秋篠宮文仁親王 の検索結果: 8 件

日本の皇族 悠仁親王殿下 (9月6日 誕生日)

img_history40_04.jpg

日本の皇族 悠仁親王殿下 (9月6日 誕生日)

関連記事

9月6日 歴史 / 2006年 文仁親王妃紀子殿下が悠仁親王をご出産。皇室では41年ぶりの男子誕生。9月6日 誕生日 / 2006年 悠仁親王殿下 (皇族,秋篠宮文仁親王の第一男子) (9月6日 今日は何の日~毎日が記念日~)

9月6日 誕生日 / 2006年 – 悠仁親王、皇族 (9月6日 – Wikipedia)

悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年〈平成18年〉9月6日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一男子。今上天皇(第125代天皇・明仁)初の男子の皇孫。身位は親王。皇室典範に定める敬称は殿下。お印は高野槇(こうやまき)。皇位継承順位は第3位で、1966年以降の生まれでは2018年現在唯一の継承資格者。姉に眞子内親王と佳子内親王がいる。皇室において父・秋篠宮文仁親王の誕生以来40年9か月振りの皇統男子。21世紀に生まれた皇族としては敬宮愛子内親王に次いで2人目、平成生まれでは唯一の男性皇族であり、2018年現在最年少皇族である。御所は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある秋篠宮・宮邸。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮邸を使用している。 (悠仁親王 – Wikipedia)

関連サイト

秋篠宮家のご活動 – 宮内庁ホームページ

秋篠宮家 – 宮内庁ホームページ

関連エントリ

悠仁親王 の検索結果 – ,美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 夏)

800px-Flag_of_the_Japanese_Emperor_svg.jpg

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 夏)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia

関係サイト

375px-Japanemperorbirthday.jpg

災害等へのお見舞い(平成30年) – 宮内庁

皇室 – 宮内庁

皇室の構成図 – 宮内庁

The Imperial Household Agency Website

関係エントリ

bi_bo.jpg

ギターが大好きな 秋篠宮文仁親王殿下 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 秋篠宮家の創設 – 美幌音楽人 加藤雅夫

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(皇室の儀式)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019年 これからは美しく生きて行く時代へ – 美幌音楽人 加藤雅夫

2018年 平成から次の時代へ – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019年4月10日 天皇皇后両陛下の60回目の結婚記念日 – 美幌音楽人 加藤雅夫

4月9日 天皇皇后両陛下ご訪問の日(パラオ・ペリリュー州) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギターが大好きな 秋篠宮文仁親王殿下

img_history40_04.jpg

ギターが大好きな 秋篠宮文仁親王殿下

1992年(平成4年)7月10日、秋篠宮家の宮邸を訪問。庭園のアジサイ(紫陽花)が歓迎してくれました(うるはしき 色は匂へど 何んとなく さびしく見ゆる あちさゐの花 明治天皇)。日中国交正常化20周年記念音楽祭ご招待(新宿文化センター大ホール)葉紅旗&南京伝統楽器演奏団新堀寛己指揮新堀ギターオーケストラ。宮務官・富士亮さん(農学博士 宮内庁オーケストラ・ビオラ演奏者)の心良きはからいで訪問できました。ありがとうございました。

赤坂御用地の巽門を一歩入ると、ほど良く手入れされた緑の自然が豊かに広がっていました。ここは都会の真ん中かしら? 北海道の美幌町に帰って来てしまったような気持ちです。庭園を1人で歩いていると、高校生らしい女の子がやってきて「ごきげんよう!」と丁寧にあいさつをしてくれました。私は、こういうところの職員の子は良く躾けられているんだなあ、と感心して気軽に片手をあげて「やあ!こんにちは」と言って通り過ぎてしまいました。そして秋篠宮家の宮邸の玄関に着くと、宮務官が「今さっき、紀宮清子さま(黒田清子)がお帰りになられましたが途中でお会いされましたか」私は「はい、ちゃんとご挨拶いたしました!」 。

1999年(平成11年)5月14日、秋篠宮家の宮邸を訪問。日中音楽交流とギター贈呈について。お土産は、美幌町のスズラン(50苗)新居の庭で可愛く咲きますように。眞子さま、佳子さま、喜びますように! オホーツクの澄んだ空気と青空の下で、お会い出来ますように。

2006年(平成18年)2月24日、秋篠宮文仁親王妃 紀子さま(39歳)ご懐妊(宮内庁発表)。9月下旬ご出産予定。おめでとうございました。5月24日、秋篠宮家の宮邸にお祝いメッセージと懐かしの資料を送呈。5月29日、秋篠宮家の宮邸の宮務官・徳丸久衛さんから電話「とても喜ばれて、宜しくとのことです」。よかった!「美幌町の夕食宅配サービス」「イランカラプテ川柳」ご覧になっている?!

