武井守成 の検索結果: 7 件

2019 マンドリンの日コンサート (10月11日・マンドリンの日)

2019 マンドリンの日コンサート (10月11日・マンドリンの日)

10月11日 マンドリンの日 / 2017年 日本マンドリン連盟は マンドリン界に多大な貢献をされた武井守成氏の誕生日にあたる10月11日を「マンドリンの日」としました。

関連記事

武井 守成(たけい もりしげ Morishige Takei、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 経歴 / 父は元姫路藩士で、貴族院議員に勅撰、枢密顧問官に親任され男爵を授けられた武井守正。武井守正が第2代知事として鳥取県に赴任していたときに、二男として鳥取市で生まれた。 1903年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1909年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1913年、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)イタリア語科を卒業した。1917年に宮内省に式部官として入省。1921年に楽部長を兼任。その後、式部職儀式課長を経て、1941年より式部次長。1945年7月には式部長官(翌年「式部頭」と改称)に就任し、1947年3月まで務めた。 栄典 / 外国勲章佩用允許 / 1924年(大正13年)5月19日 – フランス共和国ドラゴンドランナン勲章オフィシエ。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

一般社団法人・日本マンドリン連盟(にほんマンドリンれんめい、英語表記はJapan Mandolin Union、略称はJMU)は、日本のマンドリン音楽の普及を目的として1968年に創設された。 日本のクラシック・マンドリン関係者をカバーする全国組織としては、JMUのほか大学のマンドリン合奏団体が集う全日本学生マンドリン連盟があるが、JMUは大学を含む学生と社会人の演奏団体および個人を正会員とする。民間の任意団体であったが2013年に一般社団法人化された。 (日本マンドリン連盟 – Wikipedia)

関連サイト

「マンドリンの日」を設定(10月11日) – 日本マンドリン連盟 北海道支部ホームページ

TIAA披露演奏会への道④ なんと、披露演奏会に変更点が…! : えぶたんのほっぺ

関連エントリ

日本の作曲家 武井守成 (マンドリンオーケストラ) – 美幌音楽人 加藤雅夫

一般財団法人 日本マンドリン連盟 北海道支部のホームページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

一般財団法人 日本マンドリン連盟のホームページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本マンドリン連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

