民族衣装 の検索結果: 18 件

世界の民族衣装

世界の民族衣装

オセアニ地方、アアフリカ地方、ヨーロッパ地方、北アメリカ地方、南アメリカ地方

関連記事

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 各地の民族衣装 / 中国 / 中国では古代から17世紀まで漢服が着られていた。清朝では満州民族の衣服と弁髪が強制され、漢服は道士などの衣服に名残をとどめるのみとなった。現在では一部に漢服復興運動がある。 満州民族が建国した清では、細い筒袖や裾の長いスリットをもつ、乗馬に適した旗装が着用された。女性用の旗装を現代風にアレンジしたものがチャイナドレスである。中華人民共和国が成立してからは人民服(中山服)が着用されたが、21世紀の現在は洋装が広く行われている。 日本 / 日本の民族衣装である和服(着物・呉服などともいう)は、平安時代の庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期から中世にかけて上流階級にまで広がり、日本独自の発展を遂げたものである。平安時代中期以前の貴族は漢服の流れを汲む礼服などの衣装も着用しており、束帯などの儀礼的和服は漢服の影響を受けている。安土桃山時代から江戸時代にかけてはポルトガルの影響も受け、ポルトガルの衣服が日本化した股引・鯉口シャツなどは広く庶民の作業着や下着として普及した。現在では男性は紋付きの羽織・袴、女性は留袖・振袖などが正装として使われる、礼服としての和服は用途(結婚式や葬式など)によって使い分ける。普段着としては多くが廃れ、わずかに浴衣(男性では甚平・作務衣なども)が夏場に好まれている。 朝鮮半島 / 朝鮮半島の民族衣装は韓服と呼ばれており、長いプリーツ・スカートの形状をしたチマと、丈の短く結び紐があるチョゴリ(上衣)を組み合わせた女性用のチマチョゴリが代表的である。男性はやや長めのチョゴリに、パジというズボン状のものをはき、外套(トゥルマギ)を着る。騎馬遊牧民の衣装であった胡服を原型に、中国(隋・唐)の民族衣装であった漢服や、モンゴル帝国の民族服デール(胡服系)の影響を受けている。 東南アジア / ベトナムでは清朝の影響を受けた女性服、アオザイがある。 清朝の影響をあまり受けなかった地域では巻衣(ドレーパリ)形式が発達した。巻衣には、ミャンマーの僧侶が着る黄衣、一般男女が着るロンギー、マレーシアのサロン、インドネシアのスレンダン、カバヤ、フィリピンのバロン・タガログなどがある。 インド / インド人女性は、チョリというシャツ、ガーグラというスカートを履き、その上からサリーをまとう。北インドではサリーの他にサルワール・カミーズやレヘンガも着用される。北インドの男性用民族衣装はクルター・パジャマ。腰巻のルンギーやドーティーなどもある。シク教徒の男性はターバンを頭に巻く。極東部や中部山岳地帯の少数民族は、一般的なインド人の民族衣装とは異なる衣装を着用する。 (民族服 – Wikipedia)

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。 オセアニア地方 / メラネシア:タパ / フィジー:スル / タヒチ島:パレオ / アフリカ地方 / ガーナ:ケンテ / エジプト:ガラビア、ロインクロス / ケニア:カンガ / ニジェール:トベ / ヨーロッパ地方 / イタリア:トガ(古代ローマ)、マニカ・スタッカビーレ / オランダ:サボ / ギリシャ:ヒマティオン(古代)、 / ブルガリア:スクマーン / ロシア:ルバシカ、サラファン、ウシャンカ / イギリス:キルト(スコットランド) / ドイツ:レーダーホーゼン / オーストリア:ディアンドル / フランス:コアフ / 北アメリカ・南アメリカ地方 / メキシコ:ソンブレロ / パナマ:ポリェラ / チリ:ポンチョ / グアテマラ:ウィピル、 / ボリビア:ポリェラ / アメリカ合衆国:アノラック(イヌイット) (民族衣装一覧 – Wikipedia)