2006年(平成18年)6月1日、秋篠宮文仁親王殿下(40歳)東京農大オホーツクキャンパスご来訪。生き物文化誌学会 第4回芸術大会(オホーツク大会)ご出席。

関連記事

秋篠宮(あきしののみや)は、日本の皇室の宮家の一つで、今上天皇の第二皇男子・文仁親王の宮号。概要 / 1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された。構成 / 秋篠宮文仁親王、文仁親王妃紀子、眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王。(秋篠宮 – Wikipedia

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう Fumihito, Prince Akishino、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇男子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は兄・皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。そのほか、タイ王国複数の大学より、名誉博士の名誉学位・称号を授与されている。住居(秋篠宮・宮邸)は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮・宮邸を使用している。2007年9月5日から現在まで皇室会議の議員を務めている。皇位継承資格 / 現在の皇位継承順位は実兄の皇太子徳仁親王に次いで第2位。天皇陛下の譲位にあたり、2018年現在皇位継承順位1位の実兄である皇太子徳仁親王が皇位を継承した場合、文仁親王は新たに皇位継承順位1位となる。政府は文仁親王の新たな敬称について、「皇嗣殿下」とする方針を固めた。なお、その待遇については現在の皇太子と同等になる。(秋篠宮文仁親王 – Wikipedia

赤坂御用地(あかさかごようち)は、東京・赤坂にある皇室関連施設の名称であり、敷地内には以下の御所・宮邸がある。また、敷地の内部には園遊会が開催されることで知られる赤坂御苑がある。宮邸 / 秋篠宮邸 / 秋篠宮邸は御用地の南東部に位置する秋篠宮家の宮邸である。北に赤坂東邸が隣接し、正門は巽門という。秋篠宮邸は、改修した旧秩父宮邸を1997年(平成9年)3月から現宮邸として使用しているものである。文仁親王が皇嗣となった後は、増築が予定されている他、赤坂東邸も秋篠宮邸と一体となった利用が検討されている。(赤坂御用地 – Wikipedia

関連サイト

秋篠宮家 – 宮内庁

秋篠宮家のご活動 – 宮内庁

赤坂御用地の略図 – 宮内庁

関連エントリ

bi_bo.jpg

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮文仁親王 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室 秋篠宮家の創設

450px-Prince_Akishino_20091223.jpg

Kikosamagoseikon.jpg

日本の皇室 秋篠宮家の創設

関連記事

6月29日 歴史 / 1990年 礼宮文仁親王と学習院大大学院生・川嶋紀子の結婚の儀。秋篠宮家を創設。(6月29日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月29日 できごと / 1990年 – 礼宮文仁親王が川嶋紀子と結婚、秋篠宮家を創設。(6月29日 – Wikipedia

秋篠宮(あきしののみや)は、日本の皇室の宮家の一つで、今上天皇の第二皇男子・文仁親王の宮号。概要 / 1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された。(秋篠宮 – Wikipedia

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇男子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は兄・皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。そのほか、タイ王国複数の大学より、名誉博士の名誉学位・称号を授与されている。住居(秋篠宮・宮邸)は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮・宮邸を使用している。2007年9月5日から現在まで皇室会議の議員を務めている。年譜 / 1990年(平成2年)6月29日(24歳)、学習院大学教授川嶋辰彦の長女川嶋紀子と結婚。同日秋篠宮家を創設。1991年(平成3年)10月23日(25歳)、長女眞子内親王誕生。1994年(平成6年)12月29日(29歳)、次女佳子内親王誕生。2006年(平成18年)9月6日(40歳)、長男悠仁親王誕生。皇位継承資格 / 現在の皇位継承順位は実兄の皇太子徳仁親王に次いで第2位。天皇陛下の譲位にあたり、2018年現在皇位継承順位1位の実兄である皇太子徳仁親王が皇位を継承した場合、文仁親王は新たに皇位継承順位1位となる。政府は文仁親王の新たな敬称について、「皇嗣殿下」とする方針を固めた。なお、その待遇については現在の皇太子と同等になる。(秋篠宮文仁親王 – Wikipedia

