網走市立図書館 の検索結果: 4 件

網走市の市民サークル「声の図書館そよかぜ」について

city_lights_01.jpg

網走市の市民サークル「声の図書館そよかぜ」について

関連記事

“録音”CDを作成 網走市民サークル「声の図書館そよかぜ」 / 網走市の平成30年度予算概要 5人のメンバーが1カ月ほど費やし / 目の不自由な人達を支援する、網走市の市民サークル「声の図書館そよかぜ」は、同市の平成30年度予算概要を紹介する冊子「ことしのまちづくり」を録音したCDを作成し、網走市立図書館や市広報広聴係に寄付した。「-そよかぜ」は、地元情報誌などをCDに録音して提供するなどの活動を続けている。市が毎年発行する「ことしのまちづくり」の録音も活動の一環で、30年度版CDは、5人のメンバーが1カ月ほどを費やして完成させた。代表は「冊子に掲載されるグラフの内容を声だけで表現するのが大変でした。活字を追うのが疲れてきたお年寄りなどにも利用してもらえたら」と話していた。(大) (2018年6月14日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

声の図書館「そよかぜ」|教育・文化|網走市 – 網走市役所

ボランティアのページ|教育・文化|網走市 – 網走市役所

網走市市民活動センター[登録斡旋]

管内図書情報2 | 教育庁オホーツク教育局 – 北海道教育委員会

関連エントリ

声の図書館そよかぜ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

網走市立図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

さようなら 高倉健さん (北海道 オホーツクから)

300px-Abashiri_Prison_-gate_2.jpg

さようなら 高倉健さん (北海道 オホーツクから)
Goodbye Takakura Ken san (from Hokkaido Okhotsk)

さようなら 高倉健さん (北海道 オホーツクから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展)

375px-Setsuko_Hara_in_Meshi.jpg

Portable_78_rpm_record_player.jpg

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展)
“Abashiri of those days” (Abashiri City Library Exhibition)

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「大活字本」(網走市立図書館情報)

300px-Menschliches_Auge.jpg

弱視(じゃくし)とは、現在、単に医学用語における医学的弱視(amblyopia)を指す事が多い。日本においては昔から「一定限度以下の視力を有するものはすべて弱視とする」という定義があり、学校保健法などに記載されている弱視もこれに準ずるものである。これらは原因のいかんを問わずに一定以下の視力を有するもの全てを含んでいる(partially sightedness)。これらは医学的弱視に対して社会的、教育的弱視、またはロービジョンと呼ばれる。 ja.wikipedia.org/wiki/弱視

ロービジョン (low vision) とは、視機能が弱く、矯正もできない状態。それにより日常生活や就労などの場で不自由を強いられる、従来は弱視、または低視力と呼ばれた状態、またはその人のことである。全盲ではない。「見えにくい人」とも呼ばれる。現在でも社会的弱視、教育的弱視とも呼ばれ、弱視者と呼ぶ場合は、現状ではロービジョン者とほぼ同義。視覚障害である。 ja.wikipedia.org/wiki/ロービジョン

活字文書読み上げ装置は、音声コード(高密度二次元コード)の画像データをCCD光学スキャナで読み取り、音声に変換して出力する装置である。2003年に厚生労働省の視覚障害者用「日常生活用具給付事業」の対象機器となった。 ja.wikipedia.org/wiki/活字文書読み上げ装置

「大活字本」(網走市立図書館情報) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る