自殺 の検索結果: 25 件

台湾の女性小説家・作家 三毛 (忘年の恋)

台湾の女性小説家・作家 三毛 (忘年の恋)

関連記事

三毛(サンマオ、San Mao, 1943年3月26日 – 1991年1月4日)は台湾の小説家、作家である。本名は陳懋平(Chen Mao Ping)で、のちに陳平に改名した。筆名の由来については諸説あり、本人も「張楽平の一番有名なマンガである『三毛流浪記』の主人公から取った」、「易経に由来する」、「3毛銭の値打ちしかないという意味」など様々な説明をしている。英語名はEcho。 作品は自伝と紀行から、内観的な小説と漫画雑誌までに及ぶ。 生い立ち / 祖籍は浙江省の定海で、祖父が暮らしていたが、陳懋平は重慶市に生まれ、台北市で育った。 陳懋平は5歳のとき中国の古典である紅楼夢を読んだ。小学校時にはしばしば本を読むために学校をさぼった。時々、先生と争論することもあり、ある時、陳懋平はごみ収集車の運転者になりたいと決めたが、先生は同意しなかった。高校時、長い時間学校に行かないので、弁護士の父は本を持ってきてピアノと絵画の授業をしてくれた。 経歴 / 陳懋平は1965年から1969年まで、哲学を勉強し、中国文化大学の哲学部を卒業した。その当時の初恋が終わった後、スペインに移り住んだ。次の3年間スペインとドイツに勉強して、アメリカのイリノイ州にある法学の図書館に勤めた。婚約者のドイツ人と台湾に移り住んでドイツ語を教え始めたが、婚約者が心臓発作で急死した。この時のショックから逃れるためスペインに戻った。 昔の恋人と1973年に結婚し、一緒に当時スペイン領であった西サハラに移住。その経験は自伝的な『撒哈拉的故事』(『サハラ物語』)を生んだ。この1976年に出版された本は半分紀行、半分日記だった。彼女の異国での結婚生活をもとに描かれた作品は多くの読者を惹きつけた。 台湾だけではなく中国と香港での名声によって、『雨季不再来』(『雨季は二度と来ない』)と呼ばれた第二作めの本は前作より注目を集めた。1979年に夫はダイビング事件で死去。 翌年、台湾に帰国。1981年11月、出版社はもっと多くの作品を創作できるように、中央アメリカと南アメリカに行かせた。1981年から1984年まで、母校の中国文化大学でドイツ語を教えた。 1976年から、亡くなる1991年まで、20冊以上の本を執筆。それ以外に、アルゼンチンの漫画『マファルダ』を中国語に翻訳した。 死 / 1991年47歳のとき、子宮内膜増殖症で入院していたが、絹のストッキングで絞首自殺した。 (三毛 – Wikipedia)

王 洛賓(おう らくひん、中国語: 王洛宾、1913年12月28日 – 1996年3月14日)は北京生まれの中国の音楽家で、特に中国各地の民族歌曲を収集して編曲し、歌詞を中国語に改めて広めたことで知られる。 彼が広めた民族歌曲は現代中国でよく歌われており、日本でも中国語を通していくつか知られている。 草原情歌 (新疆・カザフ族) 康定情歌 (四川省、チベット族) 青春舞曲 (新疆・ウイグル族) 阿拉木汗 (アラムハン、新疆・ウイグル族) 達坂城的姑娘 (新疆・ウイグル族) (王洛賓 – Wikipedia)

三毛(英语:Echo,1943年3月26日-1991年1月4日),原名陳懋平,後來因為厭倦寫懋字而自己改名為陳平,臺灣著名作家。出生於重慶,成長於臺北市,曾先後就讀於臺北中國文化學院哲學系、西班牙馬德里大學文哲學院、德國歌德語文學院,是臺灣1970至1980年代的著名作家。1970年代以其在撒哈拉沙漠的生活及見聞為背景,以幽默的文筆發表充滿異國風情的散文作品因而成名,其讀者遍佈全世界的華人社群。白先勇認為「三毛創造了一個充滿傳奇色彩瑰麗的浪漫世界;裡面有大起大落生死相許的愛情故事,引人入勝不可思議的異國情調,非洲沙漠的馳騁,拉丁美洲原始森林的探幽——這些常人所不能及的人生經驗造就了海峽兩岸的青春偶像。」三毛於1991年住院時逝世。三毛在中國“新中國60年最有影響力文化人物網路評選”活動中文學類排名第十,總人氣榜排名第三十五。 (三毛 (作家)- 维基百科,自由的百科全书)