A folk costume (also regional costume, national costume, or traditional garment) expresses an identity through costume, which is usually associated with a geographic area or a period of time in history. It can also indicate social, marital or religious status. If the costume is used to represent the culture or identity of a specific ethnic group, it is usually known as ethnic costume (also ethnic dress, ethnic wear, ethnic clothing, traditional ethnic wear or traditional ethnic garment). Such costumes often come in two forms: one for everyday occasions, the other for traditional festivals and formal wear. Following the outbreak of romantic nationalism, the peasantry of Europe came to serve as models for all that appeared genuine and desirable. Their dress crystallised into so-called “typical” forms, and enthusiasts adopted that attire as part of their symbolism. In areas where Western dress codes have become usual, traditional garments are often worn at special events or celebrations; particularly those connected with cultural traditions, heritage or pride. International events may cater for non-Western attendees with a compound dress code such as “business suit or national dress”. In modern times, there are instances where traditional garments are required by sumptuary laws. In Bhutan, the traditional Tibetan-style clothing of gho and kera for men, and kira and toego for women, must be worn by all citizens, including those not of Tibetan heritage. In Saudi Arabia, women are also required to wear the abaya in public. (Folk costume – Wikipedia)

関連エントリ

世界の民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Folk costume の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

世界の民族衣装 アジア地方

世界の民族衣装 アジア地方

関連記事

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 各地の民族衣装 / 中国 / 中国では古代から17世紀まで漢服が着られていた。清朝では満州民族の衣服と弁髪が強制され、漢服は道士などの衣服に名残をとどめるのみとなった。現在では一部に漢服復興運動がある。 満州民族が建国した清では、細い筒袖や裾の長いスリットをもつ、乗馬に適した旗装が着用された。女性用の旗装を現代風にアレンジしたものがチャイナドレスである。中華人民共和国が成立してからは人民服(中山服)が着用されたが、21世紀の現在は洋装が広く行われている。 日本 / 日本の民族衣装である和服(着物・呉服などともいう)は、平安時代の庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期から中世にかけて上流階級にまで広がり、日本独自の発展を遂げたものである。平安時代中期以前の貴族は漢服の流れを汲む礼服などの衣装も着用しており、束帯などの儀礼的和服は漢服の影響を受けている。安土桃山時代から江戸時代にかけてはポルトガルの影響も受け、ポルトガルの衣服が日本化した股引・鯉口シャツなどは広く庶民の作業着や下着として普及した。現在では男性は紋付きの羽織・袴、女性は留袖・振袖などが正装として使われる、礼服としての和服は用途(結婚式や葬式など)によって使い分ける。普段着としては多くが廃れ、わずかに浴衣(男性では甚平・作務衣なども)が夏場に好まれている。 朝鮮半島 / 朝鮮半島の民族衣装は韓服と呼ばれており、長いプリーツ・スカートの形状をしたチマと、丈の短く結び紐があるチョゴリ(上衣)を組み合わせた女性用のチマチョゴリが代表的である。男性はやや長めのチョゴリに、パジというズボン状のものをはき、外套(トゥルマギ)を着る。騎馬遊牧民の衣装であった胡服を原型に、中国(隋・唐)の民族衣装であった漢服や、モンゴル帝国の民族服デール(胡服系)の影響を受けている。 東南アジア / ベトナムでは清朝の影響を受けた女性服、アオザイがある。 清朝の影響をあまり受けなかった地域では巻衣(ドレーパリ)形式が発達した。巻衣には、ミャンマーの僧侶が着る黄衣、一般男女が着るロンギー、マレーシアのサロン、インドネシアのスレンダン、カバヤ、フィリピンのバロン・タガログなどがある。 インド / インド人女性は、チョリというシャツ、ガーグラというスカートを履き、その上からサリーをまとう。北インドではサリーの他にサルワール・カミーズやレヘンガも着用される。北インドの男性用民族衣装はクルター・パジャマ。腰巻のルンギーやドーティーなどもある。シク教徒の男性はターバンを頭に巻く。極東部や中部山岳地帯の少数民族は、一般的なインド人の民族衣装とは異なる衣装を着用する。 (民族服 – Wikipedia)

