弱視 の検索結果: 7 件

視覚障害者の理解のために 視覚障害者のホントを見よう

800px-Candles_in_the_dark.jpg

視覚障害者の理解のために 視覚障害者のホントを見よう

関連記事

視覚障害者(しかくしょうがいしゃ)とは視覚(視機能)が日常生活や就労などの場で不自由を強いられるほどに「弱い」、もしくは「全く無い」人たちのことである。概要 / 長年、情報障害者と、言われ続けてきたが、ノーマライゼーションの社会的風潮の土台の上、近年の情報通信技術(Information and Communication Technology:ICT)の著しい発展で、状況によっては健常者と変わらない活動をする機会が与えられるようになってきた(アクセシビリティのページを参照の事)。残存視覚がある「弱視者」(またはロービジョン者)(low vision)と、視覚をもたない「盲」(全盲)(blindness)とに分けることができ、前者を見えにくい人、後者を見えない人、と呼ぶ場合がある。対義語は「晴眼者」。 (視覚障害者 – Wikipedia)

関連サイト

視覚障害者の理解のために

視覚障害者のホントを見よう。isee!運動 (アイシー運動)

公益社団法人NEXT VISION (ネクストビジョン)

関連エントリ

北海道の視覚障がい者向け広報です。 – 美幌音楽人 加藤雅夫

視覚障害 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

盲人養護老人ホーム 恵明園(北海道 江別市)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

300px-.jpg

Traffic_light.gif


社会福祉法人 北海道友愛福祉会
盲人養護老人ホーム 恵明園(北海道 江別市)

最近の出来事(美幌音楽人 加藤雅夫)
2015年 11月30日、美幌町 転出。2015年 12月1日、北海道江別市にある 盲人養護老人ホーム 恵明園に入る。2016年 4月27日、美幌町 再転入。現在に至る。

関連記事

盲老人ホーム
盲老人ホーム(もうろうじんホーム)は、視覚障害を持つ高齢者のための盲養護老人ホームまたは盲特別養護老人ホームの通称。(Wikipedia ー 盲老人ホーム

視覚障害者
視覚障害者(しかくしょうがいしゃ)とは視覚(視機能)が日常生活や就労などの場で不自由を強いられるほどに「弱い」、もしくは「全く無い」人たちのことである。 概要 / 長年、情報障害者と、言われ続けてきが、近年は情報通信技術(Information and Communication Technology:ICT)の著しい発展で状況によっては健常者と変わらない活動をする機会が与えられるようになってきた(アクセシビリティのページを参照の事)。 残存視覚がある「弱視者」(またはロービジョン者)(low vision)と、視覚をもたない「盲」(全盲)(blindness)とに分けることができ、前者を見えにくい人、後者を見えない人、と呼ぶ場合がある。 移動援助方法 / 方向が分からず援助が必要な場合、アナログ時計(針式時計)の文字盤を想定した案内が明瞭簡潔で、特別支援学校(盲学校)などの訓練でも採用されている。 援助対象者が時計文字盤の中心部にいると想定し、正面を12時、真後ろを6時、右を3時、左を9時の方向と表現する。なお、最も気をつけるべきは健常者が無意識に常用する、方向を表す指示代名詞(これ、あちら、などいわゆる「こそあど言葉」)を避ける事である。視覚障害を持つ者は、「あちらです」と言われても方向が分からず、内心困ることが非常に多いという。 接し慣れていない場合、適切な案内に判断を迷い「もう少し……」など曖昧表現が多用され互いに混乱を招く場合がある。そのため、誘導する際は「左に少し行くと……」のような曖昧表現を避けて「9時の方向、3メートル先に……」と具体的に説明し、「真後ろに2メートル後退する」際は「6時の方向に2メートル進む」と誘導する。このように方向、距離、共に数字を用いて具体的に伝達し、勘違い・誤解を防止する。ただし、時計に拘る必要はない、左、右、前、後といった言葉は十分理解でき、時計を用いなければならないというのは、机上の空論である。合理的配慮という点では、あくまでコミュニケーション優先であり、頑なな頭で対応してはいけない。 対象者の不安感を和らげるため、身体接触が必要な場合は事前の声かけを行い援助対象者の了承を得るようにし、いきなりの身体接触は極力避ける(例外は危険性が高い場合)。白杖使用者の白杖も身体の一部(目の代用)とみなし触れないこと(例外は白杖使用者が手を空けるために誘導者に持っていることを希望した場合)。 援助対象者を目的の場所まで誘導する場合、「手引き」と呼ばれる方法が用いられるが、これは誘導者と援助対象者が同じ方向を向き、縦に一列に並び、援助対象者には誘導者の肘などに掴まり案内することを言い、誘導の基本的な方法である。誘導者が援助対象者の手を取って引っぱって歩く方法ではない。しかし、事前の声かけの際に援助対象者が別の方法を希望した場合は、それを尊重することが望ましい。(Wikipedia ー 視覚障害者

