樺太 の検索結果: 54 件

昭和の大横綱 大鵬幸喜の「国民栄誉賞」表彰式(2月25日)

Ivan_Boryshko.jpg

Roc8954.jpg

国民栄誉賞 のニュースブログ(Google 検索)
大鵬幸喜 のニュースブログ(Google 検索)

大鵬幸喜(Тайхо Коки、Taihō Kōki)

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 – 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。

1940年(昭和15年)に、ロシア革命後に樺太へ亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校、マルキャン・ボリシコの三男として、樺太の敷香町(現・ロシアサハリン州ポロナイスク)に生まれた。

中学校卒業後は一般の同世代の若者と同じ中卒金の卵として北海道弟子屈高等学校の定時制に通いながら林野庁関係の仕事をしていたが、1956年(昭和31年)に二所ノ関一行が訓子府へ巡業に来た時に紹介され、高校を中途退学して入門した。

大鵬の意味は、中国の古典「荘子 逍遥遊」にある「鯤之大不知其千里也、化而為鳥、其名為大鵬(鯤(コン、伝説上の巨大な魚)は大いに之(ゆ)き、その千里を知らずや、而して鳥に化けすと、その名は大鵬と」とあり「翼を広げると三千里、ひと飛びで九万里の天空へ飛翔する)」と言われる伝説上の巨大な鳥に由来する。(Wikipedia

昭和の大横綱 大鵬幸喜の「国民栄誉賞」表彰式(2月25日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽はタロとジロの「南極物語」

800px-Nankyokuchiiki-kansoku-50_2.jpg

600px-061212-nordkapp.jpg

タロとジロ (太郎與次郎)(Taro and Jiro)
タロとジロは日本による初期の南極地域観測隊に同行した樺太犬の兄弟。 南極に取り残されながら共に生存し、1年後に救出されたことで有名になる。 1959年(昭和34年)1月14日、第3次越冬隊のヘリコプターにより、上空から昭和基地に2頭の犬が生存していることが確認される。(Wikipedia

今日の音楽はタロとジロの「南極物語」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

一人ひとりが節電を(冬)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

節電 のニュースブログ(Google 検索)
北海道知事 のニュースブログ(Google 検索)

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第338号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

一人ひとりが節電を(冬) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

はくぶつかんまつり2012(北海道立 北方民族博物館)

800px-Brown_bear_Ursus_arctos_arctos_smiling.jpg

800px-Jumping_Humpback_whale.jpg

オホーツク文化(オホーツクぶんか)は、3世紀から13世紀までオホーツク海沿岸を中心とする北海道北海岸、樺太、南千島の沿海部に栄えた古代文化である。 海獣狩猟や漁労を中心とする生活を送っていたオホーツク文化の担い手を、オホーツク文化人、また単にオホーツク人とも呼ぶ。(Wikipedia

北海道立北方民族博物館(ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん)は、北海道網走市にある博物館。北海道教育委員会が設置し、財団法人北方文化振興協会が指定管理者として管理をしている。英語名はHokkaido Museum of Northern Peoples。(Wikipedia

はくぶつかんまつり2012(北海道立 北方民族博物館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

海軍特設砲艦「第二号新興丸」

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

WhiteBandits012.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

小笠原丸(おがさわらまる)とは逓信省の海底電纜敷設船で、初の国産敷設船である。1,397トン。東京から小笠原諸島経由でグアムに接続する太平洋横断海底ケーブルの敷設を主目的に建造されたため「小笠原」と名付けられた。いわゆる三船殉難事件で沈没、多くの犠牲者を出した事で知られる。 (Wikipedia) 

三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)とは、第二次世界大戦末期(日本の降伏文書への調印予告、および軍隊への停戦命令布告後)の1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の引揚船3隻(小笠原丸、第二新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦による攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件を指す。三船遭難事件とも呼ばれる。(Wikipedia) 

第二新興丸 のニュースブログ(Google 検索) 

海軍特設砲艦「第二号新興丸」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

捕虜収容所(サハリン州オハ)

Border_Security_of_the_50th_parallel_of_north.jpg

499px-Relief_Map_of_Sakhalin_Oblast_svg.png

樺太の戦い(からふとのたたかい)は、太平洋戦争/大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)8月11日から8月25日にかけ、日本の内地であった樺太南部で、日本とソビエト連邦の間で行われた戦闘である。(Wikipedia) 

捕虜収容所 のニュースブログ(Google 検索)

捕虜収容所(サハリン州オハ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツクのカラフトマス釣り情報(北海道)

Saromako_Sunset.jpg

800px-Abashiri_Subprefecture.png

Pink_salmon.jpg

800px-PinkSalmon1.jpg

カラフトマス(樺太鱒、学名:Oncorhynchus gorbuscha、英名:pink salmon、humpback salmon)は、サケ科サケ属の回遊魚。別名にセッパリマス・アオマスなどがある。アラスカなどではピンクサーモンとも呼ばれる。 北海道の一部産地ではオホーツクサーモンというブランド名で呼ばれている。(Wikipedia) 

オホーツクのカラフトマス釣り情報(北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

あなたは、7月31日のニュースを知っていましたか?

499px-Relief_Map_of_Sakhalin_Oblast_svg.png

7月31日 のニュースブログ(Google 検索)

パラグライダー のニュースブログ(Google 検索)

蓄音機 のニュースブログ(Google 検索)

樺太 のニュースブログ(Google 検索)

あなたは、7月31日のニュースを知っていましたか? の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道からのメールマガジン(第318号)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道 のニュースブログ(Google 検索)

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第318号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道からのメールマガジン(第318号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道知事のコラム『この夏、一人ひとりが節電を』

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道知事 のニュースブログ(Google)
北海道 のニュースブログ(Google)

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第316号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道知事のコラム『この夏、一人ひとりが節電を』 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る