社会保障制度 の検索結果: 4 件

日本の社会保障制度

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本の社会保障制度

関連記事

日本の福祉(にほんのふくし、英語: Welfare in Japan) / 日本国憲法の理念 / すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 『社会保障制度とは、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業多子その他困窮の原因に対し、保険的方法又は直接公の負担において経済保障の途を講じ、生活困窮に陥った者に対しては、国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに、公衆衛生及び社会福祉の向上を図り、もってすべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにすることをいうのである。』 『このような生活保障の責任は国家にある。国家はこれに対する綜合的企画をたて、これを政府及び公共団体を通じて民主的能率的に実施しなければならない。この制度は、もちろん、すべての国民を対象とし、公平と機会均等とを原則としなくてはならぬ。またこれは健康と文化的な生活水準を維持する程度のものたらしめなければならない。そうして一方国家がこういう責任をとる以上は、他方国民もまたこれに応じ、社会連帯の精神に立って、それぞれその能力に応じてこの制度の維持と運用に必要な社会的義務を果さなければならない。』 (日本の福祉 – Wikipedia)

福祉(ふくし、英: Welfare)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を指す。 社会福祉 / 社会福祉(social-welfare)とは、狭義には基本的人権(特に生存権)の保障の観点から生活困窮者の生活保障や心身に障害等があり支援や介助を必要とする人への援助を行う公的サービスをいう。また広義には全国民を対象に一般的な生活問題の解決を目指す取り組みをまとめて社会福祉という。 (福祉 – Wikipedia)

関連サイト

今後の社会保障の在り方について – 首相官邸

関連エントリ

社会保障制度 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

安倍首相からの新着情報メールです。(2013/10/07)

Tokyo_2020_Olympic_bid_logosvg.png

Tokyo_2020_Announcement_2.jpg

東京オリンピックは、2020年(平成32年)7月24日から8月9日まで日本の東京都で開催予定の第三十二回夏季オリンピックである。 開催決定後の動き: 2013年 9月10日、文部科学省が省内に「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会準備本部」を設置し、文部科学大臣の下村博文が本部長に就任した。 9月13日、政府が「東京オリンピック・パラリンピック担当大臣」の新設を決定し、文部科学大臣下村博文が就任。また、日本障害者スポーツ協会が「2020年東京パラリンピック準備委員会」を設置した。 9月17日、日本オリンピック委員会が理事会を開き、東京都や政府との連携を図るため「開催準備対策プロジェクト」の設置を決定し、会長の竹田恒和が座長に就任。 10月1日、東京都がスポーツ振興局内に「オリンピック・パラリンピック大会準備部」を設置。 10月4日、政府が内閣官房に「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室」を設置。文部科学省や厚生労働省の職員などで構成され、関係省庁との調整作業を行う部署となる。室長には内閣官房参与の平田竹男が就任。また同日、与党自由民主党は党内に「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部」を設置し、本部長には招致推進本部長を務めた衆議院議員馳浩が就任した。
ja.wikipedia.org/wiki/2020年夏季オリンピック

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(ICESCR)は、1966年12月16日、国際連合総会によって採択された、社会権を中心とする人権の国際的な保障に関する多数国間条約である。日本語では社会権規約(しゃかいけんきやく)と略称され、同時に採択された市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約、B規約)に対してA規約(エーきやく)と呼ばれることもあり、両規約(及びその選択議定書)は併せて国際人権規約と呼ばれる。 自由権規約が締約国に対し即時的な実施を求めているのに対し、本規約は、締約国に対し、権利の実現を「漸進的に達成」することを求めている。
ja.wikipedia.org/wiki/経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約

首相官邸「新着情報」メール配信された。
日本や世界各地の皆様にお知らせします。

安倍首相からの新着情報メールです。(2013/10/07) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

大切なあなたへの社会福祉

541px-Sunflower_sky_backdrop.jpg

Abe_Shinzo_2012_02_cropped.jpg

社会保障
社会保障(しゃかいほしょう、英: Social security)とは、個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会サービスを給付すること、またはその制度を指す。
世界人権宣言
「全て人は、社会の一員として、社会保障を受ける権利を有し、かつ国家的努力及び国際的協力により、また、各国の組織及び資源に応じて、自己の尊厳と自己の人格の自由な発展に欠くことのできない経済的、社会的及び文化的権利を実現する権利を有する。」
日本国憲法の理念
1946年に制定された日本国憲法の理念に基づき、各分野における施策展開の基礎となる基本法の制定や体制整備が進められ、1947年に児童福祉法、1949年に身体障害者福祉法、1950年に生活保護法の改正、1951年に社会福祉事業法が制定された。日本国憲法第25条においては社会保障が以下のように記され、生存権の根拠とされている。 一、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 二、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 ここでは、社会保障の内容についての記述はなく、1950年に社会保障制度審議会(総理大臣の諮問機関)が発表した「社会保障制度に関する勧告」中で、次のように述べている。 『いわゆる社会保障制度とは、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子その他困窮の原因に対し、保険的方法または直接の公の負担において経済的保障の途を講じ、生活困窮に陥った者に対しては国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに、公衆衛生および社会福祉の向上を図り、もって、すべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにすることをいう。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/社会保障

社会福祉
日本の社会福祉政策
日本では、まず、日本国憲法第25条第2項(生存権)を保障する政策として取り組まれている。同条では「国は、すべての生活部面について社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と規定されており、社会福祉は、慈善や相互扶助のみではなく、国の責任で向上・増進させるべきとの規定がなされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/福祉

大切なあなたへの社会福祉 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

関西電力大飯原発の再稼動について

800px-WMD_world_map_svg.png

716px-Logo_iso_radiation_svg.png

日本の原子力発電所(Nuclear power in Japan)では、日本の原子力発電所の歴史、現状、予定について説明する。(Wikipedia

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)6月14日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

関西電力大飯原発の再稼動について の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る