関連サイト

目が不自由で在宅生活が困難な方が、視覚障がいによる孤立感や不便を感じないで生活できることを目指して、生活支援を行っています。(恵明園 | 社会福祉法人 北海道友愛福祉会 www.yuaifukushi.net/keimeien

社会福祉法人 北海道友愛福祉会のホームページ(www.yuaifukushi.net

北海道バリアフリーマップ トップページ | 保健福祉部福祉局地域福祉課(www.pref.hokkaido.lg.jp

関連エントリ

在宅酸素療法(HOT) はじめています ー 美幌音楽人 加藤雅夫

投稿を再開いたしました(2017年9月23日) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

新ブログ、こんにちは! ー 美幌音楽人 加藤雅夫

残疾人(障害者)歳時記 ー 美幌音楽人 加藤雅夫の病歴
http://masaokato.jp/convalesce

視覚障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

盲老人 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

特別支援教育の介助員(ヘルパー)募集します(北海道 美幌町)

939b2.jpg

特別支援教育の介助員(ヘルパー)募集します(北海道 美幌町)

特別支援教育介助員(パート)を募集します
(2017年12月22日の記事)
募集人員
1名
応募資格
町内に居住している(または町内居住可能)。
障がい児教育や介助に理解を持ち、心身ともに健康で児童生徒とともに明るく活動できる方。
※免許・資格等は必要ありません。
雇用期間
小中学校の学期毎の雇用となります。(更新も有り)
平成29年度3学期の雇用期間(予定) 平成30年1月18日(木)~平成30年3月23日(金)
※参考~ 平成28年度の雇用期間
1学期:平成28年4月5日~7月22日、2学期:8月18日~12月22日、3学期:平成29年1月16日~3月17日
業務内容
特別支援学級において、対象児童生徒に対する授業中の補助、集団行動時の補助、着替えやトイレ使用時の介助、その他学校生活における安全確保の実施等。
勤務条件
勤務時間 月~金曜日の午前8時~午後3時30分。ただし授業時間や学校行事等で異なる場合もあります。
賃金
時給899円
勤務学校
町内の小中学校
保険
雇用保険、労災保険加入
試験方法及び試験日
面接試験により選考します。
試験日時
平成30年1月16日(火) 詳細は応募者へ通知します
申込み手続
提出書類 「ハローワーク美幌」備え付け履歴書
申込方法 役場庁舎2階の学校教育グループに履歴書(顔写真貼付)を持参又は郵送してください。
申込締切 平成30年1月12日(金)午後5時
※郵送の場合は平成30年1月12日(金)まで必着。
申込・問合先
〒092-8650 美幌町字東2条北2丁目 美幌町役場2階
美幌町教育委員会学校教育グループ学校教育担当(電話 0152-73-1111 内線327)

関連サイト

特別支援教育介助員(ヘルパー)を募集します|美幌町

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町
http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/

特別支援教育について:文部科学省

関連記事

特別支援学級(とくべつしえんがっきゅう)とは、小学校、中学校、義務教育学校[1]、高等学校および中等教育学校に、教育上特別な支援を必要とする児童および生徒のために置かれた学級。略して、「特学」と称する。(特別支援学級 ー Wikipedia

