日本スペイン の検索結果: 3 件

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

日西関係史とは、日本とスペインの関係についての歴史をさす。 概観: 日本とスペインの関係には460年の交流の歴史があり、伝統的に良好な関係である。 近・現代の日本とスペインの関係は、むしろ文化・芸術・スポーツ面の関心や影響、往来が主である。 現在: 要人往来: 皇室とスペイン王室との間で緊密な交流があり、日本の今上天皇は4回、徳仁親王は5回訪西し、またスペインの国王カルロス1世、ソフィア王妃夫妻は7回、フェリペ皇太子は3回訪日している。

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第68号(2013年11月26日発行)が送られてきました。
日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

478px-HasekuraPrayer.jpg

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

支倉常長(Hasekura Tsunenaga、1571年 – 1622年8月7日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。伊達氏の家臣。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、ローマでは貴族に列せられた。(Wikipedia

慶長遣欧使節とは慶長18年(1613年)に仙台藩主伊達政宗がフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として、エスパーニャ帝国(スペイン)の国王フェリペ3世、およびバチカンのローマ教皇パウルス5世のもとに派遣した使節である。(Wikipedia

コリア・デル・リオ(Coria del Río)は、スペイン、アンダルシア州、セビリア県の自治体。 1614年、仙台藩の伊達政宗の家臣支倉常長が率いる慶長遣欧使節が滞在したことで知られる。コリア・デル・リオにはJapón(ハポン、日本)の姓を持つ人が約700人おり、使節団の一員として来訪したまま現地に留まったキリスト教徒日本人、使節の現地人水夫、及びその支援者の子孫達と考えられている。 2013年6月、徳仁皇太子がコリア・デル・リオを訪問し、植樹式を行なった。(Wikipedia

日本・スペイン400周年 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ナルシソ・イエペス記念館

私の心の恩師で旧友のナルシソ・イエペスに捧ぐ
"Tribute to Narciso Yepes" Masao Kato in Bihoro

Narciso Yepes
ナルシソ・イエペス 1927.11.14ー1997.5.3
イエペスは4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーで
ギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。

ナルシソ・イエペス記念館 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る