王洛宾 中国作曲家和民族音乐学家 / 王洛宾(1913年12月28日-1996年3月14日),出生于北京,原名王荣庭,字洛宾,曾用名艾依尼丁,中国作曲家和民族音乐学家。 主要作品 / 王洛宾搜集整理和编写了700多首西北地区的民歌,先后出版过8部歌曲,使得中国西部民歌发扬全中国,乃至世界各地, 其中主要作品有: 《在那遥远的地方》 《达坂城的姑娘》 《半个月亮爬上来》!《掀起你的盖头来》 《阿拉木汗》 《在银色的月光下》改編塔塔爾族民歌。源自19世纪中后期俄羅斯民歌《Над серебряной рекой》 《青春舞曲》 《可爱的一朵玫瑰花》 《永隔一江水》 (王洛宾 – Wikipedia

関連サイト

人の心を信じること・・・ – 東京流行通訊 (姚遠)

人间自有真情在 – 东京流行通讯 (姚遠)

関連エントリ

三毛 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

王洛賓 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

王洛宾 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

いのちの電話 フリーダイヤル週間 (日本)

448px-Noah_mosaic.jpg

いのちの電話 フリーダイヤル週間 (日本)

関連記事

12月1日~12月7日 「いのちの電話」フリーダイヤル週間 / 「いのちの日」からの一週間。「いのちの電話」は日本いのちの電話連盟加盟の団体が実施している人生相談の電話であり、地域によって電話番号や相談時間が異なるが、この1週間は24時間いつでも代表のフリーダイヤルにかけると相談可能なセンターに転送されるようになる。 (12月の月間・週間・移動記念日 今日は何の日~毎日が記念日~)

「いのちの電話」フリーダイヤル週間(いのちのでんわフリーダイヤルしゅうかん)とは、日本いのちの電話連盟が実施している自殺予防のための活動である。 期間 / 2001年(平成13年)から毎年12月1日から12月7日に実施されている。これはいのちの日である12月1日を起点とする1週間である。 (「いのちの電話」フリーダイヤル週間 – Wikipedia)

関連サイト

日本いのちの電話連盟

関連エントリ

いのちの電話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月10日 世界自殺予防デー (国際デー)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

9月10日 世界自殺予防デー (国際デー)

シャボン玉 こわれて消えたら また飛ばそう (希望ひとつで生きるのさ)

関連記事

記念日 9月10日 / 世界自殺予防デー 2003年に世界保健機関(WHO)と国際自殺防止協会がストックホルムで開催した世界自殺防止会議で制定。世界自殺防止会議の初日。 (9月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

9月10日 記念日・年中行事 / 世界自殺予防デー 世界保健機関と国際自殺防止協会が2003年にスウェーデンのストックホルムで開催された世界自殺防止会議で、会議初日の9月10日を「第1回世界自殺防止の日」として制定した。自殺に対する注意・関心を喚起し、自殺防止のための行動を促進するのが目的。 (9月10日 – Wikipedia)

世界自殺予防デー(せかいじさつよぼうデー、英: World Suicide Prevention Day)は、世界保健機関 (WHO)が制定した、国際デーである。概要 / 世界自殺予防デーは9月10日と定められている。2003年にWHOと国際自殺予防学会(IASP)が共同で開催された世界自殺防止会議(スウェーデン・ストックホルム)の初日に『自殺に対する注意・関心を喚起し、自殺防止のための行動を促進するのが目的』として制定された。2013年は、『スティグマ:不名誉のそしりこそが自殺防止の隔たり』をテーマに、支援を必要とする人の関する無知や偏見を含むスティグマの払拭と自殺の危機にある人に関する医療と福祉の予算不足が取り上げられた。 (世界自殺予防デー – Wikipedia)

自殺(じさつ)とは、自分で自分を殺すこと。自害、自死、自決、自尽、自裁などとも言い、状況や方法で表現を使い分ける場合がある。 (自殺 – Wikipedia)

