認知症 の検索結果: 80 件

特定非営利活動法人 絆ーびほろ について

12月20日、さくらんぼ部会事業の生活たすけあいサービスを利用しました。台所の換気扇の掃除でした。また利用しょうと思いました。どうもありがとうございました。 12月27日は、居間の天井の掃除をしました。どうもありがとうございました。

特定非営利活動法人 絆ーびほろ について

特定非営利活動法人 絆ーびほろ / 目的:たすけあいの精神に基づき心身に何らかの障がいを持つ方や高齢者を始め、サービス提供を受けたい方が健康で安心して長生きを楽しめる生活を送るための支援を行う。 各事業:4部会(さくらんぼ部会事業、ひだまり部会事業、やまびこ部会事業、ふまねっと部会事業)による家事支援、認知予防事業、脳と心を鍛える事業、ふまねっと運動事業などと美幌町の委託を受けた「やすらぎ支援事業」では、認知症の高齢者の方の居宅を訪問し見守り等を行います。 特定非営利活動法人 絆ーびほろ / 福祉に興味がある人、年会費 1口1,200円以上。 (特定非営利活動法人 絆ーびほろ – 美幌町)

関連サイト

絆-びほろ | NPO法人ポータルサイト – 内閣府

関連エントリー

絆びほろ・さくらんぼ部会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

絆びほろ・やまびこ部会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

絆びほろ・ひだまり部会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

絆びほろ・ふまねっと部会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

絆びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

絆ーびほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美幌町のメール配信システム あんしんねっとびほろ

497px-Trident_II_missile_image.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

美幌町のメール配信システム あんしんねっとびほろ

関連記事

このメール配信システム「あんしんねっとびほろ」は、防災情報など緊急性の高い情報などを希望する方に配信するサービスです。平成29年9月1日からは、【防災情報】の他に【SOSネットワーク】【不審者情報】及び【防犯関係情報】が加わり新たな「あんしんねっとびほろ」として配信します。メール受信が可能なパソコン、携帯電話やスマートフォン等をお持ちの方であれば受信が可能ですので、ぜひ登録してみてください。
配信カテゴリ / 防災情報 防災に関する情報を配信します。認知症高齢者等SOSネットワーク 認知症高齢者等が行方不明になった場合に、その方の特徴などを配信します。不審者情報 児童・生徒への不審者による声かけ発生情報を配信します。防犯関係情報 防犯に関する情報を配信します。Jアラート連携 Jアラート(緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステム)から発信された情報を配信するカテゴリです。 (あんしんねっとびほろ – 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town – 美幌町のホームページ

関連エントリ

あんしんねっとびほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の身障新聞 (第787号 第788号 第789号 第790号)

北海道の身障新聞 (第787号 第788号 第789号 第790号)

北海道身体障害者福祉協会の北海道身体障害者新聞(第787号 第788号 第789号 第790号)をいただきました。どうもありがとうございました。内容は、北海道身体障害者福祉協会(身障新聞)ホームページをご覧ください。

関連記事

障害者手帳(しょうがいしゃてちょう)とは、障害者として日本にて地方公共団体に認定を受けると発行される、障害を証明するための手帳である。 (障害者手帳 – Wikipedia)

身体障害(しんたいしょうがい)とは、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害を生じている状態、あるいはそのような障害自体のこと。手・足がない、機能しないなどの肢体不自由、脳内の障害により正常に手足が動かない脳性麻痺などの種類がある。視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害なども広義の身体障害に含まれる。身体障害の分類 / 部位による分類 / 身体障害者福祉法の対象となる障害は、1) 視覚障害、2) 聴覚障害・平衡機能障害、3) 音声・言語障害(咀嚼障害を含む)、4)肢体不自由、5)心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・大腸・小腸・免疫等の内部障害の5種類に大別される。例えば脳梗塞で倒れた人の場合、脳梗塞の後遺症によって生じた肢体不自由は同法で支援の対象となるが、併せて記憶障害などが発生しても、それ自体は身体障害として認定されない。認知症など、精神障害を合併した場合は精神保健福祉法による援助の対象となる。これら5種の障害の中で最も多いのは肢体不自由で、身体障害者手帳を交付されている人のうち、約半数を占める。視覚障害・聴覚障害・言語障害は、該当者こそ増えているものの、全体の割合からいくと年々減少の一途をたどっている。その一方で、内部障害は該当者・割合ともに増加している。身体障害者が増加しているにもかかわらず、内部障害者の割合が増加しているのは、一つには内部障害として認定される器官が増えたこと、もう一つには内部障害の原因となる疾病(糖尿病や心臓病等)にかかる人が増えたことが理由だと考えられる。身体障害者は年々増加している。身体障害者には高齢者が多く、65歳以上の割合が60%以上を占めている。日本の人口における高齢者の割合が増加していることから、今後も身体障害者の人数は増えていくものと思われる。また障害者を隠そうとする風潮が弱くなり、障害の認定を受けるようになったことも一因だと考えられる。(身体障害 – Wikipedia)

