広い河の岸辺 の検索結果: 3 件

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

Dhonitokyoahead.jpg

800px-Its_all_about_love.jpg

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

関連記事

「広い河の岸辺」(ひろいかわのきしべ)、ないし、「流れは広く」(ながれはひろく)、あるいは「悲しみの水辺」(かなしみのみずべ)などとして知られる、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」(The Water Is Wide)、別名「オー・ワリー・ワリー」(O Waly, Waly) は、スコットランドに起源をもつ民謡であり、歌詞の一部は17世紀に起源をもつとされている。21世紀に至っても人気を保っている楽曲である。セシル・シャープ(英語版)は、1906年にこの曲を『Folk Songs From Somerset』に収録して出版した。この曲は、チャイルド・バラッド(英語版)204(ラウド・フォークソング・ インデックス(英語版)87)の「Jamie Douglas」と関係がある内容であり、表向きには第2代ダグラス侯爵ジェイムズ・ダグラスの、レディ・バーバラ・アースキン (Lady Barbara Erskine) との不幸な最初の結婚について言及したものとされる。近年における演奏 / 編曲 / 「オー・ワリー・ワリー」は、クラシック音楽系の作曲家たちに人気のある編曲の素材となっており、特にベンジャミン・ブリテンが1948年に出版した声楽とピアノのための編曲はよく知られている。ジョン・ラターは、この曲を『弦楽のための組曲』(1973年)の第3楽章で用いている。この曲は、アイザック・ウォッツによる賛美歌「さかえの主イエスの (When I Survey the Wondrous Cross) として歌われることもよくある。また、ジョン・L・ベル(英語版)の「When God Almighty came to Earth」(1987年)[15]や、フレッド・プラット・グリーン(英語版)の「An Upper Room did our Lord Prepare」(1974年)にも用いられている。さらに、ハル・ホプソン(英語版)は、作品『The Gift of Love』の中に、この曲を組み込んだ。ホプソンはまた、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」の曲に載せたキリスト教的な歌詞も書いており、教会の合唱隊によってしばしば歌われている。マック・ウィルバーグ(英語版)は、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアの詩「Thou Gracious God」に合わせてこの曲を編曲しており、モルモンタバナクル合唱団がアルバム『Peace Like a River』に収録した。映画 / 2005年の日本映画『リンダ リンダ リンダ』では、文化祭の場面で、湯川潮音がこの曲を演奏する。日本における普及 / この曲の日本への普及には、ピーター・ポール&マリーが「There is a Ship」として歌ったバージョンが大きく影響したと考えられており、白鳥英美子などが英語詞による歌唱を録音している。佐川満男と伊東ゆかりの娘である宙美は、この曲を、山川啓介の日本語詞による「ふたりの小舟」として2007年6月6日にシングル・リリースしている。この曲は伊東ゆかりもレパートリーとしており、アルバムにも収録している。2013年、この曲に先行する日本語詞はないと誤解していたケーナ奏者八木倫明は、「広い河の岸辺」として独自の日本語詞を綴り、クミコに提供した。翌2014年、「広い河の岸辺」はシングル化され、さらにアルバム『広い河の岸辺 〜The Water Is Wide〜』もリリースされた。2014年上半期のNHKの連続テレビ小説『花子とアン』では、カナダ人女性教師の愛唱歌がこの曲という設定があり、また、同年下半期の連続テレビ小説『マッサン』では、スコットランド人であるヒロインが、この曲を口ずさむ場面があった。こうした経緯が重なり、2014年に、この曲はUSENの演歌・歌謡曲部門で8週間にわたって第1位ないし第2位となるヒットとなった(広い河の岸辺 – Wikipedia

“The Water Is Wide” (also called “O Waly, Waly” or simply “Waly, Waly”) is a folk song of Scottish origin, based on lyrics that partly date to the 1600s.[citation needed] It remains popular in the 21st century. Cecil Sharp published the song in Folk Songs From Somerset (1906). It is related to Child Ballad 204 (Roud number 87), Jamie Douglas, which in turn refers to the ostensibly unhappy first marriage of James Douglas, 2nd Marquis of Douglas to Lady Barbara Erskine (The Water Is Wide (song) – Wikipedia

音楽動画 (YouTube)


The Water is Wide


ザ・ウォーター・イズ・ワイド/スコットランド民謡


The Water Is Wide 広い河の岸辺


O Waly, Waly (The Water is Wide)


Pete Seeger – The Water is Wide

広い河の岸辺 The Water is Wide

関連サイト

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(1) – 日本バラッド協会

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(2) – 日本バラッド協会

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) – 美幌音楽人 加藤雅夫

広い河の岸辺 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

The Water Is Wide の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校)

AnneOfIngleside.jpg

255px-Lmmontgomery1884.gif

Rilla_of_Ingleside.jpg

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校)
Anne of Green Gables – Koike Yoshitaka (Hokkaido Kitami Hokuto High School)

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

アメリカのフォーク歌手 – ピート・シーガー (誕生日: 1919年 5月3日)

Tsutsuji.jpg

アメリカのフォーク歌手 – ピート・シーガー (誕生日: 1919年 5月3日)
American folk singer – Pete Seeger (Birthday: May 3, 1919)

アメリカのフォーク歌手 – ピート・シーガー (誕生日: 1919年 5月3日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る