救急医療 の検索結果: 28 件

2019年 救急の日・救急医療週間 (津別消防署・美幌消防署)

h19tibikko.jpg

2019年 救急の日・救急医療週間 (津別消防署・美幌消防署)

令和元年9月12日(木曜日)18時30分~20時00分 町民救急医療教室 (津別消防署)
令和元年9月14日(土曜日)13時00分~16時00分 応急手当講習 (美幌消防署)

関連記事

9月9日 救急の日 / 厚生省(現在の厚生労働省)が1982年に制定。「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せ。救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。 (9月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

9月9日 記念日・年中行事 / 救急の日(日本) 「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せから、厚生省(現厚生労働省)と消防庁が1982年に制定した啓発日。救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。 (9月9日 – Wikipedia)

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。 「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 (救急医療 – Wikipedia)

関連サイト

「町民救急医療教室」の開催【津別管区】 – 美幌・津別広域事務組合 – 美幌町ホームページ

津別消防署 | 津別町ホームページ

救急(9月9日は救急の日) – 美幌・津別広域事務組合 – 美幌町ホームページ

令和元年度「救急の日」及び「救急医療週間」 | 総務省ホームページ

関連エントリ

救急医療 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

救急の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療週間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

津別消防署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌消防署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 オホーツクの道を考える会 (みちづくりフォーラム)

399px-Snowman-20100106.jpg

北海道 オホーツクの道を考える会 (みちづくりフォーラム)

関連記事

高速道路網の重要性再認識
2019/02/11掲載(北見市・美幌町/社会)
道横断自動車道網走線 端野町川向-美幌町高野整備事業着手を
地元経済界などが長年要望してきた、北海道横断自動車道網走線(北見市端野町川向-美幌町高野)の整備事業の着手見通しを受け、高速道路網の重要性を再認識しようと「オホーツクの未来を拓(ひら)くみちづくりフォーラム」が5日、北見市端野町公民館で開かれた。関係者が一堂に会し、管内の観光、物流、救急医療の各方面から早期着工を望む声に耳を傾け、機運を盛り上げた。
端野でみちづくりフォーラム
観光、物流、救急医療などの声を聞き
実現までもう一歩…思いの強さを推進力に
民間の、オホーツクの道を考える会が主催。平成16年の設立以来、高速道路が地域にもたらす効果を訴え、活動している。「同区間の新規事業化が具体的な形として一歩近づいた今こそ、一緒に考えたい」と管内の自治体で組織する建設促進期成会などと共催した。
北海道二十一世紀総合研究所・木本晃特任審議役の基調講演に続き管内の観光の面から、前・オホーツク観光連盟会長で知床グランドホテル代表取締役会長の桑島繁行氏が管内の過去10年間の観光入り込み数を提示し「釧路、十勝に比べ、オホーツク管内の伸び率が鈍い。このまま高速道路の延伸が止まったままだと他の観光地と格差がついてしまう。みんなで努力しようではありませんか」と呼び掛けた。
また物流の面から、美幌町の三星運輸専務取締役・山本秀清氏は美幌バイパスをはじめ十勝オホーツク道の整備延伸を視野に「現在は危険な峠越えの冬道を走行している。乗務員の働き方改革の面でも人件費や車両コストの低減においても安定した輸送ルートの確保が必然だ」と訴えた。
網走地区消防組合大空消防署署長の道場文也氏は「三次医療圏の北見赤十字病院へ、心臓疾患などの重篤な患者や周産期の妊婦さんなどを搬送している」として、大空町から北見市へバイパスと国道を利用し夏で42分、冬で50分掛かると現状を報告。「高速道路がつながることで10分程度短縮でき、搬送時の静粛性を含め安全性が確保できる」と強調、「『命を守る道』が早期に着手されることを願う」と提言した。
会場は財界や行政機関の関係者ら約300人が詰め掛け、満席。関係首長がいずれも参加する中で最後に辻直孝北見市長が「もう一歩のところまできている。新規事業化は参集者の思いが推進力になる。フォーラムを通じて心一つになったことを東京(国の機関)へ報告したい」と述べた。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

