美幌町図書館 の検索結果: 27 件

休館中の電話予約貸出サービスのお知らせ (北海道美幌町図書館)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

休館中の電話予約貸出サービスのお知らせ (北海道美幌町図書館)

関連記事

登録利用者に電話予約貸し出し開始 2020/05/18掲載(美幌町/文化) 美幌町図書館 休館中も「本を」 / 司書おすすめセットも / 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館している美幌町図書館は12日から、休館中の対応として電話予約貸し出しサービスを始めた。 休館中でも〝密〟を避けて図書を利用してもらおうと始めた。貸し出しできるのは図書館の蔵書で、1人5冊まで。蔵書は図書館のホームページから検索できる。 利用できるのは図書館の利用者登録をしている人。予約は火~日曜日の午前9時~正午に受け付ける。受け渡しは午後1~5時に図書館玄関で行う。受け渡し日時は混雑を避けるため、希望に沿えない場合がある。 返却は再開予定日の6月2日から12日までに行えばよい。再開前でもブックポストへ返却した場合は再度、図書を借りることができる。 サービス開始に合わせ、図書館司書が「おすすめ本セット」も選定。多くが3冊のセットで、脳トレや動物写真集、運動不足解消、芥川賞受賞作など、乳幼児、子ども向けを含めてさまざまなセットがある。 申し込みなどは図書館(0152・73・3016)へ。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

休館中の電話予約貸出サービスのお知らせ – 美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

美幌町図書館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町図書館の特集コーナー「自分を守る健康づくり」

美幌町図書館の特集コーナー「自分を守る健康づくり」

関連記事

美幌町図書館がコーナー開設 2020/02/25掲載(美幌町/文化) 自分を守る健康づくり / 予防・対策を中心に / 美幌町図書館は、ウイルス予防やマスクの作り方などの本を集めた特集コーナー「自分を守る健康づくり」を館内に設けた。インフルエンザやノロウイルスなど感染症の予防や対策が書かれた本を中心に、司書が選定した40冊ほどを並べた。新型コロナウイルスの影響で品薄になっているマスクの作り方が記された手芸関連の本や、「不調のときに食べたいごはん」など健康維持に役立つ食事を紹介する本も並んでいる。せきエチケットや手洗いの励行も合わせて呼びかけている。展示している本は貸し出しに応じる。コーナーの開設は3月13日までの予定。問い合わせは図書館(0152・73・3016)へ。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

美幌町図書館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町東北復興支援プロジェクトチームについて

美幌町東北復興支援プロジェクトチームについて

関連記事

黄色いハンカチにメッセージ寄せて 2020/02/22掲載(その他/社会) 宮城県山元町を応援 / 東日本大震災で被災した宮城県山元町に掲げられる黄色いハンカチに応援メッセージを書き込むコーナーが、美幌町図書館1階に設けられている。美幌町東北復興支援PT 図書館にコーナー / 山元町は震災で600人以上が犠牲になった。震災後、復興支援への感謝の気持ちや、復興に向けて頑張っていることを発信しようと、メッセージを書いた黄色いハンカチを掲げるイベント「やまもと幸せの黄色いハンカチプロジェクト」が開かれている。美幌町は2012年度と13年度の2年間、町職員(58)を復興支援で派遣した縁で、イベントに合わせて毎年、ハンカチを届けている。図書館のコーナーは、美幌町民有志でつくる「美幌町東北復興支援プロジェクトチーム」が図書館の協力で開設。黄色いハンカチと油性ペンを用意している。開設は3月1日まで。チームでは持ち込みも歓迎している。個人は30㌢角の黄色いハンカチ、複数で書き込む場合は1㍍ほどの黄色い布にメッセージを書くよう協力を求めている。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