マンドリンの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

250px-Cosmos_Kinchakuda_3

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

関連記事

雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある。 文化・生活 / 雨の概念や雨に対する考え方は、その土地の気候によって様々なものがある。イギリス、ドイツ、フランスなど西洋の温暖な地域(西岸海洋性気候の地域)では「雨」を悲しいイメージで捉える傾向が強く、いくつかの童謡にもそれが表現されている。一方、雨が少ないアフリカや中東、中央アジアの乾燥地帯などでは、雨が楽しいイメージ、喜ばしいものとして捉えられることが多く、雨が歓迎される。 民俗 / 古来より人は、恵みをもたらす半面災厄をもたらす雨を、崇拝すると同時に畏怖していたと考えられる。端的な例として、ノアの洪水のみならず、世界の破壊や創造をもたらす洪水神話は世界各地に存在する。洪水神話は、雨の破壊性と創造性の2つの面を象徴していると考えられる。 また、世界の多くの神話や伝承において雨は、至高神、天神、雷神の活動の結果としてもたらされると解釈されている。メソポタミア神話の天候神アダド、ヒッタイトの天候神テシュブ、フェニキアの嵐の神バアルは天候を支配し雨や洪水を司るとされ、神の怒りが洪水や干ばつの原因だとして恐れられた。ギリシア神話では、全能の神ゼウスが雷を武器として他の巨人や神々と戦う際に雨が降るとされた。インド神話では、王インドラが雷神でもあり、悪竜ブルトラを退治することで川に水を取り戻し、田畑を干ばつから救ったとされる。日本神話では、スサノオがヤマタノオロチを倒した際にその尾から出た天叢雲剣が雲を司る神器とされる。スサノオが高千穂峰に降りた天孫降臨の際には、雨と風がもたらされたと伝えられる。 さらに、天を父、大地を母とし、両者の交わりによって雨が降り大地に実りがもたらされるという、天父地母の信仰も広く見られる。 水辺に生息するカエルやヘビなどの動物はしばしば、水神や水神の化身や家来とされたり、雨とかかわりの深いものとされている。ヨーロッパでは、ある種の鳥や昆虫の活動を雨の前触れとする伝承が広く見られる。 雨と関わりの深い農耕や牧畜を行う民族・部族では「雨乞い」の習俗が存在する。雨への依存が大きいアフリカの農民や牧畜民では、雨乞いを行う雨乞師の社会的地位が高いという特徴がある。雨乞いの儀式には広く水や煙、鉦などが用いられるが、これは水が雨、煙が雲、鉦が雷鳴を象徴する類感呪術であると考えられている。一部では、特徴的な形状の自然物を「雨石」や「雨の葉」などの神聖な事物として祀る習俗もある。これに対し、長雨の終息を祈る「日乞い」の習俗も存在するが、雨乞いほど多くはない。 日本では、雨はそれ自体神格化されず、水神や龍神が司るものとされる。そして、神の出現の際には、神威の現れとして雨が降るとされる。これに通じるものとして、七夕などの節日や神社の祭礼の日には雨が降るという伝承も各地に伝わっている。田植えを終える目安とされる半夏生の日に降る雨を半夏雨と言い、田の神が天に昇るときの雨だとされている。また、歴史的に水田稲作が盛んであることから農民は雨に強い関心を抱いており、正月や節分における天気占いや雨乞いの儀礼が各地で行われてきた。 一方、大雨による洪水や山崩れを蛇身と化した水神のしわざだとする伝説や、激しい夕立や竜巻を龍神の昇天だとする伝承がある。そのほか、雨の夜には人魂や幽霊が現れやすいともされている。 雨は文化的モチーフにもなっている。季節を感じさせるものとして四季それぞれの雨に対する感性が大きく異なり、古来より雨は多くの文学や芸術のモチーフに叙情的に描かれ、江戸時代の浮世絵版画においては歌川広重が交差する線の表現など多様な雨の表現を開拓している。 (雨 – Wikipedia)

コスモス(英語: Cosmos 、学名:Cosmos)は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav. を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。 花言葉 / 少女の純真、真心、 コスモスの語源 / 語源「コスモ」(cosmo)はギリシャ語の「宇宙」の「秩序」を意味し、「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。 (コスモス – Wikipedia)

マンドリンオーケストラ曲とはマンドリンオーケストラによって演奏されることを前提に作曲された楽曲をいう。日本ではマンドリン2部・マンドラ・マンドロンチェロ・クラシックギター・コントラバスによる弦楽6部編成、ドイツではマンドロンチェロを含まない弦楽5部編成が一般的で、これに管打楽器が加わる曲も少なくない。 (マンドリンオーケストラ曲 – Wikipedia)

武井 守成(たけい もりしげ、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

関連動画

雨とコスモス 武井守成 | チャオ・マンドリーノ – YouTube

雨とコスモス 武井守成 | アンサンブル・ビアチェーレ – YouTube

雨とコスモス 武井守成(Pioggia e Cosmos) | 札幌プレクトラム・アンサンブル – YouTube

関連エントリ

武井守成 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Morishige Takei の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 武井守成 (マンドリンオーケストラ)

200px-Morishige_Takei_01

日本の作曲家 武井守成 (マンドリンオーケストラ)

