聖母マリア の検索結果: 6 件

Lady Day 3月25日 聖母マリアの受胎告知の日

450px-Harvest_moon.jpg

Lady Day 3月25日 聖母マリアの受胎告知の日

関連記事

聖母マリアの受胎告知の祝日(Lady day) / 天使ガブリエルが聖母マリアに救世主(メシア)の母となることを告げた受胎告知の日。(3月25日 今日は何の日~毎日が記念日~

聖母マリアお告げの祝日(キリスト教) / 受胎告知の日。(3月25日 – Wikipedia

受胎告知(じゅたいこくち)とは、キリスト教の聖典である新約聖書に書かれているエピソードの1つ。聖告(せいこく)、処女聖マリアのお告げ、生神女福音(しょうしんじょふくいん)とも言う。一般に、処女マリアに天使のガブリエルが降り、マリアが聖霊によってキリストを妊娠したことを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事である。マリア崇敬の思想を背景として、キリスト教文化圏の芸術作品の中で繰り返し用いられるモチーフでもある。これを記念する祭日は東方に始まり、中世に西方につたわった。現在もカトリック教会などでは3月25日、東方教会では4月7日を祭日としている。カトリック教会では「お告げの祭日」と呼ぶ。正教会では「生神女福音祭」とし、十二大祭のひとつである。(受胎告知 – Wikipedia

In the western liturgical year, Lady Day is the traditional name in some English speaking countries of the Feast of the Annunciation (25 March), known in the 1549 Prayer Book of Edward VI and the 1667 Book of Common Prayer as “The Annunciation of the (Blessed) Virgin Mary” but more accurately (as currently in the 1997 Calendar of the Church of England) termed “The Annunciation of our Lord to the Blessed Virgin Mary”. It is the first of the four traditional English quarter days. The “Lady” is the Virgin Mary. The term derives from Middle English, when some nouns lost their genitive inflections. “Lady” would later gain an -s genitive ending, and therefore the name means “Lady’s day”. (Lady Day – Wikipedia

聖母マリア(せいぼマリア、ヘブライ語: מִרְיָם‎, Miryām, アラム語: ܡܪܝܡ‎, Maryām, ギリシア語: Μαρία, María)は、イエス・キリスト(ナザレのイエス)の母、ナザレのヨセフの妻。ヨアキムとアンナの娘とされている。「聖母(せいぼ)」はカトリック教会、聖公会で最も一般的な称号である。おとめマリア、処女マリア、神の母マリアとも。正教会の一員である日本ハリストス正教会では生神女マリヤ(しょうしんじょマリヤ)の表現が多用される。全教派に共通する概説 / 日本語以外では、英語: Holy Mother(聖母)よりむしろthe Virgin Mary(処女マリア・童女マリア)、Saint Mary(聖女マリア)、Our Lady(我らが貴婦人)などと呼ぶことが多い。フランスのノートルダム大聖堂のNotre Dame(ノートルダム)もフランス語で「我らが貴婦人」という意味である。他にもスペイン語: Madre de Dios(神の母)やLa Virgen(聖処女)という表現もある。ギリシア語: Θεοτόκος・ロシア語: Богородицаは「神を生みし者」である。なお、漢語としての「聖母」は人格の優れた尊崇される人の母を意味し、また、漢文においては人徳を極めた女性に対する敬称である。(聖母マリア – Wikipedia

関連エントリ

img_history30_03.jpg

聖母マリア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

受胎告知 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Lady Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

春の訪れ (音楽)

450px-Harvest_moon.jpg

春の訪れ (音楽)
Coming of spring (music)

春の訪れ (音楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ウィーン少年合唱団 コンサート情報 (2014)

Palais_Augarten_Vienna.jpg

札幌にあるオフィス・ワン(office ONE)から 最新情報のメールが送られてきました。

ウィーン少年合唱団コンサート
2014年5月15日(木)
札幌コンサートホール Kitara

ウィーン少年合唱団 コンサート情報 (2014) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

カジュアルのクラシックスコンサート(びほーるで)

Gcaccini.jpg

Vvavilov1971.jpg

ジュリオ・カッチーニ(Каччини, Джулио) – Wikipedia
“カッチーニのアヴェ・マリア”実際には1970年頃ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov 1925-73)によって作曲された歌曲である

ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Вавилов, Владимир Фёдорович) – Wikipedia
《カッチーニのアヴェ・マリア》ヴァヴィロフ自身は作者不詳としていたが、いつの間にかジュリオ・カッチーニ作として定着した。

カジュアルのクラシックスコンサート(びほーるで) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

聖母マリア誕生の祝日(音楽)

800px-French_marigold_Tagetes_patula.jpg

今日(9月8日)は、聖母マリア(BC30頃-?)(イエス・キリストの母)が誕生したとされる日。アヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。

写真: マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)
音楽: アヴェ・マリア(哀悼: 3月11日、9月11日)

聖母マリア誕生の祝日(音楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」

Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

800px-Rosa_Ave_Maria_1.jpg

481PX-~1.JPG

Ikemy(池宮英夫)の12月ニュースレター「新曲Upのお知らせ」: 日本と世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご案内します。

上の写真は、Franz Schubert(フランツ・シューベルト)、Rose ‘Ave Maria’(薔薇アヴェ・マリア)、Virgin Mary(聖母マリア)。

シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る