緊急情報 の検索結果: 36 件

緊急告知FMラジオ (北海道網走市)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

緊急告知FMラジオ (北海道網走市)

関連記事

連載 緊急告知のラジオ無料貸与へ (1) 2019/02/19掲載(網走市/社会・本紙連載) 新年度予算案に7400万円 / 網走市は今秋にも、75歳以上のすべての高齢世帯を中心に緊急告知ラジオを無料配布貸与する考えだ。防災情報の複線化が目的。2019年度予算案に関連事業費7400万円を盛り込み、2月に開局した市内FM局と連携して関連情報を発信する試みだ。「なぜ無料配布貸与するのか?」「なぜ75歳以上なのか?」-。他市の事例などを含めて調べてみた。(大)
75歳以上の高齢世帯に無期限で / 緊急告知ラジオは、電源が切れていても緊急時に起動し、ブザーやアナウンスなどが流れる。市は大規模災害に伴う緊急時に、このラジオを通じて市民の生命・財産を守る考えだ。 市は秋をめどに、7千台の緊急告知ラジオを用意する計画(1台の価格は約1万円)。そのラジオを75歳以上の高齢世帯(約4500世帯)に無料で配布貸与する。返却期間は設けないが、転居や死去した際などに返却する。 高齢世帯のほか、町内会長(約300人)や区長(27人)、民生委員(106人)にも貸与する。さらに、70歳から74歳の高齢世帯(約1700世帯)の希望者にも5年間限定で貸し出す。いずれも無料だ。 配布方法の詳細は今後、まとめるという。敬老会の会場やコミセン・住民センターなどを窓口とする案も浮上している。 市がイメージする緊急告知ラジオを活用した情報提供スタイルはこんな感じだ。 「災害が発生」→「避難勧告など緊急な事案が発生」→「市民に配布した緊急告知ラジオを稼働させ(または視聴中の番組に割り込み)」→「避難勧告など緊急情報や関連情報の原稿をFM局スタッフが読み上げ、ラジオを通じて伝える」-といった具合だ。
予算案発表の記者会見(2月3日)で水谷洋一市長は「防災サイレンが聞こえないという地域もあった中で、一つの大きなFM局が開局したことにより一つ解決した」と述べた。 緊急告知ラジオの件についての記者からの質問に、誤った回答をした職員に声を荒らげる場面もあり、この事業に対する水谷市長の強い思いを感じ取った。(※会見の動画はhttps://denshobato.com/abashiri/で閲覧できます) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 緊急告知のラジオ無料貸与へ (2) 2019/02/21掲載(網走市/社会・本紙連載) 対象が「75歳以上世帯」の理由 / 網走市は今秋にも、75歳以上の高齢世帯を中心に緊急告知ラジオ約7千台を無料で配布貸与する考えだ。関連事業費は約7400万円で、2019年度予算案に盛り込んでいる。配布対象を「75歳以上」にした理由、配布時期を2019年度にした背景などを調べてみた。(大)
後期高齢者へ配慮、防災情報提供の複数化に 2019年度の時期設定は「交付税措置」期限を見据え / 市が配布貸与する緊急告知ラジオの価格は1台約1万円。7千台購入し、対象市民に無期限で無料貸与する。配布対象を75歳以上の世帯とした理由について、市は「後期高齢者世帯だから」とする。 ラジオの配布目的は「防災情報提供の複数化」(市企画総務部)であるため、スマートフォンやタブレットPCなどネット関連機器の所持率が低いと推測される「75歳以上」の高齢世帯にラジオを配布することを決めたようだ。 市が2019年度配布にこだわる理由は、交付税措置の期限が迫っているからだ。 市は、今年2月に市内に開局した地域FMラジオ局にからめた事業として、新年度予算案に「J―ALERT多重化整備事業」(事業費919万円)も盛り込んでいる。市は、この事業とラジオ配布事業の合計事業費8319万円の7割が交付税措置される国の制度を活用する。 簡単に説明すると、二つの事業の合計事業費8319万円の5800万円余りは後に、国から網走市に戻ってくるという制度。つまり、市の実質負担額は約2500万円余りとなる。 この交付税措置制度の活用期限は2019年度までとなっているため、市は二つの事業を予算案に盛り込んだ。3月の網走市議会定例会での予算審議を経て、可決されれば“7割バック”が可能となる。 ただ、Jアラート整備事業を切り離し、ラジオ配布事業のみだと、交付税措置の期限は2020年度まで伸びるという。 網走市に先駆けて、2010年度に緊急告知ラジオを導入した中標津町。約50台を公共施設(学校などを含む)に配備している。配布先を公共施設に限定したのは、予算が膨れ上がることへの懸念があったようだ。 ただ、同町も今回の交付税措置の期限(2020年度)を見据え、「ラジオの新たな配布先などについて検討を進めています」(同町総務課)。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 緊急告知のラジオ無料貸与へ (完) 2019/02/22掲載(網走市/社会・本誌連載) 市議会での議論に注目 / 網走市は、75歳以上の高齢世帯を中心にした約7千世帯に無料で緊急告知ラジオを配布貸与するための関連事業費を2019年度予算案に盛り込んだ。市議会で可決されれば、今秋にも配布を始める計画だ。市議会では、「対象者の選定根拠」や「緊急放送を想定したラジオ局スタッフと市職員の連携」などについての議論に期待したい。(大)
対象者の選定根拠や地域FM局との連携は 全戸停電を教訓に… / 緊急告知ラジオは、電源が切れていても自動的に起動し、緊急情報やサイレン音などを流せる。市は、今年2月に市内に開局したFMラジオ局と連携し、万が一の際はこのラジオを通じて市民に関連情報を届ける考えだ。 新年度予算案に盛り込んだ関連事業費は7400万円。後に事業費の7割が国から戻ってくる交付税措置を受けることを想定しているが、財政が厳しいとされる網走市の台所事情を踏まえると“高額な事業”であることは間違いない。 「防災情報提供の複数化」を図る上で、緊急告知ラジオは重要な存在で、市民の安心・安全の確保にもつながる。 新年度予算案は、網走市議会で議論される。記者が考える、緊急告知ラジオ配布についての“議論のポイント”は次の通りだ。 (1)配布対象について (2)災害発生時の放送体制 (1)については、ラジオを配布する「防災情報弱者」(今回は75歳以上の高齢世帯が中心)をどのように選定したかがポイントだ。例えば防災サイレンの聞こえにくい地域に住み、スマホやパソコンも所持しない60代世帯からラジオ配布の要望があった場合はどうするのだろうか? (2)について。市によると、緊急告知ラジオを通じた関連情報は、開局したばかりのFMラジオ局スタッフが市の用意した原稿を読み上げて届ける-というスタイル。災害などによりスタジオが利用できない場合は、市役所から情報発信するらしく、FM局スタッフ、もしくは職員が原稿を読み上げる。 昨年9月の全戸停電の際、網走市役所本庁舎の非常電源ではホームページでの災害情報は更新できなかった。サーバーを稼働させる容量が足りなかったためだ。 FM局や市役所から緊急放送する場合の電源確保、緊急放送に備えたFM局スタッフの訓練、または市職員との連携はどうするのか-? 3月の網走市議会定例会では、市民の生命を守るための活発な議論が交わされることに期待したい。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

