負傷動物 の検索結果: 9 件

保護犬・保護猫・負傷動物の情報 (2018年6月)

dog3.jpg

Cat03.jpg

保護犬・保護猫・負傷動物の情報 (2018年6月)

関連記事

保健所・保護猫情報 / (1)保護日時…6月2日午前11時ころ (2)保護場所…美幌町豊岡 (3)猫種…雑種のオス猫 (4)特徴…毛はキジトラ。水玉模様の首輪。人に慣れている。保護期間は6月8日まで。連絡先は北見保健所(TEL 0157-24-4171)。 (2018年6月2日の記事 経済の伝書鳩)

保健所・保護猫情報 / (1)保護日時…6月10日正午ころ (2)保護場所…北見市青葉町 (3)猫種…雑種の子猫、オス (4)特徴…毛は白と黒色。保護期間は6月14日まで。連絡先は北見保健所(TEL 0157-24-4171)。 (2018年6月12日の記事 経済の伝書鳩)

保健所・保護猫情報 / (1)保護日時…6月17日午前10時こ (2)保護場所…北見市中央三輪 (3)猫種…雑種の子猫4匹 (4)特徴…生後1カ月ほど。毛はキジトラ2匹、サバトラ2匹。 (1)保護日時…6月17日午前零時ころ (2)保護場所…北見市栄町 (3)猫種…子猫1匹 (4)特徴…生後1カ月半ほど。毛は白色。保護期間はともに6月21日まで。連絡先は北見保健所(TEL 0157-24-4171)。 (2018年6月19日の記事 経済の伝書鳩)

保健所・保護猫情報 / (1)保護日時…6月19日午後3時半ころ (2)保護場所…北見市本町 (3)猫種…雑種の雄猫、3、4歳 (4)特徴…毛は白と黒色。尻尾がまっすぐ。保護期間は6月25日まで。連絡先は北見保健所(TEL 0157-24-4171)。 (2018年6月21日の記事 経済の伝書鳩)

犬の飼い主のみなさんへ / 飼い主のマナー / 犬猫の新しい飼い主募集 / 網走保健所の保護犬・猫情報 / 迷子・飼い主募集の犬猫情報 / 負傷動物を保護しています / 犬・猫情報!! / 犬猫の飼い主さがしノート / ノート犬の掲載情報 / ノート猫の掲載情報 / 動物管理のページ / オホーツク総合振興局保健環境部環境生活課

関連サイト

北見保健所 新ホームページ | オホーツク総合振興局

網走保健所 – オホーツク総合振興局

紋別保健所 – オホーツク総合振興局

北海道オホーツク総合振興局のホームページ | オホーツク総合振興局

関連エントリ

保護犬 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

保護猫 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

負傷動物 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

保護犬・保護猫・負傷動物の情報(2018年5月)

dog3.jpg

Cat03.jpg

保護犬・保護猫・負傷動物の情報(2018年5月)

関連記事

犬の飼い主のみなさんへ / 飼い主のマナー / 犬猫の新しい飼い主募集 / 網走保健所の保護犬・猫情報 / 迷子・飼い主募集の犬猫情報 / 負傷動物を保護しています / 犬・猫情報!! / 犬猫の飼い主さがしノート / ノート犬の掲載情報 / ノート猫の掲載情報 / 動物管理のページ / オホーツク総合振興局保健環境部環境生活課

関連サイト

北見保健所 新ホームページ | オホーツク総合振興局

網走保健所 – オホーツク総合振興局

紋別保健所 – オホーツク総合振興局

北海道オホーツク総合振興局のホームページ | オホーツク総合振興局

関連エントリ

保護犬 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

保護猫 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

負傷動物 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

犬・猫 保護 ホームページ (北海道 オホーツク総合振興局)

dog3.jpg

Cat03.jpg

犬・猫 保護 ホームページ (北海道 オホーツク総合振興局)
Dogs and Cats protection website (Hokkaido Okhotsk Subprefecture)

犬・猫 保護 ホームページ (北海道 オホーツク総合振興局) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

迷い犬増加 (北海道北見市と北見保健所)

800px-Aibo_img_0807.jpg

Ginza_Sony_building.jpg

迷い犬増加 (北海道北見市と北見保健所)
Lost dog Increase (Hokkaido Kitami city and Kitami health center)

迷い犬増加 (北海道北見市と北見保健所) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

6月14日、鐘ヶ江建設 従業員が子犬5匹を保護した。(北見)

Heart_coraznsvg.png

6月14日、鐘ヶ江建設 従業員が子犬5匹を保護した。(北見)

6月14日、鐘ヶ江建設 従業員が子犬5匹を保護した。(北見) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

二年連続、犬猫の殺処分はゼロ。 (網走の 保健所で)

800px-Aibo_img_0807.jpg

Ginza_Sony_building.jpg

二年連続、犬猫の殺処分はゼロ。 (網走の 保健所で)
Two consecutive years, culling of dogs and cats is zero. (In the Abashiri Health department)

二年連続、犬猫の殺処分はゼロ。 (網走の 保健所で) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク地域の犬・猫の 保護情報。(2月)

dog3.jpg

Cat03.jpg

マハトマ・ガンディーは次のように述べている。(wiki/動物の権利

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いはその国が動物をどのように扱っているかで判断できる」
「私の心の内では子犬の命の貴重さは人間の命の貴重さにいささかも劣るものではない」

オホーツク地域の犬・猫の保護情報。(2月)

オホーツク地域の犬・猫の 保護情報。(2月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

この地球は 孤独ではない! (北海道 オホーツク管内)

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

408px-Disability_symbols.svg.jpg

保護されていた迷い犬に、新しい飼い主が見つかった。
保護された犬と猫の譲渡率が、大幅に上昇している。

この地球は 孤独ではない! (北海道 オホーツク管内) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています

120px-HumanRightsLogosvg.png

400px-P_catsvg.png

オホーツク総合振興局の自治体
1.北見市 / 2. 網走市 / 3. 紋別市 / 4,5. 大空町 / 6. 美幌町 / 7. 津別町 / 8. 斜里町 / 9. 清里町 / 10. 小清水町 / 12. 訓子府町 / 13. 置戸町 / 15. 佐呂間町 / 17. 遠軽町 / 18. 湧別町(上湧別地区) / 19. 湧別町(湧別地区) / 20. 滝上町 / 21. 興部町 / 22. 西興部村 / 23. 雄武町

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.PNG

Hokkaido_Abashiri_Br_16cl.png

殺処分
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。 動物の愛護と管理に関する法律第35条5項によって定められた、犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置第4で定められている「処分」とは、殺処分の他に譲渡処分とされており、飼い主への返還や里親募集業務による希望者への譲渡も含めた「愛護施設から出て行く全ての事例」を指している。特に子犬は生後よりある程度(2〜3か月)の日数が経っていて健康上の問題さえ無ければすぐにでも新たな飼い主が見つかる場合が多く、都市部などでは需要に対して供給が追いつかない状態でもある。

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る