대장금 の検索結果: 2 件

宮廷女官チャングムの誓い(대장금)について

Dae_Jang_Geum_endtitle.png


宮廷女官チャングムの誓い(대장금)について

関連記事

『宮廷女官チャングムの誓い』(きゅうていにょかん チャングムのちかい、原題朝鮮語: 大長今(대장금))は韓国MBCにて2003年9月15日から2004年3月30日まで放送されたテレビドラマ(時代劇) 。ストーリー / 朝鮮王朝第10代国王燕山君(ヨンサングン)の生母尹(ユン)氏毒殺に関与したとして誅殺された軍官(武官と訳されている。以下同じ)徐天壽(ソ・チョンス)と宮廷の混乱のなかで陰謀を知ってしまったために謀殺された宮女(女官と訳されている。以下同じ)朴明伊(パク・ミョンイ)との間に生まれた娘徐長今(ソ・ジャングム)が母の遺志(水剌間(スラッカン)の最高尚宮(チェゴサングン)になり、最高尚宮だけに伝えられる秘伝の書に母の無念をつづること)を叶えるため女官となるが、謀略により謀反に関与したという無実の罪を着せられ、奴婢の身分に落とされる。しかし医女となり宮廷に復帰、母の夢・最高尚宮を経て、ついには国王の主治医になり、”大長今”(テジャングム)の称号を与えられるまでを描いたサクセスストーリーである。「悲しんではだめ、泣いてもだめ、簡単に諦めてもいけません」との母の教えを一生にわたって守り抜き、母の親友とは知らずにハン・ペギョンのもとで修業をし、尊敬・信頼関係で結ばれ、親友である李連生(イ・ヨンセン)との友情を育み、ライバルの崔今英(チェ・グミョン)との料理対決、閔政浩(ミン・ジョンホ)との恋愛を通し、数々の策謀に翻弄されつつも強く生き抜こうとするチャングムの姿を描きながら、華麗な朝鮮文化や宮廷料理の数々、当時の朝鮮の医術も紹介されている。ただ大きく見れば「勲旧派」としてのオ・ギョモ-チェ・ソングム-クミョン派 VS 「士林派」としてのミン・ジョンホ-ハン・ペギョン-チャングム派の壮絶な権力闘争ドラマとも言え、この権力闘争がある種の「魅力」ともなっている。登場人物 / 主要人物 / ソ・ジャングム/テジャングム(チャングム)(徐長今/大長今) – イ・ヨンエ この物語の主人公。水剌間内人(スラッカン ナイン。内人は女官と訳されている。以下同じ)、出納尚宮(出納係)を一時兼務、内医院医女(ネウィウォン ウィニョ)、母の夢・水剌間最高尚宮を経て、正三品堂上官(チョンサンプム タンサングァン)に相当する大長今の称号を受ける。天賦の才能と屈強な精神力で、母の遺志を継ぐべく、さまざまな障害を乗り越えながら、水剌間の最高尚宮を目指すが頑固な一面もあり、それがもとで自ら危機を招く事も多い。その半生に、多くの出会いと別れを経験し、人として強く、たくましく成長し、女性でありながら朝鮮史上初の国王の主治医となる。チェ一族崩壊の後、水剌間最高尚宮代行(暫定ながら第15代)を務め、卓越した料理の腕を存分に披露した。瀕死の国王中宗の密命によってミン・ジョンホのもとに送られ彼と結ばれる。ミン・ジョンホ(チョンホ)(閔政浩) – チ・ジニ 内禁衛従事官(ネグミ チョンサガン) 従六品(チョンユップム)、全羅道右水営済州鎮万戸(チョルラドウスヨンチェジュチン マンホ) 従四品(チョンサプム)、司憲府(サホンブ)執義(チビ) 従三品(チョンサンプム)、そして承政院同副承旨(スンジョンウォン トンプスンジ) 兼 内医院副提調(ネイウォン プジェジョ) 正三品堂上に昇格。若くして科挙の試験に合格した秀才。武芸に秀で、文官でありながら武官の任務にも就いている。倭国の密偵を追跡中に不覚をとり重傷を負って失神する。偶然通り掛かったチャングムから手当てを受け命を助けられるが、意識を取り戻す前に立ち去った落とし物のノリゲ(装身具)の主を命の恩人として探すようになる。ノリゲの持ち主が既知の間柄だったチャングムだったと知り、また彼女のひたむきな姿勢に惹かれ、その助けとなりたい一心でチャングムが配流された済州島(チェジュド)の海軍武官になるという大胆な行動も取りつつ、次第に距離を縮めていく。またクミョンの想いに薄々感づいていた節が見られる。韓国国外での放送 / 日本 / NHK-BS2が2004年10月7日から2005年10月27日まで毎週木曜日午後10時00分 – 放送していた韓国ドラマシリーズ放映(日本語吹き替え)の第4弾であり、NHKが初めて放送した韓国時代劇作品でもある。放送時にはラストに「チャングム豆辞典」が併映された。 このことがきっかけで、韓国の薬膳料理や東洋医学を広く日本で認知されるようになった。宮廷女官チャングムの誓い – Wikipedia