250px-DPR-3

緊急告知FMラジオ(きんきゅうこくちエフエムラジオ)は、FM放送又はケーブルテレビにより伝送されるDTMF信号により、待機状態にある受信機を起動し、放送される緊急情報を伝えるシステム、又はその受信機。 (緊急告知FMラジオ – Wikipedia)

関連サイト

網走市議会 | 網走市役所ホームページ

網走市役所ホームページ

関連エントリ

緊急告知FMラジオ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市の「メール@きたみ」について

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

北海道北見市の「メール@きたみ」について

関連記事

メール配信システム「メール@きたみ」は、災害時における災害状況等の緊急情報、除雪情報、くらしの情報、イベント情報などのさまざまな情報から、希望する情報を配信するサービスです。(ただし、緊急情報は、登録いただいた全ての方に配信いたします)。このサービスは、メールを受信できるパソコン、または携帯電話をお持ちの方であれば、受信できますので是非ご登録ください。配信カテゴリー / 緊急情報 / 除雪情報 / 北見自治区 / 端野自治区 / 常呂自治区 / 留辺蘂自治区 / イベント情報 / くらしの情報 / 消防からのお知らせ / 介護あったか見守り情報 / 子育て情報 / 不審者情報
/ 常呂防災情報。 (メール@きたみ/トップ