関連サイト

身障新聞 – 北海道身体障害者福祉協会ホームページ

北海道身体障害者福祉協会ホームページ

障がい者保健福祉課のページ(北海道)

関連エントリ

北海道身体障害者新聞 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

身体障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ここはどこ? 私は誰? (健忘症 老人性認知症)

ここはどこ? 私は誰? (健忘症 老人性認知症)

関連記事

健忘(けんぼう、Amnesia)は記憶障害のうち、特に宣言的記憶の障害された状態を指す。宣言的記憶(陳述記憶)とは記憶のうち言語で表現できる種類のもの、エピソード記憶や意味記憶のことである。 一般的に言う「もの忘れ」から「記憶喪失」まで含んだ概念である。 なお、この「健忘」の「健」は「甚だ」の意であり、「健闘」の「健」と同様である。 認知症(痴呆) 認知症で健忘は必発であり、初期からみられる。また、神経の変性疾患で健忘そのものが症状である疾患もこれに分類される。 (健忘 – Wikipedia)

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下して性格の先鋭化、強い承認欲求、理性的思考力衰退、被害妄想を招く症状をさす。 現在の医学において、認知症を治療する方法はまだ見つかっていない。安全で効果的な治療法を模索する研究が行われているが、その歩みは難航している。 (認知症 – Wikipedia)

老人性認知症(ろうじんせいにんちしょう)は、認知症のうち、加齢の寄与が多いと思われる状態。老年痴呆とも。 概要 / 一般に脳及び精神に関する疾患は、患者本人の具体的意思を尊重し専門医が問診・診察及び診断をするが、このような疾患をもつ者は、その発言及び行動の一部、時として全てが、おおよそ一般の健康な状態の人たち(健康な状態かの解り易い判断は、向精神病薬を常用している期間や副作用などの不快感で決まる)からの視点を中心にみている現実がある為、患者本人の真意が治療の根幹に触れているとは限らない。 また、患者本人は、家族、親戚、社会などあらゆる環境と調和することにかなりの労力と精神力、生命力の全てを費やして生きようとしている。しかし、患者本人は、先に挙げた数多くの不快感などの為、現在自分が、不快感を持っていることをも認識できないことはよくある。不快感を不快であると感じることの出来る脳の仕組みも機能しない時がある。不快感が、最もわかりづらい病状として躁鬱病・適応障害などが挙げられる。一見、一聴すると元気に見える、落ち込んでいるように見えるだけと周りから見過ごされ、判断されてしまう。しかし、本人は、絶望的に孤立する日常の連続である。 また高齢者の場合、躁鬱病や適応障害が、老人性痴呆症などと誤診されてしまっている例 がある。患者本人は、完全に近い状況で社会と自分の存在との間に大きな隔たりと絶望を日々感じて生きていかなければならないので、偶発的・自然的・突発的な自殺などのあり得る危険性に十分考慮し、優しく見つめ続け、患者本人の話していることや感じているものを正面から聴き受け入れることが治療の根本であり不可欠で基本的な姿勢である。また、このような疾患の人々の生活(衣食住・就学・就業・就労・婚姻などのあらゆる社会的な場面)で、信頼できる心の通じ合った人々が一人でも多くいると患者本人は救われやすいようである。 (老人性認知症 – Wikipedia)

関連サイト

認知症の人が劇的変化! “アイコンタクト”パワー全開SP – NHK ガッテン

物忘れをする | NHK健康チャンネル

認知症 | NHK健康チャンネル

関連エントリ

健忘症 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

老人性認知症 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

認知症による徘徊(はいかい)について

認知症による徘徊(はいかい)について

関連記事

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下して性格の先鋭化、強い承認欲求、理性的思考力衰退、被害妄想を招く症状をさす。 現在の医学において、認知症を治療する方法はまだ見つかっていない。安全で効果的な治療法を模索する研究が行われているが、その歩みは難航している。 (認知症 – Wikipedia)

