黄金のホール の検索結果: 9 件

中国の中央民族楽団 (中央民族樂團 中央民族乐团)

800px-Wien_Musikverein_innen_2010_2.jpg

中国の中央民族楽団 (中央民族樂團 中央民族乐团)
China Central Chinese Orchestra

1998年 (平成10年) 9月10日 / 中国中央民族楽団「北海道公演」 札幌コンサートホール・キタラ / 日中平和友好条約締結20周年記念演奏会 主催 北海道 中国文化部 / 陳燮陽さん(上海交響楽団音楽監督・首席指揮、上海音楽家協会副主席、上海交響楽愛好者協会会長)団員たち80人と交歓交流。関係者のご配慮で、ホールのオルガン下(特別席)で鑑賞しました。中国伝統音楽も、洋楽レパートリーも、素晴らしい演奏です。指揮者・陳燮陽さんの表情は、それ以上に素晴らしいです。「奏でる技術」と「演じる芸術」の達成です。観客の拍手が鳴り止みません!

札幌コンサートホール・キタラ関係者談 / 今日のコンサートの観客数は過去最高です。そして出演者と客席の盛上りと満足度は、オープン以来の出来事です。キタラの歴史に残ることでしょう。

中国中央民族楽団は、オーストリア・ウィーン公演でも本場の人々を、アッと驚かせて大成功したそうです。会場 ウイーン楽友協会大ホール「黄金のホール」ムジーク・フェライン。

関連記事

中央民族樂團是位在北京的中國國營大型民族管弦樂團,前身是中央樂團民族管弦樂隊,1960年組建。中央民族樂團第1任團長李煥之,曾到美國、日本等許多國家舉行音樂會,並擁有許多位正高級職稱的創作人員(指揮、作曲)和演員(演奏員):作曲家劉文金;胡琴家周耀錕;管樂家王鐵錘;柳琴家張鑫華;琵琶家楊靜等。而中國國家1級指揮閻惠昌和胡炳旭;台灣高雄市實驗國樂團樂團首席丁魯峰曾在團工作多年。 (中央民族樂團- 维基百科,自由的百科全书)

中央民族乐团是海内外规模最大、艺术最完备的综合性国家级民族音乐表演团体之一,是文化部直属的国家艺术院团,由大型民族管弦乐队、民族合唱队、音乐创作中心等部门组成。[1]乐团成立于1960年,由周恩来总理主持创建,第一任团长为前中国音乐家协会主席、著名作曲家李焕之,现任团长为全国政协委员、弓弦乐演奏家及民族音乐理论家席强。 (中央民族乐团_百度百科)

関連サイト

中国中央民族楽団 (中央民族乐团) ホームページ

関連エントリ

中国中央民族楽団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中央民族樂團 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中央民族乐团 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の音楽人 陳燮陽 (陈燮阳)

466PX-~1.JPG

中国の音楽人 陳燮陽 (陈燮阳)
China Central Chinese Orchestra / Conductor: Chen Xie Yang

1998年 (平成10年) 9月10日 / 中国中央民族楽団「北海道公演」札幌コンサートホール・キタラ / 日中平和友好条約締結20周年記念演奏会 主催 北海道 中国文化部 / 陳燮陽さん(上海交響楽団音楽監督・首席指揮、上海音楽家協会副主席、上海交響楽愛好者協会会長)団員たち80人と交歓交流。関係者のご配慮で、ホールのオルガン下(特別席)で鑑賞しました。中国伝統音楽も、洋楽レパートリーも、素晴らしい演奏です。指揮者・陳燮陽さんの表情は、それ以上に素晴らしいです。「奏でる技術」と「演じる芸術」の達成です。観客の拍手が鳴り止みません!

札幌コンサートホール・キタラ関係者談 / 今日のコンサートの観客数は過去最高です。そして出演者と客席の盛上りと満足度は、オープン以来の出来事です。キタラの歴史に残ることでしょう。

中国の中央民族楽団は、オーストリア・ウィーン公演でも本場の人々を、アッと驚かせて大成功したそうです。会場 ウイーン楽友協会大ホール「黄金のホール」ムジーク・フェライン。

関連記事

陳燮陽(1939年-),中國上海人,指揮家,詞作家陳蝶衣之子,現任上海交響樂團名譽音樂總監,全國政協委員。陳幼年在江蘇常州武進長大。1953年,受其姐陳力行影響,入上海音樂學院附屬中學學習鋼琴和作曲。1960年入上海音樂學院學習指揮,師從黃曉同。1965年陳畢業後,任上海芭蕾舞團管弦樂隊常任指揮。1981年,前往耶魯大學進修,師從奧托-維爾納·繆勒(德語:Otto-Werner Mueller)。次年指揮阿思本音樂節樂團。其後指揮中央交響樂團、中央民族樂團等赴許多國家巡演。六四事件後,陳移居香港,任香港中樂團藝術總監。1990年後,受時任上海市市長朱鎔基邀請,返回上海,任上海交響樂團音樂總監至今。2000年至2002年間,曾任中國中央歌劇院院長,後被解職。曾為梅艷芳指揮了其最後8場音樂會。1970年左右結婚,妻子王健英,原為京劇演員。陳因其父陳蝶衣1952年拋棄家庭前往香港,而與其斷絕父子關係26年,兩人直到1978年方才恢復聯繫。 (陳燮陽 – Wikipedia)