美幌バイパス(びほろバイパス)は北海道網走郡美幌町から網走郡大空町に至る国道39号のバイパス道路。北海道横断自動車道に並行する一般国道の自動車専用道路として整備されている。 全区間通行無料となっている。 高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では「E61」が割り振られている。 概要 / 美幌高野交差点から分岐し、美幌町市街地の北側を直線的に抜けて女満別空港に至る。これは、美幌市街の混雑緩和や女満別空港から周辺へのアクセス向上を目的に設置されているためでる。 美幌バイパスの開通により女満別空港へのアクセスが向上し、北見市方面から女満別空港へ向かう空港連絡バスなどもバイパス経由で空港へ向かうようになった。 道路計画としては北見道路と接続し、北海道横断自動車道として網走市までつなぐ道路になる予定である。 (美幌バイパス – Wikipedia)

関連エントリ

オホーツクの道を考える会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌バイパス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌消防署の 町民救急医療教室 (平成30年度 救急医療週間)

h19tibikko.jpg

美幌消防署の 町民救急医療教室 (平30年度 成救急医療週間)

関連記事

9月13日(木曜日)「町民救急医療教室」を開催します / 9月9日から9月15日まで、救急に対する理解と認識を深めていただく事を目的として「救急医療週間」が実施されます。その事業の一環として、9月13日に町民の皆様に病気やケガ等に対しての応急手当に関する正しい知識と技術を習得してもらい、救急医療の啓発を目的に、「町民救急医療教室」を開催いたしますので、多数の皆様の参加をお待ちしています。お問い合わせ / 消防本部グループ 救急担当 電話:0152-77-3035 (9月13日(木曜日)「町民救急医療教室」を開催します | 美幌・津別広域事務組合)

関連エントリ

町民救急医療教室 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療週間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌消防署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月9日 救急の日 (日本の記念日)

672px-CPR_training-04.jpg

800px-Postpartum_baby2.jpg

9月9日 救急の日 (日本の記念日)

関連記事

記念日 救急の日 / 厚生省(現在の厚生労働省)が1982年に制定。「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せ。救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。 (9月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

9月9日 記念日・年中行事 / 救急の日(日本) 「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せから、厚生省(現厚生労働省)と消防庁が1982年に制定した啓発日。救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。 (9月9日 – Wikipedia)

応急処置(おうきゅうしょち、英語: first aid)とは負傷や負傷などに対してのさしあたっての手当てを指す。厳密にいえば応急処置は救急隊員が行う行為と定義されているため、一般市民(バイスタンダー)が行うものは応急手当(おうきゅうてあて)と呼ぶことになっている。 (応急処置 – Wikipedia)

救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし、米:Emergency Medical Technician、英:Emergency Medical Technician Paramedic)は、病院への搬送途上に限り傷病者に対し救急車等にて救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格の名称。 日本の法律上でのアルファベット表記は「Emergency Life-saving Technician」。英語の一般的な呼称は“Paramedic”(パラメディック)である。 (救急救命士 – Wikipedia)

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 (救急医療 – Wikipedia)