関連記事

武井 守成(たけい もりしげ Morishige Takei、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 経歴 / 父は元姫路藩士で、貴族院議員に勅撰、枢密顧問官に親任され男爵を授けられた武井守正。武井守正が第2代知事として鳥取県に赴任していたときに、二男として鳥取市で生まれた。 1903年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1909年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1913年、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)イタリア語科を卒業した。1917年に宮内省に式部官として入省。1921年に楽部長を兼任。その後、式部職儀式課長を経て、1941年より式部次長。1945年7月には式部長官(翌年「式部頭」と改称)に就任し、1947年3月まで務めた。 栄典 / 外国勲章佩用允許 / 1924年(大正13年)5月19日 – フランス共和国ドラゴンドランナン勲章オフィシエ。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

関連サイト

オルケストラ シンフォニカ 東京 (OST)

日本マンドリン連盟 (マンドリン略史) – Jimdo

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 20代 1967〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本のマンドリンオーケストラについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武井守成 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Morishige Takei の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 菅原明朗 (マンドリンオーケストラ)

220px-Meireau_Soegaharat

日本の作曲家 菅原明朗 (マンドリンオーケストラ)

関連記事

菅原 明朗(すがはら めいろう、Meiro Sugawara、Méireaux Sœgaharat、1897年(明治30年)3月21日 – 1988年(昭和63年)4月2日)は、日本の作曲家、音楽の教育者、指導者、啓蒙家。本名は吉治郎。 経歴 / 兵庫県明石市大蔵町生まれ。菅原道真の菅原氏の末流。プロテスタントの幼稚園に通ったことから、明石第二尋常小学校(現在の市立人丸小学校)通学中の1908年(11歳)、洗礼を受ける(後年、カトリックに改宗)。1910年(13歳)京都二中(現在の京都府立鳥羽高等学校)に入学。その時代、陸軍軍楽隊長小畠賢八郎にホルンとソルフェージュを習った。 1914年(17歳)上京し、1918年(21歳)まで川端画学校洋画科で藤島武二に学んだ。画学校に通うかたわら作曲家の大沼哲に師事し、1915年(18歳)より作曲を発表。また、大田黒元雄・堀内敬三等の「新音楽グループ」に入り、雑誌「音楽と文学」同人となった。 1917年(20歳)、武井守成主宰のマンドリン楽団、「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」に入団し、また、「軍艦行進曲」で有名な瀬戸口藤吉に対位法を学んだ。1924年(27歳)初夏より1年あまり同志社大学マンドリン倶楽部の指揮をとり、1926年(29歳)、「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」の指揮者となった。この頃から、音楽作品が認められるようになった。当時のマンドリンオーケストラの編成は巨大化する傾向にあり、菅原の代表作「内燃機関」もフルート、バスクラリネット、トロンボーン、ピアノ、ハーモニウム、打楽器を加えたものであった。しかし1932年に「雑感」という文章を発表し、本格的な管弦楽の普及により、その代用としての巨大化したマンドリンオーケストラの役割は終わったとして、新しいマンドリンオーケストラの在り方を模索するよう主張し、マンドリン音楽界から去った。 その一方で1930年(33歳)、私立「帝国音楽学校」の作曲科主任教授となり、また、箕作秋吉、清瀬保二、橋本国彦、松平頼則ら16人と「新興作曲家連盟」を、さらに、1936年、門下の深井史郎らと「楽団創生」を結成した。 1938年、歌劇「葛飾情話」の上演後、そのときのアルト歌手、永井智子と結婚。 ドイツ系が主流だった当時の日本の洋楽界に、彼はフランス流の新風を吹き込んだが、1930年代中ごろからはイタリア音楽に接近し、チマローザやピツェッティに傾倒した。指揮活動は、自作の指揮ばかりでなく、たとえば1942年には、アルチュール・オネゲルのオラトリオ「ダヴィデ王」を松竹交響楽団により日本初演している。戦後はグレゴリオ聖歌に影響を受けた作品が多く、またキリスト教に関連する作品も多数残した。さらに1963年に神戸で活動する関西マンドリン合奏団と出会ってマンドリン界に復帰し、最晩年まで関西マンドリン合奏団のために多くの作曲や編曲を行った。 1967年の最初のイタリア旅行以降、彼はたびたびイタリアに長期滞在し、ピツェッティと親交を深めた。長寿の最期まで現役で、ハーモニカ奏者の崎元譲やアコーディオン奏者の御喜美江など若い演奏者のために作品を提供した。 1988年4月2日(91歳)、「ヨハネの黙示録」に基づいたカンタータの作曲中に、急死した。 (菅原明朗 – Wikipedia)

