駒生川に魚道をつくる会 の検索結果: 3 件

北海道美幌町「駒生川に魚道をつくる会」(第20回 日本水大賞)

bi_bo.jpg

北海道美幌町「駒生川に魚道をつくる会」(第20回 日本水大賞)

関連記事

日本水大賞で環境大臣賞受賞 美幌・駒生川に魚道をつくる会 / 川の生物多様性生み出す取り組み評価 「会員に加え地域、行政の皆さんのお陰」 / 美幌町内で活動する「駒生川に魚道をつくる会」が、第20回日本水大賞で大賞に次ぐ環境大臣賞を受賞した。手づくり魚道を管理し、川の生物多様性を生み出す取り組みが評価された。日本水大賞は、水にかかわるさまざまな活動を通じ、環境保全や地域活性化に貢献する個人・団体に贈られる。主催は日本河川協会の日本水大賞委員会で、誉総裁は秋篠宮殿下、委員長は宇宙飛行士の毛利衛さんが務める。今回は全国から143件の応募があった。つくる会は平成21年に発足。落差工があり魚がそ上できない状況を解消しようと、23、24年の2年間で木材や石など自然の資材を多く使った手づくり魚道7基を整備した。整備後は大型のサケ科の魚がそ上し、上空では魚を狙うオジロワシなども確認されている。水大賞の受賞は道内5団体目で、道東では初めて。受賞で得た賞金50万円は、魚道の修繕などに役立てるという。会長(76)が4日、美幌町役場で土谷耕治町長らに受賞を報告。「受賞は会員だけでなく地域、行政の皆さんのお陰」と感謝した。土谷町長は「長年の積み重ねが評価されたものと思う。今後も美幌のためにご尽力を」と祝った。(浩) (2018年7月9日の記事 経済の伝書鳩)

公益社団法人 日本河川協会(にほんかせんきょうかい)は、内閣総理大臣認定の公益社団法人。日本水大賞 / 水循環系の健全化や水災害に対する安全性の向上に寄与すると考えられる活動に対して贈られる賞。同時に授賞する日本ストックホルム青少年水大賞は、毎年8月に各国の水環境研究者が集まって開催するストックホルム世界水週間で選ばれるストックホルム青少年水大賞(生活の質の向上及び水環境における生態系の改善に資する優れた調査研究を行った若い研究者に贈られる賞)の日本代表へ贈られる賞。 (日本河川協会 – Wikipedia)

関連サイト

第20回日本水大賞 受賞者一覧

日本水大賞 – 日本河川協会

日本河川協会ホームページ

関連エントリ

駒生川に魚道をつくる会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本水大賞 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

毛利衛 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮文仁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」

bi_bo.jpg

ワークショップ
ワークショップ (workshop) とは、日本では「体験型講座」を指す用語。

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」
Tributaries of Bihoro River, “Komaoi River Workshop”

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道の美幌で住民による魚道づくり

Flussneunauge.jpg

Yamame.jpg

799px-Biwa_TroutLake_Biwa-JP_2.jpg

Tacuinum_Sanitatis-fishing_lamprey.jpg


魚道 のニュースブログ(Google 検索)

魚道(ぎょどう)は、魚の遡行が妨げられる箇所で、遡行を助けるために川に設ける工作物である。 川に棲息する魚類の中には、サケのように一生の間に川の上流と下流・海を行き来する(回遊する)種がある。しかし、川にダムや堰などの障害物が設置された場合には、魚の遡上が妨げられるため、それらの回遊する種は川に住めなくなり、その川から絶滅してしまう。歴史的には、魚道はそのような事態を防ぐために設けられ、サケ・マス・アユなどの漁業資源を保つために作られたのが始まりである。 近年では生態系保全の観点から、あらゆる魚と水生生物が対象に含められる傾向にある。(Wikipedia

北海道の美幌で住民による魚道づくり の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る