盆踊り の検索結果: 12 件

タイムカプセルの開封セレモニー (北見市 東相内小学校)

330px-Bright_red_tomato_and_cross_section02.jpg

タイムカプセルの開封セレモニー (北見市 東相内小学校)

関連記事

22年前のタイムカプセルを開封 東相内地域町民夏まつりで / 懐かしい品々との再会喜ぶ 将来の自分に宛てた寄せ書き、手紙 / 北見市の東相内地域町民夏まつり(東相内連合町内会主催)が5日、東相内小学校グラウンドで開かれた。この日はもちまきや盆踊りのほか22年前に埋設したタイムカプセルの開封セレモニーが行われ、住民は懐かしい品々との再会を喜んだ。このタイムカプセルは平成8年8月16日、旧北見市の開基100年を記念して開かれた東相内夏祭りフェスティバルの際、同校の敷地内に埋設された。当時、中心となったのは地域まちづくり組織の「トマトの会」。子どもや住民が持ち寄った品々を500リットルのFRPタンクに入れて埋めた。開封するのは同校が開校100周年を迎える平成30年。この日、タンクはユニック車で埋設場所からグラウンドに運ばれ、地域住民が見守る中で開封。当時の雑誌や新聞、写真、各種資料をはじめ子ども達が22年後の自分へ宛てた寄せ書きや手紙などが次々と出てきた。中には色落ちした写真もあったが、ほとんどの資料が良好な状態で保存されていた。会場には当時小学生だった住民やその家族もいて「あった、あった」「こんなことを書いていたんだ」と目を輝かせていた。(柏) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

「感無量。皆の笑顔が一番」 トマトの会・会長 / 人・ひと・240度 / 22年前のタイムカプセル埋設時にも中心的な役割を果たしたのが、トマトの会の現会長(68)。開封の前日にはタンク周囲の土を取り除き、準備を整えた。「もう22年ですか。月日の経つのは早いものですね。当時の小学6年生はもう30歳。私も40代でした。トマトの会の顧問を務めていただいた故・沢合正行氏をはじめこの間に亡くなった人も少なくありません」と感慨深げだ。開封式では、固く接着されたふたをこじあけ、出品者やその家族に手渡した。「開封前は無事に保存されているか心配でしたが、ほとんどそのまま残っていて感無量の思い。そして皆さんが笑顔で喜んでくれたのが一番です」と話していた。タイムカプセルの中身は出品者の了承を得て今後、小学校や住民センターに展示する考え。(柏) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト  

北見市立東相内小学校開校100周年記念事業 | 北見市

関連エントリ

東相内小学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

タイムカプセル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本)

330px-Jizobon01.jpg

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本)

“Jizo Bon of lag” (August 24, Japan)

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

びほろ 夏まつり 2014

bi_bo.jpg

びほろ 夏まつり 2014
Bihoro Summer Festival 2014

びほろ 夏まつり 2014 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

試合に負けてもゴミ拾い。(ちょっといい話)

240px-WC-2014-Brasilsvg.png

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日本と世界各地の皆様へご案内いたします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年6月19日の配信)

試合に負けてもゴミ拾い。(ちょっといい話) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成25年8月のイランカラプテ川柳

Bratislava_New_Year_Fireworks.jpg

Senryu – 川柳
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。

Haiku – 俳句
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。

Irankarapute (イランカラプテ)の意は「あなたの心にこんにちは」、川柳は17文字(5・7・5)自由詩。 ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。 皆様の温かい言葉をお寄せください。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

2013年8月のイランカラプテ川柳を開始いたします

平成25年8月のイランカラプテ川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

カナディアンロッキー!(今週のe-nikkaから)

Mount_Robson_S_face.JPG

800px-MuleDeer_ModocCounty.jpg

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)6月13日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

カナディアンロッキー!(今週のe-nikkaから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日中国交正常化40周年記念「2012年スーパー夏祭りin北京」

main01.gif

Geta.png

563px-Yukata_tokyo.jpg

日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは、日本と中国共産党率いる中華人民共和国とが国交を結ぶこととなった出来事である。1972年9月29日、中華人民共和国の北京で行われた「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式において、田中角栄、周恩来両首相が署名したことにより成立した。なお、日中共同声明に基づき、日本はそれまで国交のあった中華民国に断交を通告した。(Wikipedia) 

日中国交正常化40周年 のニュースブログ(Google 検索) 

日中国民交流友好年 のニュースブログ(Google 検索) 

和僑会(わきょうかい)は、香港・中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織で、香港・深セン・上海・北京・北海道・東北・東京・名古屋・関西・京浜多摩・九州・沖縄・タイ王国・シンガポール・インドネシア・広州・東莞・台湾に設立。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。世界17地域で行われている各和僑会の活動は、和僑会ラウンドテーブルで確認ができる。(Wikipedia) 

和僑会からのメールマガジン:
海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース」(第194号)が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

日中国交正常化40周年記念「2012年スーパー夏祭りin北京」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道からのメールマガジン(第321号)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

領土問題 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道知事 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第321号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道からのメールマガジン(第321号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(平成24年8月)

200px-London_Olympics_2012_logo_svg.png

445px-Gymnaster_savatieri1_flower.jpg

300px-London_Paralympics_2012_svg.png

川柳「イランカラプテ」(2012年8月)開始します:
イランカラプテ(Irankarapte)の意は「あなたの心にこんにちは」、川柳は17文字(5・7・5)自由詩。
しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。
皆様の温かい言葉をお寄せください。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」などもどうぞお寄せください。(雅夫)

イランカラプテ川柳(平成24年8月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道からのメールマガジン(第318号)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道 のニュースブログ(Google 検索)

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第318号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道からのメールマガジン(第318号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る