経済産業省 の検索結果: 26 件

第14回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2018受賞作品

410px-Emperor_penguin.jpg

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

第14回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2018受賞作品

関連記事

情報モラル・セキュリティコンクールで優秀賞 2019/04/11掲載(北見市/社会・教育)
北見柏陽高の3人が4コマ漫画部門で / 北見柏陽高校の3人の女子生徒が制作した4コマ漫画がそれぞれ、第14回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール2018」の4コマ漫画部門で優秀賞に選ばれた。3人は受賞に喜んでいる。
「ネット上での人探し情報拡散をテーマに」 「ワンクリック詐欺への注意呼び掛け」 「スマートフォンへの依存題材に」 / IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の主催。情報モラルや情報セキュリティをテーマに、全国の小学生~高校生(高専含む)に「標語」「ポスター」「4コマ漫画」などを募集した。 同校では「社会と情報」の授業の一環として1年生239人全員が夏休み中の課題で4コマ漫画の制作に挑戦。すべての作品を同コンクールに応募し、このうち3人の作品が優秀賞を獲得した、(菊)
1人目の作品は、ネット上での人探し情報の拡散がテーマ。個人情報の流出やストーカーなどの悪意も懸念されるため、安易に拡散せず、注意が必要であることを呼び掛けた。「以前から関心のあったテーマ。起承転結でまとめるのが大変でした」と振り返る。 4コマという限られた中、なるべく少ないセリフで伝わるように工夫したという。「漫画を描くためにいろいろ調べ、勉強になりました。まさか優秀賞に選ばれるなんて、うれしいです。機会があればまた描いてみたい」と話している。 2人目は、ネット上の悪意のある広告に触れてしまったことで、高額な登録料を要求されるワンクリック詐欺への注意を呼び掛ける漫画を描いた。「悪質サイトは若い人でも見極めが難しい。お年寄りも引っ掛かってしまうと聞き、気を付けてほしいという願いを込めました」と話す。 所属する美術部の作品制作時期と重なり、忙しい中で描いたという。極力シンプルに分かりやすく描くことを心掛け、パソコンを使ってカラーで仕上げた。 「頑張った甲斐がありました」と喜んでいる。 3人目の作品は、「友よりスマホ?」と題し、友人と会っている間もスマートフォンに夢中になっている女の子を題材にした。「友達と過ごす時にはスマホを触らずに面と向かって話した方がいいのでは」と考え、自分の心掛けの意味も込めて4コマ漫画にした。 「なるべく分かりやすくなるように」とセリフに気を使いながら、ボールペンと色鉛筆で描いた。作品作りの参考にと、これまでの受賞作を見ることで「スマホや情報モラルなどの危険性を知ることができました」という。 入賞に「とても驚きました。光栄です」と喜んでいる。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

情報セキュリティ(じょうほうセキュリティ、英: information security)とは、情報の機密性、完全性、可用性を維持すること。 (情報セキュリティ – Wikipedia)

独立行政法人情報処理推進機構(じょうほうしょりすいしんきこう、英: Information-technology Promotion Agency, Japan、略称:IPA)は、日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人である。 (情報処理推進機構 – Wikipedia)

関連サイト

第14回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2018受賞作品

ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール

関連エントリ

情報処理 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月1日~9月30日 オゾン層保護対策推進月間

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

9月1日~9月30日 オゾン層保護対策推進月間

関連記事

9月1日~9月30日 オゾン層保護対策推進月間 / 通商産業省(現在の経済産業省)と環境庁(現在の環境省)が制定。オゾン層は成層圏にあるオゾン濃度が高い層のことで、高度20~25km附近に分布する。太陽光線中の生物に有害な紫外線はオゾンに吸収され地表に届かない。近年、フロンやトリクロロエタン等によりオゾンが分解され、特に北極や南極付近でオゾン層の破壊が深刻な問題となっている。オゾン層保護対策の円滑な推進に関し、国民各層の理解と協力を得るため、官民挙げての啓蒙普及活動が展開されている。1997年に、国際オゾン層保護デーを含む9月に変更された。 (9月の月間・週間・移動記念日 今日は何の日~毎日が記念日~)

オゾン層保護のための国際デー(オゾンそうほごのためのこくさいデー、International Day for the Preservation of the Ozone Layer)は、1987年にモントリオール議定書が採択されたことを記念して、1994年の国際連合総会で定められた記念日(9月16日)。国際オゾン層保護デーとも。また、日本ではオゾン層保護のための国際デーがある9月をオゾン層保護対策推進月間と定め、諸々の啓蒙活動を行っている。 (オゾン層保護のための国際デー – Wikipedia)

関連サイト

9月はオゾン層保護対策推進月間です – 環境省ホームページ

9月のオゾン層保護対策推進月間の取組について – 環境省ホームページ

オゾン層保護・温暖化対策 (METI/経済産業省)

関連エントリ

オゾン層保護対策推進月間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

道産EV 電気自動車「ネイクル」完成販売(北海道北見市)