関連エントリ

救急の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 美幌町の救急医療体制

140px-Star_of_life2_svg.png

2018年 美幌町の救急医療体制

関連記事

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 急性期の対応 / 一次処置 / プレホスピタルケアの重要性 / トリアージ・救命の優先。日本 / 日本においては特に戦後、自動車の普及に伴って交通事故が激増し、これに対応する形で各地で救急科や救命救急センターの数が増加し、さらに内科系疾患にも対応する形となって現在に至っている。現在の日本における救急医療体制は、都道府県が作成する医療計画に基づいており、二次医療圏までで対応させるとしている。また、その「重症度」に応じて以下の3段階で対応することとされている。救急指定病院もこれらの段階のうちどの段階まで対応するか想定した上で患者受け入れ体制をとっている。しかし、こうした重傷度に応じた体制には限界があり、初期(一次)~三次救急と独歩来院を包括して診療する北米型のERシステムを採用する病院も出てきている。初期救急医療 / 「入院の必要がなく外来で対処しうる帰宅可能な患者」への対応機関。二次救急医療 / 「入院治療を必要とする患者」に対応する機関。三次救急医療 / 二次救急医療では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関。平たく言えば、「ICU(集中治療室)で加療する必要がある患者」への医療を指す。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷、重症頭部外傷など。救急救命士 / 日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから救急医療の強化が求められ、それに応じて救急救命士が法制化された。これは、医師の指示のもとに輸液ルート確保、食道閉鎖式チューブ等による気道確保、電気的除細動が認められる資格である。また2004年7月から、病院にて30症例の気管挿管の実習を修了した救急救命士には気管挿管が認められた(気管挿管認定救急救命士)。さらに2006年4月から講習および実習の後、強心剤(アドレナリン)の薬剤投与を行うことが認められた(薬剤投与認定救急救命士)。課題 / 日本では元々救急科医が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられている現状があるが、杏林大病院割りばし死事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、医療紛争を恐れて、救急医療から撤退した。救急車の出動件数も年々増加の一途をたどり、これに伴って救急車の到着時間、病院収容までの時間が延びている現状がある。その背景として 「無料である」。「虫歯が痛い」、「夜間のタクシー代わり」、「どこの病院に行っていいかわからないから」、「救急車を使えば優先的に診てもらえるから」 という悪質な利用もみられ、社会問題化している。このため、総務省消防庁では「救急車利用の適正化」を訴えている。また、上記のような悪質な利用者や、救急車の必要がない軽症患者に対して、「救急車の有料化」の是非についても議論されているが賛否両論あり、結論は出ていない。 (救急医療 – Wikipedia)

関連サイト

地域医療連携室 | 美幌町ホームページ

美幌町立国民健康保険病院 | 美幌町ホームページ

美幌・津別広域事務組合のホームページ

関連動画 (YouTube)

平成25年度 宮崎県日向市防災訓練 – YouTube

関連エントリ

救急車からの映像伝送システム 実証実験 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 北海道の救急医療体制

140px-Star_of_life2_svg.png

2018年 北海道の救急医療体制

関連記事

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 急性期の対応 / 一次処置 / プレホスピタルケアの重要性 / トリアージ・救命の優先。日本 / 日本においては特に戦後、自動車の普及に伴って交通事故が激増し、これに対応する形で各地で救急科や救命救急センターの数が増加し、さらに内科系疾患にも対応する形となって現在に至っている。現在の日本における救急医療体制は、都道府県が作成する医療計画に基づいており、二次医療圏までで対応させるとしている。また、その「重症度」に応じて以下の3段階で対応することとされている。救急指定病院もこれらの段階のうちどの段階まで対応するか想定した上で患者受け入れ体制をとっている。しかし、こうした重傷度に応じた体制には限界があり、初期(一次)~三次救急と独歩来院を包括して診療する北米型のERシステムを採用する病院も出てきている。初期救急医療 / 「入院の必要がなく外来で対処しうる帰宅可能な患者」への対応機関。二次救急医療 / 「入院治療を必要とする患者」に対応する機関。三次救急医療 / 二次救急医療では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関。平たく言えば、「ICU(集中治療室)で加療する必要がある患者」への医療を指す。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷、重症頭部外傷など。救急救命士 / 日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから救急医療の強化が求められ、それに応じて救急救命士が法制化された。これは、医師の指示のもとに輸液ルート確保、食道閉鎖式チューブ等による気道確保、電気的除細動が認められる資格である。また2004年7月から、病院にて30症例の気管挿管の実習を修了した救急救命士には気管挿管が認められた(気管挿管認定救急救命士)。さらに2006年4月から講習および実習の後、強心剤(アドレナリン)の薬剤投与を行うことが認められた(薬剤投与認定救急救命士)。課題 / 日本では元々救急科医が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられている現状があるが、杏林大病院割りばし死事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、医療紛争を恐れて、救急医療から撤退した。救急車の出動件数も年々増加の一途をたどり、これに伴って救急車の到着時間、病院収容までの時間が延びている現状がある。その背景として 「無料である」。「虫歯が痛い」、「夜間のタクシー代わり」、「どこの病院に行っていいかわからないから」、「救急車を使えば優先的に診てもらえるから」 という悪質な利用もみられ、社会問題化している。このため、総務省消防庁では「救急車利用の適正化」を訴えている。また、上記のような悪質な利用者や、救急車の必要がない軽症患者に対して、「救急車の有料化」の是非についても議論されているが賛否両論あり、結論は出ていない。 (救急医療 – Wikipedia)

