環境問題 の検索結果: 85 件

日本のアドボカシーについて

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

日本のアドボカシーについて

関連記事

アドボカシー(英:advocacy)とは、「アドボケイト」と同じ語源で「擁護・代弁」や「支持・表明」「唱道」などの意味を持ち、同時に政治的、経済的、社会的なシステムや制度における決定に影響を与えることを目的とした、個人またはグループによる活動や運動を意味する。アドボカシーには、インターネット(ソーシャルメディア含む)やマスメディアのキャンペーン、公開演説、調査の実施・発表、またはアミカス・キュリエの提出など、個人または組織が行う様々な活動が含まれる。ロビー活動(利益団体によることが多い)は特定の問題または特定の法律について立法者に直接のアプローチをとるアドボカシーの一形態である。 なお、法的または法律上の文脈では「アドボケイト」とは、法的手続きにおいて、ある人に代わって発言することを何らかの方法で許可・任命されている特定の人(弁護士など)の称号である。語源である「アドボカタス」も参照のこと。 さらに、健康・医療の分野では、1970年代のアメリカにおいて登場した「患者アドボカシー(英語版)」や、「健康アドボカシー(英語版)」などの新たな用語も登場するようになった。

日本において / 日本語(カタカナ)で「アドボカシー」と表記される場合、大別すると二つの意味で使われることが多い。ひとつは権利擁護としてのアドボカシーであり、もうひとつは政策提言としてのアドボカシーである。 具体的には、社会的弱者、マイノリティー等の権利擁護、代弁の他、その運動や政策提言、特定の問題に対する政治的提言、保健医療、社会環境での性差撤廃、地球環境問題など広範な分野での活発な政策提言活動を指している。権利擁護としてのアドボカシーについては、(あまり組織的でなく、適度な)権利の代弁、擁護のことを指すとされ、その場合の例として、自ら自己の権利を充分に行使することのできない、終末期の患者、障害者、アルツハイマー病、意識喪失の患者などの権利を代弁することなどがあげられる。また、患者会やSHG(自助グループ)などがある程度組織的にアドボカシーを行う場合もある。 一方、政策提言としてのアドボカシーについては、特定の問題について政治的な提言を行うことと定義され、日本でも保健医療や、雇用における性差撤廃、地球温暖化防止などの環境問題、公共事業問題など広範な分野で活発な政策提言活動が行われている。特にNGO/NPOなどが行う市民活動の分野では、アドボカシーは反政府、反企業といった対立の構図ではなく、論理的・科学的な政策を代替案を示して提言する活動[7]であり、最もNGO/NPOらしい活動と定義する学者や専門家は多い。 また、ロビイング活動そのものや、そこにいたる代弁・弁護活動までも含めたものをアドボカシーとする考え方もある。最近では成年後見制度などとも関係して、超高齢社会の中で話題になることも多くなっている。また、日本の政府がNGO/NPOによる政策提言能力の向上を目的とした表彰制度を行っているが、そもそも提言を受ける側である国が提言する側を表彰することについては、NGO/NPOの中に疑問の声もある。 (アドボカシー – Wikipedia)

関連動画

子どものSOS見逃すな 「アドボカシー制度」とは(19/07/15) – YouTube

虐待受けた子どもの声に「アドボカシー」導入訴え(19/07/15) – YouTube

肺がん領域におけるアドボカシーとは 澤 祥幸 – YouTube

関連エントリ

アドボカシー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Advocacy の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オホーツク管内高校生が授業を体験。(北見工業大学)

90px-Water_drop_on_a_leaf.jpg

オホーツク管内高校生が授業を体験。(北見工業大学)
Okhotsk tube high school students experience the lesson. (Kitami Institute of Technology)

オホーツク管内高校生が授業を体験。(北見工業大学) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年6月26日の配信)

429px-International_Symbol_of_Access_svg.jpg

Basketball.png

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年6月26日の配信)
Email news from Japan-Canada Times e-nikka. (Delivery of June 26, 2014)

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年6月26日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省 からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第70号」

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

環境問題は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。(wiki/環境問題

外務省(Ministry of Foreign Affairs)は、日本の行政機関のひとつ。 平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。(wiki/外務省

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第70号(2013年12月25日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

北極
可能性と課題のもたらす未来

外務省 からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第70号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省 からのメールマガジンです。(2013年12月06日に配信)

cover.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

生物多様性 (’biodiversity’, ‘biological diversity’) とは、生態系・生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。(wiki/生物多様性

環境省(MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ることを任務とする。(wiki/環境省

環境省からのメールマガジンです。
2013年12月06日に配信

環境省 からのメールマガジンです。(2013年12月06日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(生物多様性キャンペーンの協力)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