Vulpes_vulpes_laying_in_snow.jpg

道発EV 電気自動車「ネイクル」完成販売(北海道北見市)ぬね

関連記事

北海道産電気自動車完成 「ネイクル」今夏からテスト販売へ
道内の中小企業10社が共同製作した“北海道産”電気自動車(EV)の試作がおおむね完了し、今夏からテスト販売される。開発段階から携わってきた、株式会社倉本鉄工所(北見市泉町)は、地域おこしに熱心だった前社長の病死を乗り越え、ひとつの節目を迎える。現社長の倉本真氏(26)は「ものづくりの楽しさを継承し、地域を盛り上げていきたい」と先代の熱意を受け継いでいく。

北見の倉本鉄工所が道内10社と共同開発
同社の超はっ水技術生かし製作 札幌モーターショーにも出展-
中小企業基盤整備機構北海道本部の呼び掛けで平成25年に始まり、EVの弱点でもある寒冷地対策などの改良を重ねてきた。車名は「ネイクル」。タイプIIとタイプIIIの2車種を用意し、1~2人乗りで価格を約150万円からと低く抑えた。年50台程度の受注生産をめざす。 同社は昭和21年の創業。顧客のあらゆる要望に応える「まちのよろず鍛冶屋」をめざす一方、昭和50年代からは水処理プラント、さらには廃棄物リサイクルプラント事業など大型機械の設計・製作・据え付けにも進出。最近では北見工業大学などとの産官学連携による共同開発にも積極的に取り組んでいる。 そんな中から開発された、同社の超はっ水技術が今回のEV製作に生かされている。 倉本真社長によると、金属などを溶かしながら対象物に吹き付ける、溶射(ようしゃ)と呼ばれる技術により製作したパネルが同EVの寒冷地仕様に採用されている。フッ化ピッチという皮膜の素材は、水や雪、氷が着きにくく、着いたとしても落としやすいそう。ボディーのアンダーカバーやタイヤハウスの素材として用いられている。 地域産業界の若手技能者の能力開発や工業技術センターなどの運営に熱心だった同社の前社長・倉本登氏は、北見市がかつて取り組んでいたソーラークリエイティブ事業にも積極参加。自身もソーラーカーレースに出場するなど、エコやものづくりへ先進的に関心を寄せてきた。 道産EVの製作は、北見工大出身で設計を担当する根本英希氏(Will-E代表、札幌市)らとともに当初から関わってきた。しかし道半ばの一昨年、登氏にすい臓がんが見つかり、急きょ長男の真氏が東京から帰郷。本業と同時にEV協力開発の取り組みも承継してきた。家業に戻った真氏は1年強にわたり、父から事業への思い入れを含め、いろはを教わった。闘病の末、登氏は昨秋、62年の生涯を閉じた。 真氏は一昨年夏からEV製作の事業を父親からバトンタッチ。完成した車は札幌モーターショー(19~21日、札幌ドーム)に出展。「北海道発の車だからこそ、寒冷地対策が随所に生かされた車に仕上がった」と胸を張る。「共同製作のメンバーはまったく異業種の顔ぶれ。小さな企業であっても、それぞれ得意分野があり、一つの集大成を完成させることができた」と語り、父譲りのものづくりへの思いを受け継ぐ。(寒) 掲載写真 / 完成したネイクル号(キタキツネの外装はオプション)
経済の伝書鳩 2018年1月18日の記事

道産EV「ネイクル」共同開発 北見・倉本 真さん(26) 常に新しいものづくりを
北海道産電気自動車(EV)の共同開発に道内10社とともに携わった、(株)倉本鉄工所の倉本真社長(26)=北見市泉町=に道産EV誕生の物語を聞いた。

楽しさ、人材育成…父の意志受け継ぎ 地域に根ざす決意 シリーズ TALK・トーク・とーく413

-10社の顔ぶれは
「機械の設計・製造業者をはじめ看板屋や住宅建設業者、ものづくりとはまったく関係ない広告会社まで、異業種がそれぞれ得意分野を担当しています」

-倉本鉄工所はどの部分を担当しましたか
「車体下部やタイヤハウス周りに、当社の溶射(ようしゃ)技術を生かした超はっ水パネルが使われています」

-そのパネルはどのような物なのでしょうか
「溶かした金属とともにフッ化ピッチという材料を吹き付けたパネルです。メッキは電気化学的なのに対し、溶射は機械的。フッ化ピッチは水や雪氷を付着しづらくする特徴があります」

-苦労したことは
「メンバーは札幌周辺が中心で、私どもが一番遠い。頻繁には集まれないため、メールでのやりとりを基本に、パソコン製図のCADを駆使して完成にこぎつけました」

-ほかにもこの車にはものづくりの楽しさが詰まっている
「オプションではありますが、キタキツネをイメージした外装は、日本でここにしかない特許を持つ道内のウレタン加工業者が軟らかくて軽いパーツでデザイン。四輪駆動のメカニズムは芝刈り機のメーカーが手掛けました」

