これら一連のシリーズ作品のことを「ゴジラ映画」と呼ぶこともある。 関連項目 / 伊福部昭 – 「ゴジラのテーマ」の作曲者。彼が担当したゴジラなどの特撮映画のテーマをメドレー風に組み合わせた『SF交響ファンタジー(第1 – 3番、「ゴジラVSキングギドラ」)』という管弦楽曲も作曲している。(ゴジラ – Wikipedia

美幌駐屯地(JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道美幌町に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。 関連項目 / 「ゴジラvsキングギドラ」の劇中に登場している。(美幌駐屯地 – Wikipedia

関連サイト

北見芸術文化ホール

北海道バリアフリーマップ 北見芸術文化ホール | 保健福祉部福祉局地域福祉課

関連エントリ

演劇集団玉葱倶楽部 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ゴジラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Godzilla の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の美幌駐屯地で冬季戦技競技会

GXKG_Poster.jpg

187px-JGSDF_5th_Brigade_svg.jpg

beebo1_2.jpg

北海道の美幌駐屯地で冬季戦技競技会

関連記事

5年ぶりに冬季戦技競技会 美幌駐屯地隊員340人がスキーで競う
陸上自衛隊美幌駐屯地第6普通科連隊の冬季戦技競技会が7日と8日の2日間、駐屯地で開かれ、4つの中隊合わせて約340人がクロカンスキー競技に挑んだ。隊員達は冬場の基礎体力と冬季戦技能力向上のため、重点的にスキーに取り組んでいる。競技会は5年ぶりで、各隊員が約6キロの駐屯地内のコースを1周し、中隊全員の平均タイムで順位を競った。隊員は小銃、水筒など約6キロの装備品を身に着け、32人ずつが10分おきにスタート。「スキー山」と呼ばれる小高い丘では白い息を吐きながら、懸命にスキーを滑らせた。(浩)(2018年2月12日の記事 経済の伝書鳩

第6普通科連隊(だいろくふつうかれんたい、JGSDF 6th Infantry Regiment(Light))は、北海道網走郡美幌町の美幌駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第5旅団隷下の普通科連隊(軽)である。(第6普通科連隊 – Wikipedia

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。(美幌駐屯地 – Wikipedia

関連サイト

【第6普通科連隊】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

関連エントリ

第6普通科連隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭)

Akira_Ifukube.jpg

800px-Cherry_Blossom.jpg

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭)
Hokkaido Sanka (Lyrics: MItsu Mori, composer: Akira Ifukube)

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

自衛隊の持続走競技会が開催された

165px-Flag_of_JSDFsvg.png

自衛隊の持続走競技会が開催された。

自衛隊の持続走競技会が開催された の全文を読む

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊美幌駐屯地の創立62周年記念行事

714px-Flag_of_JSDF.svg.png

526px-JGSDF_divisions.svg.png

美幌駐屯地
美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。

陸上自衛隊美幌駐屯地の創立62周年記念行事 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る