文仁親王妃紀子(ふみひとしんのうひ きこ、1966年(昭和41年)9月11日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王の妃。旧名は川嶋 紀子(かわしま きこ)。身位は親王妃。皇室典範における敬称は殿下。お印は檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)。勲等は勲一等宝冠章。学位は博士(人文科学)(お茶の水女子大学・2013年)。現在、親王妃では最年少。年譜 / 1990年(平成2年)6月29日(23歳)、礼宮文仁親王と結婚。これに伴い戸籍から消除され、皇族譜に記載される。1991年(平成3年)10月23日(25歳)、眞子内親王を出産。1994年(平成6年)12月29日(28歳)、佳子内親王を出産。2006年(平成18年)9月6日(39歳)、悠仁親王を出産。逸話 / 楽器はピアノの他にチターの演奏が出来る。天皇一家は各自演奏の出来る楽器を持ち寄り合奏を楽しむことがあり、時々、皇室ニュースにも取り上げられることがある。ピアノは皇后が得意とする楽器であり、合奏の際には皇后と同じ楽器ではなく別の楽器で参加を、との考えから、以前より興味のあったチターを内藤敏子に師事し本格的に習い始めた(実母もチターを習っている)。今では趣味のひとつに挙げている。眞子内親王出産後にはウィーン民謡を弾き語りしたことも報じられた。(文仁親王妃紀子 – Wikipedia

関連サイト

秋篠宮家 – 宮内庁

秋篠宮家のご活動 – 宮内庁

関連エントリ

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて ー 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

秋篠宮文仁親王殿下の誕生日。(1965年 11月30日)

Princess_Kiko_20091223.jpg

300px-Prince_Akishino_20091223.jpg

秋篠宮文仁親王殿下のお誕生日。(1965年 11月30日)
Birthday of Fumihito, Prince Akishino Highness. (November 30, 1965)

秋篠宮文仁親王殿下の誕生日。(1965年 11月30日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(10月23日)は眞子さまの誕生日(20歳)

img_history40_04.jpg

800PX-~3_2.JPG

眞子内親王(Princess Mako of Akishino、1991年10月23日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王(Fumihito)と同妃紀子(Kiko)の第一女子。今上天皇(Akihito)の孫にあたる。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王(Kako)、弟に悠仁親王(Hisahito)がいる。(Wikipedia

眞子さまについてのニュースブログ記事 (Google)

写真: 美幌町の鈴蘭(すずらん)、眞子内親王お印の木香茨(もっこうばら)

※ 1992年(平成4年)夏、日中友好音楽会御案内で日本教育ギター連盟国際部長(美幌音楽人 加藤雅夫)が秋篠宮邸(旧邸)訪問。この年の10月23日、天皇・皇后両陛下が歴代天皇で初めて中国を訪問。

※ 1999年(平成11年)初夏、美幌のススラン(50苗)持参して秋篠宮邸(新邸宅)再訪。2006年(平成18年)初夏、秋篠宮殿下御来道。(三顧の礼を尽くす)

音楽動画: 「茉莉花 Jasmine」(10月23日の誕生花) 江蘇民謡 童麗演唱 (gu7196

※ 茉莉花(マツリカ、Mo Li Hua)は中国の民謡の一つ。茉莉花の曲は、江戸時代以来、日本でも歌われてきた。

関連記事:

眞子内親王殿下の記者会見 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/activity03-h23.html

眞子内親王殿下ご成年に際してのご近影 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/activity03-h23-ph.html

今日(10月23日)は眞子さまの誕生日(20歳) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽(6月29日)

572px-R10_kamera_059be.jpg

今日(6月29日)の記念日:礼宮文仁親王が川嶋紀子と結婚(1990)秋篠宮家創設。フランスの作家・飛行士アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900)誕生-星の王子さまの日。日本の作曲家瀧廉太郎(1903)没。ピアニスト・ポーランド首相イグナツィ・パデレフスキ(1941)没。
写真: 6月29日の誕生花「ゼラニウム< 赤>」 花言葉「君ありて幸福

今日の音楽(6月29日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

タイ王国のボクシング世界王者から 日本人初の王座奪取ならず

800px-Flag_of_Japan_svg.jpg

800px-Flag_of_Thailand_svg.jpg

世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチは20日、タイのマハーサーラカームで行われ、挑戦者の木村章司(日本)がチャンピオンのプーンサワット・クラティンデーンジム(タイ)に4回KOで敗れ王座奪取ならず。

写真① 日本の国旗(Flag of Japan)
写真② タイの国旗(Flag of Thailand)

騒乱のバンコクから 安全無事の帰国を祈る…。

タイ王国のボクシング世界王者から 日本人初の王座奪取ならず の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る