16日・常呂で情報伝達訓練 / 北見市は16日(水)に全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用した情報伝達訓練を行う。対象は防災行政無線が設置されている常呂自治区の市民。当日は午前11時ころ、同支所が防災行政無線を使い「これはJアラートのテストです」と呼びかけ、各家庭の防災行政無線戸別受信機のチェックを行う。問い合わせは常呂総合支所総務課(TEL 0152-54-2111)。(2018年5月15日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

メール@きたみ/よくあるご質問

北海道バリアフリーマップ 北見市

北見市のホームページ

北見市 – ホーム | Facebook

関連エントリ

メール@きたみ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走市の「お知らせメール@あばしり」について

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

北海道網走市の「お知らせメール@あばしり」について

関連記事

メール配信システム「お知らせメール@あばしり」は、各種イベント情報、その他生活に関する情報、災害時における災害状況等の緊急情報などのさまざまな情報から、希望する情報を配信するサービスです。(ただし、緊急情報は、登録いただいた全ての方に配信いたします)。このサービスは、メールを受信できるパソコン、または携帯電話をお持ちの方であれば受信できますので、ぜひご登録ください。配信カテゴリー / 文化イベント情報 / スポーツイベント情報 / 子育て向け健康情報 / 大人向け健康情報 / 観光・お祭りイベント情報 / 福祉情報(高齢者向け) / 福祉情報(子育て向け) / 福祉情報(その他) / 産業イベント情報 / 市民活動・ボランティア情報 / 緊急防災情報、(お知らせメール@あばしり/トップ

不審メールに注意 “大手通販サイト”名乗る / 楽天を名乗る不審なメールが、網走市の男性市民に相次いで届いた。注文していないテレビを購入したことになっており、届け先住所は茨城県。男性市民は「楽天のサイトで買い物をしたことは一度もないのに」と不信感を募らせ、相談を受けた同市消費者相談室は「身に覚えのない内容であれば無視して」と呼びかけている。市消費者相談室「連絡せず無視して」 / 不審メールは、楽天の通知メールスタイルに酷似している。40型のテレビ(3万6400円)の注文を受け付けたことと、届け先は茨城県の東海村であることの確認メールのようだった。同様のメールは「1カ月間に5件届いた」(男性市民)。男性市民はときどきネットで買い物をするが、楽天を利用したことはない。また、茨城県の東海村に家族や知人などはおらず、不審メールだと判断した。不審メールと判断したものの、「自分のクレジットカード番号が何者かに不正利用された可能性があるかも…といった不安は拭い去れなかった」と男性は明かす。そこで、同相談室の関係者に相談した。同相談室は「不審に感じた際は、届いたメールに記された電話番号やメールアドレスには絶対に連絡せず、無視してほしい」と呼びかけ、男性市民のケースについては「以前はアマゾンを名乗る不審メールもあり、同様の手口だと思います」としている。不審メールなどについての相談は同相談室(TEL 0152-44-7076)へ。(大)(2018年5月15日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 網走市

網走市公式サイト – 豊かなオホーツクに活気みなぎるまち

網走市役所 – ホーム | フェイスブック – Facebook

関連エントリ

お知らせメール@あばしり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道紋別市の「メール@もんべつ」について

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

330px-SOSsvg.png


北海道紋別市の「メール@もんべつ」について

関連記事

メール配信システム「メール@もんべつ」は、災害時における災害状況等の緊急情報、市からの防災情報などのさまざまな情報から、希望する情報を配信するサービスです。(ただし、緊急情報は、登録いただいた全ての方に配信いたします)。このサービスは、メールを受信できるパソコン、または携帯電話をお持ちの方であれば、受信できますので是非ご登録ください。 配信カテゴリー / 緊急防災情報 / 市道通行止め情報 / くらしの情報 / 観光・産業情報 / 文化・スポーツ情報 / 保健福祉情報 / 不審者情報 / 行方不明者情報 / 消防からのお知らせ / 紋別市からのお知らせ(その他情報)。(メール@もんべつ/トップ

関連サイト

メール@もんべつ/よくあるご質問

北海道バリアフリーマップ 紋別市

紋別市ホームページ

紋別市役所 – ホーム | Facebook

関連エントリ

メール@もんべつ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

あんしんねっとびほろ(2018年 春)