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。 アジア地方 / 日本:和服、琉装、アットゥシ(アイヌ) / 朝鮮:韓服(チマチョゴリ) / 中国:漢服(漢民族及び中国大陸の中国人)、チャイナドレス(満州民族及び香港・台湾と海外の華人)と他の少数民族の民族服 / 台湾:チャイナドレス(台湾の中国人)方衣(台湾の原住民、高砂族) / モンゴル:デール / ベトナム:アオザイ / タイ:パーシン / ミャンマー:エンジー・ロンジー / インドネシア:サロン・カバヤ / インド:サリー、サルワールカミーズ、ドウティ / ブータン王国:キラ、ゴ / パキスタン:サルワール・カミーズ / アフガニスタン:チャドリ、ペロン・トンボン / アラブ首長国連邦:クーフィーヤ、アバヤ / タジキスタン:アトラス、トゥッピー / サウジアラビア:クーフィーヤ / トルコ:カフタン、フェズ (民族衣装一覧 – Wikipedia)

A folk costume (also regional costume, national costume, or traditional garment) expresses an identity through costume, which is usually associated with a geographic area or a period of time in history. It can also indicate social, marital or religious status. If the costume is used to represent the culture or identity of a specific ethnic group, it is usually known as ethnic costume (also ethnic dress, ethnic wear, ethnic clothing, traditional ethnic wear or traditional ethnic garment). Such costumes often come in two forms: one for everyday occasions, the other for traditional festivals and formal wear. Following the outbreak of romantic nationalism, the peasantry of Europe came to serve as models for all that appeared genuine and desirable. Their dress crystallised into so-called “typical” forms, and enthusiasts adopted that attire as part of their symbolism. In areas where Western dress codes have become usual, traditional garments are often worn at special events or celebrations; particularly those connected with cultural traditions, heritage or pride. International events may cater for non-Western attendees with a compound dress code such as “business suit or national dress”. In modern times, there are instances where traditional garments are required by sumptuary laws. In Bhutan, the traditional Tibetan-style clothing of gho and kera for men, and kira and toego for women, must be worn by all citizens, including those not of Tibetan heritage. In Saudi Arabia, women are also required to wear the abaya in public. (Folk costume – Wikipedia)

関連エントリ

世界の民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Folk costume の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の民族衣装 和服

日本の民族衣装 和服

関連サイト

和服 日本在来の衣服 / 和服(わふく)とは、日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。着物(きもの)ともいう。 概説 /「和服」という用語 / 和服’は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれたレトロニムである。 (和服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

和服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

朝鮮の民族衣装 韓服

朝鮮の民族衣装 韓服

関連記事

韓服 朝鮮の伝統的衣装 / 韓服(かんふく、かんぷく、ハンボッ)は、朝鮮半島地域の民族衣装の韓国での呼び方。女性用のチマチョゴリが有名である。現在は揃える衣装の種類が増えてきた。男性の韓服の場合、チョゴリ(上衣)とバジ(下衣)にチョッキあるいはマゴジャ(馬褂子/重ね着する上着)を着る。さらにトゥルマギ(周莫衣/外套の一種)を着れば、外出着から礼服としても通用する服装となる。 (韓服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

韓服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の民族衣装 漢服

中国の民族衣装 華服

関連記事

漢服(かんふく、簡体字:汉服)は、漢民族の伝統的な民族服のことで、また漢装(かんそう)とも言う。漢服は漢民族の伝統的な服飾で、黄帝が即位した紀元前2500年ごろから1600年ごろの明の滅亡まで、4100年間の装飾物・礼典体系の総称である。また、漢民族が代々着用していた民族衣装の名称としても用いられる。透明で独特な「飄逸感」、長い袖・襟・襦・袴、歩く時のさやさや揺れる感覚が漢服の特徴である。漢服というのは中国人の観念を服に具現化したものとされ、漢民族の主要な居住地において、『周礼』と漢民族古来の「敬天僅命」の思想を生み出した。「華夏―漢(中国を支配した異民族でも、最終的に漢民族に同化される)」という文化を背景として、また中国の儀礼文化を基つく、自然に形成された服装体系である。 日本の飛鳥時代・奈良時代の和服は聖徳太子の大化改新によって、隋王朝と唐王朝の漢服の影響を受けた。韓国の韓服も、高麗時代らか朝鮮時代まで中国への朝貢・冊封関係により、元王朝・明王朝の漢服を模倣した。 (漢服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