関連サイト

北海道医療計画 | 保健福祉部地域医療推進局地域医療課

北海道救急医療・広域災害情報システム – 北海道庁

関連動画 (YouTube)

救急車車載カメラ映像伝送 – YouTube

関連エントリ

救急車からの映像伝送システム 実証実験 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 日本の救急医療体制

140px-Star_of_life2_svg.png

2018年 日本の救急医療体制

関連記事

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 急性期の対応 / 一次処置 / プレホスピタルケアの重要性 / トリアージ・救命の優先。日本 / 日本においては特に戦後、自動車の普及に伴って交通事故が激増し、これに対応する形で各地で救急科や救命救急センターの数が増加し、さらに内科系疾患にも対応する形となって現在に至っている。現在の日本における救急医療体制は、都道府県が作成する医療計画に基づいており、二次医療圏までで対応させるとしている。また、その「重症度」に応じて以下の3段階で対応することとされている。救急指定病院もこれらの段階のうちどの段階まで対応するか想定した上で患者受け入れ体制をとっている。しかし、こうした重傷度に応じた体制には限界があり、初期(一次)~三次救急と独歩来院を包括して診療する北米型のERシステムを採用する病院も出てきている。初期救急医療 / 「入院の必要がなく外来で対処しうる帰宅可能な患者」への対応機関。二次救急医療 / 「入院治療を必要とする患者」に対応する機関。三次救急医療 / 二次救急医療では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関。平たく言えば、「ICU(集中治療室)で加療する必要がある患者」への医療を指す。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷、重症頭部外傷など。救急救命士 / 日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから救急医療の強化が求められ、それに応じて救急救命士が法制化された。これは、医師の指示のもとに輸液ルート確保、食道閉鎖式チューブ等による気道確保、電気的除細動が認められる資格である。また2004年7月から、病院にて30症例の気管挿管の実習を修了した救急救命士には気管挿管が認められた(気管挿管認定救急救命士)。さらに2006年4月から講習および実習の後、強心剤(アドレナリン)の薬剤投与を行うことが認められた(薬剤投与認定救急救命士)。課題 / 日本では元々救急科医が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられている現状があるが、杏林大病院割りばし死事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、医療紛争を恐れて、救急医療から撤退した。救急車の出動件数も年々増加の一途をたどり、これに伴って救急車の到着時間、病院収容までの時間が延びている現状がある。その背景として 「無料である」。「虫歯が痛い」、「夜間のタクシー代わり」、「どこの病院に行っていいかわからないから」、「救急車を使えば優先的に診てもらえるから」 という悪質な利用もみられ、社会問題化している。このため、総務省消防庁では「救急車利用の適正化」を訴えている。また、上記のような悪質な利用者や、救急車の必要がない軽症患者に対して、「救急車の有料化」の是非についても議論されているが賛否両論あり、結論は出ていない。 (救急医療 – Wikipedia)

関連サイト

救急・災害医療提供体制等の在り方に関する検討会 |厚生労働省

関連動画 (YouTube)

ICTを利活用した地域ICT利活用広域連携事業救急画像伝送システム事業(金沢市、内灘町) – YouTube

関連エントリ

救急車からの映像伝送システム 実証実験 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の北見に小型衛星移動基地局車を配備(NTTドコモ)

Great_Wave_off_Kanagawa2.jpg

Topographic30deg_N20E120.png

北海道の北見に小型衛星移動基地局車を配備(NTTドコモ)