関連サイト

【動画でわかる認知症】もし町で認知症の人に出会ったら… | NHK健康チャンネル

「認知症と徘徊(はいかい)の理由」(視点・論点) – NHK

認知症 | クローズアップ現代+

行方のわからない認知症高齢者等をお探しの方へ | 厚生労働省ホームページ

関連エントリ

徘徊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

認知症 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の身障新聞 (第783号 第784号 第785号)

北海道の身障新聞 (第783号 第784号 第785号)

北海道身体障害者福祉協会の北海道身体障害者新聞(第783号 第784号 第785号)をいただきました。どうもありがとうございました。内容は、北海道身体障害者福祉協会(身障新聞)ホームページをご覧ください。

関連記事

障害者手帳(しょうがいしゃてちょう)とは、障害者として日本にて地方公共団体に認定を受けると発行される、障害を証明するための手帳である。 (障害者手帳 – Wikipedia)

身体障害(しんたいしょうがい)とは、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害を生じている状態、あるいはそのような障害自体のこと。手・足がない、機能しないなどの肢体不自由、脳内の障害により正常に手足が動かない脳性麻痺などの種類がある。視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害なども広義の身体障害に含まれる。身体障害の分類 / 部位による分類 / 身体障害者福祉法の対象となる障害は、1) 視覚障害、2) 聴覚障害・平衡機能障害、3) 音声・言語障害(咀嚼障害を含む)、4)肢体不自由、5)心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・大腸・小腸・免疫等の内部障害の5種類に大別される。例えば脳梗塞で倒れた人の場合、脳梗塞の後遺症によって生じた肢体不自由は同法で支援の対象となるが、併せて記憶障害などが発生しても、それ自体は身体障害として認定されない。認知症など、精神障害を合併した場合は精神保健福祉法による援助の対象となる。これら5種の障害の中で最も多いのは肢体不自由で、身体障害者手帳を交付されている人のうち、約半数を占める。視覚障害・聴覚障害・言語障害は、該当者こそ増えているものの、全体の割合からいくと年々減少の一途をたどっている。その一方で、内部障害は該当者・割合ともに増加している。身体障害者が増加しているにもかかわらず、内部障害者の割合が増加しているのは、一つには内部障害として認定される器官が増えたこと、もう一つには内部障害の原因となる疾病(糖尿病や心臓病等)にかかる人が増えたことが理由だと考えられる。身体障害者は年々増加している。身体障害者には高齢者が多く、65歳以上の割合が60%以上を占めている。日本の人口における高齢者の割合が増加していることから、今後も身体障害者の人数は増えていくものと思われる。また障害者を隠そうとする風潮が弱くなり、障害の認定を受けるようになったことも一因だと考えられる。(身体障害 – Wikipedia

関連サイト

身障新聞 – 北海道身体障害者福祉協会ホームページ

北海道身体障害者福祉協会ホームページ

障がい者保健福祉課のページ(北海道)

関連エントリ

北海道身体障害者新聞 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

身体障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町 地域包括支援センターだより『ポケット』第41号

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

美幌町 地域包括支援センターだより『ポケット』第41号

関連記事

『令和時代が幕を開けました』 美幌町地域包括支援センター所長 佐々木将明 / 令和時代が始まり2ヶ月が過ぎました。初めは「れいわ」と聞いてしっくりきませんでしたが、人間の感覚とは不思議なもので少しずつ馴染んでくるものですね。 令和時代は高齢者の総数がピークを迎えたり、後期高齢者(75際以上の方)がますます増えたりと、高齢者福祉の分野では大きく変化する時代になります。日本の基礎を作ってくださった高齢者の皆さんの知恵や経験をいただきながら、心健やかに笑顔で暮らしていけるようお手伝いをしたいと思います。