800px-Its_all_about_love.jpg

あんしんねっとびほろ(2018年 春)
美幌町の近隣市町村もご協力をお願いいたします。

関連記事

このメール配信システム「あんしんねっとびほろ」は、防災情報など緊急性の高い情報などを希望する方に配信するサービスです。平成29年9月1日からは、【防災情報】の他に【SOSネットワーク】【不審者情報】及び【防犯関係情報】が加わり新たな「あんしんねっとびほろ」として配信します。メール受信が可能なパソコン、携帯電話やスマートフォン等をお持ちの方であれば受信が可能ですので、ぜひ登録してみてください。

あんしんねっとびほろ 選択カテゴリ:防災情報 / 防災に関する情報を配信します。

あんしんねっとびほろ 選択カテゴリ:認知症高齢者等SOSネットワーク / 認知症高齢者等が行方不明になった場合に、その方の特徴などを配信します。

あんしんねっとびほろ 選択カテゴリ:不審者情報 / 児童・生徒への不審者による声かけ発生情報を配信します。

あんしんねっとびほろ 選択カテゴリ:防犯関係情報 / 防犯に関する情報を配信します。

あんしんねっとびほろ 選択カテゴリ:Jアラート連携 / Jアラート(緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステム)から発信された情報を配信するカテゴリです。

あんしんねっとびほろ 美幌町役場総務部総務グループ防災担当
〒092-8650 北海道網走郡美幌町字東2条北2丁目25番地1
TEL:(0152)73-1111 FAX:(0152)72-4869

関連サイト

あんしんねっとリニューアル | 美幌町

いざというとき | 美幌町

組織 | 美幌町

美幌警察署ホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

あんしんねっとびほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

いざというとき の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 北朝鮮からの弾道ミサイルについて(北海道北見市)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

2018年 北朝鮮からの弾道ミサイルについて(北海道北見市)

関連記事

北見市職員が初の避難誘導訓練 もし弾道ミサイルが発射されたら…
北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定した北見市職員の避難誘導訓練が6日、市役所のまちきた大通ビル庁舎と端野、常呂、留辺蘂各総合支所で行われた。 弾道ミサイル発射による不測の事態への備えとして初めて実施。訓練は、北海道地方へミサイルが飛来する恐れがあるとのJアラート緊急配信を想定した。 総勢約500人、このうちまちきた大通ビル庁舎は約300人の職員が訓練に参加。緊急情報を受け、職員が手分けして来庁者役の職員を建物の中央部に誘導。続いて職員も避難し、施設の安全確認を行った。 市防災危機管理課は今回の訓練を総括し、今後の継続実施や態勢づくりを検討する考え。(柏)(2018年2月7日の記事 経済の伝書鳩

全国瞬時警報システム(緊急情報を伝達する日本のシステム)
全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステム、通称:J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート))は、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムである。2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めており、実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されている。 対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃などについての情報を、「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるという点がJ-ALERTの最大の特長である。住民に早期の避難や予防措置などを促し被害の軽減に貢献することが期待されており、導入により地方公共団体の危機管理能力が高まるとされている。(全国瞬時警報システム – Wikipedia

関連サイト

弾道ミサイル落下時の行動及び情報伝達システムについて | 北見市

Jアラート – 内閣官房 国民保護ポータルサイト

北海道バリアフリーマップ 北見市 | 保健福祉部福祉局地域福祉課

北見市 – ホーム | Facebook

関連エントリ

全国瞬時警報システム の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

メール @ きたみ (北海道 北見市)

Taisho_goto.jpg

メール @ きたみ (北海道 北見市)
Mail @ Kitami (Kitami city, Hokkaido)

メール @ きたみ (北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

防災教育 (美幌小学校)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

防災の教育 (美幌小学校)
Education of disaster prevention (Bihoro Elementary School)

防災教育 (美幌小学校) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

情報 メール おけと (北海道 置戸町)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

情報 メール おけと (北海道 置戸町)
Information mail Oketo (Oketo, Hokkaido)

情報 メール おけと (北海道 置戸町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

津波防災の日 (気象庁、11月5日)

Great_Wave_off_Kanagawa2.jpg

津波防災の日 (気象庁、11月5日)
Tsunami Disaster Prevention Day (Japan Meteorological Agency, November 5)

津波防災の日 (気象庁、11月5日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る