高齢者虐待 の検索結果: 6 件

美幌町 地域包括支援センター (恵和会)

370px-Blue_ribbon_svg.png

美幌町 地域包括支援センター (恵和会)

関連記事

地域包括支援センターをご利用ください / 地域で暮らす高齢者の皆さんが安心して生活できるよう、福祉・介護などのさまざまな生活上の相談に応じ総合的な支援を行います。 地域包括支援センターでは、保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャーなどが中心となり、次のような相談業務をしていますので、お気軽にご利用ください。介護予防のためのサービス計画を作成します / 介護が必要となるおそれの高い要支援1・2の方の介護予防サービス計画を利用される方と一緒に作成します。高齢者の皆さんの相談に応じます / 高齢者やその家族、近隣に暮らす方などの福祉・介護などについて相談・支援を行います。高齢者の権利を守ります / 高齢者虐待の防止や早期発見や成年後見制度の紹介、消費者被害防止の対応相談などを行います。関係機関と連携し高齢者を支援します / ケアマネジャーの支援のほか、支援困難ケースの対応など高齢者が暮らしやすくするため、さまざまな機関とのネットワークづくりを進めます。障がいをもつ方やその家族の相談に応じています / 相談時間:月曜日から金曜日 午前8時45分から午後5時15分まで 問合先:美幌町地域包括支援センター(美幌町字東3条北2丁目 しゃきっとプラザ内)電話 0152-75-3220 FAX 0152-73-4787 (地域包括支援センターをご利用ください | 美幌町)

地域包括支援センターに障がいを持つ方の相談窓口があることをご存じですか? / 当センターは、障害者自立支援法の中の相談支援機関として、平成18年10月に包括支援センター内に位置づけられました。事業を開始して2年半が経過しましたが、改めて仕事内容について今月よりご紹介します。今回は相談支援の対象者と業務の内容についてお話します。まず、相談の対象は身体障がい、知的障がい、精神障がい、障がい児と全分野の障がいをお持ちの方とそのご家族を対象としています。主な業務内容は、障がい福祉に関わるさまざまな相談をお受けしておりますが、相談と一口に言ってもいろいろあります。たとえば… / 自宅での介護方法について困っている / 制度について詳しく教えてほしい / サービスを使いたいけど、どんなサービスがあるかわからない / サービスを利用したら費用はどのくらい? / 補装具や福祉用具を購入したい  等々、さまざまな問題や悩みがあるかと思います。そのような悩みを受け止め、一緒に解決できるよう関わります。関わり方としては、一人ひとりの困っていることや要望に合わせて、適切にサービスを利用できるよう事業所と連絡 ・ 調整を行います。そして希望者についてはご自宅を訪問させていただき、実際の状況を確認しながら、よく話し合い、一緒にサービス計画書を作るお手伝いをしています。まずは生活上で何かお困りのことがありましたらどのようなことでも構いませんので、ご相談ください。問合せ先 / 美幌町地域包括支援センター(しゃきっとプラザ内・電話 0152-75-3220)まで。 (地域包括支援センターに障がいを持つ方の相談窓口があることをご存じですか? – 美幌町)

地域包括支援センター(ちいきほうかつしえんセンター)は、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。2005年の介護保険法改正で制定された。センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたる。法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関であるが、外部への委託も可能である。要支援認定を受けた者の介護予防マネジメントを行う介護予防支援事業所としても機能する。経緯 / 基本的な考え方は在宅介護支援センターの全国組織の報告書にその原型を見ることができる。厚生労働省は増え続ける医療・介護・福祉などの費用を抑えるため、自己負担の割合を増やしたり、医療や福祉から介護部分を切り出して介護保険制度を創設したり、どちらかといえば対症療法的な対応をとってきたが、団塊の世代が高齢者となる近い将来に限界が来るとして、予防に軸足をおいた政策に転換したといえる。予防政策が効果を表すには時間がかかるとして、要介護状態になる前の要支援、要支援になる前のハイリスクグループ(特定高齢者)を継続的にマネジメントするために地域包括支援センターと介護予防支援事業所の一体的運営がされるように法律上の組み立てがされている。運営に関して / これまで市町村の在宅支援センター等で行われていた相談業務等を外部委託できることにより市町村窓口負担の軽減がされている。専門的な知識を持つ職員によりきめ細かい相談業務が行われている。人口が10万人を超える都市や小規模自治体の一部は外部の法人(社会福祉法人等)に対してそれぞれ地域毎に委託運営されているが、委託形式の場合立ち入り調査等に関して一定の制限が設けられている為に虐待等の発見及び対処が十分にされない場合がある他、相談援助を希望してきた高齢者及びその家族に対する地域の事業所紹介が運営受託法人優先になる傾向があり、利用者・関係事業者への公平な対応がなされていない現状もある。受託法人が社会福祉法人に事実上限定されるために、特定の法人による地域への影響力が増す事例もある。 (地域包括支援センター – Wikipedia)

