樺太 の検索結果: 50 件

古代 オホーツク人と 司馬遼太郎 (北海道)

300px-Replace_this_image_JAsvg.png

古代 オホーツク人と 司馬遼太郎 (北海道)
Ancient Okhotsk People and Ryotaro Shiba (Hokkaido)

古代 オホーツク人と 司馬遼太郎 (北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

戦争の体験を 語り継ぐ。(連載2:伝書鳩)

448px-Noah_mosaic.jpg

戦争の体験を 語り継ぐ。(連載2:伝書鳩)

戦争の体験を 語り継ぐ。(連載2:伝書鳩) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「子ども達に自作の紙芝居を見てもらう会」 (北見市の市民団体)

Sadako_Statue_at_Noborich_Junior_High_-_1985.jpg

「子ども達に自作の紙芝居を見てもらう会」 (北見市の市民団体)

“Self-made picture-story show group” (Kitami citizen)

「子ども達に自作の紙芝居を見てもらう会」 (北見市の市民団体) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

アントン・チェーホフの死。(1904年 7月15日)

Anton_Chekhov_1897_in_Melihovo.jpg

375px-Chekhov_Birthhouse.jpg

アントン・チェーホフの死。(1904年 7月15日)
Смерть Антона Чехова. (15 июля 1904)
Death of Anton Chekhov. (July 15, 1904)

アントン・チェーホフの死。(1904年 7月15日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

4月3日、ブラームスの死。

ブラームスの死。(4月3日)
Death of Brahms. (April 3)

4月3日、ブラームスの死。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会)

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

全国樺太連盟
社団法人全国樺太連盟(ぜんこくからふとれんめい)とは、樺太からの引揚者とその子孫の相互扶助と日本の樺太統治時代を後世に伝承する活動を行なっている社団法人である。(wiki/全国樺太連盟

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会)

「美幌白樺会」 (樺太引揚者の親睦会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道知事のコラム: 「未来の ものづくり」

logo_01.gif

logo_02.gif


イランカラプテ – YouTube

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第398号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道知事のコラム: 「未来の ものづくり」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

NHKの 北見放送局からのお知らせ

270px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

NHK北見放送局
NHK北見放送局は、北海道のオホーツク総合振興局管内を放送対象地域とするNHKの放送局。テレビとラジオで地域放送を行っている。(wiki/NHK北見放送局

NHKの 北見放送局からのお知らせ

北の文学館
道北やオホーツクの物語

NHKの 北見放送局からのお知らせ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1月14日、タロとジロの日。(日本)

300px-TaroTokyo20110213-TokyoTower-01min.jpg

Nankyoku_Monogatari_poster.jpg

樺太犬 (Karafuto Ken)
樺太犬(からふとけん、英語: Sakhalin Husky)は、樺太および千島列島で作り出された犬種である。 タロとジロのエピソードにより有名な犬種。(wiki/樺太犬

愛と希望と勇気の日。(日本)
1959年1月14日、南極大陸で1年間置き去りにされたカラフト犬タロ・ジロの生存が確認された。

1月14日、タロとジロの日。(日本)
January 14, the day of Taro and Jiro. (Japan)

1月14日、タロとジロの日。(日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の映画、「キタキツネ物語」(北海道のオホーツクで)

Vulpes_vulpes_laying_in_snow.jpg

キツネ(狐)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。 狭義にはキツネ属のことである。 古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。 日本では、本州・九州・四国の各本島と淡路島にホンドギツネが、北海道本島と北方領土にキタキツネが生息している。 文学・音楽・映画などの芸術作品: キタキツネ物語 (映画):1977年に公開されたサンリオ映画。2013年には撮影素材を用いて再構成した『キタキツネ物語【35周年リニューアル版】』が上映予定。 子ぎつねヘレン (映画):北海道在住の獣医師で作家の竹田津実原作の小説『子ぎつねヘレンがのこしたもの』の映画化作品。 観光用のキツネ放し飼い施設: 北きつね牧場: キタキツネ 約100頭規模、『北の国から』スペシャルエディションのロケ地。 北海道きつね村・トナカイ観光牧場: オホーツク観光株式会社が経営している施設。
ja.wikipedia.org/wiki/キツネ

キタキツネ(北狐、Vulpes vulpes schrencki )は、北半球に広く分布するアカギツネの亜種。日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息する。 名称「北狐」(きたきつね)は、1924年(大正13年)に岸田久吉が樺太に生息する本種に対して命名したものだが、その後に北海道と千島列島南部に生息する本種も「北狐」と呼称されるようになった。 1978年(昭和53年)公開のドキュメンタリー映画『キタキツネ物語』でよく知られるようになった。
ja.wikipedia.org/wiki/キタキツネ

日本の映画、「キタキツネ物語」(北海道のオホーツクで) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る