生物多様性 (せいぶつたようせい、英語 ‘biodiversity’, ‘biological diversity’) とは、生態系・生物群系または地球全体に、多様な生物が存在していることを指す。 生物多様性基本法の施行: 日本国内法として、生物多様性基本法案が2008年(平成20年)5月20日に可決され、同年6月6日に生物多様性基本法として公布、施行された。 本法は、人類存続の基盤である生物の多様性を将来にわたり確保するため、国、地方公共団体、事業者、国民の責務を明確にすることで環境保全等に関する施策を総合的かつ計画的に推進するものである。 最大の特徴は、開発計画を立てる際に環境アセスメントを行うことを義務付けたことである。これまで、日本における大型開発などで環境が破壊されるたびに、開発推進派と環境保全派との激しい論戦が交わされてきた。本法の施行によって、今後より適切な環境論議がなされるものと考えられている。ただし、罰則規定がない等の問題も依然残されている。
ja.wikipedia.org/wiki/生物多様性

生物多様性センター(せいぶつたようせい -、Biodiversity Center of Japan: BiodiC-J)とは、日本の環境省自然環境局に置かれる機関。生物多様性国家戦略に基づき、生物多様性に関する調査、情報発信、普及・啓発等を主たる業務とする。
ja.wikipedia.org/wiki/生物多様性センター

環境省からのメールマガジンです。
2013年11月01日に配信

環境省からのメールマガジンです。(生物多様性キャンペーンの協力) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月25日に配信)

Nuvola_apps_kalzium.png

Radioactivesvg_3.png

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ、英語: radioactive substance)とは、放射能を持つ物質の総称である。主に、ウラン、プルトニウム、トリウムのような核燃料物質、放射性元素もしくは放射性同位体、中性子を吸収又は核反応を起こして生成された放射化物質を指す。 原子力施設や放射線利用施設などで発生する放射性物質を含む廃棄物を、放射性廃棄物という。 放射性物質の危険性: 放射線被曝: 放射性物質が発見されたときには、放射線被曝が人体にどのような損傷を与えるかが知られていなかったために、キュリー夫妻のような初期の研究者は放射線障害に苦しんだり、白血病などで健康を害することが多々あった。 放射性物質を体内に取り込んでしまった場合には間隔と遮蔽を取ることが不可能なので、内部被曝はすべての放射線が影響を及ぼす。また体内に取り込まれた放射性物質は元素の種類により、特定の組織・臓器に沈着する。放射性セシウム137は筋肉・全身に、放射性ヨウ素131は甲状腺に、放射性ストロンチウム90は骨に沈着するなど。特にプルトニウム238などが放出するアルファ線は放射線荷重係数が大きく人体への影響も甚大である。
ja.wikipedia.org/wiki/放射性物質

環境省からのメールマガジンです。
2013年10月25日に配信

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月25日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信)

Bioakkumulation_von_schadstoffen.png

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

残留性有機汚染物質(ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ)(Persistent Organic Pollutants、POPs)とは、自然に分解されにくく生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物のこと。物質によっては使用されたことのない地域でも検出されることがあり広範囲に影響をおよぼす可能性がある。 ダイオキシン類・ポリ塩化ビフェニル(PCB)・DDTなどがこの物質にあたる。 国内において発生する問題のみならず、地球環境問題であることから予防的取組として、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)にて国際的なPOPsの廃絶、削除等を行う枠組みが設けられた。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(英語:Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants)とは、早急な対応が必要と思われる残留性有機汚染物質(POPs)の減少を目的として、それらの指定物質の製造・使用・輸出入の禁止または制限をする条約。残留性有機汚染物質条約、ストックホルム条約、POPs条約とも呼ばれる。 2001年5月に採択、2004年5月17日に発効、日本は2002年に受諾している。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

環境省からのメールマガジンです。
2013年10月21日に配信

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(IAEAの除染ミッション)

463px-Emblem_of_the_United_Nations_svg.png

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

国際原子力機関(International Atomic Energy Agency、IAEA)は、国際連合傘下の自治機関であり、原子力の平和利用を促進し、軍事転用されないための保障措置の実施をする国際機関である。 本部はオーストリアのウィーンにある。またトロントと東京の2ヶ所に地域事務所と、ニューヨークとジュネーヴに連絡室がある。
ja.wikipedia.org/wiki/国際原子力機関

環境省(MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ることを任務とする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/環境省

環境省からのメールマガジンです。
2013年10月04日に配信

環境省からのメールマガジンです。(IAEAの除染ミッション) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月01日に配信)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

環境省(かんきょうしょう、Ministry of the Environment, MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ることを任務とする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/環境省

環境省 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月01日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る