音声ガイド" の検索結果: 2 件

Hokkaido Museum of Northern Peoples (北方民族博物館)について

130713_Hokkaido_Museum_of_Northern_Peoples_Abashiri_Hokkaido_Japan02s3.jpg

Hokkaido Museum of Northern Peoples (北方民族博物館)について

関連記事

音声ガイドが好評 北方民族博物館の携帯型機器 / 携帯型デジタル音楽プレーヤーを利用した、網走市の道立北方民族博物館が導入する音声ガイドが好評だ。平成29年度は約7千人が利用し、ガイド機器を導入した25年度の約2倍。外国人のほか日本人にも喜ばれ、画像も楽しめる点などが受けているようだ。導入時比較で利用数が1.8倍に / 同館の音声ガイドは、日本語と英語、中国語、韓国語、タイ語に対応し、常設展示について音声プレーヤー(写真)が画像と一緒に解説する。10台用意している。※導入時、タイ語は対応していない29年度の利用者は6856人で、25年度(3838人)の1.8倍だった。総入館者数(2万5420人)の3割ほどが利用し、25年度は約2割だった。言語別で見ると、日本語が最も多い5230人で、全体の76%を占めた。次いで英語(794人)、中国語(648人)、韓国語(109人)、タイ語(75人)となっている。音声ガイドの魅力について、同館は (1)日本語の音声はプロのアナウンサーが担当 (2)収録内容は実際の解説員の説明に近い (3)自分のペースでゆっくりと観覧できる-点などを挙げる。また、利用者側に立って、音声ガイド機器のケースを特注。ヘッドフォンはケーブル不要のタイプに切り替えるなど、音声ガイドを利用する際のストレスフリー策を講じている。同館は「29年度は外国人入館者の6割が音声ガイドを利用しており、需要は今後も高まると思います」と話している。(大)(2018年5月9日の記事 経済の伝書鳩

音声ガイド(おんせいガイド、英: Audio guide, Audio tour)は、博物館や美術館などの展示物や、伝統芸能演劇の上演についての音声解説(説明)を、来場客に提供するサービス。オーディオガイド。(音声ガイド – Wikipedia

北海道立北方民族博物館(ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん)は、北海道網走市にある博物館。北海道教育委員会が設置し、財団法人北方文化振興協会が指定管理者として管理をしている。英語名はHokkaido Museum of Northern Peoples。(北海道立北方民族博物館 – Wikipedia



関連サイト

北方民族博物館公式サイト:施設

北海道立 北方民族博物館公式サイト( 網走 )

Hokkaido Museum of Northern Peoples – 北方民族博物館

北海道立北方民族博物館/Hokkaido Museum of Northern Peoples (JAPAN) – ホーム | Facebook

関連エントリ

Audio guide of Portable media players in Abashiri ー 美幌音楽人 加藤雅夫

音声ガイド の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Audio guide の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hokkaido Museum of Northern Peoples の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北方民族博物館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Audio guide of Portable media players in Abashiri

612PX-~1.PNG

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

貝塚(かいづか、贝塚、패총、Midden)は、古代の人類のゴミ捨て場のうち当時の人々が捨てた貝殻が積み重なったもののことである。貝塚には、貝殻や獣や魚の骨など食料の残滓だけでなく、破損した土器や石器、骨角器などの道具類、さらには焼土や灰なども一緒に捨てられている。(wiki/貝塚

モヨロ貝塚(モヨロかいづか)は、北海道網走市北1条東から北3条東にかけてあるオホーツク文化の代表的遺跡である。網走川河口左岸、オホーツク海のそばに位置する。国の史跡に指定されている(指定名称は最寄貝塚)。 本貝塚名は、当時のアイヌ人がモヨロ・コタンと呼んでいたことから、1918年(大正7年)米村によって付けられた。モヨロは「入江の内、あるいは所」という意味。(wiki/モヨロ貝塚

網走で携帯メディアプレーヤーの音声ガイド
Audio guide of Portable media players in Abashiri

Audio guide of Portable media players in Abashiri の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る