Ichiro Takumi の検索結果: 1 件

てんかん専門医 太組 一朗(北海道網走市 桂ヶ丘クリニック)

Cage_PSF.jpg

てんかん専門医 太組 一朗(北海道網走市 桂ヶ丘クリニック)

関連記事

てんかん専門医が網走に赴任 桂ヶ丘クリニックで月1回診療 太組 一朗さん(52) / 管内にはいない、てんかん専門医が、網走市の桂ヶ丘クリニックに赴任した。国内において、てんかんの人は100人に1人いるとされ、網走市民にとっても身近な病気だ。同病院で月1回診察する、てんかん専門医の太組=たくみ=一朗さん(52)は「自分の専門分野が市民の役に立てるのであれば」と話している。管内で唯一 正しい情報発信と啓発が必要 治療で良くなる人は多いと訴え / 太組医師は、聖マリアンナ医科大学脳神経外科学准教授で、てんかんセンター副センター長を務める。てんかんを手術で治すことが専門だが、今年4月から桂ヶ丘クリニックに、てんかん専門医として勤務することになった。日本てんかん学会の情報などによると、オホーツク管内に現在、てんかんの専門医は常勤・非常勤を含めて他にいない。太組医師は「てんかんにより、就職や結婚などに影響し、悩む人にたくさん出会った。自分の専門分野が網走市や管内の人達の役に立てばうれしいです」。以前、太組医師のもとに相談に訪れた若い女性。てんかんのある人であったが過去2回しか発作を起こしたことはなかったにもかかわらず、結婚寸前で破談に。「ふつうの健康な女性なのに理解されていないのが残念。てんかんに関する正しい情報発信と啓発が必要です」。沖縄県と神奈川県には、てんかん診療拠点機関として厚生労働省に認められた病院がある。太組医師はどちらも認定準備に携わった。てんかん発作は「全身が硬直しぶるぶると震える-というだけではない。会話をしている最中に突然、1分間ほど動かなくなる-という状態はてんかん発作かもしれません」とし、「こうしたケースは側頭葉てんかんかもしれず、若い方であれば手術で治る可能性が高い」とする。「てんかんの発作は自律的に起こり、なんのきっかけもなしに起こる。きちんと治療すれば良くなる方はとても多い」と理解を求めている。太組医師は桂ヶ丘クリニックで毎月第4火曜日、診察している。(大) (2018年6月2日の記事 経済の伝書鳩

てんかん(癲癇、英: epilepsy)は、脳細胞に起きる異常な神経活動(以下、てんかん放電)のためてんかん発作をきたす神経疾患あるいは症状。神経疾患としては最も一般的なものである。てんかんは予防不可能かつ根治不可能だが、大部分は安価に管理可能な病気であり抗てんかん薬が用いられる。年間の医薬品コストはわずか5ドルにすぎないが、通院、入院、検査には費用がかかり、日本では医療費自己負担額軽減のための制度もある。 完治の可能性は十分あり得る(真面目に薬を飲み続ければ)。(てんかん – Wikipedia

関連サイト

桂ヶ丘クリニックのホームページ

関連エントリ

てんかん の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

太組一朗 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ichiro Takumi の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る