活汲アールブリュット美術館 の検索結果: 1 件

活汲アールブリュット美術館 (北海道津別町)

活汲アールブリュット美術館 (北海道津別町)

関連記事

3日から活汲アールブリュット美術館で作品展 2019/08/02掲載(津別町/告知) 津別在住・男性 / 津別町在住の男性の作品展が3日(土)から、活汲アールブリュット美術館(活汲280の8)で開かれる。 男性は1994(平成6)年、津別町出身。中学生の頃から木彫やパズル、砂絵などを作り始めた。現在は障がい者の自立を支援するNPO美幌えくぼ福祉会のメンバーとして作業に従事しながら、制作を続けている。 作品展は3日のほか4日(日)、10日(土)、11日(日)の午前10時~午後4時に開催。入館料は600円(ワンドリンク付き)。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝鳩)

アウトサイダー・アート(英: outsider art)とは、西洋の芸術の伝統的な訓練を受けていない人が制作した作品であるが、アートとして扱われているものを指す。 フランスの画家・ジャン・デュビュッフェが1945年にアール・ブリュット(生の芸術)と呼んだ、強迫的幻視者や精神障碍者の作品は、1967年にパリ装飾美術館(フランス語版)にて初めて展示され公的に認知された。 障害者アートとの関係 / 日本ではアウトサイダーアートというと知的障害者、精神障害者あるいは精神病患者が精神病院内におけるアートセラピー(芸術療法、クリエイティヴ・セラピーの一種)などで描いた絵画と思われることが多い。しかしヨーロッパでは障害者アートがアウトサイダー・アートの市場に占める割合は全体の半分程度と見られている。 芸術作品で生計を立てたり、既存の団体に発表することなく、独学で孤独に作品を作り続けた人達、刑務所などで初めて絵画に取り組んだ人達などの作品も含む。 一方、日本の障害者福祉の世界ではアウトサイダー・アートという語は本来の意味(伝統的な美術業界の外部)が誤解され、障害者の社会的包摂に反するものとして根強い反発がある。 こうした経緯もあり、日本では障害者アートにエイブル・アートと名付けている団体もある。「エイブル・アート」は商標登録もされている。 (アウトサイダー・アート – Wikipedia)

日本のアウトサイダー・アート / この記事では、日本におけるアウトサイダー・アート (英語:outsider art)またはアール・ブリュット (フランス語:art brut)について解説する。 アウトサイダー・アート、アール・ブリュットの定義は様々であって、また、この概念自体(特に、アウトサイダー・アート)が、例えばそう呼ばれる美術作品を主流の美術(つまり、インサイダー)から外すものだと批判されることもある。しかし、本記事では、例えば障害者芸術に留まらない、いままであまり顧みられなかった美術全体について扱うために、代表的な呼称であるアウトサイダー・アートを採用することにする。特に取り上げる論者がアウトサイダー・アートとアール・ブリュットどちらの用語を採用しているかによって両者を使い分けることとするが、ここでは、それぞれの用語の解説はアウトサイダー・アートの記事に譲って、特に意味の使い分けはしない。
(日本のアウトサイダー・アート – Wikipedia)

関連サイト

活汲アールブリュット美術館ホームページ

美幌えくぼ福祉会ホームページ

関連エントリ

活汲アールブリュット美術館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る