関連記事

北見に小型衛星移動基地局車を配備 NTTドコモ 優れた機動性で災害時に、いち早く通信を確保 / 災害時にスマートフォンや携帯電話などの通信を確保する小型衛星移動基地局車が北見に配備され、さきごろNTTドコモ北海道支社北見支店(とん田西町)で公開された。同社は2011年の東日本大震災で通信ネットワークが甚大な被害を受けた教訓を踏まえ「新たな災害対策」を策定。大規模災害に備えた各種取り組みを進めている。衛星移動基地局車は地震や台風などで基地局が被災したり光ファイバーが寸断された際、人工衛星を利用して臨時的に通信を確保する特殊車両。北見に導入されたのはワンボックスカータイプで、人工衛星の位置を自動で特定するパラボラアンテナや携帯端末との送受信を行うアンテナポール、発電機などを備えている。通常のトラックタイプに比べ機動性に優れ、設営時間が短いなどのメリットがあるという。アンテナポールを最大10メートルまで伸ばすと半径1キロまでの通信が可能だ。同社はこのほか広域災害に備えて基地局の無停電化や伝送路の多ルート化、災害時に貸し出す衛星電話や充電器の導入などを進めている。(柏)(2018年3月9日の記事 経済の伝書鳩

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道(エヌ・ティ・ティ・ドコモほっかいどう)は、かつて北海道全域を営業地域とし、一般的に「NTTドコモ北海道」と呼ばれていた日本の電気通信事業者。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの完全子会社であった。現在はNTTドコモ北海道支社となっている。(エヌ・ティ・ティ・ドコモ北海道 – Wikipedia

関連サイト

通信サービスの早期復旧 | 企業情報 | NTTドコモ

防災情報 | 北見市

北海道救急医療・広域災害情報システム – 北海道庁

広域災害救急医療情報システム: Home

関連エントリ

NTTドコモ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

安井浩樹(美幌町立 国民健康保険病院 呼吸器内科 医師)

180px-Nosmokingsignsvg.png

安井浩樹(美幌町立 国民健康保険病院 呼吸器内科 医師)

来年1月、呼吸器内科の常勤医採用(美幌町/社会)
美幌町立国保病院
美幌町立国保病院は来年1月1日付で呼吸器内科の常勤医師を採用する。従来は非常勤医師による週1日の外来診療だったが、2人体制となるのを機に、週4日に充実させる。
2人体制で診療を週4日に充実
着任するのは三重大学医学部卒で、現在は名古屋大学地域医療教育学講座の准教授を務める安井浩樹医師(48)。専門は内科・呼吸器内科で、日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、日本気管支学会気管支鏡専門医、日本医師会認定産業医、日本医学教育学会認定医学教育専門家など多くの資格をもつ。 国保病院の呼吸器内科はこれまで、非常勤医師が木曜日午後に外来診療を担当。安井医師の着任後は、火曜日から金曜日まで毎日、午前または午後に診療を行う体制になる。 国保病院は今年3月に泌尿器科、7月に外科の常勤医師それぞれ1人が退職。8月以降は常勤医師9人、脳神経外科と呼吸器内科の非常勤医師2人、旭川医大から眼科出張医が診療に当たっている。 安井医師の着任で、常勤医師は10人に。土谷耕治町長は6日に開会した町議会定例会の行政報告で「呼吸器内科は管内で専門的な診療を行う医療機関が少ない。欠員となっている外科医師の招へいに最大限努め、眼科医師の常勤化、産婦人科の招へいなど地域医療を守る観点から将来を見据えた医師確保対策に取り組む」と考えを述べた。(浩)(2016年12月9日掲載、経済の伝書鳩)