《대장금》(大長今)은 장금의 생애를 조명한 2003년 9월 15일 ~ 2004년 3월 23일까지 방송된 문화방송의 대하드라마이다. 극본 김영현, 연출 이병훈. 대장금은 조선시대 중종의 신임을 받은 의녀(醫女)였던 장금(長今)의 삶을 재구성한 픽션 (fiction)이다. 2003년 9월 15일부터 2004년 3월 30일까지 매주 월요일과 화요일에 방영되었다. 시청률 조사업체인 TNS 미디어 코리아에 따르면 최고 시청률은 전국 55.5%(2004년 3월 23일 방송)를 기록했으며, 평균 시청률은 41.6%를 기록하였다. 대한민국 이외의 국가에서는 중국, 홍콩, 대만, 일본, 미국, 러시아, 캐나다, 이란, 터키 등지에도 수출되어 많은 인기를 끌었다. 일본에서는 NHK-BS2에서 2004년 10월 7일부터 2005년 10월 27일까지 방영되었다. 또한 이 작품을 통해, 배우 이영애는 한류 스타로 발돋움 하는 계기가 되었으며, 속령의 경우 푸에르토리코에서 편성된 바 있었다. 줄거리 / 대장금은 주인공 서장금(徐長今, 이영애의 배역)이 폐비 윤씨의 폐위 사건 당시 궁중 암투에 휘말려 부모를 잃고 수라간 궁녀로서 궁궐에 들어가 중종의 주치의인 최초 어의녀(御醫女)가 되기까지의 과정을 그리면서, 그 가운데 주인공 장금의 성공과 사랑을 그리고 있다. 등장 인물 / 주요 인물 / 이영애 : 서장금(徐長今) 역 (아역 조정은) 수랏간 나인 장금 → 노비 장금 → 의녀 장금 → 수랏간 최고상궁 → 어의녀(대장금)、 홍리나 : 최금영(崔今英) 역 (아역 이세영) 수랏간 나인 금영 → 수랏간 최고상궁、 지진희 : 민정호(閔政浩) 역 한성부 판관 → 내금위 종사관 → 동부승지(내의원 부제조 겸) (대장금 – 위키백과, 우리 모두의 백과사전

関連サイト

대장금 – 나무위키

関連エントリ

宮廷女官チャングムの誓い の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

대장금 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

有毒植物による食中毒に注意しましょう!(北見保健所情報)

800px-Anemone_flaccida03.jpg

Dae_Jang_Geum_endtitle.png

482px-Aconitum_japonicum_01.jpg

600px-Anemone_flaccida_two_flowers.JPG

有毒植物(ゆうどくしょくぶつ)とは、その全体あるいは一部に毒を持つ植物。毒草(どくそう)とも言うが、草本類だけでなく木本類も含めた言葉の厳密性から有毒植物という言葉が用いられる。植物に含まれる毒としてはアルカロイド類が多い。 動物の種によって有毒・無毒の区別は異なる。身近な例では、ヒトにとっては無毒で頻繁に食されるネギやタマネギは、適切な酵素を持たないイヌやネコにとっては有毒で、重篤な障害に陥る危険がある。(Wikipedia

トリカブト(鳥兜)は、ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。 芽吹きの頃にはセリ、ニリンソウ、ゲンノショウコ、ヨモギ等と似ているため、誤食による中毒事故(死亡例もある)が起こる。(Wikipedia

ニリンソウ(二輪草)の若葉は山菜として食用とされるが、有毒植物であるトリカブトの若葉に似ていることから注意が必要。(Wikipedia

有毒植物による食中毒に注意しましょう!(北見保健所情報) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る