華服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アイヌの民族衣装展・アイヌの星 (北海道 北網圏北見文化センター)

アイヌの民族衣装展・アイヌの星 (北海道 北網圏北見文化センター)

関連記事

「アイヌの民族衣装展」 2019/11/20掲載(北見市/文化) 北網圏北見文セン特別展 民族衣装など100点展示 / 12月1日まで 撮影コーナーも / 北網圏北見文化センター主催の特別展「アイヌの民族衣装展」が、同センターで開かれている。道立北方民族博物館所蔵の民族衣装や小物類など約100点を展示している。12月1日まで。無料。 さまざまな模様の民族衣装が美術展示室の壁面にずらりと並び、室内の中央には首飾りなどが展示されている。また、民族衣装を着て写真を撮影できるコーナーも設けられている。 同センターによると、これだけの数の資料を一度に観覧できる機会は限られているといい、来場を呼び掛けている。 期間中、プラネタリウム特別番組「アイヌの星」が上映される。問い合わせはセンター(0157・23・6700)へ。(匡) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

アイヌの民族衣装展 2019/11/06掲載(北見市/告知・文化) 北網圏北見文化センター特別展 / 北網圏北見文化センター主催の特別展「アイヌの民族衣装展」が9日(土)~12月1日(日)、同センターで開かれる。道立北方民族博物館所蔵の民族衣装や道具、小物類など約100点を展示。期間中、プラネタリウム特別番組「アイヌの星」の上映や舞台公演など、多彩なイベントを実施する。 11月9日~12月1日 プラネタリウム特別番組の上映や舞台公演など多彩に / 期間中の11月15日午後7時~8時半と16日3時~4時半、劇団ムカシ玩具(東京)の役者・脚本・演出を手掛ける舞香さんと、シンガーソングライターのいわさききょうこさん(東京)による舞台「神々の謡~知里幸恵の自ら歌った謡」をプラネタリウム室で実施。 アイヌ文化の継承に尽力し、19年という短くも力強い生涯を生き抜いた知里幸恵さんを舞香さんが演じる。 また、16日午後1時~2時、同博物館の笹倉いる美学芸員が展示品を解説するギャラリートークを行う。30日午後1時~3時、小学生以上を対象にアイヌ刺繍のコースターを作るワークショップを開く。 特別展の入場は無料。プラネタリウムは観覧料が必要。舞台公演は無料で、定員は各70人。申し込みを先着順に受け付けている(15日の公演は中学生以下保護者同伴)。ギャラリートークの参加は無料で、申し込み不要。ワークショップは参加料500円で、申し込みを12日午前9時から先着順に受け付ける。 申し込み、詳細はセンター(0157・23・6700)へ。(匡) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

アイヌの民族衣装展 | 北網圏北見文化センターのホームページ

北網圏北見文化センターのホームページ

関連エントリ

イランカラプテ川柳 (二月)- 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

424px-Balalaika_svg.png

Domra210.jpg

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

1991年(平成3年) 7月1日、北海道のオホーツクマンドリンアンサンブルは、ソ連邦サハリン州ポロナイスク市(旧樺太・敷香町・シスカ)訪問。日ソ親善友好芸術祭を開催した。会場はポロナイスク市民ホール。共催はポロナイスク市・ソ日親善協会・青年同盟・北見メデイツィア会。共演はロシア舞踊団・ギター弾き語り・韓国朝鮮の青年舞踊音楽団・北方少数民族アンサンブル「メングーメ・イルガ(銀の文様)」・日本舞踊・オホーツクマンドリンアンサンブル。 マンドリン合奏「浜辺の歌~荒城の月」に前席の残留(日本人・韓国人・朝鮮人)のお年寄りたちが涙涙の合唱。娘のロシア語「赤いサラファン」は拍手最大。最後の「カチューシャ~丘を越えて」は大合唱でした。がんばって来てよかった。 1991年12月、ソ連崩壊のニュースに、ビックリ仰天した!

