寬仁親王 の検索結果: 4 件

日本の皇室 秋篠宮家の創設

450px-Prince_Akishino_20091223.jpg

Kikosamagoseikon.jpg

日本の皇室 秋篠宮家の創設

関連記事

6月29日 歴史 / 1990年 礼宮文仁親王と学習院大大学院生・川嶋紀子の結婚の儀。秋篠宮家を創設。(6月29日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月29日 できごと / 1990年 – 礼宮文仁親王が川嶋紀子と結婚、秋篠宮家を創設。(6月29日 – Wikipedia

秋篠宮(あきしののみや)は、日本の皇室の宮家の一つで、今上天皇の第二皇男子・文仁親王の宮号。概要 / 1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された。(秋篠宮 – Wikipedia

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇男子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は兄・皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。そのほか、タイ王国複数の大学より、名誉博士の名誉学位・称号を授与されている。住居(秋篠宮・宮邸)は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮・宮邸を使用している。2007年9月5日から現在まで皇室会議の議員を務めている。年譜 / 1990年(平成2年)6月29日(24歳)、学習院大学教授川嶋辰彦の長女川嶋紀子と結婚。同日秋篠宮家を創設。1991年(平成3年)10月23日(25歳)、長女眞子内親王誕生。1994年(平成6年)12月29日(29歳)、次女佳子内親王誕生。2006年(平成18年)9月6日(40歳)、長男悠仁親王誕生。皇位継承資格 / 現在の皇位継承順位は実兄の皇太子徳仁親王に次いで第2位。天皇陛下の譲位にあたり、2018年現在皇位継承順位1位の実兄である皇太子徳仁親王が皇位を継承した場合、文仁親王は新たに皇位継承順位1位となる。政府は文仁親王の新たな敬称について、「皇嗣殿下」とする方針を固めた。なお、その待遇については現在の皇太子と同等になる。(秋篠宮文仁親王 – Wikipedia

文仁親王妃紀子(ふみひとしんのうひ きこ、1966年(昭和41年)9月11日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王の妃。旧名は川嶋 紀子(かわしま きこ)。身位は親王妃。皇室典範における敬称は殿下。お印は檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)。勲等は勲一等宝冠章。学位は博士(人文科学)(お茶の水女子大学・2013年)。現在、親王妃では最年少。年譜 / 1990年(平成2年)6月29日(23歳)、礼宮文仁親王と結婚。これに伴い戸籍から消除され、皇族譜に記載される。1991年(平成3年)10月23日(25歳)、眞子内親王を出産。1994年(平成6年)12月29日(28歳)、佳子内親王を出産。2006年(平成18年)9月6日(39歳)、悠仁親王を出産。逸話 / 楽器はピアノの他にチターの演奏が出来る。天皇一家は各自演奏の出来る楽器を持ち寄り合奏を楽しむことがあり、時々、皇室ニュースにも取り上げられることがある。ピアノは皇后が得意とする楽器であり、合奏の際には皇后と同じ楽器ではなく別の楽器で参加を、との考えから、以前より興味のあったチターを内藤敏子に師事し本格的に習い始めた(実母もチターを習っている)。今では趣味のひとつに挙げている。眞子内親王出産後にはウィーン民謡を弾き語りしたことも報じられた。(文仁親王妃紀子 – Wikipedia

関連サイト

秋篠宮家 – 宮内庁

秋篠宮家のご活動 – 宮内庁

関連エントリ

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて ー 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市)

120px-Cercidiphyllum_japonicum_JPG01d.jpg

桂宮宜仁親王
Yoshihito, Prince Katsura
桂宮宜仁親王(かつらのみや よしひとしんのう、1948年(昭和23年)2月11日 – 2014年(平成26年)6月8日)は、日本の皇族。三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第二男子。今上天皇の従兄弟にあたる。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。お印は桂(かつら)。勲等は大勲位。学位は政治学士(学習院大学)。 戦後初めて、独身で宮家を創設した。住居(桂宮邸・御仮寓)は東京都千代田区三番町6番地18宮内庁分室。(ja.wikipedia.org/wiki/桂宮宜仁親王

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市)

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて

Tomohito.jpg

800px-Hibiscus_Syriacus.jpg

Prince Tomohito of Mikasa
寛仁親王(ともひとしんのう、1946年(昭和21年)1月5日 – 2012年(平成24年)6月6日)は、日本の皇族。三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第一男子。今上天皇の従弟、麻生太郎元内閣総理大臣の義弟にあたる。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。 髭をたくわえた容貌から、「ヒゲの殿下」の愛称で国民に親しまれた。(Wikipedia

墓所百日祭の儀 のニュースブログ(Google 検索)
寬仁親王殿下 のニュースブログ(Google 検索)

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて の全文を読む

このページの先頭へ戻る

60代 2007〜

2007 平成19年

いよいよ還暦(60歳)です
美幌町は大還暦(120歳)です 

繰返す 人の営み 祈り在り   (美幌音楽人) 

その昔 父と私(小1)は稲荷神社にお参りに行った
(大正初期 曽祖父が商売成功で稲荷神社を建立)
私は見様見真似で拝礼し「勉強ができるように
なりますように 頭がよくなりますように」などと
一生懸命に祈った
父が笑いながら「神さまに自分のことを頼まないで
神さまの前でがんばりますと誓うことが大事だよ」
私は よく納得した そして
「神さまにも祈りがあるのかな」と考えた… 

今 私は 「人は祈る」 こと 少しわかりました

60代 2007〜 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る