しゃきっとDVDをご活用下さい / 高齢者支援に取り組む美幌町生活支援・介護予防体制整備推進協議体では、介護予防体操や脳トレを収めた「しゃきっとDVD」を製作しました。 DVDは三部構成であり、第一部は歩く・立つなど簡単に取り組める動きを中心に足腰を鍛える「しゃきっと体操」、第二部は後出しジャンケンや歌に合わせて左右の手で異なる動きをする「脳トレ」、第三部は声を出すことが健康維持に大切との視点から美幌のうたの「カラオケ」を収録しています。 DVDは協議体のメンバー自らがモデルとなり町内の写真屋さんに撮影・編集してもらい、手づくり感満載なDVDとなっています。 自治会の集まりや老人クラブ、サロンへの貸し出し、出前講座での幅広い活用が期待されています。貸し出し希望の方は美幌町役場介護保険担当へ問い合わせください。

障がい福祉サービスの利用について / 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、自立支援医療受給者証をお持ちの方、または、難病の方でヘルパーに家事を手伝ってもらったり、訓練として作業所に通ったり、日中過ごす場所等に通いたいと希望する方は、サービスを利用することができます。 今回はサービスを利用するまでの流れについて説明します。

令和元年度男性介護者の会を行います / 男性的だけが集まり、ざっくばらんな話をしたり、聞いたり、男性ならではの介護の悩みや様々な体験談などの情報交換をしています。

「介護している家族の会」を行います。

おしらせ / 老人クラブなど地域の集まりにお伺いします! 地域包括支援センターの事、介護保険の事、認知症の事、介護予防ずんどこ体操など地域包括支援センター職員がお伺いしてお話しします。「まち育」出前講座(役場まちづくりグループ政策担当)または地域包括支援センターへご連絡ください。

編集後記 / ぽけっと第41号はいかがでしたか? 令和になりましたね。記録を書く時に、ついH31と書いてしまいます。なかなかRに慣れないS生まれです。(い)

美幌町地域包括支援センターだより『ぽけっと』第41号 発行 : 美幌町地域包括支援センター 発行日 : 令和元年7月1日(月) 住所 : 〒092-8650 網走郡美幌町字東3条条北2丁目1番地 美幌町保健福祉総合センターしゃきっとプラザ2階 電話 : 9152-75-3220

関連サイト

美幌町生活支援・介護予防体制整備推進協議体設置要綱

美幌町生活支援コーディネーター設置要綱

美幌町 地域包括支援センター – 社会医療法人 恵和会ホームページ

地域包括支援センターをご利用ください | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌地域包括支援センター

関連エントリ

介護予防体操DVD 脳トレDVD (北海道美幌町)美介護予防体操DVD 脳トレDVD (北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町内の男談農園 北見市内の男談菜園 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町 地域包括支援センターのマスコットキャラクター決定 – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域包括支援センター (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域包括支援センター の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町地域包括支援センター の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道身体障害者福祉協会の北海道身体障害者新聞 (第781号 第782号)

420px-Tea_picking_01.jpg

150px-Noufu_stamp.JPG

北海道身体障害者福祉協会の北海道身体障害者新聞 (第781号 第782号)

北海道身体障害者福祉協会の 北海道身体障害者新聞 (第781号 第782号)をいただきました。どうもありがとうございました。

関連記事

身体障害(しんたいしょうがい)とは、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害を生じている状態、あるいはそのような障害自体のこと。手・足がない、機能しないなどの肢体不自由、脳内の障害により正常に手足が動かない脳性麻痺などの種類がある。視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害なども広義の身体障害に含まれる。身体障害の分類 / 部位による分類 / 身体障害者福祉法の対象となる障害は、1) 視覚障害、2) 聴覚障害・平衡機能障害、3) 音声・言語障害(咀嚼障害を含む)、4)肢体不自由、5)心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・大腸・小腸・免疫等の内部障害の5種類に大別される。例えば脳梗塞で倒れた人の場合、脳梗塞の後遺症によって生じた肢体不自由は同法で支援の対象となるが、併せて記憶障害などが発生しても、それ自体は身体障害として認定されない。認知症など、精神障害を合併した場合は精神保健福祉法による援助の対象となる。これら5種の障害の中で最も多いのは肢体不自由で、身体障害者手帳を交付されている人のうち、約半数を占める。視覚障害・聴覚障害・言語障害は、該当者こそ増えているものの、全体の割合からいくと年々減少の一途をたどっている。その一方で、内部障害は該当者・割合ともに増加している。身体障害者が増加しているにもかかわらず、内部障害者の割合が増加しているのは、一つには内部障害として認定される器官が増えたこと、もう一つには内部障害の原因となる疾病(糖尿病や心臓病等)にかかる人が増えたことが理由だと考えられる。身体障害者は年々増加している。身体障害者には高齢者が多く、65歳以上の割合が60%以上を占めている。日本の人口における高齢者の割合が増加していることから、今後も身体障害者の人数は増えていくものと思われる。また障害者を隠そうとする風潮が弱くなり、障害の認定を受けるようになったことも一因だと考えられる。(身体障害 – Wikipedia