宮城県山元町 幸せの黄色いハンカチ (北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

東北復興支援 プロジェクトチーム (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町東北復興支援プロジェクトチーム の検索結果 – 美幌音楽人加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町図書館の冊子「赤ちゃんと絵本を楽しもう」

toshokan.jpg

北海道美幌町図書館の冊子「赤ちゃんと絵本を楽しもう」

関連記事

美幌町図書館が冊子作成 2019/05/25掲載(美幌町/社会)
「赤ちゃんと絵本を楽しもう」 / 司書が選んだテーマ別のおすすめを写真入りで ブックスタート事業で絵本とともに配布へ / 美幌町図書館は、冊子「赤ちゃんと絵本を楽しもう」を作成した。乳幼児におすすめの絵本や、読み聞かせのアドバイスなどを掲載。10カ月健診時に実施する「ブックスタート」で、絵本などとともに配布している。 冊子はA5判18ページで、絵本を選ぶコツや読み聞かせ方などよくある質問をQ&A方式で紹介。「くりかえしをたのしむ」「リズムにのって」など7つのテーマ別に図書館司書が4冊ずつを選んだおすすめの絵本を表紙の写真入りで掲載した。 図書館1階にある絵本コーナー「えほんひろば」や、図書館で定期的に開かれるおはなし会「えほんとあそぼ!」なども紹介した。 これまでは同様の内容を印刷した紙を配布していたが、何度も開いて役立ててもらいたいと冊子にした。 図書館は2004年度にブックスタート事業を開始。12年には小学1年生を対象に「ブックセカンド(現・ブックサード)」、16年には3歳児を対象に「ブックセカンド」としてそれぞれ絵本を贈るなど、絵本を楽しむきっかけづくりに力を注いでいる。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

子ども未来絵本036事業 / 子ども未来絵本036事業とは? 近年、テレビやインターネットなど情報媒体の発展により、子どもたちの生活環境も大きく変化し、活字離れや読書離れが危惧されるなか、平成16年度から10カ月健診時にブックスタート事業を実施しており、平成24年度からは小学1年生を対象に、絵本をプレゼントする元ブックセカンド事業(現ブックサード)を実施してきました。 平成28年度より10カ月児と小学1年生の間の3歳児健診時に、幼少期からの家庭内における読書環境を切れ目無く後押しすることにより、美幌町の子育て支援と将来の子どもたちの学力向上の底上げにつなげていくことを目的としたブックセカンド事業を取り組み始めました。 この3つを合わせて、子ども未来絵本036事業と総称しています。 各事業については、それぞれのページをご覧下さい。 各事業については、それぞれのページをご覧下さい。 ブックスタート(10か月児) ブックセカンド(3歳児) ブックサード(6歳児) (美幌町図書館 子ども未来絵本036事業 | 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町図書館 ブックスタート | 美幌町のホームページ

美幌町図書館 ブックセカンド | 美幌町のホームページ

美幌町図書館 ブックサード | 美幌町のホームページ

美幌町図書館 | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町図書館

関連エントリ

美幌町図書館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Bihoro Public Library の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

宮城県山元町 幸せの黄色いハンカチ (北海道美幌町)

300px-The_Yellow_Handkerchief_at_yubari.JPG

宮城県山元町 幸せの黄色いハンカチ (北海道美幌町)

関連記事

宮城県山元町に黄色いハンカチを 2019/02/22掲載(美幌町/文化) 美幌町図書館にコーナー / 東日本大震災被災地の宮城県山元町にメッセージ入りの黄色いハンカチを贈るためのコーナーが、美幌町図書館に設けられている。 山元町は震災の津波などで600人以上が犠牲になるなど大きな被害を受けた。 黄色いハンカチは、復興に向けて元気に頑張る姿を全国に発信したいと、山元の住民が「やまもと幸せの黄色いハンカチプロジェクト」と題して毎年3月にたなびかせている。 美幌は平成24、25年度に町職員を派遣した縁があり、職員らでつくる「美幌町東北復興支援プロジェクトチーム」が毎年、美幌町民からメッセージを募ってハンカチを届けている。 図書館のコーナーには、30センチ角のハンカチを用意し、訪れた人が自由にメッセージを書き込める。すでに多くの町民が「頑張れ」などと激励のメッセージを書いている。宮城県や福島県などの復興の足跡が記された資料ファイルも閲覧できる。 コーナーは28日まで開設。プロジェクトチームは個人、団体からメッセージを受け付けている。現地に飾るため、個人は30センチ角の黄色いハンカチ、団体は1メートル角の黄色い布を使うよう協力を求めている。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町図書館ホームページ

山元町ホームページ

関連エントリ

山元町 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年12月 美幌町図書館 (北海道 美幌町)

img_history30_03.jpg

2018年12月 美幌町図書館 (北海道 美幌町)