新任ですよろしく(美幌町/社会・本紙連載)
美幌国保病院呼吸器内科部長
安井 浩樹さん(48)
まち全体で医療・病院づくりを
禁煙外来にも力
1月に美幌国保病院呼吸器内科部長に着任した安井浩樹さん(48)。「住民の皆さんと一緒に医療をつくっていきたい」と抱負を語る。 名古屋市出身。三重大学卒で、三重大学病院などに勤務した後、平成21年から昨年まで名古屋大学の准教授として地域医療の教育や研究に携わった。 「北海道はあこがれの土地。地域医療、包括ケアに貢献できればと応募させていただいた」。昨年、見学で美幌を訪れた。「自然もすばらしいが、スタッフをはじめ出会う人達の温かさに一番ひかれた」と振り返る。 展望として「例えば肺がん治療は北見に集中している。化学療法や緩和ケアの体制をつくれたら。気管支鏡検査も進めたい。喫煙率が高い印象もあり、禁煙外来にも力を入れたい」と語る。 地域医療の教育に携わった経験から「これからは地域包括ケアが一番大事。美幌は比較的コンパクトなまち。介護事業所と行政、病院などが連携できればいろいろメリットが生まれるはず」と話す。 「住民の皆さんに大切にしてもらえる病院づくりに参加したい。予防や健康づくりも含め、まち全体で医療をつくっていける感じがある」と手応えを感じている。(浩)(2017年2月10日掲載、経済の伝書鳩)

9月8日・津別で救急医療教室(津別町/告知)
町民対象に講演や応急手当実技指導
津別町民対象の町民救急医療教室が9月8日(金)午後6時半~8時、町民会館で開かれる。 主催は美幌医師会、美幌・津別広域事務組合消防本部、美幌薬剤師団。美幌町立国保病院呼吸器内科の安井浩樹医師が「歩くとコワイ!息切れがする!!本当にトシのせいだけですか!?~呼吸リハビリテーションのすすめ」をテーマに講演。津別消防署と津別病院の職員が異物除去と心肺蘇生法の応急手当実技指導を行う。(2017年8月24日掲載、経済の伝書鳩)

津別で町民救急教室(津別町/社会)
呼吸リハビリに解深める
吸わない差
津別町民らを対象にした救急医療教室が8日、町民会館で開かれた。約50人が息切れを改善する呼吸リハビリについて理解を深めた。 主催は美幌医師会、美幌・津別広域事務組合消防本部、美幌薬剤師団。美幌国保病院呼吸器内科部長の安井浩樹医師が「歩くとコワイ!息切れがする!!本当にトシのせいだけですか!?」をテーマに講話した。 安井さんは息切れの原因として長年、タバコを吸うことが主な原因とされるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を挙げ、禁煙の重要性を強調した。 呼吸で酸素を十分に取り込めないと筋肉やたんぱく質が分解されるため、食べても太れない患者が多いとし「安静時のエネルギー消費量は120~140%にもなる。栄養を含めたリハビリが必要」と述べ、国保病院で行っている16日間の呼吸リハビリを紹介した。 講話後は、津別消防署の署員の指導で、おはぎをのどに詰まらせた想定で異物除去の応急手当や心肺蘇生法を学んだ。(浩)(2017年9月15日掲載、経済の伝書鳩)

関連サイト

町民救急医療教室を開催しました!【津別町】2017年9月14日 / 美幌・津別広域事務組合
http://kouiki.town.bihoro.hokkaido.jp/docs/2017091400013/

美幌町立国民健康保険病院 ー 美幌町ホームページ
http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/docs/2014082000023/

美幌医師会ホームページ
http://media-pk.com/ishikai/

関連エントリ

慢性閉塞性肺疾患(COPD)
http://masaokato.jp/2013/10/03/070316

美幌町立国民健康保険病院 の検索結果
http://masaokato.jp/?s=%E7%BE%8E%E5%B9%8C%E7%94%BA%E7%AB%8B%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E7%97%85%E9%99%A2

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

このページの先頭へ戻る

野崎哲夫 (美幌国保病院 新任医師)

bi_bo.jpg

800px-Abashiri_Subprefecture.png

野崎哲夫 (美幌国保病院 新任医師)
Nozaki Tetsuo (Bihoro National Health Insurance Hospital new doctor)

野崎哲夫 (美幌国保病院 新任医師) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る