語り継ぐ戦争 の検索結果: 23 件

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(4)(5)(6)

338px-Tanto_Kunimitsu_2.jpg

WhiteBandits012.jpg

満蒙開拓移民
満蒙開拓移民(まんもうかいたくいみん)は、満州事変以降太平洋戦争までの期間に日本政府の国策によって推進された、中国大陸の旧満州、内蒙古、華北に入植した日本人移民の総称である。満蒙開拓団(まんもうかいたくだん)とも言われる。 満州開拓移民の募集には、『王道楽土』や『五族協和』などをスローガンに喧伝したキャンペーンが大々的に行われ、多くの人々が募集に応じた。 戦局の悪化による兵力動員で1942年以降は成人男性の入植が困難となり、15歳から18歳ほどの少年で組織された「満蒙開拓青少年義勇軍」が主軸となった。 青少年義勇軍を含む満州開拓移民の総数は27万人とも、32万人ともされる。ソ連の参戦でほとんどが国境地帯に取り残され、日本に帰国できたのは11万人あまりだった。各地の開拓移民団は引き揚げの途中で多くの死者、行方不明者、収容所での感染症による病死者を出し、無事に帰国できた開拓団はなかった。 また、国境を越えてきたソ連兵に捕らえられシベリアへ送られた男子入植者は、シベリア抑留者となり帰国は更に困難を極めた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/満蒙開拓移民

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(4)(5)(6) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(1)(2)(3)

742px-Missouri-flyover.jpg

WhiteBandits012.jpg


終戦の詔勅 (玉音放送) – YouTube

玉音放送
玉音放送(ぎょくおんほうそう)とは、天皇の肉声(玉音)を放送することをいう。特に1945年(昭和20年)8月15日正午(日本標準時)に、社団法人日本放送協会(当時)にてラジオ放送された、昭和天皇による終戦の詔書(大東亜戦争終結ノ詔書、戦争終結ニ関スル詔書)の音読放送を指すことが多く、本項ではこの放送について記述する。この放送は、大東亜戦争(太平洋戦争)における日本の降伏を国民に伝えるものであった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/玉音放送

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(1)(2)(3) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

海軍特設砲艦「第二号新興丸」

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

WhiteBandits012.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

小笠原丸(おがさわらまる)とは逓信省の海底電纜敷設船で、初の国産敷設船である。1,397トン。東京から小笠原諸島経由でグアムに接続する太平洋横断海底ケーブルの敷設を主目的に建造されたため「小笠原」と名付けられた。いわゆる三船殉難事件で沈没、多くの犠牲者を出した事で知られる。 (Wikipedia) 

三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)とは、第二次世界大戦末期(日本の降伏文書への調印予告、および軍隊への停戦命令布告後)の1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の引揚船3隻(小笠原丸、第二新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦による攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件を指す。三船遭難事件とも呼ばれる。(Wikipedia) 

第二新興丸 のニュースブログ(Google 検索) 

海軍特設砲艦「第二号新興丸」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生)

800px-Ohagi_Botamochi.jpg

美幌海軍航空隊(びほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号も「M-数字」と表記していた。 終戦までに美幌周辺に3箇所の飛行場が造成された。敗戦後に進駐した連合軍は、美幌飛行場の滑走路を徹底的に破壊したが、第三美幌飛行場は緊急用に温存した。破壊された美幌飛行場跡には陸上自衛隊美幌駐屯地が開かれ、残された第三美幌飛行場は、道東の玄関・女満別空港として健在である。(Wikipedia) 

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 1940年(昭和15年)、当地に大日本帝国海軍美幌第一航空基地が完成。1945年(昭和20年)、終戦により、GHQが滑走路を破壊。飛行場としては使用不能となる。(Wikipedia) 

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

捕虜収容所(サハリン州オハ)

Border_Security_of_the_50th_parallel_of_north.jpg

499px-Relief_Map_of_Sakhalin_Oblast_svg.png

樺太の戦い(からふとのたたかい)は、太平洋戦争/大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)8月11日から8月25日にかけ、日本の内地であった樺太南部で、日本とソビエト連邦の間で行われた戦闘である。(Wikipedia) 

捕虜収容所 のニュースブログ(Google 検索)

捕虜収容所(サハリン州オハ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

旧日本海軍病院(神奈川県横須賀)

800px-Sabres-seconde-guerre-mondiale-p1000711.jpg

軍刀

800px-Onshi-005.jpg

恩賜の煙草

Curry_and_rice.jpg

海軍カレー 


【軍歌】夜の春雷(歩兵の本領) 渥美 清 – YouTube 


이등병의 편지 二等兵の手紙 – YouTube 

日本海軍 のニュースブログ(Google 検索) 

海軍病院 のニュースブログ(Google 検索) 

旧日本海軍病院(神奈川県横須賀) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

この歌と語りに耳を傾けてください!(終戦記念日に)

Gyokuon-ban.jpg

今日(8月15日)は、終戦記念日。(日本) 

日本政府は、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とし、全国戦没者追悼式を主催している。正午から1分間、黙祷が捧げられる。(Wikipedia) 

写真は、玉音盤(玉音放送で流された、天皇の肉声(玉音)を録音したレコード盤)。(NHK放送博物館所蔵) 

音楽動画は、花嫁人形。(歌:倍賞千恵子) 

終戦記念日 のニュースブログ(Google 検索) 

この歌と語りに耳を傾けてください!(終戦記念日に) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

全国高校総文祭で優秀賞(北海道北見緑陵高校)

48eca9b898da2852940921e74fb2bd17.jpg

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg


全国高等学校総合文化祭とは日本全国から高校生が集結し、演劇や吹奏楽などを発表する日本の文化祭典である。文化部のインターハイとも呼ばれている。主催は文化庁、全国高等学校文化連盟。「全高総文」(ぜんこうそうぶん)もしくは「総文祭」(そうぶんさい)、主催者名から「高文連」(こうぶんれん)とも略される。 2011年の第35回福島大会では東日本大震災の影響により、パレードおよび吹奏楽部門、マーチングバンド・バトントワリング部門、JRC・ボランティア(協賛部門)は中止、書道部門、放送部門は作品審査のみとなり、演劇部門は香川県、郷土芸能部門は岩手県で開催され、その他の部門でも会場・日程変更がなされた。(Wikipedia

ふくしま総文-第35回全国高等学校総合文化祭-公式ホームページ http://www.fukushimasoubun.gr.fks.ed.jp/

全国高校総文祭のニュース、全国高校総文祭についてのブログ(Google)

全国高校総文祭で優秀賞(北海道北見緑陵高校) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽(9月13日)

今日(9月13日)は、ドイツのピアニスト作曲家クララ・シューマン(1819)誕生。オーストリアの作曲家アルノルト・シェーンベルク(1874)誕生。フランスの音楽家で日本への近代音楽の普及発展に貢献した作曲家シャルル・ルルー(1851)誕生。

今日の音楽(9月13日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

“I am a thousand winds that blow”

千の風について: Do not stand at my grave and weep(直訳:私のお墓で佇み泣かないで)は、近親者の死、追悼、喪の機会に読み継がれて来た有名な詩。日本では、第3行目 “I am a thousand winds that blow”から借りて名づけられた「千の風になって」として、新井満による日本語訳詩や、「千の風」としての塩谷靖子による日本語訳などが広く知られる。(Wikipedia

“I am a thousand winds that blow” の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る