美幌博物館 の検索結果: 54 件

国際博物館の日。記念の行事。(美幌博物館からのお知らせ)

330px-Daumier_galerie_tableaux.jpg

bi_bo.jpg

国際博物館の日
International Museum Day
国際博物館の日(こくさいはくぶつかんのひ)は、国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定した記念日。毎年5月18日。 ここで言う博物館(ミュージアム)とは、博物館のほか美術館・科学館・動植物園・水族館等も含むものである。年ごとに世界共通のテーマが定められ、各国で様々な企画が行われる。 日本では、日本博物館協会を主体として2002年から参加している。(wiki/国際博物館の日

国際博物館の日。記念の行事。(美幌博物館からのお知らせ)

国際博物館の日。記念の行事。(美幌博物館からのお知らせ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会)

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

全国樺太連盟
社団法人全国樺太連盟(ぜんこくからふとれんめい)とは、樺太からの引揚者とその子孫の相互扶助と日本の樺太統治時代を後世に伝承する活動を行なっている社団法人である。(wiki/全国樺太連盟

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会)

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

レッドリストの話題: コガタカワシンジュガイ

Sea_of_Okhotsk_map.jpg

375px-Margaritifera_margaritifera-buiten.jpg

120px-Margaritifera_margaritifera-binnen1.jpg

貝類のレッドリスト
コガタカワシンジュガイの話題。(北海道 美幌町)

レッドリストの話題: コガタカワシンジュガイ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

月刊情報誌 「グリーンレター」(美幌博物館)

2510.jpg

2511_2.jpg

bi_bo.jpg

月刊情報誌 「グリーンレター」(美幌博物館)
Monthly information magazine “Green Letter” (Bihoro Museum)

月刊情報誌 「グリーンレター」(美幌博物館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オルドスの風通信2013年10月号(BanBenさんから)

705px-China_Inner_Mongolia_Ordos.svg.png

800px-China_topo.jpg

オルドス(モンゴル語:Ордос、中国語:鄂爾多斯 Èěrduōsī、英語:Ordos)は、近世以降にあらわれるモンゴル遊牧民の部族集団。この集団が明代以降、中国の黄河屈曲部(「河套」)に居住したことからこの地域は現在オルドス高原と呼ばれ、内モンゴル自治区のオルドス市が置かれている。
ja.wikipedia.org/wiki/オルドス

オルドス市(オルドスし、中国語:鄂尔多斯市、英語:Ordos)は中華人民共和国内モンゴル自治区西南部に位置する地級市。黄河が北に大きく屈曲した地点にあたるオルドス高原に位置する。2002年2月26日、伊克昭(イフ・ジョー)盟から市となった。
ja.wikipedia.org/wiki/オルドス市

有限会社バンベン(坂本 毅)から「オルドスの風通信」2013年10月号が送られてきました。
日本及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

オルドスの風通信2013年10月号(BanBenさんから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オルドスの風通信2013年9月号(BanBenさんから)

705px-China_Inner_Mongolia_Ordos.svg.png

800px-China_topo.jpg

オルドス
オルドス(モンゴル語:Ордос、中国語:鄂爾多斯 Èěrduōsī、英語:Ordos)は、近世以降にあらわれるモンゴル遊牧民の部族集団。この集団が明代以降、中国の黄河屈曲部(「河套」)に居住したことからこの地域は現在オルドス高原と呼ばれ、内モンゴル自治区のオルドス市が置かれている。

オルドス市
オルドス市(オルドスし、中国語:鄂尔多斯市、英語:Ordos)は中華人民共和国内モンゴル自治区西南部に位置する地級市。黄河が北に大きく屈曲した地点にあたるオルドス高原に位置する。2002年2月26日、伊克昭(イフ・ジョー)盟から市となった。

有限会社バンベン(坂本 毅)から「オルドスの風通信」2013年9月号が送られてきました。日本及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

オルドスの風通信2013年9月号(BanBenさんから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オルドスの風通信2013年7月号(BanBenさんから)

705px-China_Inner_Mongolia_Ordos.svg.png

800px-China_topo.jpg

オルドス(Ordos、鄂尔多斯市)は、近世以降にあらわれるモンゴル遊牧民の部族集団。この集団が明代以降、中国の黄河屈曲部(「河套」)に居住したことからこの地域は現在オルドス高原と呼ばれ、内モンゴル自治区のオルドス市が置かれている。

有限会社バンベン(坂本 毅)から「オルドスの風通信」2013年7月号が送られてきました。日本及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

オルドスの風通信2013年7月号(BanBenさんから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道オホーツクの外来種 – アライグマの情報

Traffic_light.gif

800px-Mm_Hand.jpg

711px-Raccoon_Procyon_lotor_2.jpg

618px-Raccoon_climbing_in_tree_clipped.jpg

アライグマ – Wikipedia
2005年以降の日本では、アライグマは日本の気候に順応し、農作物に被害を与え、生態系を破壊する恐れがあるために、外来生物法により特定外来生物に指定された。したがって、日本では学術研究などの例外を除き、アライグマの飼育・譲渡・輸入は原則禁止されており、販売や野外に放つことは厳禁である。

北海道オホーツクの外来種 – アライグマの情報 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

努力!感謝!厳重な注意!美幌町のニュース

398px-Ferc-fish_ladder.svg.png

450px-BrassBandTubas.jpg

800px-Okhostk_atka_mackerelhokke-yakizakana-teisyokusyari-townjapan.JPG

美幌町 のニュースブログ(Google 検索)

努力!感謝!厳重な注意!美幌町のニュース。
Effort! Thanks! Close attention! News of the town Bihoro.

努力!感謝!厳重な注意!美幌町のニュース の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ウチダザリガニ駆除活動(美幌博物館)

450px-Pacifastacus_trowbridgii_6.jpg

450px-Pacifastacus_trowbridgii_6.jpg

bi_bo.jpg

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

450px-Pacifastacus_trowbridgii_4.jpg

450px-Pacifastacus_trowbridgii_5.jpg

450px-Pacifastacus_trowbridgii_5.jpg

004.jpg

ウチダザリガニは、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・ザリガニ科に分類される。北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。 日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。 外来生物法に基づき特定外来生物に指定されているため、現在では無許可での飼育や遺棄、譲渡、輸入等が禁じられている。(Wikipediz

ウチダザリガニ駆除活動(美幌博物館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る