濤沸湖ファンクラブ の検索結果: 1 件

網走市の濤沸湖水鳥・湿地センターで 写真展「タスマニア紀行」

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

375px-Singschwan.jpg

網走市の濤沸湖水鳥・湿地センターで 写真展「タスマニア紀行」

関連記事

写真展「タスマニア紀行」 網走の女性南半球の動植物紹介 濤沸湖水鳥・湿地センター3月末まで
網走市の濤沸湖水鳥・湿地センターで、市内の女性の写真展「タスマニア紀行」が開かれている。観覧無料。3月末まで。昨年、オーストラリア・タスマニア島に旅し、撮影したワライカワセミなど南半球の動植物の写真36点を展示している。後藤さんは同センターのボランティア組織「濤沸湖ファンクラブ」会員。同センターは「北半球と南半球の自然の差異を知ってほしいです」と話している。(玲)(2018年2月26日の記事 経済の伝書鳩

タスマニア州(英: Tasmania 英語発音: [tæzˈmeɪniə]、略号:TAS)は、オーストラリアの州の1つである。オーストラリア本土の南方海上に位置しており、州都は島内における最大の都市であるホバートである。(タスマニア州 – Wikipedia

濤沸湖(とうふつこ)は北海道東部、網走市と小清水町にまたがる汽水湖。面積は約900ha。網走国定公園に含まれる。ラムサール条約に登録されている(2005年)。 歴史 / 砂州が発達した細長い砂丘により海と遮断されて汽水湖になる。湖の名前の由来はアイヌ語の「トー・プッ」(湖・口)。 自然 / 湖岸の低地には塩性湿地帯が発達しており、なかでもアッケシソウのシーズンには多くの観光客が訪れる。多くの野鳥が飛来する湖で、ガン・カモ類は毎年6万羽以上が飛来する。その他オオヒシクイ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、ミコアイサ、ウミアイサは東アジア地域個体群の1%以上を支えている。オジロワシ・オオワシといった猛禽類も多く越冬する。日本では珍しいシマアオジが繁殖している。近年ではタンチョウの繁殖が確認されている。湖内には藻場も発達し魚介類の水揚げもある。 自主ルールの制定 / 環境省の2011年度からの3カ年事業の一環として、自治体、観光協会、農協、漁協、専門家、住民によって特定エリアの立入制限などを設ける自主ルールが策定され、2014年11月1日から運用されることとなった。(濤沸湖 – Wikipedia

関連サイト

濤沸湖ファンクラブとは?|濤沸湖水鳥・湿地センター

濤沸湖水鳥・湿地センター|北海道・網走市

濤沸湖水鳥・湿地センター – ホーム | Facebook

関連エントリ

濤沸湖水鳥・湿地センター の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

濤沸湖ファンクラブ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る