関連記事

「赤いサラファン」(ロシア語: Красный сарафан)は、ロシアの歌曲である。 概要 / アレクサンドル・エゴロヴィチ・ヴァルラーモフにより1834年に作曲された。ニコライ・グリゴリエヴィチ・ツィガーノフ(英語版、ロシア語版)[1]による1831年作の詩につけられたと伝えられている。 『サラファン(ロシア語: сарафан)』とはロシアの女性がルバシカ(ブラウス)の上に着るジャンパースカートに似た民族衣装である。 結婚に乗り気でない娘とそれを諭す母親との会話により成り立っている。原詩は10番まであり、1番から5番までは娘の台詞、6番から10番は母親の台詞である[2]。ロシア語の “赤い”(красный、クラースヌィ)には “美しい” という意味もある。 ロシアでは現在に至るまで歌い継がれている作品である。 (赤いサラファン – Wikipedia)

«Красный сарафан» — известная русская песня; автор стихов — Н. Г. Цыганов, композитор А. Е. Варламов. Предположительный год создания и стихотворного текста, и музыки — 1832 г., первая публикация — в первом же песенном сборнике А. Варламова «Музыкальный альбом на 1833 год», куда вошло девять песен и романсов; по другим источникам, музыка была написала 1833 году; первая публикация — 1834 г..
Место рождения песни: Москва. Хотя песня имеет авторство, она очень часто позиционируется как народная[3][4], а исполнители используют различные ее варианты; некоторые устаревшие слова постепенно заменились на более современные литературные (родимушка — родимая и т. д.).
Автор стихов / Поэт Николай Григорьевич Цыганов (1797—1832[1] или 4(16).XII.1800 −1833, возможно 1797—1831) своим современникам был более известен как драматический актер. Поначалу он был актером в Саратове, затем поступил в московскую императорскую группу. Одновременно с актерской деятельностью Николай Цыганов писал и издавал свои стихи. А кроме того, часто и сочинял мелодию к своим стихам. Обычно он сам был и первым исполнителем их, аккомпанируя себе на гитаре. Николай Григорьевич Цыганов был участником кружка любителей пения при Малом театре. Многие тексты Цыганова не сохранились: возможно, среди песен, чье авторство не установлено, есть песни Цыганова.
Композитор / Александр Егорович Варламов (15 (27) ноября 1801 — 15 (27) октября 1848) — известный русский композитор, автор около 150 романсов и песен, вошедших в классику русского искусства и не утерявших современного звучания вплоть до нашего времени. В 1831 или 1932 году А.Варламов был переведен из Петербурга на службу в Москву — он поступил в Московскую императорскую театральную труппу помощником капельмейстера и «композитором музыки». Очень часто он становился сам первым исполнителем собственных произведений. (Красный сарафан (романс) – Wikipedia

音楽動画

Красный сарафан

赤いサラファン

img_history40_28
img_history40_30
img_history40_31
img_history40_33

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 40代 1991年7月 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ウィルタ語で「大切な物を収める家」という意味のジャッカ・ドフニ – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクマンドリンアンサンブル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

SKAZ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

赤いサラファン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Красный сарафан (романс) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148
JICA (Japan International Cooperation Agency) Newsletter vol.148

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA (国際協力機構)からの メールマガジンです。(2014年4月1日に発行)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

国際協力機構
独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、略称JICA、ジャイカ)は、独立行政法人国際協力機構法に基づいて、2003年10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。(wiki/国際協力機構

JICA (国際協力機構)からの メールマガジンです。(2014年4月1日に発行)

JICA (国際協力機構)からの メールマガジンです。(2014年4月1日に発行) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.35」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。

日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る