関連サイト

菅原明朗 公式ホームページ – Jimdo

関西マンドリン合奏団 (菅原明朗)

日本マンドリン連盟 (マンドリン略史) – Jimdo

関連エントリ

日本のマンドリンオーケストラについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

菅原明朗 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Meiro Sugawara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 大沼哲 (マンドリンオーケストラ)

220px-Onuma_Satoru

日本の作曲家 大沼哲 (マンドリンオーケストラ)

関連記事

大沼 哲(おおぬま さとる、Satoru Onuma、1889年6月17日 – 1944年10月18日)は、日本の陸軍軍人、作曲家、指揮者。最終階級は陸軍軍楽少佐。山形県米沢市出身。 経歴 / 1889年、小学校長を勤める音楽好きな父の家に生まれるが、7歳のころ生家の大滝家を離れ親戚の大沼家の養子となる。米沢工業学校卒業後に音楽への思い止みがたく上京して、軍楽兵を目指し1907年陸軍戸山学校に入校。同校を首席で卒業し銀時計を授与される(俗に言う「恩賜の銀時計組」)。1912年に陸軍戸山学校軍楽隊を中心とする選抜メンバーでイギリス演奏旅行する際、メンバーに選ばれず永井建子軍楽隊長の留守居役を命じられたことに発奮し、フランス語を習得した。また武井守成のマンドリン合奏団『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』で指揮者としての活動も行った。 大沼の功績としては、フランス式喇叭鼓隊の導入と戸山学校においてのソルフェージュ導入による音程教育が挙げられる。また、作曲の才能は山田耕筰がライバル視して警戒するほど高かったと言われている。しかし、不幸にも早世したことに加えて交響曲などの作品の多くが関東大震災及び戦災により失われ、現存する作品は行進曲などの吹奏楽曲が多い。この他、マンドリン作品は今日でも演奏される。 (大沼哲 – Wikipedia)

関連サイト

日本マンドリン連盟 (マンドリン略史) – Jimdo

関連エントリ

日本のマンドリンオーケストラについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

大沼哲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Satoru Onuma の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中林淳眞「80歳からの青春」セレナーデコンサート

フラメンコのスペインやラテンアメリカのメキシコなど世界各国を駆け巡る日本を代表する音楽家・世界最高峰のギタリスト中林淳真(82歳)が今年も日本全国・北海道で「セレナーデコンサート」を開始する。共演はトランペット古畑亜紀。

ギター&トランペットで奏でる初夏の調べ「中林淳真・古畑亜紀デュオコンサート」
中林淳眞「80歳からの青春」セレナーデコンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

心の糧に

心の糧になる素晴らしい音楽をすべての人々と分かちあいたい!
音楽は生きた心の財産です。それは人間だけに与えられた心の糧です。音楽を深く楽しめることは本当に幸せです。人に希望と勇気も与え、愛を育て、社会にうるおいをもたらします。
私達はよい音楽を運ぶメッセンジャーになりたい。番人にはなりたくない。心の糧となる音楽を感動をもって語るプロフェッショナルになりたい。与えるのではなく育てる人になりたい。そして誰もが価値ある音楽をおう歌し、共に楽しみ、心の文化と機械の文化の歯車が美しくかみ合うユートピアを実現したい。

bihorokato(Masao Kato) began to Twitter! http://twitter.com/bihorokato

加藤雅夫(bihorokato)はツイッター(Twitter)をはじめました! http://twitter.com/bihorokato

心の糧に の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る