関連サイト

社会医療法人 恵和会ホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌地域包括支援センター

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

美幌町地域包括支援センター – WAM NET障害者福祉サービス事業所検索

美幌町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例

地域包括支援センターの手引きについて | 厚生労働省

関連エントリ

地域包括支援センター の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域包括支援センター条例 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

高齢者虐待の防止 (北海道 北見市)

800px-Its_all_about_love.jpg

高齢者虐待の防止 (北海道 北見市)
Prevention of Elder Abuse (Kitami, Hokkaido)

高齢者虐待(こうれいしゃぎゃくたい、Elder abuse)とは、家庭内や施設内での高齢者に対する虐待行為である。老人虐待(ろうじんぎゃくたい)とも称される。 (http://ja.wikipedia.org/wiki/高齢者虐待

高齢者虐待の防止 (北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地域包括支援センター (北海道 美幌町)

800px-Its_all_about_love.jpg

地域包括支援センター (北海道 美幌町)
Regional Comprehensive Support Center (Bihoro, Hokkaido)

地域包括支援センター (北海道 美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

大空町で見守り支援のネットワーク強化

608px-_01564.svg.png

612PX-~1.PNG

800px-Its_all_about_love.jpg

808E17~1.JPG

地域包括支援センターは、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。 専門的な知識を持つ職員によりきめ細かい相談業務が行われる。 高齢者虐待に関する業務(権利擁護業務)も担う事になっているが、虐待ケースを発見しても警察のように家に踏み込む権限はなく、また、自治体も専門性に欠けるため積極的な介入を期待できるレベルにない。 老人福祉法に基づく措置権も自治体に留保されているため、実質地域の見守り程度の事しかできていない。(Wikipedia

見守りネットのニュースブログ記事(Google 検索)

大空町で見守り支援のネットワーク強化 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

虐待と後見、あなたならどうする?

Disability_symbols.svg.png

449px-SVVP_Klikat_veden_nevidomho_detail.jpg

004.jpg

障害者虐待 のニュースブログ(Google 検索)
高齢者虐待 のニュースブログ(Google 検索)

後見人 のニュースブログ(Google 検索)

虐待と後見、あなたならどうする? の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地域包括支援センターとは何か。(オホーツク地域)

808E17~1.JPG

800px-Its_all_about_love.jpg

地域包括支援センター: 地域包括支援センターは、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたる。法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関であるが、外部への委託も可能である。
利点; これまで市町村の在宅支援センター等で行われていた相談業務等を外部委託できることにより市町村窓口負担の軽減がされる。専門的な知識を持つ職員によりきめ細かい相談業務が行われる。
問題点; これまで要支援の利用者は居宅介護支援事業者によって介護保険を利用していたが、居宅支援事業者へ委託を行う場合を除き介護予防支援事業所(特に市町村がケアマネジメントを担当)が直接の担当となり利用者が激減し居宅支援事業所の収入が大幅に落ち込んでいる。また、居宅事業者へ委託を行っている場合を除き要介護状態になったあと市町村の委託を受けた社会福祉協議会若しくは市町村運営の居宅介護支援事業所へそのまま利用者が流れてしまうことが多い(建前では要介護状態になった場合は、事後担当する居宅事業所は利用者が決める事になっているが、実際は利用者が決める前に役所の係と社会福祉協議会の間で利用者に関する情報が伝えられそのまま社会福祉協議会若しくは市町村直営居宅事業所へ利用者が流れてしまう事が多い)。 担当するケアマネジャー(自治体職員含む)は定期訪問を3ヶ月に一度のみの訪問で良いと定めている自治体もあり、利用者の身上把握等をきめ細かく行っていない事が多い(利用票を3ヶ月分一括で捺印して3ヶ月間全く訪問しない事業所もある・特に自治体運営の居宅を含む事業所)。 高齢者虐待に関する業務(権利擁護業務)も担う事になっているが、虐待ケースを発見しても警察のように家に踏み込む権限はなく、また、自治体も専門性に欠けるため積極的な介入を期待できるレベルにない。 老人福祉法に基づく措置権も自治体に留保されているため、実質地域の見守り程度の事しかできていない。(Wikipedia

地域包括支援センター についてのニュースブログ記事(Google)

地域包括支援センターとは何か。(オホーツク地域) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る