-ワクワクしますが、一方で、これまで“北見発の技術”を発信し続けてきた貴社の前社長・倉本登氏が昨年亡くなられました
「ものづくりが好きで人材を育成し地域を盛り上げたいという考えでした。一昨年すい臓がんが見つかり、その後まもなく長男の私が東京から帰郷し約1年4か月。62歳でした」

-職業能力開発や工業技術センターなどの運営に携わり、北見工大との共同研究にも熱心でした。かつて北見で行われていたソーラーカーレースにも尽力して、エコカーには当時から先見の明があった
「MOC(物好きおじさんクラブ)というチーム名で出場して、2001年にひと回り大きなクラスのかぐや姫号で準優勝した時は、小学生だった私も河川敷に観に行った覚えがあります。常に『新しいものづくり』が大事と言っていました」

-東京から戻られ、この地方で感じることと今後に向けては
「大企業が少ない分、独自の技術を持つ中小企業が地域に根づいているという印象です。私どもも地元企業の生産活動を支えていけるよう努力していきたいです。EVの販売もぜひ応援してもらえれば」

【倉本真さんメモ】1991年生まれ。北見南小、南中はサッカー、函館ラ・サール高校ではテニス部。早稲田大学先進理工学部から同大学院研究科を修了。エンジニアリング大手の日揮株式会社に勤め、サウジアラビアの石油プラントに赴任する直前に父の発病を知った。昨年結婚し北見で妻と二人暮らし。(寒)
経済の伝書鳩 2018年1月19日の記事

関連サイト

EVとは|EV・PHVとは|EV・PHV情報プラットフォーム – 経済産業省

倉本鉄工所 ホームページ

株式会社倉本鉄工所(北見市) – ホーム | Facebook

関連エントリ

電気自動車 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

経済センサスの基礎調査と商業統計調査について。(平成26年)

bi_bo.jpg

経済センサス
経済センサス(けいざい – )とは、統計法(平成19年5月23日法律第53号)で基幹統計として定められている「経済構造統計」を得るための調査名称である。(wiki/経済センサス

経済センサスの基礎調査と商業統計調査について。(平成26年)

経済センサスの基礎調査と商業統計調査について。(平成26年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2015年 ミラノ国際博覧会(Expo Milano 2015)

300px-Expo_2015_Logosvg.png

Flag_of_Italysvg.png

Flag_of_Japansvg.png

1200px-Caprese-1.jpg

Kyaraben_panda.jpg

2015年 ミラノ国際博覧会
(Expo Milano 2015)

ミラノ国際博覧会 (2015年)
ミラノ国際博覧会(milanoexpo-2015)は、2015年5月1日から10月31日までイタリアのミラノで行われる国際博覧会。 ミラノでの開催は、1906年以来109年ぶりとなる。 博覧会の概要: 博覧会テーマは、「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)」である。 日本政府公式参加について: ミラノ国際博覧会への参加については、平成24年3月27日の閣議了解により、農林水産省、経済産業省を幹事省、国土交通省を副幹事省とし、独立行政法人日本貿易振興機構を参加機関として公式参加する旨決定されている。(wiki/ミラノ国際博覧会_(2015年)

2015年 ミラノ国際博覧会(Expo Milano 2015) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「中国の大気汚染」 (メール相談のご案内)

800px-China_topo.jpg

在中国日本国大使館から 「メール配信サービス」が送られてきました。
中国の在留邦人の皆様、これから中国を訪問される皆様にお知らせします。

[在中国日本国大使館]
大気汚染によるぜん息等に関するメール相談のご案内

「中国の大気汚染」 (メール相談のご案内) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年10月17日の配信)

Japanizi_Logo_2013-08-30_14-05.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。

日本の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年10月17日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICAから2012年の最後のメールマガジン

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

index.jpg

JICA のニュースブログ(Google 検索)

テラモーターズ
テラモーターズ株式会社(英文社名:Terra Motors Corp.)は、東京都渋谷区に本社を置く電動バイク・電動シニアカーなどの製造販売を行う企業である。正式商号はTerra Motors株式会社。代表取締役社長である徳重徹が設立した。日本の電動バイクマーケットのトップ企業である。(Wikipedia

国際協力機構
国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA)は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(Wikipedia

JICAからのメールマガジンです。

JICAから2012年の最後のメールマガジン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

香港におけるFACEBOOKを使ったプロモーションの重要性

main01.gif

800px-Earthmap1000x500.jpg

和僑会 のニュースブログ(Google 検索)

和僑会からのメールマガジン:
海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」(第209号)が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

香港におけるFACEBOOKを使ったプロモーションの重要性 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「北海道・冬の安全プログラムの推進」

424px-2011_Japanese_power_saving_poster_01.jpg

節電
節電(せつでん)は、電気の使用量(消費量)を節約すること。(Wikipedia

冬の節電 のニュース検索結果(Google
冬の節電 のブログ検索結果(Google

「北海道・冬の安全プログラムの推進」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る