가네코 후미코 の検索結果: 1 件

가네코 후미코 金子文子 (大正時代の日本人)

200px-Park_Yeol_and_Fumiko_Kaneko

가네코 후미코 金子文子 (大正時代の日本人)

関連記事

金子 文子(かねこ ふみこ、1903年1月25日 – 1926年7月23日)は、大正期日本の社会主義思想家、アナキスト、ニヒリスト。 関東大震災の2日後に、治安警察法に基づく予防検束の名目で、愛人(内縁の夫)である朝鮮人朴烈と共に検挙され、十分な逮捕理由はなかったが、予審中に朴が大正天皇と皇太子の殺害を計画していたとほのめかし、文子も天皇制否定を論じたために、大逆罪で起訴され、有罪となった。(朴烈事件)後に天皇の慈悲として無期懲役に減刑されたが、宇都宮刑務所栃木支所に送られてそこで獄死した。2018年11月17日、日本人としては2人目になる大韓民国建国勲章(愛国章)が追叙された。 (金子文子 – Wikipedia)

가네코 후미코(일본어: 金子 文子) 혹은 박문자(한국 한자: 朴文子, 1903년 1월 25일 ~ 1926년 7월 23일)는 일본의 아나키스트이다. 조선의 아나키스트이자 독립운동가인 박열의 부인으로, 유해는 대한민국 경상북도 문경에 있다. (가네코 후미코 – Wikipedia)

Fumiko Kaneko (金子 文子 Kaneko Fumiko, January 25, 1903 – July 23, 1926) or rarely Pak Fumiko, was a Japanese anarchist and nihilist. She was convicted of plotting to assassinate members of the Japanese Imperial family. (Fumiko Kaneko – Wikipedia)

朴烈事件(ぼくれつじけん)は、1923年に逮捕された朝鮮人無政府主義者朴烈とその愛人(内縁の妻)である日本人の思想家の金子文子が皇室暗殺を計画したという大逆事件と、その予審中の風景を「怪写真」として世間に配布させて野党の立憲政友会が政府批判を展開したという付随する出来事である。朴烈・文子事件とも言う。 (朴烈事件 – Wikipedia)

『金子文子と朴烈』(かねこふみことパクヨル)は、朝鮮と日本で活動した民族主義者朴烈と朴に共鳴した日本人女性金子文子を描いた韓国の歴史映画、伝記映画である。 1923年の関東大震災朝鮮人虐殺事件や朴烈事件がとりあげられている。2017年6月28日韓国で劇場公開され、1週間足らずで観客動員数100万人を記録した。日本では2018年3月9日に第13回大阪アジアン映画祭にて『朴烈 植民地からのアナキスト』の邦題で初公開後、2019年2月に『金子文子と朴烈』と改題されて一般公開された。 (金子文子と朴烈 – Wikipedia)

関連サイト

金子文子と朴烈 – 映画公式サイト

関連エントリ

金子文子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

가네코 후미코 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る