関連エントリ

世界自殺予防デー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自殺 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月10日~9月16日 自殺予防週関 (日本)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

9月10日~9月16日 自殺予防週関 (日本)

シャボン玉 こわれて消えたら また飛ばそう (希望ひとつで生きるのさ)

関連記事

自殺予防週間(じさつよぼうしゅうかん)とは、自殺について誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発する期間。国や地方公共団体が連携して、毎年9月10日から1週間、啓発活動を強力に推進している。概要 / 2007年6月に閣議決定された「自殺総合対策大綱」において、9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年9月16日までの1週間が自殺予防週間として設定された。日本での自殺者数は1998年に3万人を越え、現在もその水準が続いている。欧米の先進諸国と比較しても高い水準にある。今後はさらに、高齢化・核家族化が一層進行することでの老々介護による介護・看病疲れ等が課題となっている。あわせて、国民に自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発し偏見をなくしていくとともに、命の大切さや自殺の危険を示すサイン、また危険に気づいたときの対応方法等について国民の理解の促進を図ることを目的とする。 (自殺予防週間 – Wikipedia)

自殺(じさつ)とは、自分で自分を殺すこと。自害、自死、自決、自尽、自裁などとも言い、状況や方法で表現を使い分ける場合がある。 (自殺 – Wikipedia)

関連エントリ

自殺予防週間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自殺 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

自死遺族による「わかちあいの会 With(ウィズ)」(北海道網走市)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

自死遺族による「わかちあいの会 With(ウィズ)」(北海道網走市)

関連記事

亡くされた悩み ひとりで抱えずに 網走で自死遺族 わかちあいの会 / 網走市保健センターに事務局を置く、自死遺族による〔わかちあいの会 With(ウィズ)〕は、「大切な方を失った人にしかわからない心の体験を語る場です。悩みや不安があれば気軽に相談してください」と呼びかけている。問い合わせは同保健センター(TEL 0152-43-8450)へ。悩み、不安などに応じる専用アドレスはabashiri.with@city.abashiri.hokkaido.jp

自殺(じさつ)とは、自分で自分を殺すこと[2]。自害、自死、自決、自尽、自裁などとも言い、状況や方法で表現を使い分ける場合がある。(自殺 – Wikipedia

関連サイト

自死遺族のための「わかちあいの会With(ウィズ)」のご案内 – 網走市役所

網走市保健センター|庁舎・公共施設の案内|網走市 – 網走市役所

北海道バリアフリーマップ 網走市

関連エントリ

9月10日の世界自殺予防デー (World Suicide Prevention Day) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

わかちあいの会 With(ウィズ) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

自殺 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

温かな会話で心のケア「対話カフェ」

399px-Snowman-20100106.jpg

温かな会話で心のケア「対話カフェ」

関連記事

11、18日・精神対話士が悩み相談 網走市総合福祉センターで
「対話カフェ」で癒されませんか 温かな会話で心のケア
3月は「生きる支援強化月間」。対人関係で落ち込んでいる人などを対象に、心のケアを受けて心配ごと解消を-と無料相談の「対話カフェ」が11、18日(日)各午後1時~4時、網走市総合福祉センターで開かれる。全国42カ所で開催し、管内は網走が唯一の会場。専門資格の「精神対話士」が自殺予防を含め、よりよい生活が送れるよう精神的支援を行う。1対1の対話で、守秘義務に万全を期す。対象年齢は問わず、学校生活や職場で精神的ストレスを感じている人、介護で疲れた人など病気や生活、仕事、人間関係に関するどんな悩みでも構わない。対話カフェは昨年3月、管内で初開催された新たな取り組み。心をいやす1人1時間程度の温かな会話が特徴。当日参加もOK。(2018年3月7日の記事 経済の伝書鳩

アウトリーチ(名詞:Outreach、英語の動詞では、Reach Out)とは、英語で手を伸ばすことを意味する。福祉などの分野における地域社会への奉仕活動、公共機関の現場出張サービスなどの意味で多用される。(アウトリーチ – Wikipedia