関連記事

美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。 (美幌町 -[Wikipedia)

関連サイト

館長から一言 | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌町図書館

美幌町びほろちょうBihoro Town | 美幌町

関連エントリ

日本人最初のイコン画家 山下りん(Yamashita Rin) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町図書館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Bihoro Public Library の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町 美幌町図書館 (2018年11月)

toshokan.jpg

北海道美幌町 美幌町図書館 (2018年11月)

関連記事

美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。 (美幌町 -[Wikipedia)

関連サイト

館長から一言 | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌町図書館

美幌町図書館 | 美幌町

関連エントリ

美幌町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Bihoro Public Library の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町図書館の新ホームページについて

toshokan.jpg

美幌町図書館の新ホームページについて

関連記事

当ホームページ終了と新ホームページのご案内 / 日頃よりご利用いただきまして、誠にありがとうございます。急ではございますが、システムの変更により、こちらの美幌町図書館ホームページは5月31日で終了致します。新 美幌町図書館ホームページは、下記のアドレスで公開しておりますので、ブックマークなどされている場合は、ご変更をお願い致します。《 新 美幌町図書館ホームページアドレス http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/library/ 》※なお、こちらのページは6月以降、新 美幌町図書館ホームページご案内のみの画面となります。(美幌町図書館

関連サイト

美幌図書館 | 美幌町

旧 美幌町図書館ホームページ

関連エントリ

美幌町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Bihoro Public Library の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Library の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

2009.02.01_2.jpg

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

関連記事

美幌町図書館の お知らせ / 平成30年度お楽しみ文学館上映予定 / お楽しみ文学館は、毎月第2金曜日 午後1時30分(13:30)より上映開始です。※上映内容は新規購入などにより変更することがあります。5月11日「くちびるに歌を」出演 / 新垣結衣 木村文乃 他 上映時間 / 132分 終了時間 / 15:42。(お知らせ ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の カレンダー 2018年5月 / 11日 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」13:30〜15:42。(カレンダー 2018年5月 ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の 行事予定 2018年5月 / 5月の行事 / 11日(金) 13:30〜15:42 2階 視聴覚室 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」(132分) 故郷である長崎県五島列島へ、代理の音楽教師として戻ったユリ。いやいや合唱部の顧問になった彼女は、15歳の生徒たちが悩みを抱え、合唱に救いを求めていたことを知る。そして、生徒たちに向き合うようになるが…。監督:三木孝浩 出演:新垣結衣、木村文乃 他。(今月の行事 ー 美幌町図書館のホームページ

『くちびるに歌を』(くちびるにうたを)は、中田永一の青春小説。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の作者であるアンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとに小説化された。(くちびるに歌を – Wikipedia

関連サイト

美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

お楽しみ文学館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町のボランティア団体について

455px-Chaplin-charlie.jpg

北海道美幌町のボランティア団体について

関連記事

美幌町のボランティア団体 / ボランティア員を募集しています。いま、できることをはじめてみませんか? お気軽にお問い合わせください。美幌町社会福祉協議会 72-1165。役場民生担当 73-1111(内線236)。団体名称 / 魚無川をきれいにする会 / 美幌町フラワーマスター連絡協議会 / 桜の名所を創る会 / 美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌町図書館と歩む会 / 絵本読み聞かせ『いろりの会』 / 美幌出前おはなしの会がらがらどん / 声のふれあいネット / ボランティアまなざし / 生活たすけあいサービス『さくらんぼ』 / 美幌町介護者と共に歩むサフランの会 / ボランティアグリーングループ / たすけあいチーム推進協議会 / くるみ里親会美幌支部 / ハート支援ネットワーク / ナルク美幌からまつ / ボランティアグループふきのとう / 美幌更生保護女性会 / 美幌町赤十字奉仕団 / 美幌手話の会ピポロ / 美幌交通安全母の会。掲載を希望する団体は役場民生担当(73-1111内線236)にご連絡ください。(美幌町のボランティア団体 | 美幌町