陈燮阳(1939年-),中国上海人,指挥家,词作家陈蝶衣之子,现任上海交响乐团名誉音乐总监,全国政协委员。陈幼年在江苏常州武进长大。1953年,受其姐陈力行影響,入上海音乐学院附属中学学习钢琴和作曲。1960年入上海音乐学院学习指挥,师从黄晓同。1965年陈毕业后,任上海芭蕾舞团管弦乐队常任指挥。1981年,前往耶鲁大学进修,师从奥托-維爾納·缪勒(德语:Otto-Werner Mueller)。次年指挥阿思本音乐节乐团。其后指挥中央交响乐团、中央民族乐团等赴许多国家巡演。六四事件后,陈移居香港,任香港中乐团艺术总监。1990年后,受時任上海市市长朱镕基邀请,返回上海,任上海交响乐团音乐总监至今。2000年至2002年间,曾任中国中央歌剧院院长,后被解职。曾为梅艳芳指挥了其最后8场音乐会。1970年左右结婚,妻子王健英,原为京剧演员。陈因其父陈蝶衣1952年抛弃家庭前往香港,而与其断绝父子关系26年,两人直到1978年方才恢复联系。 (陈燮阳- 维基百科,自由的百科全书)

陈燮阳(1939~ ) 江苏省常州市武进鸣凰人。1939年出生在一个文化底蕴深厚的读书人家庭,父亲陈蝶衣为一代词作家,母亲是个京剧爱好者。 陈燮阳现为上海交响乐团名誉音乐总监、中国国家交响乐团特邀指挥。1984年出任上海交响乐团团长,1986年被任命为上海交响乐团音乐总监,成为中国文化发展史上第一位文艺院团的总监。 (陈燮阳_百度百科)

関連サイト

交响乐指挥家陈燮阳

関連エントリ

陳燮陽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

陈燮阳 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ウィーンで 復興支援コンサート (花は咲く)

200921.jpg

ウィーンで 復興支援コンサート (花は咲く)
Reconstruction assistance concert in Vienna (flowers bloom)

ウィーンで 復興支援コンサート (花は咲く) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

New Year’s Day Concert 2015

375px-Zubin_Mehta_2007.jpg

375px-Sachertorte_DSC03027_retouched.jpg

New Year’s Day Concert (2015)

New Year’s Day Concert 2015 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

黄金のホール(ウィーン、オーストリア)

800px-Wien_Musikverein_innen_2010_2.jpg

800px-Wienerwald.jpg

ウィーン楽友協会(ヴィーナー・ムジークフェライン、Wiener Musikverein、金色大厅)は1812年設立された。大ホール(Großer Saal グローサーザール)1870年完成。その音響の素晴らしさから「黄金のホール」と呼ばれる。(Wikipedia

黄金のホール(ウィーン、オーストリア) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日中友好「日本湖南省友の会」「日本湖南人会」発足

日本と湖南省の交流促進をはかる「日本湖南省友の会」、日本にいる湖南省出身とその家族・親戚を会員とする「日本湖南人会」、24日、東京西池袋公園の「星期日漢語角(日中交流サークル)」で発足した。両会の略称は「湖南会」。
日中友好「日本湖南省友の会」「日本湖南人会」発足 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ナルシソ・イエペス記念館

私の心の恩師で旧友のナルシソ・イエペスに捧ぐ
"Tribute to Narciso Yepes" Masao Kato in Bihoro

Narciso Yepes
ナルシソ・イエペス 1927.11.14ー1997.5.3
イエペスは4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーで
ギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。

ナルシソ・イエペス記念館 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

心の糧に

心の糧になる素晴らしい音楽をすべての人々と分かちあいたい!
音楽は生きた心の財産です。それは人間だけに与えられた心の糧です。音楽を深く楽しめることは本当に幸せです。人に希望と勇気も与え、愛を育て、社会にうるおいをもたらします。
私達はよい音楽を運ぶメッセンジャーになりたい。番人にはなりたくない。心の糧となる音楽を感動をもって語るプロフェッショナルになりたい。与えるのではなく育てる人になりたい。そして誰もが価値ある音楽をおう歌し、共に楽しみ、心の文化と機械の文化の歯車が美しくかみ合うユートピアを実現したい。

bihorokato(Masao Kato) began to Twitter! http://twitter.com/bihorokato

加藤雅夫(bihorokato)はツイッター(Twitter)をはじめました! http://twitter.com/bihorokato

心の糧に の全文を読む

このページの先頭へ戻る

50代 1997〜

1997 平成9年 50歳

* 美幌町立美幌小学校/北海道美幌町
 台湾台中市から中山国民小学音楽隊(25人)訪問、楽しい演奏交流会開催。
  訪問団長/劉活源(校長) 音楽監督/葉紅旗(笛子)

7.20~26
台中縣中山國小國樂團 25人 日本訪問
劉活源校長(團長) 葉紅旗(音樂監督) 學生 教職員 PTA
北海道友好交流音樂會演出 合作 加藤雅夫(美幌音樂人)
美幌町 美幌小學校 交流音樂會
札幌市 札幌天神山國際賓館 市民交流音樂會
七飯町 小學校 町民會館 交流音樂會
東京迪斯尼樂園參觀 台北駐日經濟文化代表處訪問 

台中縣中山國小學  台北駐日経済文化代表処(日本語)

 

50代 1997〜 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る