関連サイト

精神対話士 – メンタルケア協会

精神対話士による全国「対話カフェ」34会場で開催< お知らせ||ニュース・報道・日本精神対話学会|メンタルケア資格、精神対話士の一般財団法人メンタルケア協会

網走市総合福祉センター|庁舎・公共施設の案内|網走市 – 網走市役所

北海道バリアフリーマップ 網走市 | 保健福祉部福祉局地域福祉課

関連エントリ

アウトリーチ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

自殺予防 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

対話カフェ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

精神対話士 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

老いらくの恋~シルバーラブの日(11月30日)

800px-Its_all_about_love.jpg

老いらくの恋~シルバーラブの日(11月30日)

若き日の恋は、はにかみて おもて赤らめ、壮子時の 四十歳の恋は、世の中に かれこれ心配れども、墓場に近き老いらくの 恋は、怖るる何ものもなし。(川田順)

「樫の実の ひとり者にて 終らむと 思へるときに 君現はれぬ」(川田順)
「はしたなき世の人言をくやしともかなしともなしと思へしが悔なし」(鈴鹿俊子)

「たまきはる 命うれしも これの世に 再び生きて 君が声を聴く」(川田順)
「何一つ 成し遂げざりし われながら 君を思ふは つひに貫く」(川田順)

シルバーラブの日
1948(昭和23)年のこの日、歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出した。当時、川田順は68歳で、3年前から続いていた教授夫人との恋の行く末を悲観して、死を覚悟しての行動だったが、養子に連れ戻された。その後2人は結婚した。 川田が詠んだ墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなしから「老いらくの恋」が流行語になった。(11月30日 今日は何の日~毎日が記念日~)

川田順
川田 順(かわだ じゅん、1882年(明治15年)1月15日1966年(昭和41年)1月22日)は、歌人、実業家。 1939年、和子夫人を脳溢血で亡くす。1944年から、元京都帝国大学経済学部教授・中川与之助夫人で歌人の鈴鹿俊子(中川夫妻は既に3子をもうけていた)の作歌指導にあたる。川田と中川は旧知の間柄であったが、俊子に「新古今集」研究の手伝い等をつとめてもらう中で、川田と俊子の交際は人目を忍ぶ仲へと発展、俊子との仲は中川の知るところともなる。川田は俊子との別れを中川に誓うが、結局逢瀬に再び身をやつすこととなり、1948年8月、中川夫妻は離婚に至る。しかし川田は自責の念に苛まれたことなどから、同年11月30日に家出、12月1日に亡妻の墓前で自殺を図った。一命をとりとめたが、川田が家出の際に谷崎潤一郎たち友人に宛てて遺書を、新聞社に告白録などをそれぞれ送っていたことから、自殺未遂の顛末が報道され、俊子との交際が公になり、いわゆる“老いらくの恋”として騒がれることとなる。翌49年に川田は俊子と結婚、再婚後は京都から神奈川県に転居、俊子の2人の子を引き取って同居生活を送った。(川田順 ー Wikipedia)

鈴鹿俊子
鈴鹿 俊子(すずか としこ、1909年9月18日 – 2008年2月20日)は、日本の歌人、随筆家。川田順の妻。本名・川田俊子。 京都生まれ。同志社女子専門学校(のち同志社女子大学)中退。京都帝国大学教授(経済学者)中川与之助と結婚。1942年「ハハキギ」に入会。1944年から川田順に師事するが恋となり、1948年川田は苦しんで自殺未遂を起こし「老いらくの恋」として世間を騒がせるが、中川が離婚を承諾し、1949年結婚。女人短歌会会員。(鈴鹿俊子 ー Wikipedia)

関連記事

今日(11月30日)は、シルバーラブ(老いらくの恋)の日
http://masaokato.jp/2011/11/30/001242

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年4月2日

ET_Moon.jpg

004.jpg

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年4月2日
Canada-Japan Times (e-nikka) Mail News April 2, 2015

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年4月2日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年1月15日

399px-Snowman-20100106.jpg

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年1月15日
Canada-Japan Times (e-nikka) Mail News January 15, 2015

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年1月15日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

救急救命士の処置範囲が拡大されます! (美幌 消防署)

140px-Star_of_life2_svg.png

bi_bo.jpg

救急救命士の処置範囲が拡大されます!(美幌消防署)
Treatment range of EMTs will be magnified! (Bihoro fire department)

救急救命士の処置範囲が拡大されます! (美幌 消防署) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る