美幌博物館 の検索結果: 54 件

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

600px-Cambaroides_japonicus.jpg

がんばれ!美幌高校生: 美幌高校「生活科学科」の生徒たちが特定外来生物ウチダザリガニを使う肥料つくりにトライした。

写真: ウチダザリガニ(外来種) ニホンザリガニ(在来種)
動画: まるごと美幌町(北海道)

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・ザリガニ科に分類される北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。(Wikipedia

日本固有種のザリガニは、他のザリガニ類と区別するためにニホンザリガニあるいはヤマトザリガニとも呼ばれる。川の上流域や山間の湖沼の、水温20度以下の冷たくきれいな水に生息し、巣穴の中にひそむ。おもに広葉樹の落葉を食べる。名称:「ザリガニ」は江戸時代の文献から見られ、漢字表記では現在ではほぼ使われていないが「喇蛄」と書かれる。アイヌ語においても幾つかの呼称があるが、ホロカアムシペ(horkaamuspe)やホロカレイェプ(horkareyep)など「後ずさり」を意味する語源が見られる。(ニホンザリガニ – Wikipedia

オホーツクの自然を守れ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

バンベンの坂本毅さん(オルドスの風)が美幌町に登場!

s-IMG_2197_1__reasonably_small.jpg

DSC09259b3.jpg

beebo1_2.jpg

2月13日、日本と中国内モンゴルでソーシャルビジネスを展開されているバンベン代表の坂本毅さん(JICA・OB、北京和僑会正会員)が美幌町に登場。(ソーシャルビジネスを考える旅 in 北海道

写真: 坂本毅さん、冬景色の美幌峠、美幌町のイメージキャラクター「ビーボちゃん」(ゆるキャラ)

バンベンの坂本毅さん(オルドスの風)が美幌町に登場! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ソーシャルビジネスを考える旅IN北海道

img_1437311_61624847_0.jpg

s-IMG_2197_1_.jpg

580527783c5cdbab5b0e47a70dfc5d3c.jpg

北京和僑会の正会員である坂本毅さん(九州・福岡県の福津市)から『バンベンのオルドスの風』通信2月号が送られてきました。北海道和僑会(札幌)、十勝エリア及びオホーツクエリアの皆様にお知らせします。

写真:和僑総会、坂本毅さん、講演チラシ。

和僑会に関するブログGoogle) 和僑会のニュースGoogle

ソーシャルビジネスを考える旅IN北海道 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

志賀貢作品集「美幌峠」「幻の美幌峠」の誕生秘話

doctor.jpg

F1000003_3.JPG

F1000001_5.JPG

F1000002_2.JPG

美空ひばりさんの歌「美幌峠」を作詞された志賀貢先生(日本の作家、医学博士)から手紙と音楽CDが送られてきました。志賀貢と美空ひばりのファンの皆様にお知らせします。
志賀貢先生、どうもありがとうございました。

美幌峠(作詞:志賀貢、作曲:岡千秋、歌:美空ひばり)は、1986年(昭和61年)9月1日に日本コロンビアから発売。

美幌峠で逢った女(びほろとうげであったひと、志賀貢著書)は、1986年10月10日に角川文庫から発行。美空ひばりさんが歌った美幌峠と恋港は「美幌峠で逢った女」の挿入詩。美幌町図書館に「美幌峠で逢った女」が保存されている。

美空ひばり 1937年(昭和12年)5月29日生れ – 1989年(平成元年)6月24日死去。北海道の美幌町にある「美幌峠」を歌った。

志賀貢先生から送られてきた音楽CDの中に「美幌峠」と「幻の美幌峠」の誕生秘話が語られている。
(再生ボタンをクリック)

志賀貢作品集「美幌峠」「幻の美幌峠」の誕生秘話 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る