骨髄バンク の検索結果: 3 件

ドナー登録 骨髄バンク (北海道北見市)

561px-Rose-kanon.jpg

ドナー登録 骨髄バンク (北海道北見市)

関連記事

骨髄バンクへの関心高まる 2019/03/02掲載(その他/社会) 競泳・池江璃花子選手の白血病公表を受け / 競泳の池江璃花子選手の白血病公表を受け、骨髄バンクへの関心が高まっている。ドナー登録の受付窓口となっている保健所や民間の推進団体は、あらためて提供希望者が増えることを願っている。
提供希望者増に期待… 道骨髄バンク推進協会北見支部 「多くの方に意識もってもらえたら」 / 日本では毎年新たに約1万人が白血病などの血液疾患を発症する。一方で骨髄移植に必要な白血球の型の適合は数万人に1人とされ、提供希望者の増加が大きな柱となっている。 北海道骨髄バンク推進協会北見支部は平成6年に、市内の主婦ら3人が立ち上げた民間のボランティア組織。 骨髄バンクの必要性を訴える啓発パネル展や闘病者による講演会、移動登録会などを開催し、ドナー登録推進の啓蒙活動に努めている。また、提供希望者が旭川や札幌などまで足を運ばなくても、北見で検査の一部が可能になることの下支えに尽力。同支部の支部長は「設立当時とは違って今は、最終同意を担当するコーディネーターの役割の医師が北見の血液内科にいらっしゃるので心強い。献血車でも登録できますし、ぜひ多くの方に意識をもってもらえたら」と呼び掛ける。問い合わせは同支部(0157・68・1001)。
北見保健所への問い合わせも増えている。受付窓口横にパンフレットを置き、周知に努めている。同保健所(0157・24・4173)へ。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

骨髄バンクにご登録ください! | 北見保健所ホームページ

北見保健所ホームページ

北海道骨髄バンク推進協会公式WEBサイト

日本骨髄バンク | 全国のボランティア団体 – 北海道

関連エントリ

だれかのために ドナーの登録。(骨髄バンク) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の女子競泳選手 池江璃花子 (白血病) – 美幌音楽人 加藤雅夫

骨髄バンク の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

骨髄バンク (日本)

561px-Rose-kanon.jpg

骨髄バンク (日本)

関連記事

骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される骨髄液や末梢血幹細胞を患者にあっせんする仕組み、およびその業務を担う公的機関。 骨髄バンクは世界各地に設置されており、特にアメリカ、ドイツ、イギリスなどで活動が活発である。また各バンクに登録されているHLA型のデータを集約している「世界骨髄バンクドナー集計システム(BMDW、英語: Bone Marrow Donors Worldwide)」には世界53カ国75バンクが参加し、各バンクに登録されたHLAデータ(さい帯血バンクも含む)の合計は2,200万件を突破している(2018年末時点)。 日本では公益財団法人日本骨髄バンクが主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)および各都道府県等)の協力を得て、1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP、Japan Marrow Donor Program)を運営している。1992年にドナーと患者の登録を開始した日本骨髄バンクは1993年1月に初の骨髄移植をあっせんして、2016年10月19日には移植2万例に到達した。本稿では主に日本骨髄バンクを取り上げる。 (骨髄バンク – Wikipedia)

関連サイト

白血病から立ち上がる | NHKニュース

「骨髄バンク」に問い合わせ相次ぐ 池江選手の白血病公表で | NHKニュース

骨髄バンク登録イベント 池江選手の病気公表で登録する人も |,NHKニュース

骨髄バンクスペシャルサイト

日本骨髄バンクのホームページ

関連エントリ

骨髄バンク の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

だれかのために ドナーの登録。(骨髄バンク)

561px-Rose-kanon.jpg

骨髄バンク
骨髄バンク(こつずいバンク、Marrow Donor Program)とは、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」や末梢血幹細胞を患者に斡旋する仕組みおよびその業務を担う公的機関のこと。 概要: 日本においては骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)および各都道府県等(保健所)の協力を得て、1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP、Japan Marrow Donor Program)の運営を行っている。(wiki/骨髄バンク

だれかのために ドナーの登録。(骨髄バンク) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る