特別支援教育(とくべつしえんきょういく)は、日本の学校教育における教育内容の一つ。英語表記はspecial needs education、またはspecial support education, “exceptional student education”等。 日本における定義 / 特別支援学校において / 視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者)に対し、幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識・技能を授けること。 小学校・中学校・高等学校・幼稚園において / 知的障害者、肢体不自由者、身体虚弱者、弱視者、難聴者、その他障害のある者で、特別支援学級において教育を行うことが適当な者。その他教育上特別の支援を必要とする児童・生徒・幼児[3] に対し、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な教育を行うこと。この中にはアスペルガー症候群、自閉症、学習障害、AD/HDといった発達障害の子供が含まれる。(特別支援教育 ー Wikipedia

関連エントリ

不審者情報のメール配信 (美幌町 学校教育グループ)

美幌町教育委員会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

「大活字本」(網走市立図書館情報)

300px-Menschliches_Auge.jpg

弱視(じゃくし)とは、現在、単に医学用語における医学的弱視(amblyopia)を指す事が多い。日本においては昔から「一定限度以下の視力を有するものはすべて弱視とする」という定義があり、学校保健法などに記載されている弱視もこれに準ずるものである。これらは原因のいかんを問わずに一定以下の視力を有するもの全てを含んでいる(partially sightedness)。これらは医学的弱視に対して社会的、教育的弱視、またはロービジョンと呼ばれる。 ja.wikipedia.org/wiki/弱視

ロービジョン (low vision) とは、視機能が弱く、矯正もできない状態。それにより日常生活や就労などの場で不自由を強いられる、従来は弱視、または低視力と呼ばれた状態、またはその人のことである。全盲ではない。「見えにくい人」とも呼ばれる。現在でも社会的弱視、教育的弱視とも呼ばれ、弱視者と呼ぶ場合は、現状ではロービジョン者とほぼ同義。視覚障害である。 ja.wikipedia.org/wiki/ロービジョン

活字文書読み上げ装置は、音声コード(高密度二次元コード)の画像データをCCD光学スキャナで読み取り、音声に変換して出力する装置である。2003年に厚生労働省の視覚障害者用「日常生活用具給付事業」の対象機器となった。 ja.wikipedia.org/wiki/活字文書読み上げ装置

「大活字本」(網走市立図書館情報) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

眼疾患、「網膜剥離」(視覚の障害)

300px-Menschliches_Auge.jpg

視覚障害者(しかくしょうがいしゃ)とは視力(視機能)が「全く無い」、もしくは日常生活や就労などの場で、不自由を強いられるほどに「弱い」人たちのことである。 残存視覚がある「弱視者」(またはロービジョン者)(low vision)と、視覚をもたない「盲」(全盲)(blindness)とに分けられる。前者を見えにくい人、後者を見えない人、と呼ぶ場合がある。 近年は情報通信技術(ICT)の著しい発展で状況によっては健常者と変わらない活動をする機会が与えられるようになってきた。
ja.wikipedia.org/wiki/視覚障害者

眼疾患、「網膜剥離」(視覚の障害) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

白杖(White cane)を持つ人への配慮

300px-Long_cane.jpg

800px-Long_cane_folded_2.jpg

03.jpg

994938_10151633979839449_969059276_n.jpg


白杖(はくじょう、White cane)とは視覚障害者(全盲およびロービジョン)が歩行の際に前方の路面を触擦して使用する白い杖である。白杖の主な役割は、安全の確保(前方の障害物や危険の防御)、歩行に必要な情報(段差や歩道の切れ目等のランドマーク)の収集、ドライバーや他の歩行者・警察官などへの注意喚起の3つである。身体障害者福祉法や福祉用具の分類での名称は盲人安全つえである。

白杖を持つ人への配慮
白杖を持つ人が、常に手助けを必要としているとは必ずしもいえない。したがって、白杖を持つ人を見かけた時は、まず、白杖を持つ人や周辺に危険がないかを見守る。 逆に、危険が迫っていることが明らかな場合や、困っている様子が見て取れた場合には、躊躇なく手助けを申し出ると良い。

白杖(White cane)を持つ人への配慮 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2010年 アメリカ音楽療法だより

JMTSPは、世界各国で音楽療法を勉強、または実践している日本人学生と音楽療法士、また世界の音楽療法に興味を持つ方々の情報交換場所として設立されました。

2010年 アメリカ音楽療法だより の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る