ボランティア(英: volunteer)とは、自らの意志により参加した志願兵のこと。反対語は「強制徴募」。奉仕活動をする人のことは「チャリティー」の項目を参照すること。
日本 / 日本独自の意味合い / 「ボランティア」ということばは自発的な無償の奉仕(利他)行為をする人を指して言うことばであるが、それ以外にその「自発的無償行為」自体を指して「ボランティア」と呼ぶこともある。日本では、「ボランティア」ということばの意味は以上であるが、例えば英語圏では「志願兵」、「義勇兵」という意味合いが大きい。ところが日本では「ボランティア」ということばに「義勇兵」、「志願兵」という意味はない。したがって、日本語の「ボランティア」は日常生活や大災害時における自発的な無償の利他行為をする人、あるいはその行為を指すだけのことばとなっている。日本では参加の動機が自由意志であるか否かに関わらず無償の奉仕活動の同義語として用いる場合もある。学校におけるボランティア / 日本では高校受験などに際してボランティア活動を行ったことでその経験が調査書に記載されていると評価点を高くする学校がある。高等学校の場合、上級学校への進学や就職における自己アピールの材料として使われるなど、卒業後の進路内定という「対価」を得るための手段とされる傾向がある。大学など高等教育の課程においても、ボランティアが就職活動でのアピールや単位取得の手段として使われることもある。また、福祉活動を課程の中に組み込むなどして義務化している学校もある。例えば東京都では2007年度から都立の高校で「奉仕の時間」が義務化されることとなった。このケースでは全員1単位以上の履修が卒業するための要件そされているため、自発性に基づく活動ではない。(ボランティア – Wikipedia

有償ボランティア(ゆうしょうボランティア)とは、ボランティア活動をする際に、対価のある場合のボランティアの括り。概要 / 対価の内容は、金銭のほかに、ボランティアをポイントで換算し地域でサービスを受ける際に使える地域通貨(地域マネー)等がある。ボランティアの無償性について / かつてまた、ボランティアという言葉はもともと「volunteer」という英単語であり、それは「志願者、義勇兵、自発的」という意味であり、「無償である」という意味を含まないことから、「有償」「無償」を区別することに意味はない、とする考え方もある。一方、有償ボランティアはボランティアに含まず独立した言葉とした上で、ボランティアと同等に取り扱うとする考え方もある。(有償ボランティア – Wikipedia

学校支援ボランティア(がっこうしえんボランティア)とは、様々な段階の学校において行われるボランティア活動、またはそれを担う人材をいう。この場合、その活動が無償であるか、有償であるかは問われない。学校支援ボランティアの問題点 / ボランティアと教師の連携不足 / ボランティアは、学校の職員とは異なる存在である。そのようなボランティアが持つ外部性が学校の閉鎖性を解消する鍵であることを考えると、そのような違いは重要な特徴である。しかし同時にこの違いは、学校との連携への障害となることもある。例えば、学校では、その多くの情報を職員会議で共有しているが、非職員であるボランティアは会議には参加せず、多くの情報を共有できていない。また学校の守秘義務の問題などから、ボランティアとは共有できない情報も少なくない。これが教員とボランティアの間に大きな溝を生む原因となることがある。ボランティア同士の連携不足 / ボランティアは毎日学校で支援を行っているわけではないため、同じ学校に関与しているからと言ってすべてのボランティア同士顔を合わせるわけでも、その存在を認知しているわけでもない。そのため、ボランティア間の情報共有の機会はあまりなく、活動自体に一貫性がないとも言える。これは学校自体がボランティアの導入は実現したが、それを取りまとめるコーディネーターのような人材を設けてこなかったことに、1つの原因があり、そのような制度の必要性が求められている。単位を伴う学生の活動 / 比較的時間を持て余していると言われる学生であっても、生活の維持、個人的な時間の確保も含めボランティアを行うだけの余裕を感じる者は多くない。その中で、大学側がボランティアに対して単位認定を行ったことは、人材確保の裾野を広げることとなった。しかし同時に、ボランティアが目当てではなく、単位が目当ての学生が学校を支援を行うこととなり、質の低下が言われるようになった。俗に言う「ボランティア公害」の問題である。これは教員免許取得の際に必修単位として組まれた学校支援活動においても見られることである。(学校支援ボランティア – Wikipedia

関連サイト

登録ボランティア団体紹介 | 美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ボランティア団体 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る