裸足のイサドラ の検索結果: 3 件

STAY HOME(ステイホーム)の応援歌 おまけのエール


STAY HOME(ステイホーム)の応援歌 おまけのエール

関連記事

イザドラ・ダンカン アメリカ合衆国のダンサー、振付家 / イザドラ・ダンカン(Isadora Duncan, 1877年5月26日- 1927年9月14日)は、20世紀を代表するアメリカのダンサー。モダンダンスの祖でもあった。 (イザドラ・ダンカン – Wikipedia)

安藤 まり子(あんどう まりこ、1929年(昭和4年)2月2日 – )は、日本の歌手。所属事務所はミュージックオフィス合田。 北海道北見市出身。1945年(昭和20年)、終戦の年に上京し、武蔵野音楽学校(現・武蔵野音楽大学)卒業。 (安藤まり子 – Wikipedia)

関連サイト

毬藻の歌 – 二木絃三のうた物語

関連エントリ

裸足のイサドラ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

毬藻の唄 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イサドラの伝記映画「裸足のイサドラ」(映画音楽)

1209969133.jpg

387px-Isadora_Duncan.jpg

イサドラの伝記映画「裸足のイサドラ」(映画音楽) / 1972年(昭和47年)、国立療養所美幌病院(北海道美幌町)慰問演奏会開催。小林啓一郎指揮 クシロマンドリンクラブ(北海道釧路市)。美幌ギター愛好会(美幌マンドリンクラブ、美幌ギター・マンドリン協会、オホーツクマンドリンアンサンブル)。

関連記事

イサドラ・ダンカン(Isadora Duncan, 1877年5月26日- 1927年9月14日)は、20世紀を代表するアメリカのダンサー。モダンダンスの祖でもあった。 生涯 / サンフランシスコで生まれる。イサドラの両親はアイルランド人で、音楽教師であった母親から音楽の基礎教育を受けた。早くから古典舞踊を学んだが、その慣習的な動きに満足できず自分自身の創作する自由な舞踊を考えた。アメリカでダンスの仕事を少しした後、ヨーロッパに渡った。フランソワ・デルサルトに強く影響を受け、また古代ギリシャの壷やパルテノンの壁画などから感化を受けており、当時のギリシャ・リバイバルの波に乗り新しいダンスを生み出した。衣装もギリシャ風のチュニックを用い、靴を用いず裸足で踊った。 ドイツのベルリンとフランスのパリ、そしてロシア革命後のモスクワにダンス学校を創立、20世紀のダンス、舞踊だけでなく身体表現の形そのものを変革したといわれ、「裸足のイサドラ」のあだ名で呼ばれた。 しかし、1927年9月14日にフランスのニース近郊で首にまいたスカーフが自動車の車輪に巻き込まれ、イサドラは転倒して惨死した。享年49歳。イサドラの遺体は荼毘に付され、遺灰がパリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。 イサドラの舞踊は即興的な面が多く一定の理論を持たなかったため、その死と共に途絶えたが近代舞踊に多大な影響を与えた事は高く評価されている[2]。また、イサドラは大のカメラ嫌いとしても知られ、イサドラの舞踊を記録した動画映像は屋外で隠し撮りされたものが一つ存在するのみである。この映像は1995年3月25日に「映像の世紀第1集 20世紀の幕開け カメラは歴史の断片をとらえ始めた」で放送された。 1968年にはヴァネッサ・レッドグレイヴ主演でイサドラの伝記映画『裸足のイサドラ』が制作された。(Wikipedia ー イサドラ・ダンカン

『イサドラ』(Isadora)は、1976年に初演された全1幕のバレエ作品である。振付はモーリス・ベジャール、音楽はフレデリック・ショパン、ヨハネス・ブラームス、フランツ・リスト、フランツ・シューベルト、アレクサンドル・スクリャービンなど(バベッタ・クーパー選曲)、主演はマイヤ・プリセツカヤによる。20世紀前期を代表するダンサーで舞踊の変革者・モダンダンスの祖といわれるイサドラ・ダンカン(1877年5月26日 – 1927年9月14日)へのオマージュ作品である。(Wikipedia ー イサドラ

音楽動画

波乱の人生を歩んだダンサー「イサドラ・ダンカン」は踊りの際にクツを履かなかったことから「裸足のイサドラ」の異名を持ち、そして美しいプロポーションでのエロティック­なダンスは異様な迫力をもって観客を魅了したとの伝説が残されています。そのイサドラ役にはバネッサ・レッドグレイヴが当たりました。音楽担当はモーリス・ジャール。ここ­では、ドイツのバイオリニスト「ヘルムート・ツァハリアス」の演奏でお楽しみください。

Helmut Zacharias 映画「裸足のイサドラ」 Isadora(natumelow

Isadora – Paul Mauriat ポール・モーリアのイサドラ(:ovoushka

Isadora Duncan(stormieweather21)

関連エントリ

裸足のイサドラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

イサドラ・ダンカン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Isadora Duncan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

映画音楽 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌ギター愛好会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌マンドリンクラブ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌ギターマンドリン協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクマンドリンアンサンブル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イサドラ・ダンカン(Isadora Duncan, モダンダンスの母)

1209969133.jpg

387px-Isadora_Duncan.jpg

546px-AX_Isadora_Duncan_Tomb_crop.jpg

今日は、母の日(日本)。20世紀を代表するアメリカのダンサーで「モダンダンスの母」といわれたイサドラ・ダンカン(Isadora Duncan,)を思い出しました。

映画音楽「裸足のイサドラ」との最初の出会いは、国立療養所美幌病院の講堂でした。慰問演奏会(1972)釧路マンドリンクラブ「毬藻の唄」「裸足のイサドラ」 美幌ギタークラブ「白鳥の湖」「太陽がいっぱい」。

写真: イサドラ・ダンカン(1877年5月26日- 1927年9月14日) イサドラ・ダンカンの墓(ペール・ラシェーズ墓地

イサドラ・ダンカン(Isadora Duncan, モダンダンスの母) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る