関連サイト

身障新聞 – 北海道身体障害者福祉協会ホームページ

北海道身体障害者福祉協会ホームページ

障がい者保健福祉課のページ(北海道)

関連エントリ

北海道身体障害者新聞 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

身体障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ふさわしい時に死を選ぶ自由 (安楽死)

800px-Its_all_about_love.jpg

ふさわしい時に死を選ぶ自由 (安楽死)

関連記事

安楽死(あんらくし、英語: euthanasia)とは、人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。安楽死推進団体に所属し、スイスで安楽死したオーストラリアの環境学・植物学者 デイビット・グッドールは「ふさわしい時に死を選ぶ自由」と定義している。 安楽死に至る方法として、積極的安楽死(英語: positive euthanasia , active euthanasia)と、消極的安楽死(英語: negative euthanasia , passive euthanasia)の二種類がある。安楽死の別表現として、尊厳死(英語: dignified death , death with dignity)という言葉がある。 これは、積極的安楽死と消極的安楽死の両方を表現する場合と、安楽死を本人の事前の希望に限定して尊厳死と表現する場合があるが、世界保健機関、世界医師会、国際連合人権理事会、国家の法律、医療行政機関、医師会などの公的な機関による、明確または統一的な定義は確認されていない。 (安楽死 – Wikipedia)

Euthanasia (from Greek: εὐθανασία; “good death”: εὖ, eu; “well” or “good” – θάνατος, thanatos; “death”) is the practice of intentionally ending a life to relieve pain and suffering. Different countries have different euthanasia laws. The British House of Lords Select Committee on Medical Ethics defines euthanasia as “a deliberate intervention undertaken with the express intention of ending a life, to relieve intractable suffering”. In the Netherlands and Belgium, euthanasia is understood as “termination of life by a doctor at the request of a patient”. The Dutch law however, does not use the term ‘euthanasia’ but includes the concept under the broader definition of “assisted suicide and termination of life on request”. (Euthanasia – Wikipedia)

関連動画

「ふさわしい時に死を選ぶ自由を」 104歳で自死の科学者 – YouTube

関連サイト

NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」 – NHKドキュメンタリー

「真夜中5分前」の安楽死 認知症にのまれる前に – BBCニュース

関連エントリ

安楽死 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Euthanasia の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

びほろ「まち育」出前講座の新着情報 (北海道美幌町)

800px-Its_all_about_love.jpg

びほろ「まち育」出前講座の新着情報 (北海道美幌町)

「まち育」出前講座とは / この出前講座は、町の職員が皆さんの集会や会合などに出向いて、役場の仕事や制度、さらには皆さんの暮らしに密着したものなどをテーマとしてご説明や実技指導をさせていただきます。お気軽にお申し込みください。 多くの皆さんのご利用をお待ちしております。

関連記事

びほろ「まち育」出前講座 2019年3月28日
新着情報 「まち育」出前講座のメニューに、次の9講座を追加しました。 地域包括支援センターって何をしてくれるところ? / 『ずんどこ体操』を一緒に踊って体を動かしましょう! / 介護保険制度について詳しく知ろう / 知っておきたい認知症のこと / 住み慣れた地域で自分らしい生活を過ごすためには / 高齢者の権利を守る!~高齢者の権利擁護について~ / 健康と生きがいを取り戻そう!シルバー人材センターとは? / 出前お話会(こども・青少年・教育分野) / 出前お話会(健康・福祉分野) ※講座の内容等につきましては、下記「まち育」出前講座メニュー表をご覧ください。 お問い合わせ / まちづくりグループ 政策担当(内線223・299) 電話:0152-73-1111 (びほろ「まち育」出前講座 | 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町「まち育」出前講座実施要綱

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

びほろ「まち育」出前講座 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る