池宮英夫 の検索結果: 68 件

アントニオ・カーノ(Antonio Cano 1811-1897)

cano.jpg

2009.02.01.jpg

Ikemy(池宮英夫)のニュースレター「新曲Upのお知らせ」:日本および世界各国の音楽愛好の皆様と、この度の大震災と原発事故で被災された皆様にご案内します。

写真: アントニオ・カーノ(Antonio Cano 1811-1897 スペインのギタリスト、教師、作曲家)(生誕100年)

アントニオ・カーノ(Antonio Cano 1811-1897) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

春の歌のように(メンデルスゾーン)

481px-Felix_mendelssohn_bartholdy.jpg

800px-Colorful_spring_garden.jpg

Ikemy(池宮英夫)のニュースレター「新曲Upのお知らせ」:日本および世界各国の音楽愛好の皆様にご案内します。

写真: ドイツロマン派の作曲家フェリックス・メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn)と春の花。

無言歌集 (メンデルスゾーン) – Wikipedia 無言歌集(むごんかしゅう)は、フェリックス・メンデルスゾーンによって作曲された一連のピアノ独奏のための作品集である。 ドイツ語の原題では“Lieder ohne Worte”(言葉のない歌)である。(英語では Songs Without Words, フランス語では Romances sans paroles と呼ばれる。)
「春の歌のように」(Frühlingslied genannt.)

春の歌のように(メンデルスゾーン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

マンドリン無伴奏ソロ曲「小さなガボット」(カラーチェ)

800px-Neapolitan_mandolin_001_2.jpg

img_index02.jpg

Ikemy(池宮英夫)のニュースレター「新曲Upのお知らせ」:日本と世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご案内します。

写真: マンドリン(ナポリ型マンドリン) ギターやマンドリンなど撥弦楽器コレクション(美幌音楽人 加藤雅夫

マンドリン – Wikipedia
マンドリン(英: Mandolin、独・仏: Mandoline、伊: Mandolino)はイタリア発祥の撥弦楽器。 日本で本格的にマンドリンが流行するきっかけとなったのは1924年のラファエレ・カラーチェの来日である。彼は摂政宮(のちの昭和天皇)のために御前演奏するなど、各地で演奏会を開いている。彼の来日に影響を受けたマンドリン奏者の中に後に作曲家として活躍する鈴木静一・中野二郎・服部正がいる。

ラファエレ・カラーチェ (Raffaele Calace, 1863年12月29日 – 1934年11月14日)は、イタリアの作曲家、マンドリンのヴィルトゥオーゾ。 楽器製作者アントニオ・カラーチェ (Antonio Calace, 1828年 – 1876年) を父としてナポリに生まれる。

マンドリン無伴奏ソロ曲「小さなガボット」(カラーチェ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

天国と地獄(1858)

Offencolor.jpg

Orpheus1858.jpg

396px-Orfeu-atenas.jpg

Ikemy(池宮英夫)の今年最初のニュースレター「新曲Upのお知らせ」:日本と世界のマンドリン・ギター音楽愛好の皆様にご案内します。

写真:オッフェンバック(J. Offenbach), ポスター(1858), リラ(竪琴)とオルフェウス

天国と地獄(1858) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Songs Without Words for Guitar

Ikemy(池宮英夫)の今年最後のニュースレター「新曲Upのお知らせ」:日本と世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご案内します。

無言歌(むごんか、ドイツ語:Lieder ohne Worte、英語:songs without words、 フランス語:romances sans paroles)は、ロマン派音楽に伝統的な抒情的小品または性格的小品の一種。「言葉のない歌」という意味。メンデルスゾーンが最初に用い、作曲した。(Wikipedia)

Songs Without Words for Guitar の全文を読む

このページの先頭へ戻る

シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」

Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

800px-Rosa_Ave_Maria_1.jpg

481PX-~1.JPG

Ikemy(池宮英夫)の12月ニュースレター「新曲Upのお知らせ」: 日本と世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご案内します。

上の写真は、Franz Schubert(フランツ・シューベルト)、Rose ‘Ave Maria’(薔薇アヴェ・マリア)、Virgin Mary(聖母マリア)。

シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オルガンの曲、「フーガ ト短調 BWV578」(Bach)

Bach.jpg

400px-1887-Japanese-women-Western-Bustled-fashions.jpg

Ikemy(池宮英夫)の11月ニュースレター「新曲Upのお知らせ」: 日本と世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご案内します。

写真: バッハ(ドイツの作曲家、オルガニスト) 明治時代のリードオルガン

オルガンの曲、「フーガ ト短調 BWV578」(Bach) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Andalucía(Habanera) Camille Cannas(カミーユ・カンナ)

PatioDeLosLeones.jpg

686PX-~1.jpg

Ikemy(池宮英夫)から10月のニュースレター「新曲Upのお知らせ」: 日本および世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご紹介します。

写真: アルハンブラ宮殿(グラナダ) アンダルシア州(スペインの南部にあり州都はセビリア)。

Andalucía(Habanera) Camille Cannas(カミーユ・カンナ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

マウロ・ジュリアーニのギター曲「アレグロ」

200px-Mauro_Giuliani_1781-1829.gif

Ikemy(池宮英夫)さんから10月のニュースレター「新曲Upのお知らせ」が届きました。日本及び世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご紹介いたします。

写真: マウロ・ジュリアーニ(Mauro Giuliani)
マウロ・ジュゼッペ・セルジオ・パンタレーオ・ジュリアーニ(Mauro Giuseppe Sergio Pantaleo Giuliani, 1781年7月27日 – 1829年5月8日)はナポリ王国のギタリスト・作曲家。19世紀初頭におけるクラシック・ギターのヴィルトゥオーゾの一人と看做されている。 (Wikipedia

マウロ・ジュリアーニのギター曲「アレグロ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

MIDI マンドリン・アンサンブル「アメイジング・グレイス」(賛美歌)

Ikemy(池宮英夫)から9月のニュースレター「新曲Upのお知らせ」が届きました。日本及び世界のギター・マンドリン音楽愛好の皆様にご紹介いたします。

写真: 奥尻島の夕日(北海道) アメリカの9/11

MIDI マンドリン・アンサンブル「アメイジング・グレイス」(賛美歌) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る